ツーリング

夏のキャンプには絶対必要なアイテム!!かゆみ止めと防虫グッズ

投稿日:

これでもかなりキャンプ道具が充実したのだよ、実は。
Toos

夏のテント泊で一か所も虫に刺されないなんてことはないですよ
それくらい自然の中では人間は無防備です

しかも、暑いので寝袋にも入らない・・
まず間違いなく、虫の餌食になります♪

スポンサーリンク

キャンプする際には絶対に虫に刺されると思っていい

真夏に野外活動をやるという事は虫の中に飛び込んでいくのと同じです

しかも、

  • 酒飲んで
  • 二酸化炭素吐き出して
  • 汗かいて
  • 夜中も暑いので薄着
  • と虫が寄ってくる条件が完全にそろいます

    テント内に飛翔系の虫が入り込んでくるとかなり気になりますよ
    テント内で蚊取り線香焚くのは結構危険ですぜ

    夏の野外での活動はテント泊に限らず、虫刺されはつきものですのであきらめましょう♪

    注意すべきは蚊よりもダニだ

    普段は蚊くらいしか注意しないけど性質が悪いのはダニ系

    かゆみの度合いが違います

    これを嫌って、テント泊ではなく蚊帳付のハンモックで寝る人もいるくらいです
    夜中に雨が降ると大笑いですが。

    ダニ系は音もなく基本的に目付きにくいのでマジでたちが悪いんですよ
    闇夜に忍び寄るナイトストーカー系の化けもんです

    しかも大抵は、一か所だけではなく数か所連続して刺されます
    超かゆい

    河原や湿気のあるキャンプサイトは要注意

    ダニの防衛策としては、出来るだけ乾いた地面にテントを張る、です

    落ち葉があるところはもちろん、土の上にも、芝生の上にもいます
    ※テントが湿気を吸わないように、テントの下にグランドシートを敷くのが有効ですが意外と突破されます

    ブヨなどの小さいけど強烈にかゆい強敵は河原にいます
    湿気&日影の涼しそうな木陰や藪に近いところは昼間でも大群がいます
    飛翔系は風があるところは比較的弱いので、出来るだけ風通しのいいキャンプサイトを選びましょう

    とにかく、虫系は湿気が大好きなのでそういう所を避けるのが有効です

    かゆみって意外と我慢できない

    一度痒さを自覚しちゃうと、もう我慢できないんですよね、特に女性は。

    男性より女性の方がかゆみに弱い気がします
    虫刺されに対してもこの辺が顕著にでるようで、虫刺されグッズや対策は女性の方が詳しいです
    ※男性が無頓着すぎる、というのもある

    とにかく、虫刺されに気が付いたらガンガンかゆみ止めを使って皮膚の掻き壊しを避けましょう
    ※掻き壊しは結構長いこと跡が残りますよ(歳取ると全然跡が消えない

    かゆみ止めは汗をかくとすぐ落ちる

    かゆみ止めは何度も塗りましょう

    汗かくとかゆみ止めは落ちると思っていいです
    ついでに汗拭いたり、洗ったりするとたちまち落ちます
    ということは、川遊びや海水浴ではほぼ効果がないってことです

    汗を洗い流してからかゆみ止めを塗るのが効果的らしいですがそんなことも言ってられないので、気が付いたらすぐ塗りましょう
    嫁はかゆみ止めと虫除けスプレーをウェストバッグに入れっぱなしにしています

    スポンサーリンク

    防虫グッズは気休めでも持っていく方がいい

    防虫スプレー、蚊取り線香、かゆみ止め、虫が来ないランタンは夏のキャンプの際には必携です

    こういうの目につくと買っちゃうんですが、ダニにはイマイチ効かない気がします
    たとえ効果が薄くとも、自分が精神的に安心するからです

  • テントを張ったら、中にガンガン虫よけスプレー噴霧(身体によくない気もする)
  • 野外での食事などの際は、蚊取り線香で気休め
  • 虫が来ないランタンは常時点けっ放し
  • 虫刺されを発見したら速攻でかゆみ止め
  • これを徹底しても何か所かはやられますな・・
    バイクのキャンプツーリングの際は荷物を少なくするのが基本ですが、この手のグッズは嵩張っても極力持ち運ぶようにしています
    ダニやブヨだと酷い時は、ライディング中もかゆいくらいなので気が散る

    キャンプ道具は清潔にしてマメに乾燥させる

    キャンプ道具って意外と手入れしない人が多い

    寝袋を選択したり乾燥させたりしてますか?

    寝袋や枕などは、とにかく清潔にしておかないとダニがわくし、何より汚いですよ
    ※キャンプ道具に限らず、寝具ってメンテしずらいですよねえ・・

    洗濯出来る寝袋をチョイスすると楽ですが、やはり洗濯することで痛むのも確かです
    高価なダウン系の寝袋も軽くてあったかくていいんですが、そんな高価なのは不要です
    ※なので、寝袋は消耗品と思って安いの買ってマメに洗濯する主義です

    まとめ

    とにかく、湿気がなく風通しのいいサイトにテントを張るだけでだいぶ違います

    ただし。
    そういう場所は人気あるので、キャンプ場に先に来た人からどんどん埋まっちゃうんですよ
    日が暮れるまで走り回ってからテント設営系のキャンパーには向かないと言えば向きません
    最近はデイキャンプなどという「こじゃれた遊び」も流行っているようなので、夕方に行ってもテント張るところなんかないですしねえ
    ※歳とともに16時にはキャンプ場でテント張りたいという思いが強くなってきましたがそれでも16時では遅すぎることに最近気が付いた

  • テントはグランドシート装備
  • ※ロールマットは当然敷く

  • キャンプ道具はこまめに洗濯、乾燥を徹底
  • 虫よけグッズには惜しまず投資
  • まあこんなところなんですが・・
    毎年、ダニの被害にはあっております・・
    ※今年も数か所やられましたが1週間してようやく虫刺され跡がなくなった位です

    良いグッズを発見したら教えてもらいたいもんですわ

    とりあえずの最近のマイブームが下記の蚊よけランタン
    所詮気休めですが、キャンプ場でウケます

    おすすめ

        蚊よけ付きランタンは話題性抜群(笑)






    久しぶりにバイクネタでも車ネタでもない記事が書けて満足だ♪

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク






    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -ツーリング

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.