長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

クルマ ドライブ

車のシートが温かい!シートヒーター後付けがあると腰痛持ち幸せになれる、は本当か?

更新日:

このかっこいいシートにディーラーさんはどんなヒーターをつけようというのか
Toos

ズバリ本当です
ワタクシは、シートヒーター(ただの送風機能もあり)を愛用しています
都合、3セット買いました
※使いまわす予定でしたが、あまりに快適なので固定装備にしちゃっています

今回は後付けシートヒーター、いいですよというお話です
普通の健常者はもちろん、マジで腰痛持ちにはベストアイテムです♪

スポンサーリンク

エアコンのヒーターは温まるまで時間がかかる

エアコンはあったまるのに時間かかる

kaboompics / Pixabay エアコンはあったまるのに時間かかる

エアコンのヒーター(この言い方も語弊があるけど)は、エンジンの熱を利用しています

ので、暖気が完全に終わるまでははっきり言って冷たい風しか出てきません

これが結構長い時間かかるんですよ
長野の冬の朝は余裕で氷点下です
朝の寒い時間帯に走ってもかなりの時間ヒーターはききません
※ちなみに走りながら暖気する主義です。文字通り「暖気運転」ですし、水温が上がるまで回転をあまり上げないようにゆっくり走っています

ちなみに旧miniはフロントグリルにゴムを敷き詰めて冷気がエンジンに当たるのを防いでいました
それでも15分くらいはヒーターききません
ウィンドウォッシャー液は-30度まで凍らないやつを選択しないと吹いたそばから凍ります
それくらい寒いです

電気自動車は、電熱式のストーブを焚いているようなもんですので、最初から暖かいようですが未体験
※ということは猛烈に電池が消耗していく、ということですな♪

対して、シートヒーターは、シートだけ熱線で温める方式なので暖かくなるまでの時間が短いといえます
これが、朝の忙しい時間帯、特に車の暖気が完了するまでの間、非常にうれしいのだった♪



シートヒーターは局部的に直接温められる


関係ないけど、腰痛にこのストレッチ効くよ

StockSnap / Pixabay 関係ないけど、腰痛にこのストレッチ効くよ


背中と腰を温める後付式シートヒーターを利用しています
ラパンSSの4WDには標準装備です♪素晴らしいぞSUZUKI

後付式シートヒーターは、冬には寒い旧車系や軽トラで大活躍です

冬に乗る機会が少ないとはいえ、春先や秋以降の旧車の出撃時(紅葉とか見に行く際)には重宝します
特に助手席の嫁に好評です♪

軽トラは、エンジンが温まれば室内が狭い割に、同系列の軽ワンボックスと同じヒーターコアを積んでいるのでただでさえ猛烈に暖かいです
ですが特殊な事態、雪の中での薪作業をした後などおしり周辺が湿気っている場合に絶大な効果がありました
※猛烈に窓ガラスが曇るのですが、それは軽トラのデフロスタでやっつければよろしい

■冬季は腰痛持ちなどの人にはすごくいいです
腰痛の人は、冷やすことが大敵ですので、ひたすら温めましょう
ワタクシは、一時期障害者認定を受ける直前まで行きましたが何とか復活しています
※腰傷めたとき、旧miniでレカロのセミバケットシートにもつけてました♪が快適でした

あまりに車で快適なので100Vから12Vに変更するコンバーターを経由させて家の書斎でも使っています
※シートからずれるので結構難儀(きちんと固定すれば使えるかもしれません)しました

スポンサーリンク

ひざ掛けと併用するとコタツのようだ

運転に支障がなければ、ひざ掛けと併用するとほんとにあったかいです

■ヒーターの効きが悪い車をお持ちの方はお試しあれ
ロータスヨーロッパでは
  • シートヒーター
  • ひざ掛け
  • の状態なら嫁は助手席で寝ます(笑
    ※きわめて快適だそうです(外からの視線が痛くなければ)



    ひざ掛けを併用する場合は、当たり前ですがペダルの操作に支障がないようにしましょう
    こんなので、事故ったらシャレになりません
    普段から車内はきれいしにしておくことをお勧めします

    シートヒーターは頭がボーっとしないので眠くならない

    冬は疲れている状態で温まると睡魔に襲われます

    お腹がいっぱいで暖かいとなおさらです
    特に頭部が温まるとボーっとして危ないです
    通常のヒーターだとどうしても車内全体を暖めることになるので、眠くなりがちですね



    ワタクシはそういう場合はガンガン窓を開ける主義です
    ※バイク乗りはみんなそうだと思っている

    ただ、真冬にやると数秒で体の芯から冷えちゃう
    長野の冬の外気温をなめてはいけません
    東京では経験がない「凍える」「がたがた震える」というのを実感できます

    少しだけ窓を開けて「腰や背中があったかいですが、頭は冷気を浴びる状態」だと意識もはっきりします
    助手席の搭乗者には窓を開ける際にきちんと説明しておかないと怒られます

    シートヒーターにはデメリットもある

    後付けシートヒーターについては
  • 着座位置が高くなる
  • 固定が甘いとずれて来る
  • の二点の改善余地はあります

    ■着座位置が高くなるったって、そんなに変わるもんか?
    と思いましたが
    「思いっきり変わります」

    特に、シートが硬い上に平ったい軽トラではてきめんに着座位置が変わったのがわかります
    着座位置って、ミラーの角度や視界が結構変わるので結構気になりますよ
    アバルト595や新FIAT500系は着座位置がただでさえ高いのにさらに高くなります

    意外にもロータスヨーロッパは、
  • シートバケットっぽくなっている
  • スポンジがヘタレている
  • ので気になりません

    シートヒーターが横方向に持ずれないので意外に見た目はすっきりしています
    ※その代り、前にずれていくのが気になる

    どんな車でもきちんと固定できて着座位置に違和感なければ素晴らしい装備だと言い切れます
    ヒーターの弱い寒い旧車は装着方法を考えると福音になるかも!!

    まとめ

    ビルドインタイプのシートヒーターは今後どんどん増えていくでしょう
    ※オプション扱いかもですが

    今時のおもてなし装備はあんまり必要ないので、その分安くしてくれや
    と思っているワタクシでさえ、シートヒーターとミラーヒーターはいいなぁ、と思いますもん
    ※一番年式の新しいアバルト595にはシートヒーターもミラーヒーターも装備がないので、余計ラパンSSのおもてなしが身に染みる

    ■年取ると、体が冷えるのは大敵です
    腰痛持ちはもちろん、女性にも喜ばれるはずです
    旧車やシートヒーターの設定がない車で寒い時期も運用する人はシートヒーターの導入を検討してみたらいいですよ
    ■アバルトのディーラーからシートヒーター5万円くらいでつけますよ、というダイレクトメールが来た
    ※高い、高いよディーラーさん!とカイ・シデン伍長のように突っ込んでしまいましたよ

    このかっこいいシートにディーラーさんはどんなヒーターをつけようというのか

    このかっこいいシートにディーラーさんはどんなヒーターをつけようというのか

    サベルトのかっこいいシートにどのようにシートヒーター組み込むのか興味はあるが、まさか後付けのシートヒーターキットじゃないよね?

    とアバルトのシートヒーターの謎は謎のまま、今日の記事を終える

    ■追記

    アバルト595コンペのサベルトシートにはヒーターはつかないんだってさ
    ディーラーでつけてくれるのは、フィアット500やアバルトでも固くないシートの装備車にしか追加できないんだって!
    いったんシートの縫製をはがして、シート内側に仕込むそうですよ
    そういうこともできるのね、今時は・・
    しかし期待してただけに、まさにぬか喜びってやつだね

    ちなみに、長野のディーラーさん独自のサービスらしいです

    以上、現場からお送りしました

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    車の野良猫対策はコレしかない!!



    大事なマシンのカバーの上で生ごみでも食べらえてごらんなさい・・
    タイヤに匂いつけられてごらんなさい・・

    なるべく事を荒立てたくないんですよ・・ネコにゃんたちとは。





    バッテリーは夏も冬も酷使されます!




    バッテリー死ぬと結構悲惨・・ショップでやってもらうと超高い!!
    ※BMWディーラーなんかバッテリー交換だけで5万円とか平気で請求してきますよ・・



    -クルマ, ドライブ

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.