長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

ツーリング バイク

バイクに乗ってツーリングはスポーツなの?もしかして健康&ダイエットになる?

更新日:

在りし日のワタクシではない。他人だ。
Toos

バイクに乗るということはいろんな刺激があるということ
バイクは非日常的な遊び。いろんな刺激で健康維持!

常々思っているのですが、バイクって実は健康にいいのではないかと思うんですよ
オフ車などで林道走るのはいい運動になるのはもちろん、ふつうに舗装路を走っているときでも結構体使っています
もちろん、脳みそもそれなりに使っている

これは上手いこと習慣にして心身共に刺激し続ければ、健康維持できるレベルなのではないかと思って記事を書こうと思い立ったわけですよ

スポンサーリンク

ダイエットとしては・・

断言しましょう
思いっきりサーキット走行やオフロード走行をすれば「絶対痩せます!」
経験上です
夏のエンデューロレース(オフロードの耐久レース)で90分走っただけで、3.4kg痩せました♪
※そのあと水&酒をがぶ飲みするので、元に戻る

それぐらい汗かきます
要するに本気でやれば正しいスポーツなわけですよ

スポーツはなんでも真剣にやれば痩せるのは間違いない

です

在りし日のワタクシではない。他人だ。

Pexels / Pixabay 在りし日のワタクシではない。他人だ。

ただし!
ツーリングで痩せようっていうのは結構無理があります
どうせ途中で、名物のかつ丼食う、旨そうなのでラーメン&牛丼食う、コンビニでブリトー食う・・・
そりゃ痩せませんよ

消費カロリーより摂取カロリーが多いんだから太るのは当たり前だ。

takedahrs / Pixabay 消費カロリーより摂取カロリーが多いんだから太るのは当たり前だ。

ストイック(ただただ貧乏)ツーリングだった時は2泊くらい行くと痩せましたが、今はキャンプでも酒飲みまくるから痩せない(笑)
手っ取り早くやせたけりゃ、食わなきゃいいんですよ
※ふつう無理ですが

痩せるということよりも、精神的健康と末端まで体を動かすということに絞れば、健康維持くらいはできるはずだ!
・・とか無理やり進めることにする
いいのだ、ワタクシのブログなんだし

スポンサーリンク

五感をフルに使うというシュチュエーション

言うまでもなく、身体をさらして走るわけですので、感覚すべてに刺激があります
見る、聞く、嗅ぐ、触る、食べる
※食べるは直接的ではないけど、ツーリング先で何か食べるってことを想定



そういう感覚って生き物として大事なんじゃないかと思います
知識で知ってるだけではなく、ちゃんと体感してわかるということが大事

ちょっと違うかもしれませんが、今は何でもTVやインターネットで仮想体験して「知ってるつもり」になってるだけなので、自分の体感で感じることの重要さってあると思うんですよ

これは五感対する深い刺激があるということです


五感豔遇 / lUcien C

↑なに売ってんだか微妙なカフェ。

両手両足を使うという状況

通常の生活で両手両足をフルに使うことってあんまりない気がします
バイクはそれを使わないと乗ることができない道具です
※スクーターは除く



同じように、クルマのMT車も両手両足を使います
これはこれで楽しいですが、前の項で書いた五感をフルに・・という意味ではちょっと弱い感じがしますね

両手両足を使うということは、そこまで神経を使っているわけでして。
おかげで久しぶりに乗るとしっかり疲れます(笑

TeroVesalainen / Pixabay 少なくともスマホ触ってるよりは運動になる

その基本操作をきちんとやったうえで、さらにその効率や感覚を研ぎ澄ますのがスポーツライディングだったりします
そこまで到達しなくても、神経を活発に使っているといっていいと思います
使わなければ、衰えていくんですよね、身体って

これは身体的な刺激もあるよということです

精神的開放と予知能力の強化

精神的な解放感もバイクの特徴ではないかと思います
逆に言えば、風雨にさらされるわけですので、それ相応のストレスもあるはずなんですが、なぜか走ってきた後はすっきりしてたりします

科学的なことはよくわかりませんが、ストレス解消になっているのではないかと思うんです
普通に流して走ってたとしても、です



合わせて、危険予知という能力が飛躍的に伸びます
事故起こそうと思って乗る人はいないんでしょうけど、クルマの動きを予知したり、危険物をよけたりということはおそらくバイク乗り全員がやってることだと思います


ちがうか!

ちがうか!

さすが新型!

さすが新型!



↑ありていに言うとこういうことです。

これは想像力の強化というか、先を読んで行動する能力の強化になっているのではないかと思います
ま、失敗すれば事故で身の危険につながるわけですので、図らずとも軽めの極限状態なわけです
死活問題まで行きませんが、そういう状況ではやはり人は急速に想像力を発達させるのかもしれません

こういった精神的な刺激っていうのもありますよね

天候・地理の知識

天候にも詳しくなります
雲の形や動き、風の方向を見て天候を予想するとか、ロングツーリングライダーの皆さんは結構やってるのではないかと思います

天気予報はあくまでも広域だし、山があれば全然予報が当たらないなど、体感的に知ってるんですよね

合わせて、地理的な知識も身に付きます
この峠を越えたらどこに出る、とかそういう知識ももちろん、何処で何が旨いか?どこにガソリン給油ポイントがあるか?といった点もどんどん覚えます

明日は雨だなー♪

LeesDesign / Pixabay 明日は雨だなー♪

学校では教えてくれない生きた知識というか、体験に基づくきちんとした理解の上で知識が身に付きますね
こういうのって、机上で覚えた知識と違って一生忘れないんですよ

知的な刺激もきちんとあります

知らない土地を走ることは刺激になる

ツーリングでは特に、
いつもの生活環境と違ったところにいる自分
知らない土地を走る自分に新鮮さを感じます

特にこういう山道はドッキドキの刺激あり。

jangsungwoo / Pixabay 特にこういう山道はドッキドキの刺激あり。

最近はまとまった時間があまり取れないので、遠出もできないので効率よく走り回っていますが、単独でフラット走るときはどんどん知らない道に入って行くようにしています
「どこにつながるんだろ?」「何があるんだろ?」というわくわく感はこの歳になっても全然衰えませんし、むしろ以前より好奇心が旺盛になっている自分がいます
「この集落から最寄りのスーパーまでどれくらいあるんだろ?」
「こんな田舎道に公共の交通機関ってあるのかね?」
とか、いろんなことを考えながら流れる景色と自分を同化させていきます

休憩は昔ながらの集落に一軒しかない商店の前の自販機でコーヒーを。
そういう非日常体験はただの休憩さえも、いい刺激になります

これは好奇心的な刺激も、もちろんあるよということです

ちょっとした旅でも、非日常

sopwithxiii1918 / Pixabay ちょっとした旅でも、非日常

まとめ

バイク乗りというのは、意外に大変ことをやっています
初心者の人はそれができません
まずその基本動作を習得するためにいろいろハードルを越えていくわけです
必ず、誰でもそのプロセスは通過しなければなりません



その段階でもかなり心身共に強化されているわけですが、ベテランになるにつれて刺激が弱くなるというか、刺激に慣れちゃうというか・・
別のバイクに乗り換えたりするとまた刺激が変わったりするんですけどね

健康のため、とかなんでもいいんですよ理由は。
ワタクシが言いたいのは、常に新しい刺激を求めて乗り続けるだけでも、結果として健康で元気でいられるっていうことなんですよ♪

なんでもそうですが「意外に大変なことでも、それが当たり前になりすぎると、刺激が無くなって飽きちゃう」んですよね
いろんな意味で心身ともに刺激がないと、ジョギングでもストレッチでもダイエットでも長続きしないのはこういうメカニズムなのではないかと思います

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-ツーリング, バイク

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.