長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

クルマ

自動車走行税だと!!車の維持費はもっと高くなるのか?!その内容は!バイクは?

更新日:

旧blogでは主役級の活躍をしてくれたminiERAターボが死んだのは単身赴任が主な原因
Toos

何やらまた我が国の政府は増税の検討をしているようです
消費増税だけでは飽き足らず、まだ国民を絞るか・・

ただでさえ古い車に重課税なんだし!!
車に関して言えば維持費にかかる税金を減らす方向にしない限り、新車も中古車も販売数は減り続けますよ!!

内需拡大とは真逆に進んでる!と思うのだがどうかって記事です

スポンサーリンク

日本政府は車の走行距離に応じた課税を検討してやがる

料金や走行距離、徴収方法などの具体的な話は未定らしい

ちなみに・・

現時点の車保有して走らせるためには以下の税金がもれなくかかります

  • 毎年の重量税
  • 車を購入する時の消費税
  • ガソリン税・石油税・消費税という重複課税
  • 古い車はさらに増税
  • 車を使えば使うほど課税されていくだけでなく、保有するだけでもかなりの重税であることは間違いないです

    更に走行税だと!!

    このころのBMWなら素人でも直せそうだ♪

    herbert2512 / Pixabay


    えー走行税までとられちゃうのー(泣

    公共交通機関のいきわたっていない田舎では大体収入も少ないし、一人一台の自動車保有が普通なので、重税は大打撃なんすよ

    そんなことしたら田舎は生活成り立たなくなる
    ただでさえ、燃料代の高騰と消費税増税で中小企業は大変なことになってる
    売上があっても利益が全然ない状態の企業はたくさんあってすでに虫の息の企業も多い

    車関係の税金前部チャラにして、走行税一本にするならともかく、さらに増税とは恐れ入る
    ※一応、ガソリン税は廃止するかもしれない、という未確定で弱い情報もあるにはありますがあてになりません

    走行税の概要がよくわかる外部記事▼

    電気自動車やハイブリッドになったらガソリン税が徴収できない

    そんなの最初からわかってたはずなのに、目先のことしか考えていないからこうなる

    EV化が進んだらガソリン税取れなくなるのは火を見るより明らかじゃん
    小学生でもわかると思うし。

    しかもEV車は購入時に補助金的なお金をばらまくって・・
    確かに他国に対する環境関係のメンツが立たないのはわかる
    それは国民の生活を犠牲にした上で成り立つもんではないと思う

    もう政府ってば、言ってることとやってることがしっちゃかめっちゃかですわ

    EV車に恨みはない

    paulbr75 / Pixabay


    EV車に恨みがあるわけではないけど、嫌いになる

    内燃機関を持つ車は、今の税金にプラスして走行税が課全されるのか・・
    今後ますます内燃機関を持つ車、世界的に肩身が狭くなるねえ
    まるでタバコの喫煙者いじめみたいな感じになってくるね

    要するに、全部電気自動車になっちゃうとガソリン税が徴収できなくなる
    ので、与党の「税制改正大綱」によると自動車に関連する税を見直す(増税方向に)検討に入る具体案の1つ・・ということらしい

    逆にガソリン税で道路作られてるなら、EV車(電気自動車)は道路走る権利ない!と思うがどうか?
    EV車やハイブリッド車に限り、道路使用税とか取るならまだわかる気もする

    政府はマジでバカだと思う

    内需拡大よりも国民の生活よりも目先の税収が大事な日本政府

  • 人口減少
  • 高齢化
  • 製造業が海外移転
  • 税金高い
  • 将来不安
  • 外交の各種問題
  • 借金問題
  • 消費増税
  • 現政権も一つも問題解決できないくせに増税ダケはするよねえ
    消費税アップも国民は大混乱だししばらく続くと思われる
    ※消費増税に乗じた詐欺が多発してるみたいだし、とっとと対策うてよ政府

    もともと消費税って、福祉と借金返済に全額当てるんじゃなかったっけ?!

    自国だけ大事主義(米国)ではないけれど、ちょっと国民の方を見てもらわんとね
    与党はやりたい放題だけれど、野党は・・絶対的に頼りない
    っていうか、まず政府が節約しろ。マジで身銭きれ。
    公務員も議員も半分でいいよ

    それでも国民が元気ならまだ何とかなりそうだけれど、疲弊しきってる
    税金と毎年の災害の連続攻撃で疲れ切ってる
    コレで国家間の競争に勝てるわけはない
    お隣の大国に人海戦術でやられちゃうよ・・

    そのうち、

  • 呼吸税
  • 肥満税
  • 年齢税
  • 二台目携帯税
  • マラソン税
  • お掃除ロボット所有税
  • 携帯ゲームダウンロード税
  • とかも冗談じゃないかもしれませんぜ

    スポンサーリンク

    すでに走行税が採用されている国「ニュージーランド」

    人より羊の方が多いかの国では、1000kmあたり5000円程度の走行税らしい

    ガソリンスタンド的なところで、チケット買って何キロまで走行可能か窓に貼るんだとさ
    で、その距離をオーバーしそうな場合追加で支払う仕組みらしい

    申告した距離をオーバーすると高い罰金を払うようだ
    現在、ポリスが一斉取締形式で一台づつ車を停止させて目視確認しているようですが、GPSによる走行距離計算方式の導入に向けて進んでいるとのこと
    ※GPS方式はプライバシーの問題と競合するので進捗が悪いようだけれど、営業車(バスとか)は既に導入されてる様子

    ニュージーランドは走行税導入するならノウハウ売るよって、国家間の働きかけもあるようだ
    ※欧州でも導入検討国があるようだし、米国の一部の州でも既に走行税は実施されてるとのこと

    恐らく日本での導入時には、この1kmあたり5円程度の価格を参考にしてくるんじゃないかと思います

    バイクの走行税はどうなるのか

    バイクに関しては一切言及されていない

    もしかするとバイクは走行税非課税!とかになればバイク業界に激震が走るかも!
    ※でもたぶん荷物積めるスクーターがさらに貨物向きに進化する、とかでスポーツバイクは・・微妙

    まあたぶん、もしかしないのでしょうが・・

  • 連携することが嫌い
  • 協調性がない
  • 吹けば飛ぶようなバイク乗り
  • は、問題にすらされてないのだろうと想像します

    一回のロングツーリングで5000円課税か!?

    一回のロングツーリングで5000円課税か!?


    うちはいつも二台で行くので負けてもらえませんかね?

    車での移動分をバイクで補う・・とか?は非現実的か・・
    車の他にバイクを所有するだけでも維持費はただじゃないので、やっぱり負担になるだけだね
    ※雪国はバイクは冬の間乗れないので走行税もくそもない。すでにバイクの維持費は超割高なんですけどね

    今後は車は所有しないほうが得、って世の中になるかも!

    乗らなくても金かかる、乗っても金かかる車はいらないという判断もごもっとも

    レンタカーやカーシェアリングで逃げるという手は大いにありだし、効率はいい
    となれば、自己所有すること自体が無駄になる
    そうなると、自動車関係の税金がまた取れなくなるので政府は姑息なことをまた考えるんだろうねえ

    車って所有満足を満たすのにすごくいいアイテムだと思うんだけれど。
    TOYOTAも3年で乗り換えるプランとか言い出してるし、車は既に所有満足とかどうでもいいものに成り下がったね・・
    白物家電化してるんだなぁ・・
    車趣味、楽しいのになぁ

    ちなみに・・


    カーシェアリングって、会員になったら走行距離によってレンタル料金が加算される仕組みらしいけれど、みんな借りるだけ借りて、昼寝の場所とか食事の場所とかにしてるって話です
    ※走行距離に応じた料金が徴収できないので、カーシェアリング業界大弱り(笑

    まとめ

    次はEV化促進キャンペーンでガソリン税増税!とか言い出しそうだ

    日本は経済的にかなり疲弊しまくっています
    もう日本は金持ち国家ではありません

    ここで自然災害とかあるとたぶん立ち直れません
    ※東京で自然災害直撃したら、中国資本入りまくって日本は乗っ取られる説もあるくらいです

    日本は中国の属国に成り下がるかも!という外部記事▼

    何にせよ、ムダ金ばっかり使ってるし運用も上手くできていない政府はまず、節約を心がけろやって思います

    とにかく、タバコと内燃機関の乗り物は叩きやすく税金取りやすいのでこれからもいじめられ続けるんでしょうねえ
    ・・こりゃマジで車が売れるわけないわ

    TOYOTAの社長、マジで車関係の減税を政府に圧力かけてください!!
    そしたら、TOYOTAをちょっとは見直すから!!

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    -クルマ

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.