長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

信州のアクティビティ

パラグライダー、白馬八方で生身で空を飛んでみた!

更新日:

Toos

パラグライダーってのを体験してきました
これがまた「今まで味わったことない感覚」だったわけで
超面白かったんで記事にしておきます
スポンサーリンク

生身で空を飛ぶということ

テレビで見てるよりはるかにリアル

こういう状態になる

いやぁ、空飛んだことあります?
飛行機は何度も乗ってますが、生身で空飛んだ事って意外にないんじゃないかと。

今までツーリングやドライブの際にパラグライダーが飛んでるのは何度も見ているので、そういうものが存在するということは知っておりましたが、この度機会がありまして白馬八方まで出向いたわけです

基本タンデムという方法なのでインストラクターさんが後ろについています
ワタクシがやるのは離陸時に走るだけです♪

事前準備はこんな感じ

ゴンドラで登ったスキー場の上から飛び立つわけですが、まずその時にいる周りの観光客の皆さんの視線が痛い(笑
レクチャーもほんとに数分です
プロテクタもヘルメットもバイク用よりはるかにちゃっちいです

夏のスキーゴンドラもいいもんですね♪

ゴンドラでゴンゴン上がっていくのは白馬八方のゲレンデ

それに背中にはお尻まであるリュックのような椅子というか簡易シートと全身に張り巡らされたハーネスを装備します
動きは制約されますが、まあそんなもんでしょう
ろくに心の準備もなく、いきなり飛び立つことになります

スポンサーリンク

冷静に考えると結構怖い

下から見上げるとこんな感じ。

下から見上げるとこんな感じ。もちろんワタクシも飛んでいる状態から撮影。

離陸時に走るのですが、羽部分に空気というか風を受けると猛烈な抵抗で足が止まります
※逆に後ろに引っ張られる感覚です

でも足を止めると失速してしまうのでインストラクターさんの掛け声に合わせてガンガン走ります
※宙に浮いても走り続けるイメージ
と。
あっという間に浮いてきます

この浮遊感がかつて味わったことない感覚です

もう全く自分でコントロールできないのでただの荷物になりきればいいだけです
これが結構不安最初は「わぁ♪」とか思ってましたが足の下には何もなく、ただナイロン製のハーネスとカラビナで引っかかってるだけなので不安を覚えると怖いです

まあ、5分程度で「落ちたら死ぬな、という感覚も心配してもしょうがないわ」という諦めに似た感情に支配されます

風もあんまり感じることはありませんでした
インストラクターさんによると時速35km/hくらいだそうです

空から自分の目で見るリアルGoogleMap

舟木はどこだー♪レジェンドはどこだー♪

舟木はどこだー♪レジェンドはどこだー♪

地理的に知ってる箇所を上から見るってのは面白いです
たとえば白馬のジャンプ台の真上を旋回してもらいました♪
まるでGoogleMapです
ちょうどジャンプの練習している選手もいたりして特等席から見せてもらいました♪

白馬47の駐車場などわかったのですが、もう少し地理的に明るければもっと楽しかったと思いますね
八方の別荘地帯ってホントに林の中に点々としてるだなぁ、とは思いましたが

飛びたてばやることないので「ワーワー言ってるだけ」です
操縦はまかせっきりなので写真とか動画とか取り放題なくらい手は自由です
※ただし、ストラップは必須と思います

サングラスやメガネもストラップつけておいた方がいいですね

高所恐怖症と船酔いする人はダメっぽい

もちろん高所恐怖症の人はダメっぽいですが、
船酔いする人もだめだそうです

うちの嫁さんはわずか15分前後の空中散歩で気分が悪くなってました
降りてきたときに顔面蒼白で、こっちがビビったくらいです

まあ、完全に酔ってたわけですが(笑
飛び立つまでは無駄に元気だったんですがねえ

これぐらい弱ってた方がおとなしくていいです♪
が、帰路にはまた超元気になった・・

値段

着地はこんな感じ。下手するとケガするそうなのでもう言いなりに。

着地はこんな感じ。下手するとケガするそうなのでもう言いなりに。

浮遊体験という自分で離陸だけ味わう体験と合わせて
一名17,000円ほど
浮遊体験はいらないと思う

天候やいろんな条件によって飛べないこともあるようです
受付時にいろいろ教えてくれます
リピーターさんの割引もあるようなことも言ってましたが、それは交渉次第ってことなんでしょうね

パラグライダーまとめ

いやぁ、鳥の気分満喫♪

いやぁ、鳥の気分満喫♪

とにかく、生身で空を飛ぶのは面白かった♪
接地間のないバンク感覚はバイクと全然違うし、視点がまず違う

夏の終わりの山々は異常に綺麗で、見ごたえありです
※インストラクターさんはもう少し雲がなければベストだといってました

お年寄りからお子様までチャレンジしてるというし、ワタクシたちが行った後も外人さんの親子連れが来てたし、アクティビティとしてはかなりおもしろいと思います

まあ、危険は伴いそうですが、人生は一回しかないので何でもやってみようと思います
嫁は酔ったので二度と飛ばないといってましたが(笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-信州のアクティビティ

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.