セロー225 バイク

バイクのブレーキマスターシリンダのフルード液点検窓は劣化で割れる

Toos

古いセロー225Wをレストアしております。

その際、フロントブレーキマスターシリンダの窓、曇りガラスくらい見えなくなっておりまして。
ちょっとつついたら・・割れましたよ♪

マスターシリンダの点検窓、中古バイクを手に入れたらぜひチェックしたいポイントです。

スポンサーリンク

古いバイクのブレーキ関係、ちゃんとメンテしてますか?

プラ製のブレーキフルード液点検・確認窓は細かいクラックが入ってきたら割れます。

曇りガラス状態になると、プラ自体が膨らみ気味でふにゃっとしてきます
点検窓が白濁化して強度がなくなってる古めのバイクは結構多いように思います。

スポンサーリンク

非常に貧乏くさい上にちょっとつつくだけで割れます♪

ワタクシがレストアしているセロー225W、4JG1は点検窓が思いっきりシリコンで固められておりました・・
※点検窓がゆがんでのブレーキフルード漏れを警戒したのか?

相当なセロー使いというか、バイクの弱点をよく知ってる人が使ってたということがわかります。
※この部品だけパーツで出ないので仕方ないとはいえ、あんまりな処理ではあります。

シリコンで固められてるマスターシリンダが美しくない

シリコンで固められてるマスターシリンダが美しくない


今回はこんな画像ばかりが続く

ちなみに・・

バイクのブレーキフルード点検窓、ツーリング中に割れるとちょっと困るパーツです。

基本的に、出先で割れるとどうしようもないのですよ、これが。
特に圧がかかる個所ではないので、一気に全部漏れるとかそういうことはないはずなんですけどね。

ブレーキフルードが漏れてるバイクでツーリングとか自殺行為というかほぼ自殺です。
※ブレーキラインにエアを噛むと、ブレーキレバーを握り切れちゃいます♪(当然止まりません)

バイクも車も旧車が流行っていますが、10年も経つとこういうツマランけど重要なパーツが痛んできます

中古バイク屋さんでも、ほぼ絶対手を入れないパーツです。
販売時に整備代を請求されたとしても多分こうかんしてくれないです。
オーナー自身が購入時にはチェックすべきパーツなんですが・・

大体、新品純正パーツで対応しようとする場合はマスターシリンダごと交換になりますので大金がかかります。
※少なくともYAMAHAには点検窓単体のパーツ設定はないです。

ヤフオクなどで入手する中古マスターシリンダも年式的に同じように傷んでいます。

点検窓がここまで曇ると貧乏くさい

点検窓がここまで曇ると貧乏くさい


シリコンをはがしたらこんな感じに曇りまくり。
愛車ならこういう細かいところにも気を使いたいです。

マスターシリンダのブレーキフルード点検窓のリペアパーツが出てる、だと!

Toos

純正で出てないけれど最近はリペアパーツが出回っているのです。

マスターシリンダー 点検窓
created by Rinker

安いもんだし、失敗しても笑えればそれでいいので、なんでもチャレンジする主義です。

こういうのを人柱的にやってみるのが大好きなワタクシ♪
早速手配して取り付けてみました♪

こういう箇所が綺麗になると満足度が高いんですよ。

パーツが到着したら早速組み込み作業開始です。

スポンサーリンク

Oリングと点検窓パーツのセットのインストールは結構難しい

Toos

リペアパーツもプラ部品なので組み込みにはちょっと気を使います。
絶対にブレーキフルードが漏れてはいけない個所なのでかなりきっちりサイズです。
■今回使った工具と消耗品

  • 細いドライバー
  • パーツクリーナー
  • ウェス
  • ブレーキフルード(DOT4)
  • 薄手のゴム板
  • ウォータポンププライヤー
  • バイクや車の整備に何かと使えるウォータポンププライヤー
    created by Rinker

    バイクや車整備に一本あると重宝します♪

    こんな感じで配送されてきました

    こんな感じで配送されてきました

    ■作業手順はこんな感じ

  • ブレーキフルードをマスターシリンダの点検窓以下まで抜く
  • ※ブレーキフルード交換の手順でキャリパー側から抜くといいですよ

  • 内側から適当な細めのドライバーなどで窓を押し出す
  • 裏側にゴミが入らない様にウェスなどで保護しつつ、マスターシリンダーを傷付けないように清掃する
  • ※結構ブレーキフルードが固化した物質が蓄積しています

  • パーツクリーナーでマスターシリンダを気が済むまで散々きれいする
  • Oリングを先に組み込む
  • 点検窓を組み込んで薄手のゴム板を噛ませてウォーターポンププライヤーで全体をまんべんなく押し込む
  • ブレーキフルードは最低でも年に一度は交換しよう

    ブレーキフルードは最低でも年に一度は交換しよう


    ブレーキフルードが茶色いと意識下がるよね・・

    とまあこれだけなんですが♪

    点検窓を均等に押し込むのが結構難しいっちゃ難しいです。
    Oリングがしっかりはまると、はまった手ごたえがあるし、ちゃんと固定されます。

    作業時間は30分ってとこです。

    スポンサーリンク

    ブレーキフルードってのは実は猛毒で劇薬

    Toos

    ブレーキフルードがバイクの塗装面を侵食するのは知られていますが実はプラ部品も結構痛めます。

    ブレーキフルードは塗装面を痛めます。
    バイクや車をメンテする人たちにとっては常識というくらい有名な話ですね。

    ブレーキフルードを塗装面にこぼしたら、
    即座にふき取って気が済むまでパーツクリーナーで洗い流しましょう。
    そのあと、ワックス等でコーティングしておく方がいいです。

    ワタクシは、ブレーキフルードが塗装面にかかったら、

  • 拭きとる
  • パーツクリーナーで清掃
  • Wako'sバリアスコート
  • コーティングしています。

    WAKO'Sバリアスコートで洗車からポリマーコーティングまで!
    created by Rinker

    洗車はこれなしでは語れないくらい便利です。

    ブレーキフルードは塗装面だけでなく、クリア系のプラパーツはダメージがあると思っていいようです。
    材質によるのかもしれませんが、経験上プラパーツの痛みが速いです。
    ※塩ビというかプロピレン(PP)、ポリプロピレン(PPP)にはダメージがなさそうですが色があせる気がします。

    ちょっと前のバイクのマスターシリンダーのブレーキフルード点検窓はクリアなプラ部品なわけです。
    これも長い間にダメージを受けたと思っていいでしょうね。
    KDX125SRのマスターシリンダの点検窓も同様に曇ってるのでこちらも近々対処する予定です

    こういう作業は何台やっても準備と手間がほとんど変わりません。
    どうせ一台では使いきれない単位の量で売ってるブレーキフルードですし、複数台まとめて作業すると効率がいいです。
    仲間内でまとめて何台も一緒に整備するとかも楽しそうです。
    ※ブレーキフルードは吸湿性があるので、一度缶を開封したらラップなどで口を覆って輪ゴム等で留めておくと多少持ちがいいです。できれば一度に使い切ることが理想です。

    WAKO'S ブレーキフルードはみんなでシェアすれば割安です!
    created by Rinker

    余っても使うのは一年後とかねえ・・

    ちなみに・・

    交換した茶色くなったブレーキフルードの禁断の方法として知っておくといいですよ。
    決して推奨するわけではありません。

    交換したブレーキフルードは雑草にかけるとかけたところだけが枯れるくらい強力な毒です。

    田舎はあっと言う間に庭が雑草だらけになるんです。
    春から秋までは3週間もあれば庭は雑草だらけになります。
    ※そのたびにエンジン付き草刈り機(ビーバー)でガンガン草刈りするわけですよ、たまったもんじゃないです。

    どうしてもビーバーが入らんような個所の雑草対策に廃ブレーキフルードを薄めたもんを撒いてます。
    ・・まあ雑草なので、すぐまた生えてくるんですが。

    さらにちなみに・・
    ラジエター液も除草剤として有効だったりします

    ここで知りえた知識は口外しない方がいいです。
    ・・自然保護団体からヒットマンを送り込まれても知りませんよ。

    バイクや車いじりって体にいいこと一つもないですねえ(笑)
    ※でもこれほど面白いこともあんまりないのです♪

    スポンサーリンク

    まとめ

    Toos

    10年以上経過したバイクのブレーキマスターシリンダの点検窓は割れることがあるのでメンテしてあげましょう。
    メンテというか交換するしかないんですが。

    肝心の取り付け後の画像が暗い

    肝心の取り付け後の画像が暗い


    そしてガレージが片付いていないので恥ずかしい

    今ではネットを探せば交換用の点検窓が入手できます。

    今回、探してみてよかったです。
    危うく新品のマスターシリンダ買うところでした。
    ※メンテに自信がないとか、長い目で見たらとか考えたらマスターシリンダごと新品に交換したほうがいいのかもしれません。

    ワタクシとしては、今回交換したパーツがどこまでもつのか?という耐久テストもやってみるつもりです♪
    プラ部品なので室外保管の場合は、ブレーキフルードでの腐食のほか紫外線の影響や風雨や温度差にさらされるというダメージがあるんでしょうねえ。

    ちなみに・・

    ブレーキマスタシリンダといえば、
    レバーが押す個所のゴムブーツが切れている中古バイクをよく見かけます
    まじめにメンテしたほうがいいですよ。

    ここにゴミ噛んでブレーキフルードがもれているバイクを実際に見たことがあります。
    マスターシリンダ側に傷がついちゃうと、マスターシリンダ丸ごと交換です。
    そして、このゴムブーツが破れてるとブレーキフルードの劣化が早いんですよ、経験上。
    空気噛んでブレーキ効かなくなってからじゃ遅いですよ。
    ※大体、メーカー純正でリペアパーツが出ています。

    セロー225 マスターシリンダー リペアキット!
    created by Rinker

    傷んでたらすぐに交換すべきパーツの一つです。

    ゴムブーツが破けていなくても、ここにはシリコングリスをたっぷり塗っておきましょう。
    シリコングリス塗っておくとゴム部品の耐久性が格段に上がります♪

    関連記事▼


    バイクや車のメンテナンスにはどんなグリスが必要?

    とりあえず、この作業で点検窓がきれいになって満足です♪

    こんなニッチなネタ、世界に向けて発信したところで誰が読むんだ?って感じになってしまいましたが認めたら負けなので謝りません。
    ※ところでYAMAHAのマスターシリンダってなんでこんなに色が剥げるんだろうね?DTもTT-Rも全部そうでした。

    スポンサーリンク







    セロー関連記事▼

    -セロー225, バイク

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2