Lotus EUROPA

【旧車のトランクマット】を自作する。芯材は100円均一のアレ。

ロータスヨーロッパのトランクマットを自作しました♪

ロータスヨーロッパのトランクマットを自作しました♪

 

ワタクシ
古い車のトランクは鉄板むき出しだったりしますよね。
シッカリ荷物も積めるし、いい味出てるんですが、傷などはつけたくない。
こういう場合にはトランクマットが有効です。
専用品が売ってない?当たり前です。
作るんですよ、DIYで。
できるだけ100円均一ショップ利用で。

 

Z1-Rに乗り続けて30年
東京から長野に移住して15年
ロータスヨーロッパに乗り始めて10年
そんなワタクシのリアル実体験「北信州のりもの倶楽部。」です。
車・バイク共に旧車生活の長さや田舎への移住経験、気が付いたことを記事にしています。
 使えない&くだらない 知識量には自信があります♪

もちょっと詳しいプロフはこちら↓
当倶楽部のオーナーはワタクシだ。

旧車のトランクにはマットなんかない

 

ワタクシ
古い車にもトランクスペースが付いています。
ただし、メチャメチャ簡素だったりするのです。

 

例え古い車でも「トランクとしてのスペースが確保されている。」ものもあります。
※ないものもあります。

ただし、
メチャメチャ簡素なんですよ。

  • 内装は鉄板むき出し
  • ガソリンタンクの真横
  • 雨が入りまくる
  • そんなのは当たり前です。

    「荷物を積むスペースがあるというだけでもありがたいと思え。」
    という 上から目線な 作りです。
    ※雨が入り込むのに、カーペットを敷いちゃったら、カビるわ、錆びるわ大変なことになりますし。

    とはいえ、
    極力雨の日に使わない旧車のトランクには中敷き程度の「トランクマット。」くらいは欲しいのですよ。

    ロータスヨーロッパのフロントトランクは 旧車の割には 使い勝手がいいのですが、
    中に入れた荷物がコーナーの度にゴロゴロ転がって気になるのです。

    ロータスヨーロッパのフロントトランク。

    ロータスヨーロッパのフロントトランク。


    ちょっとすり傷が増えてきました。
    真ん中の配線は増設したヒーターファンです。

    衣服などを突っ込んで緩衝材にしてるのですが、それでもFRPに塗装しただけのトランク内は多少傷がついています。
    コレを何とかしなければなりません。
    長年の課題でもありました。

    ちなみに・・

    大抵の古い車のトランクルームの底面には穴が開いてまして。

    「入り込んだ雨を積極的に排出する。」
    という、鼻から雨の侵入が前提の作りです。

    逆に、トランクルームの穴がゴミや錆で埋まったりするとトランクルーム内が水浸しになって錆びるのですよ。

    旧miniはリアトランク内にスペアタイヤが鎮座するのですが、このスペアタイヤのスペースに金魚が飼えるほどの水が溜まってる個体もあったりします。
    ※リアワイパーの付け根からザブザブ水が入る仕様です(笑)

    まあ、普通の旧miniはトランク内にボードがなく、鉄板とスペアタイヤがむき出しなので水がたまったらわかるんですが。
    ※底面をフラットにするため、「自作のトランクボード(ただの板)。」を作って入れると気が付きにくいのです。

    スポンサーリンク

    なければDIYで作るのが「のりもの倶楽部」流

     

    ワタクシ
    「トランク内の傷防止にカッチョイイマットを作りたい。」
    面倒くさいので、しばらく後回しにしていたのですが、冬の乗れない間に作ることにしました。
    冬の車趣味は、こういう内職系作業が向いています。

     

    なければ作ればいいのです。
    当倶楽部では当たり前の考え方です。

    その考え方で失敗することも多いですが、
    「そのやり方ではだめだった。」
    という経験が次に生きるのですよ。
    ※おかげでいろんなことを覚えたし、いろんなスキルが身に付いたので幸せなのです。

    理想のトランクマットを作りにあたり、

  • 一応、純正っぽく見える
  • 荷物が転がってもトランクルーム内が傷つかない
  • 出来れば荷物がなるべく転がらない工夫をしたい
  • の三点を重視しました。

    実際トランクマットなんてのは 記事にするまでもないくらい 作るのが簡単なのですが、
    「転がらない工夫の案。」
    がイマイチまとまらんので、面倒くさくて後回しにしてた、というのが本当のことろです。
    ※結局、今回は転がり防止機能は構想で止まってるのですが。一応、絵は描いた。

    ちなみに・・

    ロータスヨーロッパのフロントトランクは、前のフード(ボンネット部)内にあります。

    大きく分けて、

  • スペアタイヤやラジエターの入る前半部
  • 一応、荷物が乗る後半部
  • に分かれます。
    ※要するに車のボディの前全部がトランクみたいなもんです。

    今回は後半部のトランクに対してマットを作ります。

    前半部は、水がかかるのが前提な作りですのでこちらに衣料や食材などを詰める気にはなりません。
    なので、
    FRPの地が剥き出しでもいいのです。

    後半部は、表面処理がしてあり、多少濡れにくくはなっているのですが、
    「フロントのフロント部を経由した外気がフロントのリア部を経由してコックピットに導入される。」
    という作りになっています。

    ロータスヨーロッパのトランク。

    ロータスヨーロッパのトランク。


    この左の穴から社内に外気が導入されます。
    ※画像にはないですが反対側にもあります。

    ので、

  • みっちり荷物を積むと外気が上手く車内に導入されない
  • 埃だらけの外気も当たり前のように取り込むので食材はあんまり入れたくない
  • 匂いのキツイものを入れるとコックピット内にその匂いが導入される
  • という素晴らしい作りになっています。

    ロータスヨーロッパのフロントトランク後半にはファンが付いている。

    ロータスヨーロッパのフロントトランク後半にはファンが付いている。


    なんてことはない、消費電力の大きそうなモーターが固定してあるという作り。

    一応、後半部にはファンが付いていまして、車が止まっててもコックピット内に外気導入が可能な作りになっています。
    ※すんごい無理やりな作りですが、結構風が来るのには驚きです。

     

     

    スポンサーリンク

    車のトランクマットの作り方

     

    ワタクシ
    要するに「トランクの底面の形状の下敷きマット。」が出来ればよろしいのです。
    トランク底面がフラットなら、布切れをトランク底面の形に切り取って敷けばいいのです。
    ※フラットでない場合はベニヤなどで底面を作る必要があります。

     

    ただ布を敷くだけでも良かったのですが、トランク内を外気が通り抜ける作りのロータスヨーロッパです。
    「トランクマットがトランク内で風にあおられてぐちゃっとなる。」
    ということが起こりうるのです。

    ということは、
    布切れ一枚ではいけないということです。

    「車のフロアカーペットみたいなものをカットして乗せようか。」
    とも思いましたがイマイチ安っぽく見えそうです。
    ※ロータスヨーロッパという車は、実はちょっとしたことで意識が下がる位、すんごい安っぽい作りです。

    なので、

  • 当倶楽部で大量に余っているビニールレザーを表皮にする
  • 芯材を入れて形をキープし、風でぐちゃっとならない
  • クッション材を入れて手触りを良くする
  • 出来ればD環やベルトを使って荷物の固定の足場にする
  • という基本理念が出来上がりました。

    イメージスケッチをしながら、ザックリとした考えをまとめるのは超重要です。
    いきなり現物合せで制作に取り掛かると、時間はかかるわ、雑になるわ、失敗するわでろくなことはありません。
    ※イメージスケッチ書いても、失敗するときはします。

    スポンサーリンク

    型紙は必須

     

    ワタクシ
    なんでもそうですがゼロから何か作る場合は「型紙を作る。」のは基本です。
    ※もしくは試作として割り切って作り、感覚というか距離感みたいなものをつかんでおくのもセオリーです。

     

    現在、楽天経済圏に所属している当倶楽部ですので、割とネットでの買い物が多く、段ボールが集まりがちです。
    段ボールは型紙として極めて優秀なので使わない手はありません。

    段ボールの使い道

    段ボールは、ただまとめて捨てちゃうのはもったいないくらい便利です。

    「段ボールを型紙として使う。」
    のは使い方としては、まだ初級レベルですな。

  • 適当な大きさに切って薪ストーブの着火剤にする
  • メンテナンス作業時に地面に敷いて断熱&膝宛て&座布団&背板代わりにする
  • オイル漏れを一時的に受け止める
  • などなど、すごく優秀なので助かるのです。

    あ、あと当り前ですが「何かを梱包して発送するのに素晴らしく便利。」です♪

    型紙はある程度フリーハンドで段ボールを成型した後、カッターと定規でスッパリ綺麗に整形すればよろしいです。
    今回のトランクマットは左右対称なので、半分だけ作って反対側はひっくり返して複製すればオッケーです。

    とはいえ、
    最終的には、シッカリとした左右一体型の一枚の型紙を作っておいた方がいいです。
    一枚になった型紙をもって、最終的な現物合せを行うためです。
    ※微妙な曲面があって引っかかったりすると、ずっと後悔することになります。

    特に手芸系の手法で何かを作る際の型紙作成は、手間はかかりますが絶対やったほうがいい工程です。
    ロータスヨーロッパの場合、FRPの整形の下手さと塗膜の厚さで微妙な曲面があったり左右の大きさが違ったりするのは普通です。

     

     

    材料は出来るだけ100円均一ショップで探す

     

    ワタクシ
    芯材は最初はべニアを考えていたのですがどうもコスパと作業性がよろしくない。
    出来る限り、室内で作業したいので丸ノコとか使いたくないし。
    というわけで、100円均一で見つけた樹脂製の板を使います。

     

    革細工の材料が100円均一で入手できることを知ったワタクシは、冬は何かの買い物のついでに100円均一ショップに行く機会が増えるのです。
    ※雪が降るとガレージでのメンテナンスは寒すぎて、部屋にこもる作業しかしたくないので。

    そこで見つけた、いろいろな樹脂製品は何かと応用が利くのでした。

  • PPシート
  • 鞄の中敷き(こんなものまであるのか!と驚き)
  • アルミ板
  • こういうのは、「試作品を作る際には無限にあっていい素材。」ですので、いつでも当倶楽部にストックしてあるのです。

    鞄の中敷き

    要するに鞄の型崩れを防止するため、底面に敷く樹脂製の板です。

    100円均一のカバンの下敷き

    100円均一のカバンの下敷き


    カッターで切れるし軽いし丈夫だし、すんごい使い勝手がいい。

    これが革細工にはもってこいでして。

  • 自作スマホカバーの芯材
  • 自作手帳カバーの芯材
  • 自作車検証入れの芯材
  • 自作パスケースの芯材
  • として非常に使い勝手がよろしい。
    何せ加工しやすい。

    革の車検証入れの型紙でも売ろうかしら♪

    革の車検証入れの型紙でも売ろうかしら♪


    自作した革の車検証入れの表紙や裏表紙にも「カバンの下敷き。」を使っています。

    以前は、0.5mm~1.0mmのアルミ板を加工して使っていましたが、

  • 値段が高い
  • すぐ曲がる(すぐ戻るけど)
  • 加工が面倒くさい
  • 重くなる
  • 冷たい
  • というデメリットがあるのでした。

    今回も鞄の中敷きを使おうと思いましたが、 強度はないものの 大きさ的にPPシートの方が使い勝手が良さそうと判断しました。
    ※都合3枚で芯材が出来た♪330円なり。

    これに、
     職場で大量に廃棄されそうになってたのを査収した 梱包材のスポンジシートを両面に貼り付けて芯材としました。

    梱包用のスポンジシートを張っています。

    梱包用のスポンジシートを張っています。


    両面に貼りました。

    ちなみに・・

    100円均一ショップには、「スタッズ。」と呼ばれる手芸などに使うリベットっぽい装飾品が売ってるお店があります。

    これが革細工にはいいアクセントになるのでしょっちゅう使っています。
    ※普通にネットで買うと、5倍くらいの値段で流通しています。

    ただし、
    数年前はどこのお店でも買えましたが、現在は探さないとないレベルまで扱いが減っています。

    ワタクシは出先で大きめの100円均一ショップがあると、とりあえず手芸やDIYのコーナーを偵察しています。
    そこで「スタッズ。」を見つけると大人買いしています。
    ※大人なので、お店側に最低1個は残すようにしています♪

    あと、革細工に使えるボンドもたぶん100円均一が最安値です。
    こういう材料は、躊躇なく使えないと失敗を恐れて何も出来なくなるので安いに越したことは無いのです。

    男たるもの、ミシンくらいは使えないと

     

    ワタクシ
    型紙をベースにビールレザーを切り出していきます。
    ビニールレザーは以前ロータスヨーロッパの内装を作る際、10m単位で買いました。
    ダークブルーと黒を買いましたが、ダークブルーは全然手付かずです。

     

    ビニールレザーの裏面に型紙を写し取ります。
    こんなのは鼻歌レベルの作業です。

    大枠が出きたら、縫い代分を多少つけて切りだします。
    縫い代は、ミシンの性能に合わせて2cmとしました。
    ※だいぶ余裕がある縫い代ですが余ったら縫ったあと、切ればいいのです。経験上、こういう所でケチると後で泣くのです。

    後はミシンで縫いあげていきます。
    ミシンってすごい楽。
    手縫いで作る革細工の100倍楽。
    産業革命スゲエと思う瞬間です。

    これで、5千円位しかしないなんて魔法の道具です。
    こんな便利な道具、男性でも使えた方がいいに決まっています。

    今回のポイント

    今回は、ビニールレザーで左右に袋を作りそこに芯材を突っ込む作りにしました。

    ただ二枚の布を張り合わせるだけよりはるかに手間がかかります。

    いきなりですがトランクマットの完成系です。

    いきなりですがトランクマットの完成系です。


    作業しながら写真取るなんて器用な真似は出来ないのです。
  • 芯材が気に入らない場合は交換する
  • 荷物転がり防止対策で再度加工するには芯材を取り出す可能性がある
  • という大義名分ですが、やってみたかっただけです。

    ただ2枚のビニールレザーを縫い合わせるだけだと、ひっくり返して芯材を入れるのが大変そうだし。

    また、蓋っぽい部分を作ることにより、手作りっぽい あか抜けない 作りがなんとなく昔の英国製品っぽいのです。

    蓋になる部分は飾りネジを使って固定しました。

    飾りねじも革細工でよく使うのでストックがある。

    飾りねじも革細工でよく使うのでストックがある。


    はじめはボタン止めにしようかと思ってましたが、何となく。

    飾りネジ取り付けにはポンチで位置合わせして穴を開けたのですが何回か失敗しました。
    ※そのうちアルミ板で「LOTUS」とかつくってスタッズ止めすれば穴が見えなくなるので完璧。じつは誠意製作中ですのでそのうち記事にします。

    まとめ

     

    ワタクシ
    ロータスヨーロッパのフロントトランク内のトランクマットはまあそこそこ満足のいく仕上がりになったと思います。
    構想5年、制作1日でした(笑)

     

    芯材が頼りないだけにトランクマットの強度なんかないだろうと思っていましたが、強度的にも機能的にも結構いい感じに仕上がりました。
    ※厚さ1cmくらいありますので、軽いですがちょっとやそっとでは飛びそうもないです。

    いきなり重厚感があるトランクルームになりました♪
    こうなるように作ったのですが、サイズ感はピッタリです。

    割とミシンスキルも上がっています。

    割とミシンスキルも上がっています。


    仕上がりがいいと嬉しいですな。

    どんどん形になっていく作業は楽しいのです。

    旧車のトランクマットを考えてる人は少なくないと思います。
    意外と簡単ですので、やってみればいいのです♪
    ※ミシンさえ使えれば、割とあっという間にできます。

    トランクボードはべニア板を使えばミシンもいりません。
    ビニールレザーをタッカーで張っていくだけ。
    やり直しも容易です。
    ※ロータスヨーロッパの場合、トランクが塗装したFRP剥き出しなのでべニアは使いたくなかったのです。

    雨天時のことは、雨天時に乗らないのでとりあえずはこれでいいかと思っています。
    ※その前にコックピットに雨漏りするので、出先での雨はトランクの心配してる場合じゃないのですが。

    もしご近所でトランクボードやトランクマットの加工を考えている人がいれば、
    「ビニールレザー(ダークブルー)を安価でお分けします。」
    ※要相談。切り売り可。

    多分、そのうち今回作ったマットを加工して「荷物の転がり防止ギミック。」を追加する予定です。
    取り合えず、今回のはバージョン1.0ってことで。

    いいんですよ、何でも一発で決めなくても。
    使ううちに問題点や改良点思い浮かぶかもしれませんし。

    何でも長く楽しんだ方が得なのです♪

    ちなみに・・

    車のカスタマイズというと、メカメカしいイメージがありますが内装というかちょっとした小物を作るのも楽しい作業です。

    ワタクシは、
    革細工で浅瀬にハマりました。

    革細工でこういうのもたまに作る。

    革細工でこういうのもたまに作る。


    オフ車で世話になってる友人夫妻にあげた。

    さらに、
    ミシンで深い沼にハマりました。

    手芸的な作業は、印象として男らしくない作業かもしれませんが、
    「できないより出来たほうがいい。」
    です。

    そして、
    「商品として売れるモノを生み出せる可能性。」
    のかけらが潜んでいます。

    今の世の中、カッコいいデザインさえできれば、キーホルダー的なモノを量産してネットで売ることもできます。
    ※実際やってる人いるし。

    「好きなことを副業とするきっかけ。」
    は意外とこんなところにあるのかもしれません。




    お問合せはこちら

    AIに関連ありそうな記事を選ばせてみた



    ネットでお金を稼ぐ手段を知る

    ロータスヨーロッパをもっと知りたい!






    ロータスヨーロッパに関する記事を一覧にまとめました











    安いアシ車を探すなら



    TVのCMでもおなじみ
    「ガリバーフリマ」

    車の個人間売買の仲介サービスです。
    個人間売買でよく起きるトラブルの部分をガリバーが仲介しているので安心!







    ワタクシが見たときは、
    BMW116iが、3万円(笑)
    ※新車買うの馬鹿らしくなります。


    「ガリバーフリマ」

    【バイクの盗難保険に入ってる?】

    -Lotus EUROPA

    © 2022 北信州のりもの倶楽部Ver2