長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

オフロード 初心者の練習

オフロードバイク 初心者の秘密練習8【急こう配を下る】

投稿日:

林道に入ればどこも紅葉だらけ
Toos

オンロードにないのが土手のような勾配を一気に下るという状況

最初はこれがとにかくおっかない
前につんのめっちゃいそうだし、どうしていいかわかんないし・・

うむ。
わかります
ではどうすればいいのか、理屈っぽくお伝えしましょうではないか
※上から目線

いい画像が見つからなかったのでおいおい追加します

スポンサーリンク

練習したことないので怖いのが急こう配下り

普通に生活してたら急こう配をバイクで下るような状況はないです

オンロード走るだけなら、そんな状況はほぼ100%ないです
※普通の林道ならそんなのはないですよ、念のため

ただ、道からそれると結構あります♪
河原の土手をまっすぐ下るイメージです

下りは前に荷重がかかりすぎる状況が怖い

深層意識ではバイクでの下りってのは怖いもんなんですよ

つんのめりそうで(笑
適当に走ってるライダーならほぼ全員下りが怖かった経験があるはずです
特に低いハンドルのバイクに乗ったことがある人は、確実に。

バイクがコントロールできなくなるという事を無意識で認識してるんだと思います

スポンサーリンク

予期せぬスピードが出過ぎて怖い

とにかく、急勾配の下りでは一気に加速しますのでスピードが出ます

まっさかさまに落ちていくような恐怖にとらわれますよ
国際クラスのレーサーならガンガン行くんでしょうが、ここは無事これ名人の精神が大事です

急こう配下りに入るスピードを限界まで殺す

急勾配に入る前は、ほぼ完全停止くらいの大減速の状態で。

ワタクシはエンデューロのレースでも、超ゆっくりクリアしますよ
こけたら疲れちゃうので。
無理せず淡々と走り続けるのが一番疲れません

走行ラインを一瞬で予測する

下りきるまでの軌跡をイメージする。これから行く末、タイヤが転がる先を全部予測する

ラインを組み立てた時点で、半分下り勾配セクションは終わっています

バイクがどのようなラインを通って下りきるか、というイメージをします
イメージが大事です
何かあってからその場で修正とかやってられませんし、それほど人間の脳は速く動きません

ラインの構成は、その場で全然変わりますが、
ワタクシは
  • 木の根などの大きな障害がない
  • 急に路面の状況が変わらない(粘度とかゆるそうな場所とかない)
  • 必要以上の段差がない
  • といったことを瞬時に判断して突っ込みます

    大体急こう配の下りに突っ込む前に、いきまーす!とか言っています
    ※声出すと色々吹っ切れます♪

    フロントブレーキ使うな、身体は後ろに引け

    とにかく前タイヤには通常以上に負荷がかかっていますのでこれを分散させます

    車体が下に向き始めたらリアブレーキをロックしない程度に引きずって、走るというよりゆっくり落ちていくイメージです
    ちょっとフロントブレーキかけただけでロックしますよ
    こうなるとコントロールできません

  • 体重は極力リアタイヤの乗せるように
  • 車体は地面に対して直角になるように(バンクさせない)
  • ポジションは、とにかく過重をリアに乗せるイメージで、バランスは左右でとります
    ※登りも下りも高低差は左右でバランスを取る

    アクセルは開けなくていいです
    しいて言うなら勾配が終わり、フロントホイールが平坦間面に付いたらアクセルをちょっと開けると車体は安定します

    まとめ

    急勾配はビビったら余計怖いです

    なので腹を決めましょう♪
    距離の短い急勾配で練習しておけばそのうちなんてことはなくなります
    ※スキー場を利用したオフロードコースなんか急勾配の連続ですよ♪

    数をこなせば何でも余裕になってきます
    人にできてアナタにできないことは何もないですぜ

    自信を持って練習しましょう♪
    自信がつくまで練習しましょう、かな

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    -オフロード, 初心者の練習

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.