長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

クルマ バイク

今どきの電子制御の車やバイクは10年乗れるのか?センサーとか部品供給大丈夫?

更新日:



Toos

こん○○わ、Too'sです
なんだか欧州を中心に「化石燃料車は走らせん」という動きが活発化しているようですが、
クルマの話題は結構検索で見つかるんですが、バイクの話題はほぼ全くないですな
世間もメーカーも眼中にないのか、無視してんのか、取るに足らん問題とされているのかは不明
※イギリス、フランス、ドイツ、中国が、ガソリン車・ディーゼル車の販売禁止の方針を、2030年から40年を目標に動いています

とまあ、グローバルな書き出しですがもっと細かい話をしようかと思います
今どきの「電子制御満載のバイクはパーツ供給がなくなりゃ乗れなくなる」ということ
※それと「化石燃料の使用禁止」の記事が何となく時期的にリンクしてしまったんで書いてみることにします

スポンサーリンク

コンピュータやセンサーは基本的にユニット交換

クルマの世界では「自動運転だ」「自動縦列駐車だ」「○○センサーだ」と走ることには全く関係のない豪華装備で、
なんとか売りこもうという姿勢が顕著ですねえ

バイクの自動運転とかもう何が何やらわかりませんし、趣味の色が強いバイクの世界ではそんなことはあり得ない、と思いたい
ですが、電装で有名なBOSHが「こけそうになるとガス噴射(笑)してこけさせないバイク」とかもうどうなってんだか

→転ばないバイクの記事

これって、いざというときに故障♪とかなったらだれの責任なんでしょうか?
ガスは充填するんでしょうか?
もれて爆発とかホント嫌なんですが

とまあ、複雑なメカニズムは故障することがあるんですよ
機械は必ず故障します
こんなの、街のバイク屋さんでは絶対に直せないと思う

もっと言うと、こんな摩訶不思議技術だけではなく、

・燃料供給のインジェクションや、
・ABS(義務化されるらしいね)のセンサーや、
・前後連動のブレーキ

なんかも壊れますよ、ほっとくと

インジェクションは100歩譲って仕方ないとしても、ブレーキなんかは練習してうまくなっていくもんだと思うんです
※その過程で怪我したりしない、という着眼点なんでしょうが

ABSについては、別記事で書こうと思っています
前後連動ブレーキについても、別記事で書こうと思っています





パーツがなきゃバイク屋のおやじさんでも直せない

ともあれ、
壊れた個所が事前に特定できたとして、
パーツの供給がされているのであれば、
そりゃユニット交換で直るでしょう

でも、ABSとかって「作動するのは思いっきり特殊なシュチュエーション」だと思うんです
ので、壊れてても多分気づかないと思います

まあ、故障個所を特定するのにおそらく特殊なテスターが必要で、それを当てることによって、
こりゃ壊れてるわ、と判断するんでしょうねえ

もはや「排気ガスの匂いかいで、セッティングを出しているワタクシ」たちは出番はなくなるんでしょうね



スポンサーリンク

すでに車の世界ではディーラー以外では直せない

上記にも書きましたが、テスターはすでに車の世界では常識
ディーラー以外には手が出せない状態になっています

こうやってディーラーがユーザーを囲い込んでいくんですねぇ
特に外車がこの傾向が強いですが、いい戦略です
恐らく、日本車もこうなっていくことでしょう

街の中古車屋さんとかこれから厳しい時代になってきますね
なにせ、自前では直せないし、部品供給があったとしてもユニット交換の手順やコツなど難しそうです
EV(電気自動車)だって、恐らく街の車屋さんは手を出せないでしょうね。整備で一歩間違うと感電死するって噂はほんと?





一体成型の外装パーツは傾向として真っ先になくなるが・・

電気制御の話とはだいぶ離れますけど、
これは今どきのバイクに限ったことではないのですが、
部品は外装から無くなっていきますね
しかも、今どきの「生き物チックなデザイン」のバイクは外装が高そうです
成形技術が発達したので、結構大物パーツも一体成型だったりして、こりゃ高そうですね


これとか

ふるーい話になりますが「RG250γのカウルはパーツで買うとジェンマ(旧)が買える」
とか、「バンディットLTDのロケットカウルはジョグより高い」という話を思い出しましたよ

・・恐ろしくて今どきのデザインコンシャスなマシンは立ちごけとか「経済的な面でおっかない」です
※ちなみに、CRFラリーはこけたらバリバリに割れそうなくらいスカスカしてますが、あのカウルも高そうです

大体、デザインコンシャスなマシンが、
傷だらけっていうのもかっこ悪いし、
そこまで高いと直さないで放置か、
二束三文で買いたたかれるのが落ちなのでモチベーションも続かないように思えます
※ドゥカティやBMW、今どきのスーパースポーツバイクにガムテ補修は似合わないっす



2040年から逆算してみると

今、2018年ですが各国が規制をすると報じている2040年までは22年あります
今から22年前っていうと1996年(やばい最近じゃねーか
この年代のバイクが今走っているようなもんですね

この状況は、全然違和感はないと思うんですが、今のバイクが22年後どれだけ生き残っているかは微妙ですね
電子制御も二世代目、三世代目とか進化していって2018年時点技術で作られたものは「なかったことに」なってる可能性も高いです

古くは、カワサキが一時期インジェクションに一生懸命でしたが「8ビットで動いていた」という、当時の最新技術は今では電卓にも使えないくらい陳腐化してしまっている歴史がありますしね

ちなみに、うちの銀河に誇る良い主力オフロードマシン「DT200WR」は91年式(ど初期型)♪全然普通に使えます
※電子制御部品は予備を調達してあります♪

ああ、うちの嫁の練習マシン(今では街乗りスペシャル)KDX125SRA2も91年式♪全然普通でオンロードツーリングではリッター25km走ります



まとめますと

やはり残るのは「古臭いけど確実なメカ」じゃないかと
ワタクシは、ほぼ絶滅危惧種の2st大好きなんですが、部品点数が少なく、機構も単純なので20年近く乗っています
複雑なメカはやはり維持するのにお金がかかるし面倒くさいんですよ
※かつて「ERAターボ」という500台以下しか作られなかった化け物mini(壊れ方が化け物)に10年以上乗っていたので、シンプルな方が金かかんなくて維持しやすいのは体験済

なので、今の旧車ブームは「おっさんの懐古趣味」だけで成り立っているわけではなく、
長く乗り続ける相棒はきちんと考えて選ぶ
という至極まともな思考のもとに成り立っている、と思いたいですね



とはいえ、この記事を書きながら「2040年を待たずしてワタクシの愛車たちは法律で乗れなくなったりする可能性」もあるような気がしてきて、ちょっと焦る

バイクは、
オンロードが78年式(×2)、
オフロードは全部2st(笑)(×3)
クルマは74年式と68年式

全部触媒すらついていません・・
※通勤車両は別ですが。

全体的に、余計なお世話的な記事で申し訳ない感もあるが、言いたいことを言いきって終わる



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-クルマ, バイク

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.