ツーリング バイク 信州の県道散策

戸隠ツーリングには県道を使うのがおススメ。戸隠の有名店で蕎麦は食わない!

https://toos-lotus.com

Toos
夏は特に高原ツーリングが気持ちいいです。
長野県内はちょっと市街地に出れば標高1000mをこえるようなところはたくさんあります。

戸隠は中でもメジャーな観光地です。
気持ちのいいシーズンは混むんですよ・・

ならば、王道ルートではなくバイク乗りらしく「マイナールート」で攻め入ろうではありませんか。

スポンサーリンク

戸隠は夏涼しいツーリングルート

Toos
長野県の有名な観光スポットとして有名な戸隠高原一帯は夏にバイクで行くと清々しいです。
木漏れ日の整備された高原道路はバイクで走ると最高です♪
※オープンカーでも良いです。

戸隠はそういう場所なのか、神々しさすらあります。

セロー225Wで行く県道の旅。

セロー225Wで行く県道の旅。

忍者が修行した戸隠と天狗の伝説がある飯縄山周辺は一周回るだけでも気持ちの良いツーリングルートです。

ワタクシは、戸隠にいくなら真夏の早朝に軽く流すツーリングが一番好きです。
休憩もろくにしないでいい位気持ちいいです。

ただし。
有名な観光地なだけにちょっとでも時間がずれると混むんですよ・・

観光シーズンの戸隠は超混む

Toos
春先や晩秋はかなり寒いので梅雨明けからシルバーウィークくらいまでがツーリングのおススメ時期です。
※紅葉の時期はかなり寒いし。

ただし、観光ポイントの駐車場が少ないので混みます。

戸隠のハイライトともいえる戸隠神社中社、奥社へのアクセス路である県道36号は超混みます。
夏の休日なら神社周辺からキャンプ場くらいまでは大体混んでいます。
※駐車場があんまりないので駐車場探しの車が大渋滞します。

戸隠に夏に行くなら平日に仕事さぼっていくのがいいよ。

戸隠に夏に行くなら平日に仕事さぼっていくのがいいよ。

奥社前の駐車場はバイク専用のスペースがあります。
有料ですがバイクだと比較的楽に止められます。
※奥社まで歩く人は絶対金払ってでもここに止めるべきです。

中社は戸隠キャンプ場よりのちょっと坂になってる駐車場の脇、鳥居の横ならバイクを止められます。
※バイクは駐車場わきの空きスペースにお邪魔させてもらう感じです。

中社はいつも大鳥居の横に駐車させてもらっています。

中社はいつも大鳥居の横に駐車させてもらっています。


なんかうまいこと言えた気がする。

中社では輪をくぐってお参りするようです。

中社では輪をくぐってお参りするようです。

こんなしきたり昔からあったっけ?

こんなしきたり昔からあったっけ?


輪の前、大混雑(笑)

この駐車場は、一応無料ですが狭いのでデカい車は止めずらいんですよ。
ドライバーはヘタクソが多いので何度も何度も切り返して止めていますがバイクにぶつけられないか冷や冷やします。
それでも、バンバン大きい車が入ってくるので出るに出られず、駐車場内でにっちもさっちもいかない状態になりがちです。

ちなみに・・

戸隠はお蕎麦が有名ですが並んでまで食べる必要はない気がします。

並ぶは量は少ないわ・・しかも観光地価格で高いのですよ・・
※天ぷらなんか付けた日にゃもったいないくらいの値段です。

長野はどこで食べても大抵蕎麦はうまいです。
何も観光地価格で食べる必要はないですよ。戸隠で蕎麦食べた!と言いたいなら別ですが。

ワタクシのおススメは、道の駅信州新町の「そば信」さんのざるソバです。
※最近有名になってきちゃって混みますが昔から安くておいしかったです。

改装前は、おばあちゃんがソバを打ってるのがみられたんですが・・
信州でおススメの蕎麦屋さんは?と聞かれたら「そば信」さんをおススメしています。
※戸隠で食べる値段で倍は食べられますので食いしん坊にもおススメです。

もし大量にそばを食べたいなら「草笛」がおススメです。
北信東信地区に数店舗があります。
※一番大きいサイズだと樽みたいな器で出てきます。



スポンサーリンク

戸隠は道路標識通りに行くと混む

Toos
長野県外からの戸隠へのアクセスは長野ICから善光寺方面に向かうのがセオリーです。
青い看板に従っていくだけでも戸隠へは迷わずにたどり着けます。

青い看板に従っていくと「浅川ループライン」というループ橋を通る快走路で戸隠へアクセスできます。
※空いてると超気持ちいいルートではあります。

ただし、
長野市外の一番混むあたりを抜けることになります。
※真夏は熱くてキツイです。

これを避けるためには、
善光寺西側のを回って七曲りを経由するという方法があります。
※善光寺までは混みます。

七曲りから「戸隠バードライン」という黄金ルートも空いていれば気持ちのいいルートです。
※七曲りは狭くて滑る気がしてちょっと怖いかもしれませんが。

とにかく、
バイクのブーツ履いたまま歩いていかなければならない「戸隠神社奥社」に行くなら体力を温存しておいた方がいいです。
※特に中高年ライダーは奥社までの徒歩を舐めるとキツイですよ。

ならば、
空いているルートで行くのが賢明ってもんです。

長野の市街地を大きく西に迂回して県道をつないで北上、戸隠にアクセスするのがワタクシのおススメです。

ちなみに・・

6月の末、梅雨の合間を縫ってAM10:00頃青看板通りに進んでみました。

いつもならほぼ使わないルートなんですが、たまには青看板に従ってみようかと思いまして。

市街地が超混んでてまいりましたよ、ええ。

セローで行って良かった・・
Z1-Rだと渋滞で暑すぎるのです。
長野市外は盆地なので昼間は熱気が抜けません。

スポンサーリンク

戸隠へのアクセスは県道を抜けるルートがおススメ

Toos
国道19号から国道406号の間には無数の県道が走っています。
これを組み合わせることで渋滞路を回避できます。
支線もたくさんありますが青い看板が細かく出ているので迷うことは少ないはずです。
  • 県道406
  • 県道86
  • 県道36
  • が、主にこの区間を南北に行き来できるルートです。

    全て山の中ですが、長野ICから戸隠に向かうのであれば県道406をおススメします。
    ※国道19号の小市西信号から北上するので一瞬わかりづらい気もしますが渋滞は皆無で気持ちよく走れます。

    セロー225W。県道406号にて。こんな眺望が待っています。

    セロー225W。県道406号にて。こんな眺望が待っています。


    県道は小さいバイクでも楽しいです。

    県道86号はマジで山深い道の悪いルートです。
    ※山深すぎてちょっと不安になるくらい。

    県道36号はかなり白馬寄りなのでちょっと遠回りです。
    晴れてると白馬連峰が超きれいに見えます♪

    いずれの県道でも、国道19号から国道406に抜けられます。
    ※国道406号は長野市外から鬼無里、白馬方面に向かう際はおススメですがサンデードライバーが多いです。

    意外にも県道なので青看板の案内は結構ある。

    意外にも県道なので青看板の案内は結構ある。

    国道406号からはさらに県道をつないで北上すれば「戸隠バードライン」にアクセスできます。
    この間も県道だらけです。

  • 県道86
  • 県道406
  • 県道76
  • 県道404
  • をうまくつないで県道506「戸隠バードライン」に抜けちゃえば渋滞皆無で戸隠周辺までアクセス可能です。
    ※そこから混みますが・・

    長野ICよりも信濃町ICからのアクセスがおススメ

    Toos
    戸隠周辺を軽く流したいのであれば、長野ICからではなく信濃町ICからアクセスするのもおススメです。
    こちらの方が全然車が流れていますし迷いません。
    ※ただし、戸隠キャンプ場周辺から渋滞になるはずです。

    国道18号からだと県道36号一本なのでほとんど迷いません。
    ※しらかば、という酒屋さんのある「一茶記念館入り口」の信号を南に曲がれば戸隠まで一本です。

    県道36号は観光道路なだけに青看板の道案内は親切です。

    県道36号は観光道路なだけに青看板の道案内は親切です。


    土地勘がないと迷うかもしれません(笑)

    北側の黒姫高原でトウモロコシをお土産に買って帰ると喜ばれるし。
    夏のシーズン限定っぽいですが、午前中の早い時間に行かないとトウモロコシが売り切れちゃいます。
    地元民も観光客も大量に買っていきます。

    キャンプで焼いて食べると最高ですが生焼けでもいいので楽です。
    ※生で食べてもおいしいのですよ、小林農園さんのトウモロコシは。

    信濃町ICを利用するとどうしても「野尻湖」に行きたくなっちゃいますけどね。
    ※野尻湖は普通に冷たそうな湖です。一周回れますが大きい車も入ってくるので危なくってしょうがないです。

    スポンサーリンク

    まとめ

    Toos
    長野県のツーリングは「県道を極めろ」シリーズ第二弾:戸隠編でした。

    本当に県道は奥が深いというか面白いです。
    道が細いし悪路(一応舗装)なので車で行くのはちょっと怖いかもしれません。
    ※以前、細い県道でキャンピングカーが事故してるのを目撃したことがあります。

    野尻湖の手前で、あまりにあっけなく県道36号が終わったのでビックリだ。

    野尻湖の手前で、あまりにあっけなく県道36号が終わったのでビックリだ。

    県道36号の北側の終点は何のドラマもない普通の田舎道でした・・

    バイクでのツーリングであれば、県道をメインにルートを組み立てると楽しいですよ。
    ※意外に観光地は県道沿いにあったりします。

    特に、国道と国道をつなぐような県道は小さな集落をつないでいたりして山村ムード満点です♪
    ※たまに観光ガイドには乗らないような絶景もあるのがさらに楽しいです♪







    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -ツーリング, バイク, 信州の県道散策

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2