スポンサーリンク

クルマ バイク

【自賠責保険が安くなる】2020年に続き2021年も!任意保険は?

自賠責は5年前は250cc以下は5年間で28,060円もしたのだ。

自賠責は5年前は250cc以下は5年間で28,060円もしたのだ。

nbsp;

ワタクシ
2021年4月より、自賠責保険が昨年に続き安くなります。
普段から税金やら維持費やらでいじめられているバイク乗りや車乗りには有難いことです。
それにしても、なんで任意保険は安くならんのだ?
携帯料金くらい契約内容がわかりにくいので、携帯料金並みの見直しをしてもらいたいのです。

 

たまには真面目な話もします

せっかくなので、
「自賠責保険って何よ?」
についてちょっと書いてみました。

せっかくなので合わせて、任意保険の話も書いています。
保険は納得いかないことばかりですが知らないとただただ搾取されます。
※ちゃんと情報を仕入れて各々が理論武装しておきましょう。

 

スポンサーリンク

2021年4月、自賠責はこれくらい安くなる

 

ワタクシ
昨年に引き続き、自賠責保険が安くなります。
これはバイク趣味人や車趣味人には歓迎すべき珍しい事象です。

 

年々事故が減ってる?とは思いませんが、どういうわけか「自賠責保険」は安くなるのです。

理由なんてどうでもいいんですよ、安くなれば。
そして、
長期間入ったほうが割引率が高く得です。
※また来年自賠責が安くならないとは言い切れませんが。

スポンサーリンク

2021年4月からの自賠責保険額一覧がこれだ!

■2021年(令和3年)4月1日以降の自賠責保険保険料表

車種/保険期間60カ月契約48カ月契約37カ月契約36カ月契約25カ月契約24カ月契約13カ月契約12カ月契約
自家用乗用自動車--277702718020610200101331012700
軽自動車検査対象車--273302676020310197301315012550
自家用普通貨物自動車積載量2トン超----37980367102243021130
積載量2トン以下----33840327302025019120
自家用小型貨物自動車----23870231501502014280
二輪車250cc超--11390112309440927074407270
125cc超250cc以下1622014110-11960-9770-7540
原動機付自転車1398012300-10590-8850-7070

(本土用、単位:円)

■参考:2020年(令和2年)4月1日以降加入の自賠責保険の保険料表

車種/保険期間60カ月契約48カ月契約37カ月契約36カ月契約25カ月契約24カ月契約13カ月契約12カ月契約
自家用乗用自動車--301702952022210215501409013410
軽自動車検査対象車--295502891021780211401387013210
自家用普通貨物自動車積載量2トン超----41080396802399022570
積載量2トン以下----36560353302162020370
自家用小型貨物自動車----25580247901586015050
二輪車250cc超--12080119009870968076107420
125cc超250cc以下1733014990-12600-10160-7670
原動機付自転車1438012600-10790-8950-7060

(本土用、単位:円)

うむ。
ちょっとだけかもしれないが、それでも安くなるのは歓迎なのです♪
昔はほんっとに自賠責保険が高くて、バイクのユーザー車検だって5万以上は余裕でかかっていたのです。
※でも車やバイクの維持費は安くなったような気が一切しないのはなぜなんだろう?

ちなみに・・

自賠責保険は「自動車損害賠償責任保険。」が正式名称です。

仮ナンバー(赤い斜線の入ったナンバー)で公道を運行する場合にも必要です。
車検切れでも自走で陸運局まで運べるのです。
※大抵、一日しか使わないのに一カ月単位でしか入れないのですごく割高です。

上記の自賠責保険の保険期間に

  • 13か月
  • 25か月
  • 37か月
  • というのがあるのはソレです。
    車検の2年間(24か月)+仮ナンバーで公道を走る1日分で25か月分支払うことになります。

    「そんななら積車で運ぶわ!」
    というくらい割高です。
    ※ケチなので。

    仮ナンバーは結構あっさり各市町村の役場や支所で借りられます。
    ※ワタクシも一回借りたことがあります。

    スポンサーリンク

    自賠責保険の補償内容

     

    ワタクシ
    意外に詳しく知らないのが「自賠責保険の補償内容。」です。
    使ったことある人の方が少ないのではないかと思うのです。
    ※自賠責使うような事故起こしたらなったら大変ですよ。

     

    自賠責保険の補償範囲

    対人事故の賠償損害(他人をケガや死亡させた場合に限る)のみの補償。
    被害者一名に付き支払われる支払限度額が決まっている。

  • ■傷害
  • 被害者一人に付き 120万円まで
    治療関係、文書科、休業損害、慰謝料

  • ■後遺障害
  • 被害者一人に付き 
    第1級 3000万円まで
    第14級 75万円まで
    面室利益、慰謝料など後遺障害に応じた等級による

  • ■死亡
  • 被害者一人に付き
    120万円まで
    治療関係、文書科、休業損害、慰謝料

    となっています。

    要するに、
    自賠責保険では、

  • 物損事故には補償がない。
  • 人身事故でも補償が少ない。
  • 自分のケガや死亡時には補償がない。
  • 車両の修理補償はない。
  • という事なんですよ。
    ※言っておきますが、メルセデスのボンネットって一枚50万以上しますよ。

    自賠責には加入義務がある

    自賠責保険は別名「強制保険。」とも言います。
    公道を走る車両には加入義務があります。
    ※自転車がグレーですが自賠責義務化の動きアリ。馬も軽車両扱いですがたぶん自賠責ないと思う。

    車検の際に更新するのが一般的ですが、250cc以下のバイクの場合は自分で管理する必要があります。

    この自賠責の更新を結構忘れてる人が居ます。
    ※自賠責更新のはがきは来てるはず。

    もし、自賠責の補償期間が切れてる車両を公道で使った場合、

  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金。
  • 違反点数6点。
  • ※捕まると一発免停です。

    真面目な話に耐えられなくなった人はじろう系のラーメンの画像をどうぞ。

    真面目な話に耐えられなくなった人はじろう系のラーメンの画像をどうぞ。


    食いすぎて消化能力が追い付かない。

    そして、
    自賠責の保険証はバイクに乗る際は必ず携帯しなければなりません。
    ※コレが結構難しいのですよ。

     

     

    ちなみに・・

    250cc以下のバイクなら自賠責保険はコンビニでも入れます。

    コンビニのレジが混んでるときに手続すると結構大変なので顰蹙を買いますが(笑)

    コンビニが参戦するってことは、それなりに美味しい手数料をいただけるのです。
    ※ワタクシも一時期疎外保険代理店の資格を持ってましたので手数料額を知ってます♪

    なので、
    出来るだけ仲の良い良くしてもらってるバイク屋さんや車屋さんで入ってあげると喜ばれますよ。
    ※手続きが面倒くさいからヤダ。って言うバイク屋さんもいますが。

     

    スポンサーリンク

    車やバイクの維持費は上がり続ける

     

    ワタクシ
    自賠責以外のバイクや車の維持費は年々上がっています。
    恐らく今後も安くなることはないでしょう。

     

    代表的な車やバイクの維持費は

  • ガソリン代
  • 税金
  • 任意保険代
  • 自賠責代
  • 車検代
  • 消耗品費
  • いずれも、基本的には上がることはあってもめったに下がることはありません。
    そして、
    全ての維持費は、払わないと公道を走れないレベルの大事なものだったりします。

    物価は上がっていますが、給料は上がりません。
    ※コレが今の日本の現状です。何もしなければ、日本人はみんな貧乏になっていきます。

    そうなると、
    車もバイクも所有しないのが一番出費が少ないという事になるのですよ。
    ※そりゃそれでいいのかもしれませんが、ツマランよね。

    車離れ・バイク離れと言いますが、貧乏なのが主な原因だという事に気が付け。

     

    自賠責が安くなるのに任意保険は安くならない

     

    ワタクシ
    運営しているのが親方日の丸か民間か、って話ですよ。
    一度下げちゃうと再び上げるのが難しいの保険料です。

     

    天災などの被害が大きいので損害保険会社は苦しいのですよ。
    バイクや自動車と関係ないと思うかもしれませんが、災害時の損害補償も損害保険会社なので懐は一緒です。

  • 台風
  • 水害
  • 地震
  • 等があると損害保険会社の出費がかなり厳しいのですよ。

    よほどの改革でもない限り、
    任意保険が下がることはまずないでしょうねえ。
    ※保険会社がすごい勢いで統廃合しましたけどねえ・・

    等級による割引

    任意保険は事故を起こさない(保険会社に負担させない)次回の更新で保険代金が割引されます。

    当倶楽部では、所有車両が多いので事業所割引が効いているとはいえ、毎年多額の任意保険料を納めています。
    コレが結構、シャレにならない負担額です。
    当倶楽部では毎年4月30日が任意保険全部の更新日です。
    税金も同じ時期です。

    ほとんどの車両で任意保険は割引が最大の20等級になのですが・・
    保険会社の保険料金の見直しとやらで保険料は毎年じわじわ上がってる気がします。

    この毎年の任意保険の値上がり分で自賠責の 微々たる 価格改定分なんてのは相殺どころかマイナスになる気もします。

    毎年替える保険会社

    これ以上割引がないくらいまで等級が上がり切った20等級をキープしていますが、毎年保険会社を変えています。

    多くの保険会社は別会社間でも等級引継ぎが出来るのですよ。
    当倶楽部のすべての保険は、某知り合いの代理店に全部お任せしています。
    ※我々は「超優良顧客。」なので保険代理店のサービスがすさまじく良いのです。当倶楽部の担当者はPEUGEOTのラリー車乗りです。

    当倶楽部の車両には全車両同条件で一番安い保険会社を、代理店さんに毎年探してもらっています。
    ※大体、3月中に一度呼出があってすべての契約更新手続きをします。

    なんも考えずに、任意保険の更新をするのは楽ですがこういう所で細かく節約するのですよ♪
    ※個人年金や生命保険もまとめていますので、保険関係の手続きは窓口一個で済むのです♪

    まあ毎年保険屋さんを変えるのは、わずかばかりの抵抗って奴です。

    こういうカッコいいバイクでも、もれなく自賠責は入らないといけません。

    こういうカッコいいバイクでも、もれなく自賠責は入らないといけません。


    公道を走る場合は、ですが。
    任意保険はあくまでも任意なんですよねえ・・

    ちなみに・・

    任意保険に加入しないと公道を走らせないくらいの制度があってもいいように思います。
    ※自賠責すら入ってない人が居る世の中ですので、当然高額な任意保険に未加入の人は数多く存在します。

    任意保険は本当に高いですが、それを相殺できるような制度を考案する時期に来てるのではないかと思うのです。

     

    任意保険も自賠責と一緒にすればいい

     

    ワタクシ
    これはワタクシの意見なのですが・・
    自賠責と任意を分ける時点で良くわからないのです。
    保険なんて一本化する方がいいに決まっています。

     

    ただし、
    そうなると国が民間の仕事を奪っちゃうんですよねえ。
    国が大体的に保険事業をやるわけにもいかんってことなんでしょうけど。

    でも国がメインで扱って民間に委託・・などの方法もあるはず。

    そして面倒くさい仕組みであればあるほど、保険に入らないという雑なやつらが増えます。
    ただでさえ高額なんだし・・。

    そのうえで任意保険未加入車を一斉摘発してもらいたいです。

    某高原にあるzibie料理屋さんのメニュー。

    某高原にあるzibie料理屋さんのメニュー。


    真面目な記事で押し切るには息が続きませんでした。

    国は安心して国民が自家用乗り物で移動できる権利を保障すべきです。
    特に車がないと生活できない田舎は、自治体が保険代を出すくらいの気概があっていいのでは?
    ※地方自治体も、こういうサービスで地方に移住を促すとかそういう案出せばいいのに。

    ちなみに・・

    任意保険には絶対に加入する(交渉保険屋に任せる)のは面倒くさい奴との交渉を任せられるのが大きいのです。

    自賠責は事故後の交渉は一切やってくれません。

    外見ではわからないのが怖いのですが、
    任意保険に入ってない車両は思いのほかたくさんいますよ。
    ※そういう奴に限って運転が荒かったりするので困りものです。

    こういう車両と事故したりすると、とんでもなく大変なことになります。
    なにせ、
    「保険や同士の話し合いで何とかなる。」
    というものではありません。

    対個人との示談交渉になるので
    過失割合や支払い額の進捗がすさまじく遅いうえに、最悪支払われずに逃げ切られることも少なくないようです。

  • 危なそうな車両には近寄らない。
  • 危なそうな車両が寄ってきたら先に行かせる。
  • ドラレコで自己防衛する。
  • 等の工夫で極力事故らないように走るしかありませんが、事故するときは何やっても事故します。
    ※事故を起こそうと思って乗ってる人は一人もいないはずですよ。

    泣き寝入りするなんて、
    「そういう人に迷惑かけても平気な 常識のない民度が低い 奴らが世の中にのさばる。」
    のを助長するだけです。
    真面目にちゃんとやってる人がバカを見たり損する世の中はいけませんよ。

     

    任意保険は車両ごとではなく人にかけて欲しい

     

    ワタクシ
    これもワタクシの意見なのですが。
    運転する人は一人なのに車やバイクごとに保険をかけるのは納得いきません。

     

    とはいえ、
    巧妙な保険屋の手口です。
    今まで車両ごとにかけてた保険を運転者にかけるようになったら・・商売あがったりです。

    今は各社ネットで加入更新などの手続きをするもんだから人件費も浮くし、事務所代もいらない。
    保険屋は基本的に儲かる商売なんですよねえ・・
    ※何もなければ「元手がなくて総取りの商売。」ですのでギャンブルに近い。

    儲かってるんだから、
    「運転者に保険をかけて何に乗っても補償される。」
    という保険はないもんですかね?
    何台持ってても何に乗ってても保険料は一緒、みたいな。
    ※車両保険は差をつけるべきだと思いますが。

    特に補償を使わないユーザーには手厚く還元してもらいたいもんです。

    今売りだしたら、一人勝ちだと思うのですが。
    ※既存の保険会社から総攻撃喰らいそうですが、そういうイノベーションを待ってるのですよ、ユーザーは。

    ちなみに・・

    以前、保険の自由化で海外の保険屋が日本の閉じた保険業界に殴り込みをかけてくる・・。
    という噂がまことしやかに流れました。

    その際、海外の保険会社には、
    「個人個人に保険をかけるので車何台持ってても、どの車に乗っても保険料が同じ。」
    という商品がある、という噂を聞いたのですが・・。

    一向にそんな気配がないんですよ、どうなってんですか。

    現在の保険は難しすぎて良く知らんのですが、そういうのがあれば入りたいなと思うのです。
    ※税金と保険はホントに安くしないと車やバイクを所有する人がどんどん減る気がします。

    任意保険って携帯代金のわかりずらさと非常によく似てると思いませんか?

     

    まとめ

     

    ワタクシ
    自賠責がほんの少し安くなっても、任意保険の値上がり分で相殺どころか逆に値上がりしそう。
    という着地になりましたな。
    それでも自賠責について少しは知っておいた方がいいですよ。
    そうすると任意保険に入らないで公道を走ることがいかに怖いかわかります。

     

    保険屋さんも統廃合される時代です。
    もう統合しすぎて、何が何やらわからん長い名前の保険屋さんがたくさんあるくらいです。
    ※「大樹生命」なんて自棄になって短い名前にしたとしか思えない。

    保険屋さんも運営が大変なのはわかりますがね・・
    さんざん過去に 甘い汁吸って 儲けてきたんだし、加入者に対して何らかの特典とかサービスとか考えたほうが良いのではないかと思うのです。

    保険屋なんて ギャンブルで 元手が要らないんだから、真っ先にリノベーションすべき業界だと思うのですが。

    Z1-R。このブログを始めてから2回目のユーザー車検が間もなくですな。

    Z1-R。このブログを始めてから2回目のユーザー車検が間もなくですな。


    お金あるある!
    「いつもない。」

    とはいえ、
    保険屋さんの横のつながりでそうそう改革もできないんでしょうねえ・・
    こういう「既得権益を捨てられず、改革ができないのが今の日本の弱み。」ではないかと思うのですよ。

    でも、
    既得権益の塊だった通信業界ですらコレだけ安くできるんだし、保険業界も最初にやった会社が儲かると思うのですが。

    ともあれ。
    2021年春。

  • 自賠責切れ原付2種一台
  • 車検軽自動車二台
  • 車検バイク二台
  • そして税金。
  • 当倶楽部の負担は数十万円以上にも及びます(´;ω;`)

    毎年爪に火を点す様な思いで春を迎えるのですが今年はキツイ・・

    スポンサーリンク




    お問合せはこちら

    AIに関連ありそうな記事を選ばせてみた



    -クルマ, バイク

    © 2021 北信州のりもの倶楽部Ver2