Lotus EUROPA クルマ バイク

旧車のメーターがぴょこぴょこ動く場合、まずワイヤーのメンテをしてみよう

投稿日:

Toos

ワイヤー式のメーター装備の旧車乗りの皆様、メーターワイヤーのメンテしてますか?
ワイヤー類ってね・・ほっておくと切れるんですよ♪

旧車は特に生産されてから一度もワイヤー関係のメンテされてない個体もありますぜ
※ラパンSSでもクラッチワイヤー切れたことがある

ロータスヨーロッパのスピードメーターがぴょんぴょん跳ねるように動くのでワイヤを取り外してみたら・・
びっくりするほどワイヤが長かったので、こりゃメンテし甲斐があるってことで書いてみます

スポンサーリンク

挙動不審のメーターの動きはメーター自体の異常かと疑った

ロータスヨーロッパのスピードメーターがピョコピョコ動く原因がしばらくわからなかった

低速でも高速でも、スピードメーターが安定せずにピョコピョコ動くんですよ
巡行してても加速中でも・・常時ではなく時たまなんです
いろいろ調べた結果、こりゃメーター自体の異常かも・・って結論付けそうになりました

が。
なにか異常があった場合、一番安い手法をまず試すというのが貧乏旧車乗りのセオリーということで。
スピードメーターワイヤーのメンテナンスをしてみました
そしたらあっさり直りました♪

メーターがピョコピョコ跳ねるような挙動は、ワイヤーの動きが渋かったからに他なりません
実際、ワイヤーメンテしたら、ほぼ完全にメーターの動きが改善されました♪
※安く済んで本当によかった・・メンテに手間を惜しんではいけませんな

ちなみに・・

大体古い車の内装品やメーター類ってのは、大抵高額です

単純な機構で機能もシンプルなくせにプレミア価格とか希少価値とかで数万円は軽く飛びます

走る機能は高くてもまだ納得いきますが、メーター類は常に目にするところだし、雰囲気が一変するアイテムなのでオーナー各々にコダワリがあるんですよ
そんな理由で、高額になりがち
スピードメーターなんかその最たるものなわけで、こりゃ高いかな・・と思っておりました

旧車はメーターの作りが単純なのでメーター自体のオーバーホールが可能だし、そのうち直せばいいやと思っておりました
メーターのオーバーホールっつっても結構いい値段します
※ついでにオーバーホールベースのボロイメーターでさえ、結構いい値段します

KDX125SRのスピードメーターワイヤー(ケーブルともいう)が切れたころをきっかけに

各種メーターのワイヤー(ケーブル)ってさ、結構切れるんだよね・・

インナーワイヤーがぷっつり

インナーワイヤーがぷっつり


大変ショックだったわけで。

先日、バイクのKDX125SRのスピードメーターケーブルが切れた記事を書きました
結構メンテしてたつもりなので、切れたこと自体がちょっとショックでして。
しかも、かなり動きが渋くなってたのはひとえに自分の至らぬところだったわけで、超反省しております

そういえば、今年の春先に通勤車両のラパンSS(MT仕様の4駆動だぜ)のクラッチワイヤー切れを経験しています
※この記事、書きかけのまま放置してたわ

これをきっかけに、すべての乗り物のワイヤー駆動しているメーターケーブルのメンテを実施することにしました
そんなわけで、ロータスヨーロッパのスピードメーターケーブルのメンテナスと相成ったわけです
※ここまでが前置きっぽいな

今時の車もバイクもケーブルでメーターのスピード検知してる車両ってあるのかしら?
電気信号を拾うセンサーがついてて、それに対応したスピードが表示される方式が一般的になったのかな?

ロータスヨーロッパのスピードメーターケーブルは超長い上、途中で何度も曲がってる

バイクと同じ構造なくせにびっくりするほど、長いケーブル、そりゃ動きは悪いわな・・

バイクのメーターケーブルなんてのは、長さ的にもたかが知れています
大体、メーターから前輪の真ん中のスピードメーターギアに連結されていて、サスストロークがあるのでだいぶ長めに作られているとはいえ、せいぜい1mもあれば長い方でしょうねえ

ロータスヨーロッパの場合、運転席前のメーターから長ーいワイヤー一本で、車体後端のミッション部の更に最後端につながっています

車体の一番後ろから車体下をのぞくとワイヤーが見える

車体の一番後ろから車体下をのぞくとワイヤーが見える


ほとんど最後端まで、ワイヤーが伸びている

その間に、何度も曲がっているんですわ

  • メーターの後ろにつないで、まっすぐ伸ばせば前側に行っちゃうので、最初に180度変換が必要
  • センタートンネルを通って室内を抜け、
  • エンジンルームに導かれ、
  • エンジン自体を進行方向左側に大きく迂回、
  • マフラーやシフトリンケージロッドを迂回しつつ、
  • ミッション後端に到着するも、
  • 進行方向に向けて90度の角度で入っていますので大きく余裕を取って取り回しされています
  • これが上記の画像です♪

    こりゃ動き悪くもなるわ(笑

    必死に引き抜いたので、引き抜く際の画像はありません

    必死に引き抜いたので、引き抜く際の画像はありません


    こんな長いワイヤー見たことないわ

    今時の電気式メーターであれば、前輪にセンサー付けて、そこから磁石で信号をピックアップしてメーターに表示、ってところですかね
    この方がはるかに簡単ですが、当時は機械式のワイヤーしかなかったんでしょう

    機械式ワイヤーで速度を図る単純な機構のおかげで、素人にもメンテが簡単で、機構が単純なのでオーバーホールもできるというメリットもあるんですが。
    ※今時の車の電気式メーターは壊れるとほとんどの場合、一式交換する方が早いし簡単なので一般的。ただし大衆車でも超高いです

    各種ワイヤー及びケーブル類のメンテナンス手順

    各種メーターワイヤーのメンテナンスは超簡単♪

    引っこ抜いて洗ってグリスアップして元に戻すだけです
    ところがそれなりのコツというかポイントもあるんですよ
    何事もノウハウはあるってことです

    ■一般的な各種メーターケーブルのメンテナンス方法

  • メーターケーブルを車体から外す
  • アウターケーブルとインナーケーブルに分割
  • アウターケーブルの内側をパーツクリーナーで気が済むまで洗浄
  • アウターケーブルを適当に乾かす
  • ※この際、うたーケーブルが湾曲したり型がついちゃってる場合は、適当にほぐしてあげましょう

  • インナーケーブルはパーツクリーナーで洗浄
  • インナーケーブルを綺麗にウェスなどでふき取り
  • インナーケーブルにモリブデングリスをたっぷりつける
  • アウターケーブル内に押し込んでいく
  • ※この際、アウターケーブルに曲がり型がついてたりするとインナーケーブルが引っ掛かってうまく進みませんので、曲がってる個所を伸ばしたりなだめたりしつつ最後まで押し込みましょう

  • 最後まで押し込んだら、インナーケーブルの先端を指で回して、内部の抵抗がないことを確認
  • メーターギアやメータ自体に取り付ける
  • この作業のポイントは、最後の取付の際にきちんとインナーケーブルとギアやメーターが咬み合わさってるのを確認しつつ作業することくらいです
    ※ワイヤーの先端とメーター側、車体側への取付け位置や方向は決まってるので無理やり力技で取り付けないこと。ギアやメーターが破損します

    中古車両では、結構適当にメーターワイヤーを組んだため、ギア部が破損してる車両を見かけます
    恐らく素人メンテで力技で無理やりワイヤーを取り付けられたため、と思われます
    ワタクシのオフロードバイク、DT200WRも入手時にはホイール側のスピード検知ギアが破損しておりました
    メーターの動き方が妙で何がおかしいかわかりませんでしたが、フロント周り全バラしした際に発見しました
    ※もう20年以上前の話ですが。

    ついでに言いますが、
    インナーワイヤー自体にささくれなどがあると、そこから一気に破損しますので交換が望ましいです
    ささくれて切れてるワイヤー部をきれいにニッパーなどで引っ掛かりが無いようにして一時しのぎはできますけど、交換用のワイヤーを用意しておくべきでしょう

    中古で乗り物を買った場合は、こういう個所も含めてチェックしたほうがいいです
    どんな状態なのかをまず知り尽くすことがヘンテコな乗り物を長く楽しむための秘訣です
    ※こういう細かい作業を全部含めて最初に初期化しておくと後々絶対に楽なんですよ

    ロータスヨーロッパの場合、アウター部を車体に付けたままインナーのみを取り出し、洗浄、組み付けを行いました
    ※アウターはメーター裏での180度展開の取り回しが大変すぎて外すのを諦めた

    メーター裏側でアウターワイヤーのジョイント部を外して、インナーを引き抜きます
    インナーはメーター側から引っ張ればやすやすと抜くことができます

    ロータスヨーロッパのメーターインナーワイヤーは超長くてなかなか全部引き出せません
    しかも油で汚れてるので、狭いコックピットがパニックになります

    かくし芸のトイレットペーパーの芯を早く出した方が勝ちみたいな競技っぽい
    ※正解は、インナーワイヤーを引き出しなつつ、ワイヤーを拭きながら、開けたままのドアから室外に逃がす、です

    スポンサーリンク

    ただのワイヤーが旧車の場合はこんなに高いのかね?

    ロータスヨーロッパに限らず、旧車ののワイヤー類というか部品は総じて高い

    参考までに調べた結果、
    スピードメーターケーブルは2万円以上で取引されています
    ものがあるだけ幸せとはいえ、

  • アクセルワイヤーも、
  • クラッチワイヤーも、
  • タコメーターワイヤも、
  • ただのワイヤーのくせに2万円を下回ることはないです・・
    旧車は総じてこんなもんです
    ※同じ作りのバイクのスピードメーターワイヤーなんか数千円ですよ

    たかがワイヤーとはいえ、マジでこんな高価なもん、切れたらかなわんわ
    メンテで寿命が延びるのであれば率先してメンテするだけです

    たかだか、ワイヤー類ですがないと車検に通りませんな
    まあいざとなれば個人輸入するか、特注で作ってもらいますけどね
    ※特注する場合に必要なので切れたワイヤーもとっておくことをオススメします

    それでも、該当車両のワイヤーがヤフオクで出てればラッキー♪ショップ価格より安いといいですけどね
    ※この辺は、直接自分で検索することをお勧めします

    気休めに他車のメーターワイヤー系のグリスアップもしておいた

    この際すべての車両のケーブルのメンテとして、清掃&グリスアップを実施しました

    やり方はバイクでも基本的には全部一緒です
    用意するものも一緒なので、いっぺんにやった方が忘れが無くてよろしい
    この作業だけで丸一日楽しむことができます♪

    インナーとアウターが分離しないワイヤーの場合は、ワイヤーインジェクターなどのバイク用メンテ工具も併用すると結構楽です

    すべての乗り物のワイヤーが、どういう取り回ししで取り付けられているか理解できるだけでも楽しい♪
    ※言っておきますが変態ではないです

    ちなみに・・


    右ハンドルのロータスヨーロッパのアクセルとクラッチのワイヤーは、いったん左の助手席側に写された後、エンジンルームにまっすぐ引き回されています

    最初は、この取回しの意味がよくわかりませんでしたが、おそらく左ハンドル車の名残ではないかと思います
    ※ロータスヨーロッパのS1(初期型)は左ハンドルのみの設定(ヨーロッパ大陸仕様、主にフランスで売られたため)だからかと推測されますな

    ので、本国仕様と呼ばれる右ハンドルもそのままの取り回しなのではないかと思います
    さすが、貧乏スポーツカー乗りの味方ロータス社ですな、最小限の変更しかしないのは見事です(誉め言葉です)
    ※運転席側にはアクセルワイヤーの位置にヒューズボックスがあるのでけれど、これもたぶん右ハンドルも左ハンドルも位置は同じではないかと思いますわ

    まとめ

    各種旧車の長いワイヤーはメンテが大変ですが、切れると金銭的にもっと大変

    旧車乗りはこういう走るのには関係ないけど重要なパーツの維持管理メンテが非常に大事になってきます
    なにせパーツが入手できない場合がある

    メーターワイヤーは稼働しないと、車検通らないのでヘタするとそのままお蔵入りになってしまいます
    ※もちろんバレたら整備不良でも捕まります

    たかだかワイヤーとはいえ、たまにはメンテしないとケーブル内に水がたまってたりしますよ

    ロータスヨーロッパTCはサブフレームが邪魔でスピードメーターワイヤーが外しにくい

    ロータスヨーロッパTCはサブフレームが邪魔でスピードメーターワイヤーが外しにくい


    このサブフレームの形で、ロータスヨーロッパTCとスペシャルを区別できます♪
    国産旧車に比べて、英国の一般的な旧車は部品供給が大変よろしい
    金さえあれば部品の入手は可能なんですが、お金は大事なのでなるべく使いたくありません
    その分手を動かしてメンテナンスするんですよ

    それが楽しくなってきたら泥沼ですが。

    そうなると、いろんな一般生活では役に立たない技術や知識が増えて大変満足できるのだ♪
    飲み屋で話すと一般人にはドン引きされますが、同好の士の集まりでは重宝がられますぜ

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    大事にしてる愛車の上で・・
    カバーかかってるとはいえ・・
    猫に生ごみでも食べられてごらんなさい・・
    タイヤに匂いつけられてごらんなさい・・
    殺意を覚えますよ・・

    なるべく事を荒立てたくないんですよ・・ネコにゃんたちとは。








    これぐらい平和に解決したいもんです






    ロータスヨーロッパをもっと知りたい!







    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -Lotus EUROPA, クルマ, バイク

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.