Lotus EUROPA

ロータスヨーロッパの後方視界は最悪。ドアミラーは本当に見えないぜ!

更新日:

Toos

世間ではサイドミラーもカメラになろうかというのに、この話題(笑)
ドアミラーにすると取付位置とAピラーの位置関係から、
助手席側のサイドミラーが全然(まったく)見えないことは有名なロータスヨーロッパ・・
見えるようにするにはそれなりの工夫が必要です
工夫してもあんまり見えませんが。
定番ミラーはやはり・・




スポンサーリンク

全然見えないのは困りもの

うちの個体の場合、ミラーの足部がないセブリングタイプがドアについていました
これがもう絶望的に見えません
※ミラーの存在すらほとんど見えないという始末

車検用だなー
と割り切るのもいいですが、何とかじたばたしてみようと思ったわけです

そもそも純正のミラーってのは存在するのか?

純正っていうのは存在しないのではないだろうか?
ちなみに旧FIAT500は、日本に入ってくる段階ではミラーがなく、納車の際にクルマ屋さんでボンネットに穴開けて一台づつ国産のミラーを付けてた、という話を聞いたことがあります
※ただの噂なのかもしれませんが、そういえばこの車もいろんなミラーがついている

恐らくこれと同じような状況ではないかと推測します
当時の販促資料などあればいいのでしょうけど・・引き続き探してみます

足のないミラーをつけているのはレーサーのタイプ47と呼ばれるタイプでも確認できます
なので、これに倣ったミラーがよし!とされているのではないかと。

微妙にミラーは確認できるでしょうか?

微妙にミラーは確認できるでしょうか?

スポンサーリンク

世のオーナーの皆さんはどうしているか?

見えないまま

もう割り切って、見えないままってのもありなのかもしれません
ドアミラーで足のないタイプのミラーは物理的に見えませんので。

そんななので、「あれ絶対後方見えてないよなー」という個体は数多いです
首都高の合流とかどうしてるんだか聞いてみたい

実用化されそうなカメラのサイドミラー付けてもモニタをつけるところがあるとは思えんし。


europa / joelf

↑これは見えない系。ミラーはレイヨットかな?


Lotus Europa / dave_7

↑潔く助手席側にミラーついてない(笑)

つける位置を変える

フェンダーミラーに変更しちゃう人も多いですね
こうなるとAピラーの陰になるという問題から解放されるわけで。

個人的な好みの問題かもしれませんが、ボディラインで一番曲面がきれいな場所にミラーが付いちゃうのであんまり好きじゃないんですよね
ボディに穴が増えるのもあんまり好ましくないし・・

外し技として、助手席側だけミラーをフェンダーに設置する、という個体も見たことがあります
一瞬ぎょっとしますが、かつてはレーシングマシンでもこの手法をとっていたものもあり、実用性は高いのかもしれません



何とかしようともがいている

今のワタクシがこれです
ビタローニ・カリフォルニア
という足つきのミラーをチョイス、ドアに設置しています


Lotus Lad / Shyn Darkly

↑この個体カリフォルニア装備だ♪

それでも期待するほど、見えません
かろうじてミラーの存在はわかるけど、頭を動かして覗きこまないと鏡面が見えない・・



20100418_54 / tandemracer


↑物理的にミラーを外に逃がすように配置すれば見えるかもしれません。似合わないかもですが。

鏡面をできるだけオフセットして固定するように改造したら、何とか鏡面までは見えるようになります
ただし、調整が非常に微妙で地面ばっかり写したり、ボディばっかり写したりします

ちなみに運転席から、助手席のミラーを調整することはできません
窓の開口部が小さく、手が届かないので、いちいち降りて調整、確認を繰り返すというありえない仕様なので、これが非常にイライラするのだった

一時期、ホームセンターなどで売ってる小さいサブミラー的なものを補助として使ってましたが、やっぱり全然見えないので今は外しました
あくまでもアレは補助です



まとめ

将来的には車からミラーが無くなる、というニュースを最近よく見ます
すべてカメラ経由で車内のモニタで確認できるようになる、と。

そうなりゃなったで後方視界は確保できそうですが、ロータスヨーロッパの場合、車内にモニタを設置するところなど無いので、結局駄目じゃないかと(泣

とりあえず、助手席側の後方視界確保には、フェンダーミラーにするのが一番だと思われます
今のところ、それが正解なのではないかと。

振り返って後方確認するので、バイクなどの存在は見えてはいるんですが、バックで駐車スペースに止める場合など白線の位置とか確認したいときは結構困りもんです
※意外にラウンディな車体なのでバックで止めるのは慣れが必要

ビタローニ・カリフォルニアの鏡面をもっとオフセットできれば解決しそうですが、そうなると鏡面が完全にボディから出ちゃいます・・
ミラー自体の取付位置で違うんでしょうが、この辺は個体ごとに結構違うんですよねえ

まあ、こういう問題で悩んで、工夫して、っていうのも楽しかったりするのでいいんですよ♪

スポンサーリンク

足車はここで探せ!乗りつぶすつもりなら新車は不要!



  • 旧車一台だと故障だトラブルだで結構厳しい!

  • 趣味車だけだと、世間の目が厳しい!

  • 安心して遠出できる車が無いとなぁ・・


  • なにより、趣味車を普段使いするのはもったいない!!

    なら普段使いの車を安く手に入れちゃえばいいんですよ♪






    とにかく安い中古車探しなら、TVのCMでもおなじみの「ガリバーフリマ」

    ワタクシが見たときは、BMW116iが、3万円(笑)
    新車買うの馬鹿らしくなります










    「ガリバーフリマ」


     個人間売買の仲介サービスです。
     個人間売買でよく起きるトラブルの部分をガリバーが仲介しているので安心!
     さらに販売店を通さないので中間マージン分お得に自動車の購入・売却ができます。


     玉石混合のヤフオクより、程度に対する安心感が高い上に安い!
     ※出物があればお得感はものすごく高いです!が、お買い得車との出会いはタイミングです



    ◆長野県にあるガリバーフリマ店舗(第1号店舗)

    開店日       :2018/12/15
    店舗名       :ガリバーフリマ長野柳原店
    郵便番号      :381-0012
    住所        :長野県長野市柳原1302-59


    ロータスヨーロッパをもっと知りたい!

    -Lotus EUROPA

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2020 All Rights Reserved.