未舗装路では舗装路の常識は通用しませんよ

未舗装路では舗装路の常識は通用しませんよ

セロー225 バイク

セロー250、生産終了。ファイナルエディション発表・・またオフロードバイクの選択肢が一つ減る

スポンサーリンク




Toos

長い間、思えばいつでも新車で乗れるバイクとして選択できたセローの歴史
栄えあるセローの長い歴史が今終わろうとしてる
セローに育てられたバイク乗りって結構多いはず

初心者からベテランまで・・
セローを卒業しても、またセローに戻ってくる・・
そんなバイク界のヘラブナ的存在のセローの最後のモデル、ファイナルエディションの発表があった・・

スポンサーリンク

35年にわたって販売され続けた偉大なセロー

奇しくもワタクシがセロー225Wを入手してから半年で250が生産終了になるとは・・

スタイリッシュで汚すのが惜しいセロー250

スタイリッシュで汚すのが惜しいセロー250


最初にオフロード走って汚すのは結構度胸いるよね・・

昔から気になる存在ではあったのですよ、セローシリーズは。
ワタクシも、最近225を買っちゃったくらいだし
※ワタクシのオフロードバイク始めた時の師匠も当時セロー225WEに乗ってたし

スポンサーリンク
もうすぐレストアが終わる当倶楽部のセロー225W

もうすぐレストアが終わる当倶楽部のセロー225W

多分、フロントアップのしやすさはセローがピカイチ

  • 完全停止状態でも、
  • スタンディングで、
  • いったんフロントフォークを沈めて
  • その反動でアクセル開けて
  • ステップを土踏まずで前にける感じで後方に体重移動
  • これで軽くフロントアップが可能
    ※ウィリーはそのあとアクセルをあけ続ければOK

    セローは2stのように絶対的なパワーはないけど、ゆっくり走ることも楽しいじゃん♪って思える貴重なバイクです
    素晴らしく高性能なバイクがどんどん生産終了していく中、たんたんと生き続けてきたYAMAHAを代表するバイクだと思います

    ちなみに・・


    モンゴルツーリングでは、レンタルバイクは全部セロー225の4JGでした♪
    ※モンゴルでは調子がいいのも悪いのもあったみたいだけれど、今でも世界中でセローシリーズは愛され続けています

    セロー225の時代

    やはり未だにセローといえば225なイメージがある

    それぐらい印象が強いのですわ

    細かく仕様変更があったのでここでは形式と特徴を。
    大きく分けて、セロー225はエンジン型式で3世代、車体型式で18世代存在するのだ

    最初のころはこんな感じ

    最初のころはこんな感じ


    小さくて乗りやすかったけど、ライトが暗い
    No車体名販売年エンジン型式タンク容量特徴
    1SEROW2251985~19891KH1KH/1RF/2LN7.5lキックのみ
    2SEROW2251989~19931KH3RW1/3RW2/3RW3/3RW4/3RW58.8lセル搭載
    3SEROW225W1993~19961KH4JG1/4JG2/4JG3/4JG48.8lライト強化、リアディスク化
    4SEROW225WE1997~19991KH4JG5/4JG610lリアチューブレス
    5SEROW225WE2000~2004G316E5MP1/5MP2/5MP3/5MP410l排ガス規制対応

    約20年で細かくマイナーチェンジを繰り返してきたわけですわ
    セローの中古買うなら、4JG以降が楽ですよ。ワタクシも4JG1を2019年に中古購入しています

    1.キックのみの時代

    一番小さい感じの225
    とにかく小さくて軽くて細い
    セローとしての立ち位置を確立したモデル
    バッテリーとかセルモーターってのは重いんだなぁ、と思う
    ただ、足場が悪いところでのエンストは厳しかったり♪
    ※2stと違って、4stはキックが重いんだよ・・

    2.セルが付いた

    このころ一気にセロー人気が爆発する

    バイクの売れない冬の間もコンスタントに売れてる唯一のモデルがセローといわれてた
    セローの売り上げが伸びると、今年も冬が来たと思うバイク関係者がいたのは有名な話

    安いし細いし取り回しが楽でシティコミューターとしても優秀なので、バイク便の皆さんがよく使ってた
    ※一番使われてたのはVTZ250だったけど

    セルの取り付け位置は苦労したんだろうなぁ・・という位置にセルはついてる
    エンジン前側の下にちょこっとついている
    ※エンジンガード必須の絶妙な位置ですな

    この型はバイク便でよく使われてた

    この型はバイク便でよく使われてた


    確か、バクオンののセローはこれだったような・・

    3.少し大柄になった

    外装がだいぶ変わって60Wのヘッドライト(H4バルブ)が付くようになった
    リアがディスクブレーキに変更された
    ※オフ車はパンク修理やタイヤ交換を自分でする人も多いのでリアホイールが交換しやすいリアディスク化は歓迎されたのよ

    このセローでも新型!って思うワタクシは時代遅れ間しれません

    このセローでも新型!って思うワタクシは時代遅れ間しれません


    ライト周りのリフレッシュでスタイリッシュになった気がしたもんです

    4.タンク容量が増えた

    タンク容量が9lから11lに増量、それに伴い、外装をさらにスタイリッシュに。
    同じ4JGでも、4JG1と4JG6ではサイドカバーやタンク、シュラウドが違う

    5.リアホイールにチューブレスリム採用

    オフロードタイヤって、チューブレスのものがあんまりない気がするので、これってあんまり有効じゃない気もするけど、中古市場では取り合いになるほど大人気だよね、チューブレスリム

    6.排ガス規制対応した

    ここからどんどん排気ガスの規制が厳しくなり、空冷バイクは激減していく中なんとかマイナーチェンジで乗り切った
    とはいえ、時代には逆らえず、ここでいったん、225の時代は終わる

    セロー250の時代

    セロー250って、デザインがもう確立されちゃってて大きなイメージ変更がないんだよね

    このカラー、すげえ綺麗だった

    このカラー、すげえ綺麗だった


    とはいえ、もうデビューから15年(そんなに経つのか・・年取るわけだわ)で、何度かマイナーチェンジしてる

    大きく分けて、セロー250は型式で3世代、機種CDで18世代存在するのだ

    No車体名販売年型式タンク容量特徴
    1SEROW2502005~2007DG11J9.3キャブでデビュー
    2SEROW2502008~2017DG17J9.3インジェクション化、ツーリングセロー
    3SEROW2502018~2020DG31J9.3テールのLED化

    ※2017年に排ガス規制によって一時生産終了してる

    1.鳴り物入りだったセロー250のデビュー

    各雑誌がセロー250の特集したくらい注目を浴びた新型セロー
    ※今でもワタクシは250ccのセローを新型セローと言ってしまう

    一回り大きくなった車体と250ccの排気量を得てより一層ツーリング向けに!
    ※ただ、225のようなアタック系の林道ツーリングにはちょっと不向き、と言われた

    2.インジェクションの時代の始まり

    セロー250も時代の流れに逆らえず、インジェクション化

    インジェクション化したとはいえ、2017年に一時期排ガス規制で生産終了になった
    この時期の前後でほぼすべての空冷バイクはオフ車に限らず激減ほぼ絶滅する
    ※シェルパやXR系、DR系が全滅

    単気筒とは言え、空冷エンジンではインジェクションとはいえ、排ガス規制クリアはかなり厳しそう
    ※空冷とかキャブっていうアナログメカは、電子制御に比べると圧倒的に安定しないのよ、いかんせん自然任せなもんでね

    バリエーション:ツーリングセロー

    この装備、ちょっとYAMAHAの本気を見た

    この装備、ちょっとYAMAHAの本気を見た

    ツーリングライダーには伝説の名車、TT-R Raidの後継機、旅バイク的なモデルがこれ
    TT-R Raidの特徴だった16lタンクみたいな装備はないけど、これで十分じゃないか?という旅仕様
    今でも長野ではバイクシーズンになると日本中からツーリングセローが集まってくる♪
    渡り鳥か?

    3.排ガス規制対応して復活してきた最終型セロー250

    排ガス規制クリアして復活した第二世代インジェクションセロー

    多分、排ガス規制クリアするのにものすごい金かかってる
    それだけ、セロー人気は高かったわけで。
    いったん生産終了後、復活したバイクってそんなにない気がする
    ※HONDAでCBX400Fが復活した経緯はあるとはいえ

    最終マイナーチェンジでは少し外装も変わってる

    LEDテールが付くと一気に今っぽくなる

    LEDテールが付くと一気に今っぽくなる

    テールランプがLEDになったりして、今どきっぽくなった
    ※LEDランプって、後ろから追っかけると砂ぼこりの中とかでもよく見えるんだよねえ・・

    最終型って、ほとんど街で見かけないけど売れてんのかなぁ・・

    セロー250は、20thとかのアニバーサリーモデルが結構限定販売されてる

    YAMAHAは昔から、YSP限定モデルとか細かく手を変え品を変えラインナップを増やしてくる

    YAMAHAは限定バージョン作るのが好きなメーカーだけれど、専用品の外装パーツの入手がむつかしいんだよね、限定モデルって。
    タンク凹ませて、パーツがないと泣いていた限定SR400乗りは、外装一式交換しちゃったぜ(笑)

    セローは時代に翻弄された?されない?

    時代を超えて、こんなに広く老若男女に愛されたモデルもないのではないか?

    デビューこそ、スペック第一主義のレプリカ全盛時代だったので、地味ではあったんだけれど、今でも生きてる車種って同じYAMAHAのSR400しかないのではないかね?
    ※ビジネスバイクは除く

  • オフロードバイクのイベント行くと、女性のオフロード乗りは半分以上がセローだった
  • 安く手に入る中古車両として人気だった
  • エンデューロレースでは絶対セローのエントラントがいる
  • 愛されてるなぁ、セローシリーズ

    セローって、それぞれの時代に合わせて、細かく仕様変更して生き残ってきたよね
    一番強かったから生き残ったんじゃない、変化したから生き残れたんだ
    というカモシカという名前で、生物界のセオリー通り変化し続けて生き残ってきたわけで。

    YAMAHAはWR250Rを生産終了してから、オフロードはセロー250だけだったわけなんですが・・
    この後、YAMAHAはオフロードバイクの新型開発するんですかね?

    今後のYAMAHAの公道用のオフロードマシンはどうなるだろ?
    HONDA見たく、CBRのエンジンをオフ車に乗せてCRFですよーって売るのかね?
    YZF-R25あたりのエンジン載せて、YZ25FXとかそんな感じで・・

    スポンサーリンク

    まとめ

    オフロードモデル市場最強の初心者からベテランまで幅広い客層に受けたオールマイティさを盛るのがセローシリーズ

    体力のない人やバイクから一時的に遠ざかってた人女性にはまさにベストチョイスです
    荷物も詰めるしね
    ※ツーリングセロー250のリアキャリアは、すげえごついけど荷物載せるのは楽そう♪

    最終型セロー250 FINAL EDITION


    2020年1月15日発売
    FINAL EDITION」のエンブレム付き

    なんだか寂しくなるじゃねえか

    なんだか寂しくなるじゃねえか

    価格は58万8500円(税込)

    日本が銀河に誇る偉大なバイク、セローシリーズ
    いずれにせよ、時代は一つ進んだけど寂しい感がぬぐえないなぁ

    この後、中古価格が高騰するのは目に見えてるしなぁ・・
    セロー250最終型買って3年くらい新品で寝かせといたらすさまじく値上がりしそうだわ

    電動バイクの実験的モデルとして、セローの名前やスタイルを使ったモデルで復活してきそうな気もするんだけれど・・期待し過ぎかな

    スポンサーリンク







    セロー関連記事▼

    -セロー225, バイク

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2