長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

クルマ ジムニー

ジムニーでの車中泊、フルフラット空間は安いマットでベッドを作れ!

更新日:

Toos

悪路走破に特化した決して車内が広いとは言えないジムニーでの車中泊。

どうやって寝るかが最大のポイントになりますね
では、
できるだけ安価にフルフラットにこだわるだけこだわってみる

ちょっと違うところに着地してしまったという記事になってしまいましたわ♪

スポンサーリンク

いかに快適に寝る空間を確保するかは軽自動車での車内泊の命題

ジムニーでの車中泊、出先で気軽に寝ることを考えたらマットは欲しいです
よほど慣れないと一応シートアレンジで平らっぽくはなるとはいえ、マット無しの連泊はきついです
※逆に1泊程度ならマット要らない方が気楽ですし身軽です

ワタクシはあんまり寝返りしないので、ラパンSSの純正レカロっぽいシートでの車中泊で、布団状にした寝袋かぶって寝ても全然気にはなりませんでしたが気になる人の方が多いのかもしれません
とはいえ、何も敷かずに連泊はきつい

1週間程度の旅であればマット状の何かしらは必須でしょうね
毎回毎回、車の中身を全部出して、マットを敷いてってやるのも面倒くさいんですけどねえ
※それを解消するアイテムを最後に紹介しています♪

それでも車中泊は結構楽しい
ジムニーは歴代日本の誇るレクリエーションビークルなわけで、
車中泊的なアウトドアの要望はあって当たり前だと思います

-->新型ジムニーで車中泊!の記事はこちらです



フルフラットに近くなる専用品のマットがあるにはある

とりあえず、専用品とうたってるものを2点ほど

■SUZUKI純正のベッドクッション
34,560円 うわ、たっか!
この値段出してもフルフラットにはならないようですが(笑)

SUZUKIさんが提供してくれるベッドクッション一人用

SUZUKIさんが提供してくれるベッドクッション一人用

■キャンピングカーメーカーのTOY-FACTORYが製作するベッドキット
商品名称 :101 TentCar スズキジムニー&シエラ(JB64W/JB74W)専用コンフォートフラットベッドキット
販売価格 :98,000円(税別) ハーフサイズベッドキット/50,000円(税別)
ベッド寸法:約1840mm×1290mm(最大)

すげえクオリティとすげえ価格だ!

こりゃいいよなぁ。ほぼ理想です。ここで住めそうです

こりゃいいよなぁ。ほぼ理想です。ここで住めそうです

-->専用品だけあってほんとによくできてる



専用品のメリット

  • 流石に専用品、所有満足度が高い
  • きっちりと採寸されているので使用満足感が高い
  • 純正よりも社外品の方がクオリティが高い(値段も高い)気がする、SUZUKI頑張れ!

    専用品のデメリット

  • 高すぎる価格では手が出ない
  • かさばる専用品は普段どこにしまえばいいのさ?
  • 専用品だけに車買い替えたら応用が利かない
  • お金に余裕があるなら買ってもいいと思いますが、
    約10万円出すならビジネスホテルに泊まるとかガソリン代に回すとかしたい
    車中泊は貧乏旅が基本だと思う
    アイテムやグッズも貧乏人が頭ひねって考えて、
    周りから「やるな!そういう手があったか・・」と思われたいわけですよ

    車中泊以外の時はひたすらかさばるのもデメリット
    普段ガレージに置いておくの?もったいない

    専用品は当然専用品なわけでほかの車での使い勝手は・・多分悪い

    それでも専用品は買う必要があるのか?
    というくらいのデメリットがありますなぁ・・

  • ジムニーで車中泊ばっかりやって
  • 車中泊の時以外に置き場があって
  • お金持ち
  • なら100点なのでしょうが。

    スポンサーリンク

    じゃあもっと安く快適に寝れるアイテムを考えたらいい

    ホームセンターの低反発スポンジ装備の座布団を複数敷くのもありだと思うんですよね
    これなら、普段の生活でも使えるし
    積載時にも分割収納できて使いがったがよろしいです
    何も一枚に限る必要はないでしょ?

    運転で身体にフィットするシートはフルフラットとはトレードオフ

    カタログの画像を見ていた出ればよくわかりますが、ジムニーのシートは一応フラットっぽくはなります
    でも、やはりフロントシートの身体を支える両サイドのサポート部の張り出しは寝てて気になると思いますよ

    意外に平らにはなるが、やはりでっぱりは少ないほうがいい。

    意外に平らにはなるが、やはりでっぱりは少ないほうがいい。

    シートのサイドサポート部が気になるのであれば薄手のマットではなく厚手のマットを考えたら良いわけですよ
    ※ちなみに上記の約10万円のマットは厚さ6cmだそうです
    ※SUZUKI純正オプションの方は画像から判断するに6段に重ねて約21cmとのことなので35mm厚と考えられます

    ぶっちゃけ、汎用品で何とかなっちゃうんですよ
    こういう応用力が大事だと思います
    そう我々は貧乏です
    ジムニーで車中泊する人に金持ちはいない

    お金がなければ普段使ってない頭を使えばいいじゃないってことなんですよ、ワタクシが言いたいことは

    やっぱさ、臨機応変で頭柔らかく使うべきですな♪
    要するにジムニーの車内全面に敷くなら
    1840mm×1290mm程度のマットがあればいいわけですよ
    ※一人分なら1840mm×645mmあればいい計算です

    例えばご家庭用の厚手のマットはどうでしょうかね?
    下記のような厚手の室内用のマットです

    なんと10,000円台(笑)
    素晴らしいコストパフォーマンス♪

    でも、10,000代ですよ?
    まだお高いですよね?

    汎用品のメリット

  • 安い
  • 普段、部屋に敷いておくことが可能♪
  • 車種を問わない汎用性
  • 汚しても惜しくない
  • 折りたたんで使える
  • 多少大きさが違っても端を折るなどすれば対応可能
  • なんかいいことだらけな気が♪

    汎用品のデメリット

  • 安っぽい
  • 車内での使用を想定されていない
  • かさばる
  • やっぱりキチンと採寸されていない
  • 値段が数分の一なのでデメリットというか、仕方ない部分もありますな

    まとめ

    やっぱり車中泊ですので皆お安く車中泊したいわけですよ
    ジムニーでの冒険旅行ではワイルドな車中泊はぴったりですしね

    そりゃそうですわ(笑)
    そういう用途では日本で一番楽しい車ですもんねえ

    ジムニー室内の段差を埋める・・もうほんとに皆さんこだわりたっぷりですな

    こういうDIYに凝るのもジムニー乗りに多いですね
    ※すのこ敷いて銀マット敷いてそのうえで寝袋というつわものもいる

    ■実は秘密の裏技的アイテムがある

    では、お金もないDIYも得意ではないけど、ジムニーで車中泊したい人に向けて
    最後にワタクシが小さい車での車中泊で愛用している秘密のアイテムをご紹介させていただく
    フラットになるわけではないのですが、車中泊マットの汎用品のデメリットがすべて解決する
    そのアイテムの名は
    ビーズクッション♪
    これで段差が埋まる上、手触りが猛烈にいいです

    人間がダメになるアイテムの一つです
    夏の車中泊なんかこれだけでいいです(笑)

    一年を通してリビングに転がっていますので車中泊以外でもゴロゴロするのに使えるのがポイントです

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    大事にしてる愛車の上で・・
    カバーかかってるとはいえ・・
    猫に生ごみでも食べられてごらんなさい・・
    タイヤに匂いつけられてごらんなさい・・
    殺意を覚えますよ・・

    なるべく事を荒立てたくないんですよ・・ネコにゃんたちとは。








    これぐらい平和に解決したいもんです



    バッテリーって死ぬと結構悲惨・・
    夏も冬もバッテリーには過酷な季節です

    出かけるときにピンシャンしてても出先で突然死することもあるのがバッテリーです
    ・・マジで経験済みです
    バッテリーは長持ちして5年、車検ごとに交換するのがセオリーですよ
    そしてディーラーでバッテリー交換すると超高い!!
    BMWディーラーなんかバッテリー交換だけで5万円とか平気で請求してきますよ・・













    輸入車のバッテリー適合はこちらで検索するのが便利♪









    国産車のバッテリーはこちらから検索&購入可能です


    -クルマ, ジムニー
    -, , , , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.