長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

バイク

リターンライダーの特徴、傾向。選ぶべきバイクは?体力ある?そりゃ事故になりますよ

更新日:

Toos

今日、帰宅時にアプリリアRSVミレを見ました。
うわーすげえ!と思ったのもつかの間、なんか違和感が・・

というか、半袖はなかろう
というか、手袋ぐらいはしよう
まっすぐ伸びた腕、ガニ股、絶対腰と肩に来るような着座・・ううむ

信号待ちで横に止まったのでよく見てみると、古臭いフルフェイスのヘルメットのクリアシール度から覗く顔は、
「おっさん」
でした

そんなスーパーバイクに乗って、その装備でこけたらシャレになりませんよ
※金銭的にも身体的にも精神的にもダメージ食らいますよ

ちょっとこれはひどすぎる例ですが・・
写真取れなかったのがほんとに惜しい

もちろん、きちんとされている人も多いんですよ

でも、事故率が上がると保険は上がるわ、また何らかの規制はかかるわ、で
ただでさえ好調といえないバイク業界にダメージを与えると、
本当に楽しんでいる人に迷惑がかかる危険性があるのではないかと思います

リターンライダーほど、格好よくバイクを乗りこなしてほしいもんです



スポンサーリンク

最近の事故の傾向はおっさんばかり

最近の地方紙で、二件のバイクの事故ニュースを見ました
二件とも大きめの事故でしたので死亡事故にもつながったようです
二件とも40代以上の男性が当事者でした

昔は若造が粋がってうまく操れもしないマシンに振り回されて転んで事故になる、というパターンが多かったようですが、最近は事故の当事者が高年齢化しているようです

高速のトイレの張り紙でも、高速道路から降りるループを曲がり切れずにガードレールに激突した高年齢者ライダーの話が載っていました

ううむ、これはどういうことが起こっているのか考察してみようと思った次第です
まあ、若者がバイクに乗らなくなった、というのが若者の事故が目立たない原因かもしれませんが

そりゃ事故るよ、という原因をワタクシなりに考察

教習所で「それなりに乗った癖のない教習車」に慣れたからといって、今どきのスーパーマシンにいきなり乗ったらそりゃ事故りますよ

大型バイクの免許が教習所でとれるようになってしばらく経ちます
ワタクシはバリバリの「限定解除試験」をクリアした過去の遺物なので、
実際はよくわかりませんが、教習所も商売ですのでそれなりに乗れちゃえば、免許はくれることでしょう
あそこも「お客様ありき」で商売していますし

あの限定解除の苦しさと緊張感は「もう二度と嫌だ」と思うくらい、いまだに忘れられないのですが、
一生懸命練習しましたし、警察主催の安全運転講習などに通い詰めて、しつこく白バイのお兄さんにコツを聞きまくりました

昔は巣鴨警察主催で池袋サンシャインの横にあった二階建ての教習所で安全運転講習が行われていたのだった
※安全運転講習の合間にちょっと個別に見てもらったり♪

ともあれ、特訓の成果か砂をかむような思いで、何とか10回目で受かった時は大学受かった時よりうれしかった(泣いた

話がそれました

昔取った杵柄は通用しない」んですよ、体力的にも精神的にも。

まず、大昔に乗っていたであろう400ccクラスのバイクとはすでに別の乗り物かってくらい違います
とにかく大柄ですよ、今どきのバイク
※Z2やCBが意外に小さいと思うくらい(重いけど)

また、バイクってのはアクセル開ければ加速しますが、止まるにはそれなりに技術が必要です
軽くなっているとはいえ、大排気量のバイクの加速を止めるにはそれなりの練習が必要ですよ

そこまで「教習所で教えているとは思えない」んですよ、教習所を見ている限り

それに、リターンした方に失礼かもしれませんが精神的に幼い方が多い気がします
アクセルを自分が操れる範囲以上あけない
という精神的なブレーキも装備する必要があると思うんですよ

この辺の自制も必要になってきますね

精神的にも余裕があって自制ができて、すべてを兼ね備えた大人のかっこいいライダーがリターンライダーであってほしいです

スポンサーリンク

見栄と時間とお金のかけ方を間違えてる

思うに、リターンライダーの皆さんは結構お金持ち♪

なので、最新型の輸入車やでかい国産をいきなり購入しがちです
※軽自動車どころか普通車だって買える値段だよね、ハーレーとかBMWとか





まあ、コンビニでたむろってる(笑)おじさんライダーたちを見る限り、ワイワイやってて楽しそうですが、いつまでたっても走り出さないのはいかがなものかと(笑)



そういいコミュニケーションツールとしてのバイクもありっちゃありです
そこでの見栄の張り合いというのもあるんでしょうねえ
※ワタクシはほとんど群れないのでその辺がよくわかりかねるのですが。

リターンして最初に乗るのは250ccくらいがいいんじゃないかと
リハビリ的な要素もありますし、楽しさはほとんど変わらないんじゃないかなぁ
それで、もっと大きいの乗りたくなったら買い替えればいいし。

見栄を張れない以外は
※これが思いっきり重要な要素なのは、理解できますが。

大きいほど乗り出すのに「よっこらせ感」はでかいですよー
※それで飽きちゃって、数年後には大量に中古市場に出回るんだよねえ

まあ、「お金出せばなんだって買えちゃう資本主義」ですから、そこは否定はしませんが、
現状の自分に合ったバイクをチョイスする」方が何かと幸せな気がしますけど。

ただ、これがプライドが許さないんでしょうねえ
そんなプライドは「公道に出たら全く意味がない」んですけど、
わかってないというより、長いこと培ってきたプライドが邪魔するんでしょうね



リターンライダーは体力的にはどうか

バイクってのは、やっぱり体力いるんですよ

今まで乗ってなかった人がいきなり重いバイクに乗ると思いっきり疲労するんじゃないでしょうか
ワタクシごとですが、
25年以上乗っている250kg越えのでかいバイク乗っていますが、
これだけ慣親しんだバイクでも正直結構疲れます

バイクに乗るために体力つくりする
というくらいの覚悟が必要です
おなか凹んだ、痩せた、健康になった、という根性がない場合はやはり乗るべきではないと思う

重たいですよぉ、でかいバイクって
しかもパニアケースフル装備とか、いったん転ばしたらワタクシは起こせる気がしませんよ(笑)
腰に来ますよー

クーペスタイルの車を「ドアが重いからヤダ」とかいうくらいの人は向きません

バイクに乗るために体力つくり、乗って更に体力つくり
※「富みて学び、学びて富む」見たいですな♪

やっぱりバイクはなめてるとひどい目に合う

今日の記事では結構ネガなことばっかり書きますが、やはりバイクは素晴らしい相棒だと思うんですよ
きちんと装備して、きちんと整備して、大人の精神状態で楽しむものではないかと。

ろくなメカの知識もなく、5年落ち、10年落ちのスーパーバイクを手にされる方は特に注意ですよ
賞味期限の切れたタイヤとかで暴走するとか「自殺行為」です

きちんとメカも理解できないと、相棒のでかいバイクに振り落とされますよ
※バイクの大小にかかわらず、中古は買ってからしばらくは初期化作業が必須です。もう絶対です

それと、装備はきちんとしましょう
ヘルメットや長袖、グローブやブーツは最低限。
できれば簡易的でもいいのでプロテクタは保険の意味で装備するといいと思う

-->バイクは思っている以上に速いですよ、という記事です





ヘルメットは賞味期限がある(消耗品です)し、
グローブや長袖はこけたときにアスファルトからちょっとだけ守ってくれます
アスファルトってのはコケたときには「やすり」みたいなもんです

だれも事故したいと思って乗ってる人はいませんので過信しすぎずにきちんと装備にはお金をかけましょう



まとめ

車に比べるとはるかにスポーツだし危険

という大前提を忘れずにいたほうがいいです
慣れてくると忘れがちですが、週に一度乗るか乗らないかでは
慣れる前に慣れたことを忘れます

また、高速道路など車と違ってむき出しの体を風雨にさらすので疲れ方が違います

でかいバイクで見栄を張る前に、小さいバイクでちょっとずつ慣らしていく、というほうが危険が少ないと思います
余計なお世話かもしれませんが。

俺は昔乗ってたのでダイジョブだ
という全く根拠のない自信はこの際捨てたほうが身のためです
よく考えたら、リターンライダーは昔事故起こしていた世代の人だったりしますね(笑)
ううむ、人のことは言えませんが「ガキおやじ丸出し」ですな(笑)

ワタクシは長いことバイクに乗り続けてきて
遊びで死んだらかなわんと思っています

  • 無事これ名人
  • お土産は笑顔でいいよ、お父さん
  • 大半の人はきちんとされている(ハズ)なんですよ
    身の丈にあったバイク選びなども「大人の判断」ではないかと思うんです
    ワタクシ的には、オフ車なんか軽いし丈夫だし、おススメなんですが♪

    全体的に、余計なお世話的な記事で申し訳ない感もあるが、言いたいことを言いきって終わる

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -バイク
    -, , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.