長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

バイク

2018 BMW モトラッドに行ってきた!雨だった!

投稿日:

タイヤ外せる気がしないっす
Toos

毎年白馬でやっているBMWのお祭り(主にバイク)に顔出してきました
雨天でしたが・・盛り上がっておりました♪
でもいろいろ感心しちゃったよ、という記事です
スポンサーリンク

二日間にわたるイベント

こんなかっちょいいバイクが展示されている。 これは展示用なのでまたがれない。

こんなかっちょいいバイクが展示されている。
これは展示用なのでまたがれない。

雨天とはいえ、BMW乗りは熱かった
ワタクシたちは、二日目の日曜日に顔出しました
家を出るところから雨だったので、根性なし&BMWの乗り物が一切ないので、クルマで冷やかしに行く、という立ち位置での参加です

会場の白馬47スキー場までは、家から約1時間ちょっと
向かう間にも引き上げてくるBMWのバイクの群れが・・
雨なのに大変だなぁ、と思いながらもみなさんフル装備&雨天装備です

FaceBookなどの情報によると、知り合いも数名すでに参加しているようです

参加料は無料で気前がいい

会場に着くと、クルマの駐車場はお祭り会場からちょっと離れたスキー場の駐車場に誘導されます
そこから15分間隔でのシャトルバスで会場入りします
すでに10時を回っていましたが、家族連れやカップルなども沢山いまして、シャトルバスは満席です

だいぶ撤収が完了しているようで、バイク駐車場は結構空きが目立ちます
そりゃそうだ、これだけ雨降ってれば早い撤収というのもうなづけますし、ワタクシもそうします

受付でいろんなアンケートに記入、個人情報を搾取されます♪
まあこれが企業側のメリットなのでしょう
参加無料でこれだけ大規模にやるのだからそれなりな金額がかかっているはずです
勢いあるなぁ、BMW
秋の雨は非情にも降り続いています

試乗ブースは人も稀なくらいの雨。

試乗ブースは人も稀なくらいの雨。


試乗もできるけどほとんど乗る人いないくらいの雨。

試乗もできるけどほとんど乗る人いないくらいの雨。

それでも会場内では各イベントもやってましたし、中型排気量のBMWの試乗会もやってました
中型排気量の車種を各メーカー充実させてきましたね
310ccとかヘンテコ排気量ですが、これも世界基準とかそういう狙いがあるのでしょう
タンク以外はコンパクトだし、値段も70万くらいですので国産中型市場に食い込んでいけるかもしれません
※嫁は乗りたがったけども、グローブもないし、思いっきり濡れると思う&靴がペタンコ靴なのでやめさせました(ヘルメットは貸してくれる)

スポンサーリンク

日本のバイクメーカー、こういうことやって欲しいなぁ

現在販売中のBMWのバイクにはまたがり放題♪
これだけの車種がラインナップされてるって結構すごい

でも心無い人たちは全然気を使わないようで、またがるときについたと思う傷がそこかしこに(泣
リア側のパニアケースは傷だらけでした・・

気前よく300万円のマシンにまたがらせてくれます。

気前よく300万円のマシンにまたがらせてくれます。

ワタクシたちも慎重に傷つけないようにまたがらせてもらいます
一台の値段が300万とかいうのもあって、結構ビビります

ツアラー系は異常にデカいけど、スポーツ系は意外にコンパクトで好ましいです
これならいいなぁ、と思うけれどプライスタグを見て消沈

レーシングマシンも展示されてまして、ちょうどワタクシたちが行ったときにはエンジン始動のデモをしていました

レーシングマシンのエンジンがかかると人だかりに!

レーシングマシンのエンジンがかかると人だかりに!

スキー場のゲレンデ側では、ビックオフの走行会的なイベントが行われておりました
皆さんもちろん泥だらけですが、派手な転倒は見ている限り一台もなく、上手い人ばかりな印象を受けます

そこかしこにお金かかってるなぁ

託児所はあるわ、子供向けバイクイベント(オフ車の小っちゃいの)はあるわ、そういう家族向けのアトラクションも多数ありました

そういえば、女性のライダーが目立ちますね
逆に若者が少ない(笑
これは車両価格が高いので若者は買えないので、あんまり集まらないのかもしれません

パーツやツーリンググッズなども即売もしていましたが、ほとんどすべてにBMWのロゴが入っていていいお値段です
おおいいじゃん♪と思ったオンロード用のブーツにもしっかりとロゴが入っていました(しかもいい値段)

雨宿り&冷やかしに入ったツーリングバッグのブースで、一番デカいバッグを購入
まあ、こういう機会がないと新調しないのでこれはこれでいいかと♪
BMWロゴは入ってない日本のメーカーブースでした
これで、次のツーリングに敗れたバッグを使わなくて済むというもんです
※少なくとも25年以上使ってるのでボロボロだったし

こんなどしゃ降りなのに・・
それなりに盛り上がっており、大人のイベントって感じです

そんな中、正午をもってイベント終了というアナウンスが入ります
まあこれだけどしゃ降りなら仕方ないし、皆さん撤収に入っていたので安全や楽しいイベント運営という意味ではいい切り上げだったように思います

まとめ

終始こんな天気でした♪スタッフの皆さんご苦労様でした。

終始こんな天気でした♪スタッフの皆さんご苦労様でした。

非情に大人のイベントの雰囲気があって、家族でも楽しめるようになってて、とても好感が持てます
実は、割と好きなイベントなので毎年とは言いませんが結構顔は出していたりします

日本車でこういうことをやると、愚か者が集まっちゃうのかもしれませんが、何かやって欲しいなぁ
どうした日本車!アウェイのBMW国内市場乗っ取られちゃうよ!とか思っちゃうくらいいいイベントです

大人のイベントを開催して、ファンを増やすという正当な手段だと思います
日本のメーカーも、もっと大人にアピールすればいいじゃん?と思うのですが、すでにジリ貧に近くなってる日本車メーカーはそういう方向に頭が回らないのかもしれません

BMWモトラッド2018、二時間くらいしかいませんでした
どしゃ降りに近かったですが楽しめました

バイク乗りはまだ結構いるな♪と再認識した次第です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-バイク

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.