これじゃない感が半端ないZ900RS

これじゃない感が半端ないZ900RS

バイク

バイクに長く乗るなら旧車をおススメするわけ

スポンサーリンク




 

ワタクシ
今のバイクは長く乗れるようにはできてません。
性能は一級品でも
見た目が綺麗でも
動力系の電子制御デバイスが壊れたらユニット交換しかないです。

・・10年後、部品供給大丈夫?


 

スポンサーリンク

そのバイク、何年乗るつもり?新型買っても10年後も乗れる?

 

ワタクシ
「このバイクに一生乗るぜえええ!」

と、意気込んだことはないでしょうか?

欲しかったバイクをやっと手に入れたバイク乗りなら誰しも思うことですよね。
ただね・・


 

大体、バイクに乗らなくなるのは人間的な要因が多いです。

  • 飽きた
  • 暇がない
  • 金かかる
  • 家族サービスしなきゃ
  • 疲れる
  • 面倒臭い
  • ええ、ええ。そうでしょうとも
    そういう人たち、たくさん見てきました。
    ※どれもバイクに似り始めた時には一切意識しないことばかりです。

    スポンサーリンク

    でも・・
    そんな人間的要因以外で、バイクに乗れなくなることもあるってことですよ。
    それは、
    壊れたパーツが供給されなくなる
    です。

    CB1100Fのデザインを超えてないよね。

    CB1100Fのデザインを超えてないよね。

    良くまとまりすぎて、CBじゃない感がするよ

    良くまとまりすぎて、CBじゃない感がするよ


    どちらが10年後生き残ってるかね?

    話は飛びますが、
    1980年式だと40年
    2000年式だって20年
    前ですよ?!

    今ヤフオクでそのころのバイクがとんでもない値段で取引されてますが・・
    メーカーだって、そんなに長くはパーツストックしてくれません。
    ※特にマイナー車の外装なんかはアッという間に部品なくなります。

     

    ちなみに・・

    ヤフオクをチラ見すると30年前くらいの中古車両が普通に高額で取引されています。
    ※たとえ不人気者であっても、です。

    ちょうど、そのころから徐々にバイクに電子制御機構が搭載され始めてます。

    販売終了から10年も経てば、例外なく部品供給は見るも無残な悲しい状況になります。
    特に、
    外装
    電子制御機器の部品
    はメーカー在庫が全然ないです。

    外装はともかく、
    今後エンジン制御系の部品調達ができずに乗れなくなるバイクが大量に発生するだろうってことです。

    たとえ、
    オークションなどで中古部品探してきても10年前の電子制御ユニットは動くかどうかすらわかりません。

    もちろん、
    電子回路は素人が直せるものではないですね・・
    電子制御系の部品って、動くかどうかも分かんないのにヤフオクでは超高価ですのでほぼ賭けです。

    既に車の世界では、
    旧車やネオヒストリックと呼ばれる人気車種でも部品が無くて乗れないということが頻繁に起こっています。
    動かない車って・・超買いたたかれますよ。
    それでも値段が付くならまだマシです。
    ※車よりは電子制御化がかなり遅かったバイクの世界で、これから同じことが起こることは確実です。

     

    バイクは相互的に80年代後半から90年代前半のモデルが最も熟成されてて壊れない

     

    ワタクシ
    当倶楽部には10年以上前のバイクしか存在していません。
    素人なりにちゃんとメンテしてれば壊れないし、
    壊れても素人が直せるレベルばかり。
    結果として、
    20年以上は普通に乗り続けることができています。
    ※購入時、既に10年以上前に販売終了しているバイクばかりです。

     

    バイクって素人が楽しんでいじる類の趣味だと思うんですが

    バイクって素人が楽しんでいじるのが前提の趣味だと思うんですが。


    アナログ車は素人が直せるところが素晴らしいのですよ♪

     

    当倶楽部の場合

    当倶楽部バイクの年式は、

  • 最古のは78年式
  • 最新のは07年式
  • ※それでも古っ!
    です。
    ※車は68年式と71年式から2016年式までですが。一番維持費がかかるし長く乗れないだろうと思うのは2016年式の車です。

    複数のバイクは性格も個性も違うので、使うシュチュエーションによって乗り分けています。
    それでも、10年落ちバイクで年間1万キロ以上は普通に走ってました。

     

    個人的な意見ですが、
    一番熟成されてて贅沢な作りなのは80年代後半から90年代前半のバイクです。

    80年代中期から始まるレプリカブームを経て、

  • 一気に動力性能的が向上した
  • 完成度も耐久度も熟成された
  • その時代を生きてきた40代以上のライダーには実感できるはずです。
    ※毎年、モデルチェンジしてたんだから当たり前か・・

    この頃から、
    電子制御系が出始めたとはいえ、まだまだ電子デバイスはイロモノ扱いだったのも事実です。
    電子制御デバイスは、機械的制御の補佐的な位置づけが多かったんですよ。
    ※前後連動ブレーキとか、完全にイロモノ扱いでした。

     

    電子制御の歴史

    バイクのシステムの全てがアナログ式の機械制御だったのは、70年代後半くらいまでです。

    レプリカブームのさらに10年ほど前まで歴史をさかのぼるとCDIユニットや無接点点火方式といった初期の電子デバイスが出てきます。
    安定して火花や点火タイミングの制御から始まりました。
    ※確かに比較すると、火花の強さや点火タイミングのメンテナンスフリー化など便利になりました。

    これらは70年代中盤から採用されはじめ、80年代にはほとんどの車種に標準となる普通の装備になります。

    初期の頃の転嫁をつかさどるCDIユニットは、
    まだまだ熟成度合いが足りず、よく壊れたもんです♪

    幸か不幸か、
    おかげで人気のある旧車のCDIユニットは普通にアフターパーツが存在したりします。
    ※パーツメーカーのおかげで旧車のほうが維持が楽♪というよくわからない逆転現象になってたりします。

     

    レギュレータは最近のバイク用を加工することもできます

    レギュレータは最近のバイク用を加工することもできます

    電子制御のレギュレーターも70年代中盤から終盤くらいですかね?
    それまでの機械式レギュレーターは、ほんっとによく壊れたもんです。
    ※レギュレーターが壊れるとバッテリーが沸騰するんですよ。

     

     

  • CDIユニットにせよ
  • レギュレーターにせよ
  • 90年代に入ると塾生が進み、壊れる頻度がだいぶ下がったのは確かです。

    この頃から、
    バイク乗りは電子制御部品なんか意識せずに、ほとんどメンテナンスフリーで乗り回せるようになりました。
    ただし、
    レギュレーターは80年代でも90年代でも寿命があるようで古くなると熱もって壊れますけど♪
    ※現在のバイクのレギュレーターを流用するのは可能です。パーツは汎用性が高い・・とはいえコネクタの作り変えなどは必要です。

     

    2stは電子制御で最速になった

    2st乗りが忘れてはいけない電子制御システムが、可変排気バルブです

    可変排気バルブの熟成が進んで、
    レースの世界では一気に2st250ccが4st400ccを駆逐していくのは割とあっという間でした。

    80年代までは、鈴鹿の4時間耐久は4st400cc一色だったんですよ。
    バリバリ伝説の序盤のクライマックスの鈴鹿4時間耐久選手権では、GSX-R400で参戦してたね。
    二人鷹でも4時間耐久はGSX-R400でしたな。
    ※いずれも、POP吉村さんが漫画に出てるのがすごい。

    それが、
    90年代に入ると、あっという間に2st250ccの独壇場になりました

    可変排気バルブは公道使用車では83年のRZ250R(29L)が機械式YPVSを搭載したのが最初のバイクです。
    RZ250をはじめ、今までの2stと違う次元の圧倒的な乗りやすさでした。
    同じYPVSシステムでも年を追うごとにどんどん進化していきます。
    メインキーをONにすると稼働テストで一瞬ニーニーって音とともに動くのが楽しいシステムです

    最初の排気バルブYPVS搭載車

    最初の排気バルブYPVS搭載車


    RZ250Rがとんでもなく高いのにはビックリする。
    ※ワタクシ、89年ごろに12万円でショップから購入しています。
    NSR250はもう別次元でした・・

    NSR250はもう別次元でした・・


    NSR250シリーズは今とんでもなく高価なバイクになりました・・

    当然可変排気バルブなんて良い物、他社がほおっておかないわけです。
    各社、独自の可変バルブシステムを搭載したバイクをラインナップしてきます。
    最後には、NSR250Rで完成の域に達します。
    ※可変排気バルブってほんとにすごいよ、DT200WRの3倍速YPVSなんか低速モリモリです。

    似たような仕組みは、4stでもEXUPシステムという可変バルブがありましたが・・
    いつの間にか途絶えちゃってますねえ・・
    ※ほかの電子制御システムで燃調コントロールしてるからかな?

     

    ちなみに・・

    当倶楽部のDT200WRのYPVS、サーボモーターも制御ユニットも予備を確保してあります♪

    一生乗るので、電子機器の予備は一通り確保してあるんですよ♪
    ※たぶんパーツとしてストックして無いのは、ホイールとフレームくらいです。

    DT200WRでは、
    林道の下りでレギュレーターが突然パンクを経験しています
    ※押しがけしたら突然死にました。びっくりしました。

    エンジンはかかるものの、1速に入れると点火カットされる現象に悩みました。
    CDIユニットを疑い、予備のものに変えましたが変わらず・・

    結局、
    レギュレーターの異常が原因で交換したらあっさり直ったのですが、対応完了まで一か月あまりかかりました。
    ※それぐらい電子制御はわかんないんですよ。でもいい勉強になりました♪

    DT200WRは既に何キロ走ってるか全く不明ですが、恐らく10万キロ近いはずです。
    それでも、まだまだしつこく乗り続けようと思います。

     

    スポンサーリンク

    バイクの電子制御機器は発展途上でまだ未熟

     

    ワタクシ
    バイクの基本構造は60年代後半にはすでに出来上がってました。
    その後、20年かけて機械的な熟成を図り、
    さらにその後、基本的な電子制御部品は20年以上かけて熟成を図り、
    90年代にほぼ完成されたわけです。
    それ以降に装備されたインジェクションやABSなどの装備は、
    バイクブームが去ったこともあり、まだ熟成途中な気がします。

     

    90年代の電子制御デバイス搭載直前のバイクは、

  • 80年代の急激な進化があってそれが落ち着いてきた
  • メーカーがノウハウを蓄積して耐久性が上がった
  • 複雑なメカニズムを持つ車種は淘汰されていった
  • という背景があって、かなりのレベルで進化して完成の域に達しています。
    それであの格安ともいえる値段だもの・・
    売れるよね・・
    ※今のバイクが高すぎるってのもあるけれど、量産効果ってすごいよね。

    このRGV-γが4時間耐久で早かったイメージがある

    このRGV-γが4時間耐久で早かったイメージがある

    性能的な数値だけを見れば、
    80年代後半から90年代前半のバイクは現代のバイク以上です。
    ※一部の大型車を除きますが、中型クラスは数値的な性能はもちろん実走でも相手にならないです。

     

    バイクが高価いの電子制御のせい

    環境性能や安全性能などにお金がかかるのでバイクが高い。

    バイクは長いこと「環境の脅威にはなりえない」という認識だったんですよ。

    バイク業界は世界的に90年代中盤以降、

  • 環境性能
  • 安全性能
  • を、世論的に重視せざるを得なくなりました。

    たくさん電子制御システムを盛り込んで、
    なんとか法的な環境基準をクリアしてるって感じが否めません。
    ※現時点でさえ、環境対応・安全要求対応に試行錯誤しているように見えます。

    しかも、
    やっと環境対応マシンを作っても、
    来年の環境基準をクリアできないよ♪
    という環境基準の進化の速さです。
    ※ロングセラーモデルが出にくいです。

    これでは、
    バイクに搭載される電子制御機器が熟成されるわけないですね。

    環境基準によっては

  • 根本から設計しなおさなきゃいけない
  • 生産終了せざるを得ない
  • 事もあるでしょう。

    そうなると
    バイクに搭載されている電子制御機器・デバイスはユニットは一世代限りの固有のもので、
    その次の世代電子制御デバイスとは全く互換がない・・ってことも考えられます。

    不運にも短期間しか生産されないバイクは数が売れないわけです
    当然、メーカーの部品のストックも期待できないわけです。
    ※特に不人気車の部品は・・長く乗れるわけないですね。

    そりゃ、開発費もかかってるしバイク自体を安くすることなんてできるわけないですね。

     

    長期間作られた結構売れたモデルであっても、
    細かく仕様変更してるような場合は、長く乗るという意味ではいささか不安になりますね。
    ※ついに生産終了を宣言下セローシリーズのモデルチェンジの歴史は環境対応の歴史と言っても過言ではありません。

     

     

    バイクに装備される具体的な電子制御デバイス

     

    ワタクシ
    具体的にどんな電子制御システムやデバイスがあるのか列挙してみますね。
    それこそ、日進月歩です。
    もちろん、ワタクシが理解してるものがすべてではないですしねえ。
    それほど、
    現在のバイクは、電子制御とセンサーの塊です。

     

    電子制御デバイスって何ですか?

    電子制御デバイスって何ですか?


    それって美味いの?

     

    バイクの電子制御の数々

    代表的なバイクに搭載されてる電子制御部品

  • フューエルインジェクション
  • 排ガスセンサー
  • ABS
  • トラクションコントロール
  • 多機能デジタルメーター
  • スロットルセンサー
  • 前後同時ブレーキ
  • イモビライザー
  • ※ぱっと思いついただけでもこれくらいはあります

     

    やべえ・・うちのバイク全部、上記の電子制御一個もついてねえ(笑)

     

    2020年現在、電子制御部品の少ない古いバイクなら普通に30年位前の年式が流通しています。
    でも、
    00年式から10年式くらいまでの中古バイクってあんまり見かけない気がします。
    もちろん、新車が売れてないってのは一因なんでしょうけど、街の中古バイク屋さんにあるのは大抵20年、30年落ちの太古車ですね。

    2020年の新車は・・10年後何割が残っているのか興味がありますね。
    メーカーが電子制御パーツをいつまで供給してくれるのかにかかってる気がします。
    ※メーカーも生き残りをかけて必死ですので、あっさり見捨てられる気がします。

     

    ちなみに・・

    バイクの電子制御部品ってかなり高価ですよ。壊れるととんでもない対価が請求されます。

    もちろん、
    耐久性や信頼性についてはメーカーテストをクリアしてるはずなので、そうそう壊れるものではないはずです。
    製品に搭載されてるってことは、保証期間中はそれなりに耐えてくれるはず・・

    ただし、20年後はどうか?30年後は?
    その時、部品供給あるんでしょうか?

     

    スポンサーリンク

    車とバイクの電子制御はどう違うのか?

     

    ワタクシ
    基本的には車で採用されたシステムの小型化や高効率化したものがバイクに積まれています。
    車はバイクより電子制御機器の導入が少なくとも20年は早かったので、
    歴史がある分、それなりに耐久性は高いです。

     

    何度も言いますが、バイクは30年前の中古車が普通に流通しています。
    それなら、
    車もバイク並みに残ってるかというと・・
    車の世界では、30年前の国産車って販売数から見ると全然残ってません。
    パーツが無くて、ほんとに維持できないんですよ。
    古い車は、お金がかかり過ぎてほぼマニアしか維持できないのが現状です。
    ※各車種のマニアの方々には頭が下がります。ほんとに中途半端な年式の日本車って維持しずらいです。

    こういう車の方が将来のこる気がする

    MichaelGaida / Pixabay


    外車の旧車は意外に部品供給がいいんですよ。

     

    車は既に消耗品

    ■車の場合

    一般的に、
    車は10年たったら買い替える
    というわけのわからない刷り込みがある日本人・・
    なので国内自動車産業が発展したわけですが。
    ※最近の調査では「新車からの平均保有は13年」らしいですよ。

    それに
    車は新しいのを買ったら、ほとんどは古い車両を保有しないですよね?
    たぶん、
    廃車にされスクラップになっちゃうか、輸出されるか・・
    ※田舎ではナンバー外した車が空き地に並んでたりします・・土地も車ももったいないですね。

     

    バイクは趣味性が高い

    ■バイクの場合

  • 乗る時間が限られる
  • 走行距離が伸びない
  • 雨天ではあんまり乗らない
  • 比較的屋根のあるところで保管されてる
  • 趣味のものなのでメンテナンスに手間・暇・金かける
  • など保有期間の長さのわりには、走行距離も少なく程度は悪くないものが多いです。

    なので、
    バイクは長く乗れるのかもしれません。
    ※すでに中古バイクは資産化していますね。

     

    生産終了から20年・30年たった中古バイクは一時期に比べれば激減したとはいえ、
    車に比べたら現存している率は極めて高いです

    どんなに大事にされてても
    20年30年たてば、そこかしこに不具合が出てくるのは機械なら仕方ないですね。

    問題はココです

    30年後に、電子制御機器は供給されてるんですかね?
    電子制御系は、あっという間に進化します
    30年後は、2020年代の30年前の電子機器パーツは型遅れもいいところ。

    30年前のPCや家電のパーツが供給されないように、パーツの供給も絶望的です。
    電子制御部を素人が修理できるかといえば・・できません。

  • 各種センサー?
  • 制御ユニット?
  • しかもユニットの機能が複合されたブラックボックスになってたら?
  • いったん不具合を出せば、市東路には不具合やトラブルの原因追及ですら困難です。
    素人レベルで故障個所を特定することすら相当ハードル高いです。
    電子制御機器・デバイスってのはそういうもんです。
    ※同じ歴史をたどった家電はパーツ交換どころか使い捨てですよね?

    バイクという乗り物の性格上、
    どこに電子制御機器を配置したって多少は雨風+熱にさらされます。
    30年もたてば、風雨にさらされ熱にあおられた華奢な電子制御機器やデバイスは・・果たしてどれだけ生き残ってるのか・・

     

    ちなみに・・

    初期のころのインジェクション搭載バイクは、結構な割合でメーカーリコールになってたりします。
    ※どこのメーカーとまでは言いませんが。

    知り合いAさんの某外車のバイクの話ですが、
    突然、原因不明のエンジン不調が発生。
    素人なりにいろいろやってみたものの原因が全然わからず、直らずじまい・・
    メーカー直営ショップに持ち込んでユニット丸ごと交換で対処することになりました。
    メーカー保証期間が終わってたのでユニット単体の金額にビックリ♪
    ※なんと、18万円以上の修理となりました。その部品以外はピンシャンしてるのに、ですよ?

    うん。
    その値段なら、中古の250ccのオフ車買えるわ♪
    ※ワタクシが昨年入手した中古のセロー225Wのがよほど安いですよ・・

     

    スポンサーリンク

    結局、長く乗れるバイクのほうが損しない

     

    ワタクシ
    バイク選びで損しないためには長く乗れるバイクを選ぶべきです。
    それが一番割安です。
    車もそうですがバイクをポンポン買い替えるのが一番もったいないです。

     

    電子制御機器搭載車両は、デビュー時には雑誌やネットのレビューでは絶賛されることが多いです。
    そりゃ、スポンサー様のご意向ですので逆らえませんわ。
    ※この手の記事を鵜吞みにして買ったはいいけど、すぐマイナーチェンジされちゃったりするとガックリです。

    このKATANAの方がオリジナルの刀の方が20年後残ってたりしそう

    このKATANAの方がオリジナルの刀の方が20年後残ってたりしそう


    新しいカタナは乗りやすそうだけど見た感じ全然迫力ないなーと思った。

    ワタクシが重要視しているのは、出た時の性能云々よりも

  • 10年後どうなってるか?
  • 20年後部品出してくれんのか?
  • ずっと乗り続けられるのか?
  • ってことなんですよ。
    ※ワタクシは趣味でバイクや車をしつこく直し直し乗り続けるのが楽しいと思う少数派です。

    本当に気に入ったバイクをメンテナンスしながら、長く乗り続けるほうが、支出額は総じて少ないです。
    ※20年乗ることを考えたて、1年あたりに換算したら安いもんですよ。

     

    ちなみに・・

    一方でバイクをバンバン乗り換える人もいます。

    最新技術大好き♪
    という人たちはいつの世もたくさんいます。

    特に男子はガンダムのモビルスーツ並みに新型が好きですしねえ。
    ※ガンダムMk2が一番カッコいい!とか言ってるワタクシは変わり者扱いですよ、まったく!

    とはいえ、
    新型が素晴らしいのは全く否定しません。
    お金がいくらあっても足りませんが、
    新しい機械やシステムへの信頼性は、使い続けて劣化した古いシステムとは比べ物になりません。

    家電のように使い捨てにできるなら、新型を使い続けるのもいいでしょう。
    でも、バイクにはとんでもなく感情移入しちゃうんですよ、ワタクシ。
    ※当倶楽部の子になってよかったねえ♪と嫁はよく言っています。

     

    まとめ

     

    ワタクシ
    結局、今の電子制御のバイクって結局長く乗れない気がします。
    できるだけ、アナログで構成されたバイクを長く乗った方が安いです。
    ※部品は入手できるときにストックしておく必要はありますが。

     

    目先のことだけ考えれば、そりゃ新車がいいに決まっています。
    5年ごとに乗り換えるのであれば全然問題はないんですよ

  • 走行性能だって(一部を除く)
  • 安全性能だって
  • 環境性能だって
  • そりゃ新しいほうが高性能です。

    ただ、

  • 素人メンテができない
  • 電子制御部品はユニット交換が普通
  • ユニットがないと走ることもできない
  • ユニット自体が超高価
  • なんか安っぽくて長く乗る気にならない
  • こういうところでサドンデスされるとちょっと困る

    こういうところでサドンデスされるとちょっと困る


    トラブル以降、ツーリングの際にはレギュレータ持って走っています。

    古くなった電子制御部品は
    サドンデス
    することがあるんですよ・・

    そして、
    サドンデスした直後に部品供給されてないとすれば・・
    そのまま廃車コースです

    そんなバイクに10年20年と長く乗れるとは思いません。
    実は、一台に長く乗ることのほうが環境にもいいし、お財布にも優しいんですよ。
    ※車を買いえることはエコじゃない!むしろ高くつく!という議論は昔からされていますがねえ。

     

    ちなみに・・

    メンテナンスに自信がある人は、80年代、90年代のバイクはねらい目です
    ほんっとに、こだわった設計とか贅沢なパーツとかてんこ盛りです。

    特に、当時人気があってたくさん売れた車種はおススメです。

    既に部品的にはかなり厳しいですが、電子制御が少ないので壊れても何とかなる確率が高いです。
    ※何より、たくさん新車が売れたので中古部品が多いです。

    中長期的に中古パーツを徐々にストックしていけばいいですしね。
    残念ながら、すでに車両も部品もタマ数が無く、価格高騰中ですので急いだほうがいいですよ

     

    そんな理由から、ワタクシはセロー225Wを入手しました♪
    ※実はもう一台狙っています。置き場を作らない限り増車は無理ですが。

    スポンサーリンク







    -バイク

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2