長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

クルマ バイク

中古バイクをヤフオクなどのオークションで買う。確認事項とチェックポイントは?

更新日:

Toos

ヤフオクなどのオークションで中古バイクを買う。確認事項とチェックポイントは?

バイク屋さんで中古バイクを見ると軒並みびっくりする価格を下げてたりします

20年前のバイクが新車時の価格並みとか、車ではありえません
※車の世界では伝説のプレミア車や思いっきり旧車だけ

そういう意味でも、バイクは資産になりつつありますね

ヤフオクなどでは、中古バイクの出品も盛況です

まあそれなりにいい値段はしますが、バイク屋さんよりは多少安い?かな
ネットオークションでしか出てこないようなレア車もあってみてるだけでも楽しいです♪

ただ・・
チェックポイントを無視して買っちゃうと結構痛い目にあいますよ、というお話です

succo / Pixabay

スポンサーリンク

中古バイクはヤフオクで買うべきか

はっきりいますが、
整備やレストアの自信がなければ、オークションでバイクは買わないほうが良い

何より、みんなが大好きな
保証
がないんですよ

バイク屋さんで買えばいいと思いますよ、保証を求める人は。
オークションは、宝とゴミがごちゃごちゃに混ざって出品されているカオスです



掘り出し物も、ごく稀にあります
現在は昔と違ってバイク屋さんで購入する場合は、
それこそ中古車オークションとかあるので、
よほどの常連さん以外は、
ほとんど掘り出し物はありません
※ネットで相場情報が蔓延している以上、時間かかってもそれなりの値段で売れるので、バイク屋さんも現金化を焦らない

そうなると、ショップ系の出品にはうまみがないということです
ならば個人出品を狙いましょう
まあ個人でも結構ふっかけた強気の値段の方もいますが・・結構売れちゃってますよね

ヤフオクでは、10年くらい前まではそれなりに掘り出し物があったのですが・・
今は軒並み価格高騰していますなぁ
ええ!という値付けもめづらしくないです

ちなみにKDX125SRは二台ともヤフオクで入手しました
それなりにやれていましたが、全面的に手を入れたので今でもガンガン走ってくれています♪
一台は水没車だったようです

今では一台は散々手を入れて友人に格安で放出してしまいましたが(泣
・・もったいなかったなぁ・・

最初に確認すべきは書類の確認

個人で不安なのは、
登録用の書類がきちんとあること
等の登録用書類が完備されているかどうかです

さらに取引の際、
委任状
も一緒に押印もらっておくといいでしょう
※これは出品者に事前にお願いして用意してもらうといいです

これも後で取り寄せるとなると結構手間です
まあここだけの話、委任状は買い手側で作ることもできるのですが・・

こんな話もあります
本当にあった話ですが・・
個人売買してまだ名義変えていない
という出品者が、実は盗難車をそのまま売りつけようとした

友人の車両を委託で販売
という出品者が、実は盗難車をそのまま売りつけようとした
地獄に落ちろ

こういう話はキリがないです
なので、それなりに目利きが必要でしょう



ついでに言いますが、
盗難車をばらしてパーツにして売ってる人も摘発されました
地獄に落ちろ

ワタクシは、バイク盗難犯と危険運転者は極刑でもいいと思っているので反論は受け付けないのだ

スポンサーリンク

金のかかるところが壊れていないか?

中古車を購入したら、多かれ少なかれ最初に車両代金以外にお金は必要になります
無尽蔵にお金をかけられるわけではないので、チェックするポイントを・・

最低でもエンジンがかかること

少なくともエンジンがかかるものを選びましょう
出来ればアイドリングが安定しているものならなお良いです
これだけで以降の修理代がだいぶ違います



この辺、疎かにするとキャブ全とっかえとか想像以上のお金がかかる場合もあります
※ただし、この修理の過程がたまらなく面白いという奇特な方もいらっしゃるので完全否定はしません

エンジンかからない、という商品説明で見に行ったらすげえ軽症で♪
格安で買える場合もあるので、こういうのはラッキーということで。

サスペンションは意外に高くつく

エンジンかかって、動いていた車両でもサスが傷んでいるものは結構見かけます
傷んでいるだけならまだしも、死んでいるものも多いです

フロントも、リアも、です

  1. サスのシリンダーに筋が入っていたり、
  2. サスからオイルがにじんでいたり、
  3. サスのダストブーツがぼろぼろだったりすると、

オーバーホールが必要になります

これが自分でやると結構手間です
フロントサスはメンテ上級者なら自分でできないこともないですが、倒立サスは難しいです

ついでに言うとリアサスは素人では分解できない作りものもが多いです
特に国産は結構非分解式が多い



ワタクシ的には、サスのオーバーホールは、ショップに任せる方が楽でいいと思います

サスペンションによっては分解に専用工具も必要ですし、リアサスなんかはガスも充填してくれたりもします
やはりプロは違うね♪と思ったりします
※自分でできることはやりますが、リアサスは昔から完全にお任せ、フロントも最近はお店に任せています

それでも結構いい値段しますのでこの分はコストとして乗っかってきます

抜けたサスのバイクって、かなり恐ろしいですよ
完全調子のサスは一度味わった方がいいです

アクセル開けるのが楽しくなります
特にオフロードでは、サスが死んでるとおっかなくて乗れません

外装はリプレイスものがあるか

外装、特にタンクはきれいなほうがテンション上がります

が。

外装がボロい、というのは
安く買える
ということでもあります



あんまり酷い凹みや穴あきでなければ、思いっきり色塗ったり、補修したりにチャレンジしちゃえばいいんですよ♪
どうせ中古車です
それほどひどくなければ磨きこんで当時からのやれ具合と共に生きるのもありです

この際、初期化処理としてタンク内の錆も対処しておいた方がいいでしょう

これがタンクリペアキットとしては最強!

まあ、この辺は
いくらまでかけられるか?
どれぐらい乗り出すまでに我慢できるか
という個人の理由にもよるところが大きいです
危険のないところ以外は乗りながら少しづつ直すのがおすすめです
飽きが来ない上、楽しみ長続きです

どこまでやるか?というのは、
どれだけそのバイクに乗りたいか?
という執念にも似ています

まあリプレイスの外装があるような幸せな車種の場合、
あっさりリプレイスの新品に変えちゃった方が気分もいいですし、
もともとついてたのは予備として気長に直す、というのもありです

そのほかの手法として中古の程度がいい外装をオークションで気長に探す、
というのも楽しみとしてあるなんて幸せですな♪

放置車両は傷み方が違う

かなり多いのが、中長期間放置されていた車両の出品です

ガソリンコックを締めていなかったバイクの場合、かなりの確率でキャブは死んでいます
コックはOFFにしてあっても、しったかしったか流れている場合があります!

1年も放置したら確実にキャブは死んでいます
ものすごい異臭になるので、部屋でキャブを開けるのはやめましょう

CVKキャブはセッティングは楽なんだけどね

CVKキャブはセッティングは楽なんだけどね

キャブが死んでたりすると、細かいパーツ揃えるだけで結構な金額になります

  1. メインジェット
  2. スロージェット(パイロットジェット)
  3. フロートバルブ
  4. バルブシート
  5. ガスケット類
  6. 下手すればフロートも・・

※4連キャブの場合、上記パーツが4セット必要です

細かいパーツばかりですが、
積算すると結構な金額になるうえ、完全調子に戻すのは結構難しいです
キャブは精密機械じゃありません
超精密機械です

そのうち別記しますが、Kawasaki系のCVK(ゼファーとか人気車種多数)はいったんオーバーフローの癖がつくとほぼ完ぺきには直りません
バルブシートが交換できないうえ、オーバーフローすると全部シリンダーに流れ込むという謎なつくりです
※本当に苦労しました、っていうか今もちょっと苦労しています

固着したジェット類がすんなり外れてくれればよし、ですが、
大体、真鍮製のジェット類(特にスローやパイロット系)をつぶしちゃったりするんですよねえ
こうなると、最悪キャブ丸ごと交換です
※こればっかりは開けてみないとわかりません。固着状態でかなり違ってきます

-->腐ったキャブの画像をお楽しみください

それでも、コンプレッサーがあるとキャブのレストアはかなり楽です
おすすめはしませんが、ジェット類が詰まってクリーナーやエアブローで貫通しない場合、
荷札の針金でジェット類の穴を通すというのがあります
まあ最終手段でもあります
あくまでも自己責任で。

また、タンクに残ったガソリンも腐っています
意外に思われるかもしれませんが、2stオイルも腐ります

まあ、中古車を購入したら程度にかかわらず、油水ものは全部交換は基本です
フォークオイルやクーラントも全部、です
冷却水系はいったん全部抜いて洗ってあげましょう
水垢ごっそり、錆ごっそり、とかそういうのも見たことあります



絶対に一度見に行こう

オークションなど、実写を見ずてんで買う場合は自己責任ですが、極力実写を見に行きましょう
オーナーの人となりも分かりますし、いろいろ話を聞くこともできるでしょう

落札前に、事前連絡で実写見せて♪というのはありです
この実写閲覧を断って、ノークレームノーリターンとかいう買い物は避けた方が無難です
ただ、礼儀はつくしましょう
もし買わなくても、時間作ってくれたのだし1万円くらいおいてくる勢いで臨むのが吉です

バイクの送料ってばかにならない

とはいえ、遠方の出品車の場合見に行くのも取りに行くのも結構手間ですね
旅行だと思っていくのはありですが、そんな時間ねえし、という方もいると思います

バイクって送料結構高いよ♪
こういうのも車両代金に乗ってきますので、極力近場で購入したほうがいいですが、
激レア車はこの限りではないので、本気なら遠方だろうが離島だろうが速攻で入札したほうがいいです
一期一会になる可能性があります

話がそれた

うちの軽トラ、結構知り合いのオークションの足として活躍してたりします
こういう輸送手段は、みんなでシェアできればなおよろしい♪

うちの軽トラのコックピット

うちの軽トラのコックピット

軽トラに夢と希望を載せて帰ってくる・・なんか素敵じゃないですか?
※ごくまれに、出先でトラブったバイクを回収に行くこともありますが、こちらは時間も手間もかかるわけで対価は請求しますぜ♪(酒おごるとかそういうのね)

オークションのマナー

オークションとはいえ、人間同士の価値交換です
お互いを尊重しあっていい取引をすればいいと思います

最近のヤフオクはルールが改悪されたようで・・悲しい限りです
※まあ犯罪すれすれというか犯罪も結構あるので利用者のモラル次第なんでしょうが

後、落札後に値引き交渉とかもルール違反です

ワタクシも結構出品(パーツね)したことがありますが、まあ無礼な人が多すぎ
あと追加で、こういうのありませんか?いくらなら売りますか?とかいう質問も多いです
まあ、無礼がない場合は丁寧にお答えしますが、いきなり馴れ馴れしい人も多くて困ります

まとめ

オークションで、中古のバイクや車を買う・・
確かに安い場合もありますが、保証はありません
それがオークションです

また、程度はそれこそ同じものが一台もないわけで。
画像と説明を見て判断していくしかないわけで。
売り手買い手ともに信頼関係ですよね

ただ、ひどいものが少なくないのも確か
ワタクシはエンジンがかかって、サスがまともなものをお勧めします
※あとはカウルかな、高いのは。ノンカウルならそんな問題もないけど。

車の場合は、これにボディやフレームの錆具合もチェックポイントになります
これはそのうちきちんと記事にします



ともあれ
オークションで買って、そのまま乗れると思わない方がいいですよ
商品説明に、乗って帰れます!とか通勤で使っているので・・とかそういう文言があっても、です

とはいえ
オークションは面白いのでやらないよりやった方がいいと思います
でもきちんと対処できないとやっぱり痛い目見て嫌な思いをするので、

バイクも車も個人から中古で買う場合、初期化は絶対にしましょう♪
最初にきちんと一通り手を入れておくことをお勧めします
ここまでが、車両価格と思っていいんじゃないですかね?

寒い時期は結構バイク相場は下がり気味です
今こそ、旧車ライフを始めるいいチャンスですよ

限りある人生、死ぬまで楽しみましょう♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-クルマ, バイク

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.