長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

セロー225 バイク

バイクのシートの張替え手順。初心者がDIYで実施。オフロード車は難しい。セロー225Wのレストア

更新日:

Toos

セロー225Wをレストアしております
シートの張り替えをやってみようと思って、シート表皮を調達したまでは良かったんですが。
どうも張り方にイマイチ自信がない

ので、大先輩にご指導いただいた
いろんなノウハウをいただき、ついでにツールも借りたのだ
※わざわざ200km以上も暇つぶしがてら走って来てくれた。感謝

素人でも初心者でもバイクの十分シート張替えは可能です♪

スポンサーリンク

バイクのシートの張り替え自体は難しいもんではない

要するにシートの表皮を剥がして、新しい表皮をつければよろしい


バイクのシートを張る際は

  • 1に引っ張り
  • 2に引っ張り
  • 3,4が無くて5に引っ張り
  • でありますぜ、軍曹殿

    のだが、これにはかなりコツがいるのだ
    ※20数年前、RZ250のシートを手芸屋さんの合成革で張り替えて大失敗・・余計出費するというひどい目に会ったことがあるのでちょっと自信がない

    特にオフ車のような、途中から角度が変わってるシートについては、難易度が高いのだった

    引っ張りながら、角度を変えながら、タッカー(でっかいホチキスの弾を発射する工具)を打つのは至難の業なのだ
    ※ホチキスの針?芯?タマ?なんていうのが正しいのか、ここ何年も悩んでいるのだが誰か教えてくれ。

    ネットで検索するとバイクのシート張替えには、100円均一の300円タッカーを使用、という記事を結構見かけました
    ので試しに、
    以前、家を作ったときにホームセンターで断熱材取付用に購入したタッカーだとシートベースに入っていきませんでした
    しかも、手動だとかなりのタマを使うのでかなりの握力を必要としますぜ
    タッカー打ち過ぎで腱鞘炎になりますよ、マジで

    こういうバイク用とうたってる商品ならまだしも、ホームセンターの奴や100均のはかえって効率が悪いのでは?

    そこで、200km離れたところに住んでいるバイクメンテの師匠に泣きついたのだった
    からかいがてら紅葉ツーリングがてら行ってやると、ありがたいお言葉を♪

    バイクシート張替えに必要なのは二名以上の人力とエアタッカー

    シート表皮を引っ張りながらタッカーで固定するには大人の男性二名が必要

    一番効率がいいのは一人が引っ張って固定、一人がタッカーを打つ、です
    あっという間に終わりますよ
    ※とはいえ、今回はワタクシがグダグダ行ってたので1時間くらいはかかってる

    張り替えたシートをセローに実装してみるとこんな感じ

    張り替えたシートをセローに実装してみるとこんな感じ


    おお!超カッコイイではないか

    今回、あっさりシートの表皮を張り替えられたのは、強力なサポートがいたからに他なりません
    ※大先輩が埼玉から遊びに来て手伝ってもらえてマジラッキーでした♪またそのうちフルーツもってご挨拶に行きます

    しかも、シート張替えるって言ったら、エアツールのタッカーの貸出(タマ300本提供いただきました)とまあ何ともありがたい
    こういう普段使わないツールは、同好の士で貸し借りするのは大いにありですな♪

    しっかし、エアツールのタッカー、スゲエ♪
    今回初めてエアツールのタッカー使ったけど、最初はエアーで強力に針が飛び出すのがちょっと怖かったのだが慣れるとこれが素晴らしく効率がいい
    ※作業に際して、メガネは必須ですぜ

    貸してもらったのか近衛アタッカーとレギュレータ

    貸してもらったのか近衛アタッカーとレギュレータ


    特殊工具の貸し借りは、マジ助かりますわ

    多分コレの前期型だと思われます
    ちなみに針は8mmを使用しましたが、6mmの方がいいかもしれません
    ※理由は後記します

    もちろん、それ以外のシート張替えのノウハウもたっぷり教えていただきました

  • 一人が思いっきりシート生地を引っ張ってる間に、
  • もう一人がいい位置にタッカーの針を叩きこむ
  • これを数十回、仮止めややり直しを含めると多分50回以上繰り返します

  • これを手動のタッカーでやってたら
  • これを一人でやってたら
  • と思うと・・できる気がしないっす

    自分所有のホームセンターで買ったタッカーはほぼ役に立たなかった・・

    自分所有のホームセンターで買ったタッカーはほぼ役に立たなかった・・

    バイクのシート張替えの手順

    単純作業の繰り返しが一人だときついが手順をまとめる

    ■作業手順

  • 元からついてたシート表皮をニッパーとラジオペンチ、細いマイナスドライバーでタッカーの針を外す
  • シートとフレームを連結するステーを取り外す
  • ※ワタクシは今回この固定ボルトを折りました(泣)ので、あとでドリルでもんでシートに残った部分を外しました

    あんまり見ることがないシートのスポンジ

    あんまり見ることがないシートのスポンジ

    シート前方を12時方向として、

  • 12時方向の中央部(シート先端)を仮止め
  • 6時方向をかなり引っ張った状態で仮止め
  • ※この時点ではシートの真ん中あたりはシートスポンジに接地すらしないくらい張っています

  • 3時9時方向(シートの出っ張ってる部分)を引っ張って仮止め
  • 1時11時方向を思いっきり引っ張って本決め
  • 2時10時方向を思いっきり引っ張って本決め
  • 3時9時方向(シートの出っ張ってる部分)を引っ張って本止め
  • 12時方向の仮止めをいったん外す
  • 12時方向を思いっきり引っ張って本決め
  • 4時8時方向を思いっきり引っ張って本決め
  • 5時7時方向を思いっきり引っ張って本決め
  • 6時方向の仮止めをいったん外す
  • 6時方向を思いっきり引っ張って本決め
  • 12時方向、6時方向のあまり部分を綺麗に折りたたんでさらに止める
  • こんな感じに折りたたんで固定しました

    こんな感じに折りたたんで固定しました

  • 全周囲を3cm位の間隔で引っ張ってシワを消しながら更に止める
  • シートの固定金具を取り付ける
  • 引っ張る時の主なコツ
    気合

    ■シート表皮を長持ちさせる方法
    思いっきり引っ張ってるのでタッカーを打った箇所を起点にシート表皮は破れていきます
    ここに、厚手の合革を短冊状に切ったものを補強として上から止めていきます
    シート表皮の余剰部分はこの工程が終わった後で、カッターなどで切り取ります
    補強を入れる前にシート表皮の余剰部分をカットするより強度があるようです
    ※大先輩に教わった必殺技ですが、一生懸命やってたので画像がないっす

    オフ車のシートはシート自体がリアフェンダーの一部になってるので、特に6時方向の最終処理は慎重に行きましょう
    シート表皮の余剰部分に泥が噛む危険性が高いので、綺麗にカットしてあとでアルミテープでシート表皮の端部分を隠す等の工夫が必要かも、です
    シリコンコーキングで埋めちまえ、と大先輩は言ってましたが美しくないので、ちょっと考えます

    ビニールレザーはバイクシート専用品を使う方が安上がり

    手芸店などで入手する合成革は伸びないし薄い

    綺麗に出来るとは思うんですが、やはりあくまでも薄手の手芸用のモノは寿命が短いようですよ
    しかも雨などの水には強いとはいえず、表皮にしわが寄ったり、裂けて来たりするそうです
    ※もしくはヒビが入ってシートが破けるなどいいことないです

    今回使ったシート表皮は、階段状のリブが入ってる凝った作りなので、横方向に引っ張るのに苦労しました
    その分カッコイイですが、モトクロス走りをするような前後移動を激しくするとそこから破けそうです
    ※まあツーリングペースなら問題ないっしょ?もしレースに出るならなんか中古を探します

    ちなみに・・

    今回のオレンジ色のリブ付きシートは個人輸入の汎用品で2千円くらいですが、おとなしくセロー用のシート表皮が国産で格安で売っていますのでこちらを使う方がいいかもしれません
    ※サイド部分に余裕がないので思いっきり引っ張らないと使えません(一人だと不可能級です)

    リブ付きのカラーシート表皮が欲しい人は連絡ください
    相談に乗ります

    もしくは、シート屋さんに頼むと低反発スポンジやアンコ抜きもしてもらえますので自信がないならこちらがおすすめです
    ※バイクって、シートがたるんでシワ寄ってるとすごく貧相に見えるんですよねえ・・

    アンコ抜きする際は、シートスポンジの下側を削れ!と大先輩からありがたい助言を賜りましたが、今回はアンコ抜きしないので聞き流しておきました♪

    タッカーの針はシート表面から触って少しでも当たったら打ち直し

    シート表面からタッカー打った部分を触って、針の先が少しでも触れるようなら打ち直し

    全行程の中で結構ありました・・
    シート張っていくと、どうしても表皮を端の方で止めたい気持ちが先行します
    端の方はシートベース&シートスポンジが薄いんですよ
    となると、見た目はきれいでも裏側から、タッカーの針によるダメージがシート表皮に蓄積してそこから穴が開くのは明白ですな
    今回は8mmのタッカー針を使いましたが、6mmの方がいいと思います
    ※これもノウハウですなぁ・・

    コツは、シートの裏側の入隅を狙ってタッカーを打つ、です
    20本位やり直しました・・すべてワタクシが慌てて打った個所でございます

    タッカーで空いたシート表皮の穴は合成革での補強を追加するのが大事

    シート張りの工程で表皮を引っ張ってるうちにタッカーの穴が広がっていく

    これは本当に盲点でした
    っていうか、やってみなきゃわかんないよね・・
    この情報を世界に発信できるだけでもワタクシはこの記事に意義があると思う

    シートの後ろ部分はフェンダーを兼ねてるので泥をかぶるよ

    シートの後ろ部分はフェンダーを兼ねてるので泥をかぶるよ


    6時方向は結構シワになりやすいのよ、最終的に生地が集約するし

    DIYでバイクのシートを張り替えたい人にはぜひ真似してもらいたい
    これが出来ればプロ並みとはいかなくてもかなり丈夫にバイクのシート張替えができるはず

    スポンサーリンク

    まとめ

    シート張りのコツは、やったことある人に協力を頼む!だ

  • 特にオフロードバイクのシートは難しい!
  • けど、二名で協力して張り替えれば全く問題なし!
  • バイクのシートの張替は、とにかくヒッパレ!夜はヒッパレ!
    初心者がやりがちな、表皮が浮いてテント状シート(笑)にもならず、綺麗に仕上がりました
    ※6時方向のエンド部に少しシワがよりましたが、素人作業では十分♪

    セローのシート、元々はこんな風に適当に補修されてた

    セローのシート、元々はこんな風に適当に補修されてた

  • それとエアタッカーは素晴らしい
  • こういう工具はめったに使わないけど、あると超効率がいいっす

  • シート表皮の端からの裂け防止は裏に合成側の短冊で補強!
  • ※長持ちさせたければ、必須です

    写真だとちょっと補強部分がわかりづらいな

    写真だとちょっと補強部分がわかりづらいな

    オフ車のシートはリアフェンダーも兼ねていることが多いのでフェンダーになる部分の余ったシート表皮の処理は一工夫を!

    ほぼ初心者なのにうまく出来て、こりゃバイクのシート屋にでもなるかな!?と調子に乗ったりしつつ、こんな感じでセロー225Wのレストアは進行しております

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    バイクのバッテリーは夏も冬も酷使されます!



    バイクのバッテリーって乗らないとすぐ上がる気がします
    旧車バイクの開放型バッテリーは、冬に充電しまくっても3年持ったことがありません・・

    携帯やナビなど走りながら充電しまくってません?
    バイクの発電機にもバッテリーにも負荷がかかってますよ!










    自分のバイクのバッテリー適合を調べておくといいですよ!




    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -セロー225, バイク

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.