体重が軽いとこういう状況でも有利だし

Pexels / Pixabay 体重が軽いとこういう状況でも有利だし

ツーリング バイク

バイクに乗ってツーリングは健康&ダイエットになる?普段乗りでもスポーツなの?

Toos

バイクに乗るということはいろんな刺激があるということ。
バイクは非日常的な遊びです。

いろんな刺激で健康維持!

バイクを上手いこと習慣にして心身共に刺激し続けると・・
健康維持をできるレベルじゃないですか?

スポンサーリンク

バイクで痩せるの?ダイエット出来るの?

Toos
バイクって実はかなりハードなスポーツです。

分かりやすいのはオフ車で林道を流して走るだけでもいい運動になります。
※最初に膝に来ます。

ふつうに舗装路を走っているときでも結構体使っています。
もちろん、脳みそもそれなりに使っていますよ。

スポンサーリンク

さらに断言しましょう。
思いっきりサーキット走行やオフロード走行をすれば「絶対痩せます!」

経験上です。
夏のエンデューロレース(オフロードの耐久レース)で90分走っただけで、3.4kg痩せました♪
それぐらい汗かきます。
※そのあと打ち上げで水&酒をがぶ飲みするので元に戻るんですけどね・・

要するにバイクは本気でやればかなりハードな正しいスポーツですよ。
※スポーツはなんでも真剣にやれば痩せるのは間違いないです

在りし日のワタクシではない。他人だ。

Pexels / Pixabay


在りし日のワタクシではない。他人だ。

ただ、ラクチンなバイクで移動してるだけだとどうなんでしょうね?
乗りやすいバイクではなく「とんでもなく乗りづらいバイク」に乗ったら痩せるはずですよ。
※難しいバイクは無駄に疲れますのでカロリー消費も多いはずですよ♪

ツーリング先では高カロリー飯を食べがち

Toos
乱暴な言い方ですが、手っ取り早く痩せたい場合は「食わなきゃいい」んですよ。
それはみんな分かっていますね。

分かっていても食欲にはなかなか逆らえません。
最小限のカロリーで動いていれば痩せるはずなんですが・・

ツーリングの途中で、

  • 名物のどんぶりからはみ出るかつ丼
  • 旨そうなラーメン替え玉付き
  • 有名チェーンで特盛牛丼
  • コンビニでブリトー
  • サービスエリアでソフトクリーム
  • ・・・痩せる気あるんかい!

    大盛り&大食いツーリングで痩せようっていうのは結構無理があります。

    ツーリングの一日の食事が

  • 朝にマックのモーニング
  • 昼に蕎麦屋で山もりのざるそば+天ぷらセット
  • 夜は餃子定食と晩酌でつまみ
  • とか食ってりゃ、そりゃ痩せませんよ。

    消費カロリーより摂取カロリーが多いんだから太るのは当たり前だ。

    takedahrs / Pixabay


    消費カロリーより摂取カロリーが多いんだから太るのは当たり前だ。

    蕎麦は美味いよ、確かに。でも大盛りは途中から作業になる

    蕎麦は美味いよ、確かに。でも大盛りは途中から作業になる


    長野では有名な草笛という蕎麦屋の一番大盛り。しばらく蕎麦食いたくなくなる量

    ストイックツーリングただただ貧乏だった時は2泊くらい行くと必ず痩せました。
    今はキャンプでも酒飲みまくるからそんなに痩せないです(笑)
    日本の誇る焼酎:黒霧島25度が日本中どこでも手に入って美味すぎるのがいけないんですよ

    バイクに乗ってると、
    非日常の刺激を受ける精神的健康と身体の末端まで動かす身体的健康
    で心身ともに健康維持くらいはできるはずです。
    何もしないでゴロゴロしてるよりははるかに健全ってもんじゃないですか?

    ・・とか無理やりバイクは身体にいいという話を進めることにします。
    いいのだ、ワタクシのブログなんだし。

    痩せたいくせに、
    食欲をコントロールできない意志の弱いライダーは
    「断食ツーリング」というのもアリです。
    ※要するに断食道場です。

    スポンサーリンク

    五感をフルに使うのがバイクという乗り物

    Toos
    言うまでもなくバイクは身体をさらして走るわけです。
    5つの感覚すべてに刺激があります。
    生き物としての感覚を刺激できるバイクは身体に悪いわけないです。
  • 見る
  • 聞く
  • 嗅ぐ
  • 触る
  • 食べる
  • ※食べるは直接的ではないけど、ツーリング先で何か食べるってことを想定。

    これは五感に刺激があるということです。
    そういう本能的な感覚って生き物として大事なんじゃないかと思います。
    知識で知ってるのではなく実際に見て聞いて・・ということが大事だと思うんです。
    普通に生きてても五感を使いますがそれは日常なので特に刺激ないんですよねえ・・

    例えば嗅覚だけでも

  • 旅先で海の匂い
  • バイクの排気ガスの匂い
  • 春の草木の匂い
  • 夏の朝のアスファルトの匂い
  • 秋の枯草の匂い
  • 冬の朝の匂い
  • 非日常はバイクに乗るとより一層刺激的になります。

    適当なスピードでな!

    適当なスピードでな!

    今は何でもTVやインターネットで仮想体験出来ちゃいます。
    VRってやつですね。
    それでモニター越しに「知ってるつもり」になってるだけです。
    まだまだ未経験で新鮮な感覚が自分の中にはあるはずです。

    新鮮な感覚を刺激し続けるだけで若返りますよ♪
    コレだけでも十分健康的だと思います。

    偉い人も五感を使うバイクは健康にいいって言ってますし↓



    スポンサーリンク

    バイクは両手両足を別々に使う乗り物

    Toos
    通常の生活で両手両足を別々にフルに使うことってあんまりありません。
    バイクは両手両足を使わないと動かすことができません。
    ※スクーターは除く

    両手両足を使うということは両手両足の神経を使っているということです。
    しかも、微妙な操作も多いので末端神経までつかってるはずです。
    微妙なブレーキワークやアクセルワークは文字通り神経使いますしね。
    ※その証拠に久しぶりに乗るとしっかり疲れます(笑

    TeroVesalainen / Pixabay 


    少なくともスマホ触ってるよりは運動になるのは間違いない

    普通にバイクの乗れる以上、両手両足を使った基本操作ができるのは当然です。
    それだけでも神経を活発に使っているといっていいと思います。
    これは末端まで身体的な刺激もあるよということです。

    身体は使わなければ、どんどん衰えていくんですよね。
    ガンガン使う方が衰えずに健康を維持できる気がしませんか?
    ※無理やり健康にもっていくのがこの記事の主旨です。

    ちなみに・・

    クルマのMT車も同じように両手両足を別々に使います。

    車のMT車の運転は非常に楽しいですし大好きです。
    MT車の運転もはっきり言ってスポーツです。

    とはいえ、

  • 屋根がある
  • 大きく身体を動かさない
  • という意味でスポーツ感は薄いです。

    一方、バイクは車と違い身体が剥き出しで車体と一体になって曲がるスタイルです。
    「運動してるなぁ♪」
    という感覚がより強いです。

    スポンサーリンク

    バイクは精神的開放と予知能力強化に最適

    Toos
    精神的な解放感もバイクの特徴ではないかと思います。
    普段の生活でこんな解放感って無いですね。

    走ってればそれなりに風雨にさらされるわけです。
    それ相応のストレスもあるはずなんですよね。
    でも、なぜか走ってきた後はすっきりしてたりします。

  • 突然開けた景色に出たとき
  • コーナーを曲がったら海が見えたとき
  • 木漏れ日の中を走り抜けたとき
  • 濃霧の高原を抜けたとき
  • すごく開放的な気分になります。

    逆に普段はストレスにしか感じない夏の集中豪雨。
    ツーリングでは途中で土砂降りにあっても大笑いしてる自分がいます。
    ※非日常が重なりすぎてテンションが上がるのかもしれません。

    科学的なことはよくわかりませんがバイクに乗ること自体が
    ストレス解消になっている
    のではないかと思うんです。

    精神的開放と合わせて危険予知という能力が飛躍的に伸びます

    バイクは危険な乗り物です。
    事故を起こせば車の比にならない自分自身にダメージを受けます。

    バイクにある程度慣れると周りのクルマの動きを読んだりしませんか?
    周りのドライバーの心理状態を想像して動きを読む・・おそらくバイク乗り全員がやってることじゃないでしょうか?
    ※でないと生き残れません。

    これは「かもしれない運転が発展すると到達する域」何でしょうね。
    命の危険にさらされると人間は進化するのかもしれません。
    ※この感覚は車を運転するときにも応用が利きますね。

    ちがうか!

    ちがうか!

    さすが新型!

    さすが新型!


    ↑ありていに言うとこういうことです。

    バイクの乗るだけで想像力の強化というか、先を読んで行動する能力の強化になっているのではないかと思います。
    失敗すれば事故で身の危険につながるわけですので図らずとも軽めの極限状態なわけです。
    ※車でも同じはずなんですがAT車は食べモノ食べたりできて緩いので極限状態とはいいがたいですね。

    死活問題まで行きませんが、そういう状況ではやはり人は急速に想像力を発達させるのかもしれません。
    ニュータイプもこうやって訓練すればいいのかもしれません

    こういった精神的な刺激っていうのはストレス解消ってのもありますよね。

    例えば天候・地理を考えることは脳みその活性化に!

    Toos
    バイクに乗る以上、
    常に自然の造形や変化に対応しなくてはなりません。
    バイクで旅すればするほど経験と知識が身に付きます。

    バイク乗りは、まず天候に詳しくなります。

  • 雲の形
  • 雲のや動き
  • 風の方向
  • を見て天候を予想するのはロングツーリングライダーは結構普通にやってますよね。

    TVやラジオの天気予報はあくまでも広域が対象なわけで・・
    山間では全然予報が当たらないことなど体感的に知ってるんですよね。

    西から曇ってくるとそろそろだな♪
    と無い髭をさすりつつつぶやいてみる・・とかライダーなら経験あるはず。
    ※今では雨雲のライブ情報が携帯で見られるますけどね。

    バイクで旅していると地理的な知識が身に付きます。

  • この峠を越えたらどこに出る
  • この街ではあの名物が美味い
  • どこにガソリン給油ポイントがある
  • この先しばらく街がないので買い出はここで
  • とか、普段の生活では全く役に立たないようなことをどんどん覚えます。
    大体バイク歴が長い人はこういう知識が尋常じゃないくらい豊富です。
    ※住んでない地域の土地勘がある人ってすごいですよね。

    バイクで走る続けると地形的な知識が身に付きます。

    バイクで走りこむと初めて走る峠でも地形で次のコーナーの曲率が読めるようになります。
    ※経験者はどこ走ってもそれなりに上手く走るのはこの手の経験値の多さです。

    明日は雨だなー♪

    LeesDesign / Pixabay 明日は雨だなー♪

    こんな感じで、
    バイクに乗ることで現代人が忘れちゃった実体験から得る知識が増えます。

    学校では教えてくれない生きた知識
    体験に基づくきちんとした理解の上で知識

    こういうのって机上で覚えた知識と違って一生忘れないんですよ。

    バイクに乗ることによる体感的な刺激ではなく脳みそへの知的な刺激もきちんとあるってことですね。
    精神的に健康になるってもんですね♪

    知らない土地を走ること自体が刺激

    Toos

    非日常こそがバイク乗りの醍醐味です。
    非日常を求めるとどんどん遠くまで出かけるようになります。
    ※海外ツーリングも面白いですよ

    ツーリングでは特に、
    いつもの生活環境と違ったところにいる自分
    を実感できます。

    知らない土地を自分の力で走ることに新鮮さを感じます。

    特にこういう山道はドッキドキの刺激あり。

    jangsungwoo / Pixabay 特にこういう山道はドッキドキの刺激あり。

  • 「どこにつながるんだろ?」
  • 「この先に何があるんだろ?」
  • というわくわく感はこの歳になっても全然衰えませんし、むしろ以前より好奇心が旺盛になっている自分がいます。

  • 「この集落から最寄りのスーパーまでどれくらいあるんだろ?」
  • 「こんな田舎道に公共の交通機関ってあるのかね?」
  • とか、いろんなことを考えながら流れる景色と自分を同化させていきます。

    休憩は昔ながらの集落に一軒しかない商店の前の自販機で一服しがてら缶コーヒーを。
    そういう非日常体験はただの休憩さえも、いい刺激になります

    これは好奇心的な刺激も、もちろんあるよということです

    ちなみに・・

    最近はまとまった休みがあまり取れません。

    GWや夏休み、9月の連休あたりではロングツーリングに出かけられますがそれでも2泊とかが精いっぱいです。
    そうなるとなかなか遠出もできないので効率よく知らない近所の県道を走り回っています。
    これがまた結構楽しかったりします。

    特に単独で走るときは、どんどん知らない道に入って行くようにしています。
    ※長野には県道とは言え、メインルートから離れるとあまりに人気(ヒトケ)が無くて怖いくらいな場所も多いんですけどね。

    ちょっとした旅でも、非日常

    sopwithxiii1918 / Pixabay ちょっとした旅でも、非日常

    まとめ

    Toos
    バイク乗りというのは意外に大変ことをやっています。
    身体も使うし精神も使っています。
    それが面白いんだからい方がない。

    バイクで痩せたい場合は、

  • 本気でスポーツライディングを学ぶ
  • ツーリングで大盛り・高カロリー飯を食わない
  • この辺を徹底しましょう。
    ※どうしてオッサンライダーはSAでソフトクリームを食いたがるのだ?解き明かしたい。

    バイクで健康になりたい場合は、
    初心者のうちは、まずバイクの基本動作を習得するためにいろいろハードルを越えていくわけです。
    必ず、誰でもそのプロセスは通過しなければなりませんが、バイクの乗ること自体がすでに非日常です。
    この非日常を刺激にし続けられれば精神的に健康で若くいられます。
    ※ワタクシの周囲の先輩ライダー方の若くて健康なことったらないわ。少し献血してこいと言いたい。

    バイクの乗るのは健康のため、とかなんでもいいんですよ理由は。

    ワタクシが言いたいのは・・
    バイクで常に新しい刺激を求めて乗り続けるだけで身体は使うし精神的ストレスも解消されます。
    結果として健康で元気でいられるっていうことなんですよ♪

    一番大事なのは「バイクに乗り続ける」って言うことかもしれません。
    ※バイクに乗り続けるって人生でかなりハードル高いですからね。

    そして刺激を求め続けましょう。

    食欲に負けがちな人は、
    強制的に痩せる環境に行くしかないです(笑)
    意外に安いので話のタネにちょうどいいかもしれません。

    スポンサーリンク







    -ツーリング, バイク

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2