長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

ツーリング バイク

バイクの防寒アイテムをできる限り安価にそろえる

更新日:

petkation / Pixabay 動けば暑い、というのは無しの方向で

Toos

バイク乗りは風雨にさらされるので、中秋あたりから結構きつい乗り物になりますね
まあ東京の冬とか「信州に比べれば格段にあったかい」し、雪もないので普通にバイクに慣れてうらやましいです
※信州はマジで事故につながる可能性が高い

ので、あんまり冬は乗りませんが、路面に雪がなくタマに晴れた日などはちょっと散歩位はするわけです
その際は、もうミシュランマン(ビバンダム)のように着ぶくれしております
きちんと防寒できれば安いほうがいいに決まっています♪
この際はカッコとかどうでもいいんですよ、暖かければ。

その際の装備を書いてみます

スポンサーリンク

何はなくともヒートテック

もう上から下まで全部ヒートテックです
シャツもインナーパンツ(スパッツての?)も靴下も、です
今は結構ホームセンターでも独自のヒート素材のウェアを用意してたりするので、安売りなどはチェックしておきましょう

釣り具屋さん、ホームセンター、われらのワークマンなどを集中的に回るといいもんが見つかります
貧乏なワタクシの中ではヒートテックは結構高価な部類に入ります

まじでこういうアイテムが無かったころはどうしてたんだろうかというくらい多用しています

ちなみに雪国ではユニ○ロの冬の広告はヒートテックが客寄せ商品になっていることは間違いないです
それぐらい普及率が高いです

アウターというか上着

出来るだけ空気層をなすように、風が通らないように着るのが基本です

ワタクシは一番上には、四半世紀以上着ているイエローコーンの革ジャンを着るのですが、昨年ジッパー部が壊れまして・・
捨てるのももったいないのでボタンだけで留めて使っていますが結構隙間風がキツイ
何とか直す方法を模索中
誰か直し方教えてくれ(泣
革ジャンはジッパー部から壊れる」ので物理的に強度が高いものを選びましょう♪

革ジャンは重くて肩がこるので、今の新素材系のアウターのほうがいいかもしれません
逆に、アウターだけかっこいいもんを選べばあとは貧乏装備でOKですよ♪

昔からよく言われる新聞紙なども場合によっては着こみます
がさがさいうのと、白系の服だとインクがうっすら付いたりする場合があるので注意が必要ですが、寒いよりはマシです
※猛烈に貧乏臭いがあったかいのは確か。保温と隙間風の吹込み対策にはバッチり

スポンサーリンク

オーバーパンツ

これも、雪国というか信州で生活するにはあった方がいいというおすすめアイテム
足が寒いと全身が寒いので、そんなに高いもんではなくても帰国ことによる絶対的な温かさを確保しましょう

デメリットはトイレが面倒なことくらいなので、中秋以降に峠を越えるようなツーリングを計画する場合、絶対に装備して行った方がいいです


こんなんでも全然OK!
バイク用は高すぎ!

KUSHITANI クシタニ 2018-2019秋冬モデル K-2684 アロフトパンツ(グレー) LL

楽天で購入


確かにかっこいいが、高すぎる

ハンドルガード

無敵です
カッコ悪いですが、これさえあれば手の寒さから解放されます
一回使うと手放せなくなります

オフ車の場合、ハンドガードが風を遮ってくれますが、究極はカバーでしょうねえ
100円均一の適当な袋でも加工次第で代用が効きますので使い捨てでもいいと思います
絶対100円以上の効果があります
※濡れるような場合は逆効果になる可能性が高いですが


こら安いわ↑

また、これを装備すると薄手のグローブでもよくなるので操作性が犠牲になりません
これもメリットですし、うまいことホッカイロなどを取り付けられればよりあったかいかもしれませんねえ
夢がひろがりんぐ♪

防寒グローブ

ハンドガードがない場合は、これ一択になります
どんな防寒グローブでも風を切って走る以上、1時間以上走るとやっぱり寒いです

ついでにごわつくので、各種操作にも影響が出ます
バイク用のものは高いので、ワタクシはスキー用の安売り品を使っていました
エンジンで暖をとろうとかすると溶けますが(泣

信州では11月中旬以降、春先まで夏用のグローブなど絶対に使ってはいけません
10分以内に手が寒さを通り越して痛くなります
その状態で30分もやせ我慢すると痛覚すらもマヒしてきます
※体験済み

ネックウォーマー

これも必需品です
タートルネックのインナーとこれを組み合わせると最強です
どんなものでもいいですが、風を通しずらい素材のものがいいでしょうね

最悪、タオルを首に巻くだけでも全然違います
タオルを巻く場合は、ずれて来ることを防止するため、適当にクリップできるものを併用すると、鬱陶しくないです


こんなのでも全然OK!

カッパ(レインウェア)は侮れない

evilvitjoker / Pixabay 動物ってすごいよね、寒くないのかしら?

防風ということを考えれば、レインウェアはかなり優秀です
これをアウター革ジャンなどの中に着こんじゃうのも手です

冬場のロングツーリングなどには必携
※夏は土砂降りでもなんとかなっちゃったりするもんです

コンビニ等で売ってる安いカッパでも十分役に立ちます
ワタクシは、12月に東京から清里超えをして長野に入るルートの途中で小雨が降りだしましたが、この作戦でクリアしました
※ついでにビニールグローブも購入した。濡れると寒さが染み入ってくるのだった。

コンビニカッパはまじめに即席防寒具として費用対効果高いです

ちなみに、バイクで普段使っているカッパもホームセンターのやつです
高速走行中に、1万数千円のバイク用のカッパが裂けていろんな意味で真っ青になったのでもう高いのは買いません
どんなに高いカッパでも、破けるときは破けます

裏技というか

マスクは意外にあったかい♪
ですが、シールドが曇りがち
すこーしシールドを浮かせて空気を流すのが嫌でなければおすすめです
※これも相当寒いですが、ワタクシは嫌いじゃないです


普通に薬局で売ってるやつでも意外に暖かい
そして使い捨て出来るのがメリット♪

やっすい防寒装備のまとめ

防寒は、

  1. 風を入れない
  2. 体温を逃がさない
  3. 体の末端は冷やさない

の三点を考慮して進めるといいです

これの逆が、真夏なわけですが夏は着ている以上に脱ぐことはできないのでかえって厳しいという人もいますねえ

基本的に、バイク用品はくそ高いんで、ホームセンターとかで物色しまくりましょう♪
中に着ちゃえば見えません
見栄を張るより実を取る
これが無理なく長くバイクに乗るコツです
高価なもん買っても冬に何度バイクに乗るかを考えましょう

そういう意味では、冬の現場で働く人たちの装備が最強です
なにせ、現場上がりですので、性能が悪けりゃ売れないんですよ

ああ、しっかし冬のツーリングってしなくなったわー
昔は冬といえば伊豆とか言ってましたが。

雪国では路面が雪だらけとか、アイスバーンとかもうシャレになりませんよ

冬に雪がないっていいわー、マジでうらやましいです

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-ツーリング, バイク

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.