長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z1-R Z750D1

旧車でもクラッチは軽くできる。Z1系の重いクラッチの理由の半分はワイヤのせい。

投稿日:

Z750D1メインハーネス交換はむつかしくないよ
Toos

ワイヤー式のクラッチは軽くできます
ってうか旧車だからといって重すぎるほうがおかしいです

ワイヤに注油してますか?
注油してても、5年に一度くらいは新品に交換しちゃうとびっくりするくらい軽くなりますよ

スポンサーリンク

ワイヤーに注油してるだけでは駄目なことが分かった

ワイヤーなんてメンテしたことない

そういう人が結構います
ワタクシは、ワイヤのメンテしたらクラッチ軽くなるのになぁ、と思っていました
そのための工具も油脂も揃えていました
年に一度くらいは、ワイヤを車体から取り外して清掃&注油していました

ところが。
最近、Z1-Rのクラッチのつながりが渋いのでワイヤに注油しましたが劇的な変化がなく、そういや10年くらい変えてないわということでこの際新品を発注したわけです
クラッチリリースの感覚が、ググッっていう感覚が少しあったのでいつもの手順通りに注油しました
※その際、ワイヤーに痛みはありませんでした

結果として、ワイヤーを新品に交換したら劇的に軽くなったわけです♪

-->バイクのワイヤメンテの記事はこちら♪



ワイヤーに注油すると錆色のオイルが出てきたらかなりダメ

気になったのは、クラッチワイヤーから出てきた洗油として使っているCRC556が茶色だったこと

最低年に一度はすべてのワイヤ類のグリスアップをしているのですが・・
雨天時に乗ったのは数えるほどしか・・(昨年夏は大雨の中走りましたが)

恐らくその際に水分が侵入、内部で錆びたのではないかと思われます

■豆知識
Z1系のエンジンの場合、
  • クラッチレバーを引いて、
  • エンジン左側のスプロケカバー内で力の方向を変換させて、
  • クラッチを押すロッドに伝えて
  • クラッチを押してクラッチを切っています
  • このすべての可動部に対してグリスアップが必要です

    グリスアップの際は、
  • 周囲を清掃(スプロケ周りは汚い)し、
  • 古いグリスを全部ふき取って、
  • 新しいグリス(チェーンルブを使用しています)を入れましょう
  • グリスアップも結構効果がありますが、今回のように一番効果がわかるのは古くなったワイヤーを新品に交換することです

    スポンサーリンク

    新品交換はやはり気分がいい

    今回、クラッチプッシャーーロッドも購入して見ました
    ※こんなもんまでリプレイス品があるのは以前では考えられないほど恵まれてます♪

    毎度の作業なので、サクサクとZ1-Rに組み込みます
    慣れてくると清掃まで含めて30分もあればクラッチワイヤー交換は余裕です

    ちなみに
    Z1-Rと、Z750D1では全くクラッチの重さが違います
    ※Z1-Rは20年以上前に少し強化されたクラッチスプリングを入れたような気もしています

    握り比べればわかりますが、Z750D1のクラッチはZ1-Rの半分以下の力で握れます
    ワイヤの長さや取り回しの関係もあるのでしょうが、Z1系はアップハンドルのほうがはるかに乗りやすいです
    ※低いハンドルカッコイイですが、疲れます

    クラッチが重くていいことないので、操作系は極力軽く作りたいもんですね

    Z750D1のようにアップハンの方がクラッチワイヤーに負担が少ない気がする

    Z750D1のようにアップハンの方がクラッチワイヤーに負担が少ない気がする

    クラッチワイヤーの新品交換時の注意点

    ワイヤーの取り回しには注意しましょう

    何も考えずに、古いワイヤを抜いちゃうと、どこをどう取りまわしていたかわからなくなりがちです
    変な取回ししただけで、一気にクラッチの手ごたえが増えます
    ※取り回し次第では、あっという間にワイヤが切れますよ(経験あり)

    純正でも取回しがきつい車種は、ワイヤが切れがちです
    例>GSX1100Sカタナはよくクラッチワイヤーが切れますよ

    アップハンドルのほうがワイヤの曲率がひくいのかストレスがかかりずらいので切れにくい気がします
    アップハンドルだった車種を、低いハンドルに変更する場合は注意が必要です
    ※余りがちになるので短いワイヤーを調達するか流用するか・・

    また、ハンドルを幅広のモノに変更する場合も、ワイヤが足りなくなる危険性があります
    ※アクセルワイヤも足りなくなることがありますよー
    例>TT-R250はアクセルワイヤが短め。おかげでワタクシのDTにパーツが回ってきたことがある♪

    クラッチワイヤー交換時のコツとしては、
    古いワイヤーを車体につけたままの状態で、新品を古いワイヤーに這わせてから古いワイヤーを抜きましょう
    こうすることで少なくともヘンテコな取回しを避けられます
    ※無理なく、湾曲させることが大事です

    今のバイクは知りませんが、フレームにワイヤーの逃げ部分がある車種なんて見たことないです
    マニュアルにも取り回しを詳細に解説してくれているものは見たことありませんので、取り回しに関しては実車がすべてです
    ※中古の場合は結構適当なことも多いんですが、実際は経験で何とでもなるもんです。ハンドル切って突っ張らなきゃ大体オッケーです

    Z1-Rのようにワイヤの取り回しがきつい車種はワイヤが渋くなりがち

    Z1-Rのようにワイヤの取り回しがきつい車種はワイヤが渋くなりがち

    まとめ

    クラッチの手ごたえが渋くなってきたらワイヤーの手配をしておいた方が無難です

    特にマイナーな車種は新品で出るうちにワイヤーを確保しておくことをお勧めします
    ワンオフで作ってくれるところもありますが、結構いい値段しますよ

    -->車種によっては絶版車両のパーツを作ってくれる可能性もある



    古いクラッチワイヤーは、
  • 一応機能は果たすけど感触は重い
  • 何時切れてもおかしくない
  • 注油してもたかが知れている
  • 特に中古でバイクを手に入れたら、同時にワイヤー類のストックを探し始めてもいいかもしれません
    ※長く乗るつもりがあるのであれば、絶対にストックしておくことをお勧めしますよ

    特にハンドル変更してある車両は気を付けましょう♪
    ワイヤーはいきなり切れますよー

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -Z1-R, Z750D1
    -, , , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.