これが副業なの?!自分の車が広告媒体になるってホント!



多分、車好きには手軽な副業
こういうアイデアが世の中にはあるんだねえ
【日本初】一般自動車を広告媒体に!「マイカースポンサー」

バイク

リターンライダーの特徴、傾向。選ぶべきバイクは?体力ある?そりゃ事故になりますよ

更新日:

Toos

中高年ライダーは格好よくあってほしい
リターンライダーだってそれは同じです

なんで迷惑がられちゃうんでしょうねえ・・

まあ、ワタクシが実際に走ってて、
ちょっと気になったリターンライダーや中高年ライダーの特徴と傾向について書いてみます

スポンサーリンク

リターンライダーはどの辺が迷惑なのか?

Toos

今のバイク業界を支えているのは中高年世代。
中高年のライダーは胸を張ってバイクに乗るべきです♪

でも、公道やマナーいかんでは迷惑!と言われちゃいます

中高年ライダー憧れのZ400FX

中高年ライダー憧れのZ400FX


今とんでもなく高いよ・・

  • 高速道路でも、
  • 観光道路でも、
  • スーリングスポットでも、
  • 今やバイク乗りとして見かけるのは
    9割が40代以上、80年代90年代のバイクブーム時代のバイク乗りたちですね

    ソロライダーもいますが、
    結構な台数で群れてて、楽しそう♪
    ※数で周りを威圧してはいけませんよ、バイクはそういう目で見られがちですが。

    バイクは大人の趣味・文化として昇華すればいいと思うんですよ
    基本的には、趣味なんだし個人個人が楽しんでればそれでいいと思うんです

    若いバイク乗りが増えないと、20年後は日本のバイク文化は消滅する?と思いますが・・
    現時点では、この中高年世代が日本のバイク業界を支えているのは間違いないです
    その点は胸張っていいと思うんですよ
    数々のハードルをクリアしてバイクの世界にリターンしてきた皆さんは尊敬に値します

    ただし、
    人に迷惑がられる困った中高年ライダーが増えているのも事実です

    バイク乗りの絶対数が減った
    バイク乗りが中高年ばかりになった
    バイク乗りはマイナーなのでもともと目立つ
    バイク乗りは群れると悪ノリする
    バイク乗りは目立つ

    バイクに乗る若者が激減したため、相対的に目立つ中高年ライダー(リターンライダー)は迷惑!
    といわれるようになったのではないかと思うんですが、
    もともとそういう困った人たちは30年くらい前からいたわけで。

    それでも、
    実際に、ベテランっぽい格好の、叔父様ライダーの
    周りの空気を読まない読めない「?」っていう人、多いっす
    ※話を聞くと「リターンライダーの割合が多い」んすよ。そういうのSNSですぐ拡散されます

    公共の場を長い時間占拠するのはいい迷惑

    Toos

    中高年ライダーの皆さんは、
    マスツーリングではコンビニ休憩で長いこと溜ってたりしますな

    最近は旧車系のツーリンググループも結構うるさい

    最近は旧車系のツーリンググループも結構うるさい

    コミュニケーション手段としてのバイク、という一面もあるので楽しんでればそれはそれで良いと思うです

    でも、Notライダーから見ると、不良のたまり場に見えます
    ※コーヒー片手に、コンビニのたばこエリアを十分以上も占拠してって、昔のヤンキーと同じです

    これも、若いころやってたままなんでしょうねえ・・

    普段そういうことに気を遣えてると思うんですが、群れると気が大きくなるのか・・
    地方の駐車場が広いコンビニでよく見かける光景ですが、地元民は結構ビビってよく思ってなかったりしますよ

    バイクが爆音だったらなおさら迷惑です
    ※アメリカン系の団体に多いけど、ほんっとにうるさいわ

    スポンサーリンク

    リターンライダー話好きが多い

    Toos

    基本的にライダーは孤独です
    打ち解けると話好きな人が多いです

    でも価値観押しつけは勘弁な!ってことですわ

    ソロツーリングでは、
    バイク乗り同士が出先の休憩時のコミュニケーションってのは結構あるわけで。
    そういう場で、話をしたいのはよくわかります

    女子ライダーは大変

    AdinaVoicu / Pixabay


    ソロの女子ライダーは何かと大変だわ・・

    バイクは、基本的にずっと一人で乗ってるわけなので他人と話すことができません
    その反動からか、めちゃめちゃ話してくる人がいる

    こちらがソロライダーと知ると、逃げてもついてきて話をする人すらいるのにはマジで参る
    ※これが、キャンプ場だったりすると、こんなのが一晩続くので地獄なんですわ・・

    ワタクシは、ゆっくり休憩したいの!
    地図を確認したいの!
    察してくれよ、大人なんだし。

    空気を読まずに押し付け系の話が長いと迷惑!なので、察してくださいな
    ※ワタクシも話すの嫌いじゃないけれど、目的地がある場合は休憩は10分くらいで済ませたいんですよ

    友人の女性ソロライダーTちゃんは、
    こういう中高年ライダーに絡まれることが多いらしく、その件で愚痴を聞いたことがある

    女性ソロライダーTちゃんは、下手に絡まれるのがウザいので、
    高速道路ではSAで休憩せず、PAを使う
    一般道では道の駅で休憩せず、こじんまりしたコンビニ休憩・・とか言ってました
    面倒くさいですね

    ちなみに・・

    リターンライダーの話に出てくる知識と精神論は結構古い
    ※余裕があるときに、この手の話を聞いて突っ込むのは面白かったりするのですがね・・

    なーんか適当なんですわ、言ってることが。
    カタログの説明みたいで、実体験の実感ないし・・
    アナタのバイクの燃費とか、高速性能とかどうでもいいんですよ
    ※全部バイクがやってくれることだしねえ・・

    中高年ライダーでも乗り続けてる人との違いが会話内容で察することができちゃう♪

    嘘くさい昔の武勇伝系が多いのにも困る
    こっちは聴いててどうしていいんだか・・
    調子に乗ってくると、結構な頻度で擬音が入るのも特徴♪

    関連記事▼


    バイクで上手く走りたい初心者、テクニックは間違った人に聞かない方がいいよ


    有益な道路情報とか地元のうまい店とかの情報ならまだしも・・
    初対面で、初見の人の自慢話語られるみにもなってくれ・・
    邪険にするわけにもいかず、どうしたらいいんだか・・
    [/st-mybox]

    とりあえず、
    聞かれもしないのに、昔話始めちゃったら、ちょっと距離を置くようにしております

    後続車両に追いつかれたら無理せずに道を譲ろう

    Toos

    後ろが渋滞しちゃってるのに我が物顔で走り続けるのは迷惑です

    特に追い抜き出来ないような峠道などでよく見かけます

    別に速く走らなくてもいいんですが、渋滞の先頭になってることに気が付きましょう
    アメリカンの団体さんに多い光景です

    追いつかれたらすぐ道は譲る主義です

    追いつかれたらすぐ道は譲る主義です


    実力以上に飛ばさない平和主義

    後続が渋滞になるってことは、法定速度云々はともかく、流れに乗れていないんですよ
    この場合、
    後続の速い車両を先に行かせた方が精神的に苦痛がないです
    ※後ろからのプレッシャーを感じて、無理やり頑張って飛ばした結果、事故とか最悪です

    これは車でも同じなんですけどね・・
    あんまりゆっくり走られると、後続車両はイライラするもんです

    それなら、
    先に行ってもらったほうがお互いにストレスを感じませんよ

    周りが見えてれば、空気を察して対応ができると思うんですが、多分その対応方法がわかってない
    ※これは経験不足なのか、それとも技術的に余裕がなく目の前しか見えなくなってるのか・・

    しかも、
    法定速度以下だし何が悪い!的な逆切れされても・・ねえ

    観光道路で無謀運転するバイク集団は超迷惑

    Toos

    単独ライダーは意外にそんなことはないんですけどね・・
    団体でツーリングに来るとどうしてそう無謀になるのか・・

    こちらは、スポーツバイク系の団体さんに多いパターンです


    長野県は、有名なツーリングスポットがたくさんあります
    なので、
    ツーリングシーズンには県外からたくさんのバイク乗りが群れを成してやってきます

    ビーナスラインが散歩のコース

    ビーナスラインが散歩のコース

    ただ、

  • 有名観光道路は大抵交通量が多いです
  • バスなども入ってきます
  • 駐車場が限られてたりします
  • サンデードライバーも多いです
  • なので、
    観光シーズンは常時交通の流れが鈍いんです
    それは、もう仕方がないことなんですよ

    渋滞をしてる車の列を一瞬のすきを見て無理やり追い抜くバイク乗りが大量にいます

    気持ちよく走れるに越したことはないんですけどね

    気持ちよく走れるに越したことはないんですけどね


    早朝が空いてて好きですが。

  • 駐車場入り待ちの混雑も
  • 歩道がある場所も
  • 登りでも下りでも
  • 見通しの悪いコーナーだろうが
  • 対向車が見えていようが
  • お構いなしに抜いていきます

    普通に流れに乗ってる車から見れば暴走行為にしか見えません

    こういうマナーができていないライダーは意外にも中高年が多いです
    ※逆に、大学生のバイクサークルのほうが礼儀正しかったりする

    観光シーズンの混んでいる時間に観光道路で、
    バイクでスポーツ走行するという時点で相当大人げないと思うんですがね・・

    こんな状態なので、ヒヤリハット案件は、しょっちゅうですよ
    ※ワタクシが、某有名観光道路にあんまりいかないのは、いい大人のバイク乗りの無謀運転が目に余るからですわ

    ちなみに・・


    バイク通行禁止になった某奥多摩の元有料道路、何度も走った場所だけに非常に悲しい

    その原因は、こういう暴走行為が繰り返されたから、と聞いています
    ※昔は都民の森側から有料の料金所手前でゲートが開くのを待ったもんですが、何もかも懐かしい

    同じ理由で長野の観光道路がバイク通行禁止になったら、超迷惑です

    リターンライダーのバイク事故が増加傾向

    Toos

    毎年、ツーリングシーズンになると長野県では週一位の頻度でバイクの事故が地方新聞に載ります

    毎回、あちゃーと思うんですが、
    大抵事故してるのはいいお年のライダーです・・

    大体こんなパターンです
    〇〇地域で、バイク死亡事故が発生

  • 乗っていたのは〇〇歳
  • 乗っていたバイクは超大型
  • このバイクの事故というのが、
    40代以上の人が極めて多い
    ※逆に、20代以下のバイク事故記事はほんとに稀です

    そして、
    超大型ってのも気になる

    性能は素晴らしいが重さも値段も素晴らしい

    性能は素晴らしいが重さも値段も素晴らしい

    さらに事故記事をよくよく読むと、

  • 止まりきれず
  • 曲がり切れず
  • スピードは法定速度+〇〇キロ
  • 自爆ならまだしも、現地の軽トラとかに突っ込むとか・・
    ※田舎の軽トラは大抵ファミコンソフトのZippyRaceの敵みたいなよくわからない動きをすると思ってていいです

    ・・ううむ。
    そりゃ、飛ばし過ぎでしょ・・
    普通に売られている大型のバイクは、
    公道で乗るには完全にオーバースペックなので、
    性能任せで何とかなると思ってるのか・・
    ※知り合いのZXR750を同僚からもらった大先輩は、自分には扱いきれん多分死ぬ!という名言とともに3日で売りましたよ

    自制できない中高年ライダーは迷惑だし超カッコ悪いっす

    リターンライダーのバイク事故への考察

    Toos

    路上復帰後、いきなり重くてでかいハイパワーバイクに乗ったらそりゃ事故りますよ

    気持ちはわかりますが、バイクは想像以上に速いんですよ

    こういうのは選択しない方が無難

    こういうのは選択しない方が無難

    今の日本では、免許とお金があれば、世界最高性能なバイクに乗ることが可能です
    免許制度と資本主義が悪いとは言わないですが・・

  • たとえ経験がなくても
  • リターンライダーであろうと
  • 体力が無かろうと
  • 運転技術がなかろうと
  • 意外に簡単に超大型バイクは手に入るし、
    法的に公道上で乗ることが可能

    なんですよ、今の時代は。
    車で言うと、初心者ナンバーでフェラーリ乗ってるみたいなもんです

    中高年ライダーは若いころ大型免許(限定解除)は、昔は高根の花だったので憧れがある

    Toos

    理不尽な免許制度で押さえつけられてたので
    大型バイクに異常なあこがれがあるのがリターンライダーの傾向ですな

    そう、
    でかいバイクへの憧れは40代以上には刷り込まれているといってもいいです


    リアルに憧れた穂とが多いと思われるGSX-R

    リアルに憧れた穂とが多いと思われるGSX-R

  • 西部警察
  • 白バイ野郎ジョン&パンチ!(絶対見るべき!)
  • あいつとララバイ
  • バリバリ伝説
  • などのドラマや漫画でも大型バイクの活躍がかっこよかった(笑)

    でも大型に乗れないんですよ、バイクブームのころのライダーってのは。

    現代はバイクの大型免許は教習所で取るもんですが、
    昔は400cc以上のバイクに乗るには免許センターで実技試験受けて交付していただくものだった時代があります
    ※合格率は3%とか言われてました

    あそこの県の試験場は審査が緩い!

    という噂があれば、
    わざわざ県外から引っ越して、
    住民票を移してまで免許センターで受験したもんです
    ※神奈川の二俣川免許センターは厳しいといわれてました♪

    東京は試験場が二か所(鮫洲と府中)あるので週二回実技試験予約ができて得だ!
    とか、
    みんな苦労して限定解除試験を受けたもんです

    結局、免許のハードルが高すぎて皆諦めちゃうんですよ、大きいバイクに乗るのを。
    なので、憧れの度合いが極めて強いのはわかります

    そんなわけで、
    免許制度改正前は、400ccまでしか乗れない若者が多数いたわけで。
    その若者たちが

  • 年取って財力付いた
  • 免許制度も緩くなった
  • ちょっと暇ができた
  • ・・大型バイク乗れるじゃん♪
    ってなるのは自然の摂理ですね

    現代の大型バイクの性能を自分の力と勘違いすれば・・
    しかも、昔の体力もなくなってるとすれば・・

    よほど自制できない限り、
    そりゃ事故も起きますよ
    ・・大抵の事故は自分だけが痛い目見るだけではすみません

    迷惑かかるんですよ、周りに。

    ちなみに・・

    雑誌のインプレでは、
    どんな大型バイクも大抵乗りやすいことになっています

    肩こりますよ、この手のバイクは。

    肩こりますよ、この手のバイクは。

    そんなの信じちゃいけません

    インプレ書いているプロライダーは、
    誰目線で文章を書いているか?といえば、
    購買するアナタのためではなくスポンサー様のためですよ

    雑誌に限らず、人の書くバイクのインプレを鵜呑みにするのは結構危険です
    人によって

  • 身長も
  • 体重も
  • 技術も
  • 体力も
  • 足の長さも
  • 手の長さも
  • 手の大きさも
  • 全部違うわけです

    雑誌やネットで全然知らない人が書いたバイクのインプレッションをそのまま自分事にしても・・ねえ?

    それを、
    我が物顔で語りまくるライダーの話はかなり嘘くさいし、聴いてて見苦しいっす
    ※年齢問わずですが、性能を数値化するスペック大好きな中高年にとても多い

    さらにちなみに・・

    当時のバイクの限定解除の所有者は、
    今の大型免許所有者とは比べもんにならないくらいのステータスでした
    ※試験場での限定解除組は、今でもとんでもなく上手い人が多いです

    そして、
    バイクにかける執念みたいなものがすごく強くて、ずっと乗り続けてる人が多い気がします

    リターンライダーの体力的問題

    Toos

    実はバイクには結構体力必要です

    高速道路を100km/hで巡行してるだけでも結構疲れます
    でかいバイクは、駐輪場での取り回しにすら体力が必要な乗り物です

    ツーリング中に雨降られるの、マジでヤダ

    ツーリング中に雨降られるの、マジでヤダ

  • 更にツーリング中に雨降ってきたりしたら
  • 暗くなって周りが見えづらくなってきたら
  • 真夏の炎天下で直射日光にさらされ続けたら
  • 寒さに凍えながら峠越えをしたら
  • 通常以上に精神力も体力も問われます

    バイクは車の何倍も体力も精神力も必要な乗り物です
    徐々に慣れてくるものですが、それには絶対的な安全が条件です

    ベテランであれば、消耗が最小になる対処方法も知ってるんでしょうけどねえ
    体力精神力だけで乗り切れるのは、若いころだけです
    ※この辺が、バイクは(体力がある)子供の乗り物って言われるゆえんかもしれません

    極限になればなるほど、人は焦ります
    中高年のライダーほど意地になってこの状況を根性論で乗り切ろうとします
    そうなると・・心身ともに疲れるんですよ
    そういう感覚を思い出せないリターンライダーは特に無理しがちです

    荷物満載だと取り回しも疲れるよ

    荷物満載だと取り回しも疲れるよ

    バイク乗るのに体力も精神力も不可欠ですよ
    ※特にでかいバイクはくそ熱いので、夏に渋滞にはまったりすれば一気に体力奪われます

    最近の真夏の猛暑では、バイクに乗るだけでも体力も精神力も消耗しますぜ
    脱水症状にも気をつけましょう
    無理していいことありません

    くたびれ切って、
    駐輪場での立ちごけ程度ならまだ笑えますが・・
    体力精神力不足から事故になって、渋滞の原因になるとか迷惑以外のナニモンでもないです

    ちなみに・・

    2019年の夏に長野で開催された某外国産バイクのミーティングで、
    駐輪場で盛大に立ちごけした県外から旅してきたであろう中高年ライダーがいまして。

    周りの高級バイクに傷つけそうになってたのを見てはらはらしましたわ
    将棋倒しになったら、とんでもない手間と金が動くわ・・

    この駐車場のバイクだけで地方都市の年間予算越えると思う

    この駐車場のバイクだけで地方都市の年間予算越えると思う

    体力がないライダーの立ちごけの巻き添えで、
    自分の大事なバイクを傷つけられたりしたら、
    そりゃ怒りますよ

    ミーティングを楽しみに来た人たちにも大迷惑です

    リターンライダーは最初は軽めのバイクで練習したほうがいいです

    Toos

    公道の感覚が戻ってくるまでは、ひたすら軽いバイクをお勧めします
    ※クラス最軽量!とかではなく絶対重量が軽くて、ハンドル切れる車種が疲れません

    250ccクラスはそういう意味では完璧です

  • 高速にも乗れる
  • 維持費も安い
  • 軽い
  • 操る楽しみもある
  • ツーリングで過不足ない
  • 安いじゃん、と思ったVストローム250

    安いじゃん、と思ったVストローム250

    そんなわけで、
    大型免許の有無にかかわらず、路上復帰は中型から!をお勧めします
    車種は自分が一番かっこいいと思ったもんにすればいいと思いますよ
    ※予算の都合もあるでしょうけど・・

    なんでも徐々にステップアップするのが目標に近づく最短だったりしますが、
    もちろんバイクにもそれは当てはまります

    ここ数年は、250ccクラスのレパートリーが充実してきています
    ※おそらく、リターンライダーから需要も視野に入ったラインナップです

    個人的には、250ccのオフロードバイクをお勧めします
    ※立ちごけしても物理的に丈夫♪だし、できないことは何もないので。

    まとめ

    Toos

    中高年のライダーは常に格好よくあってほしい

    迷惑かけるのではなく、尊敬されるライダーであってほしい

    仲間に入れてほしいわ

    仲間に入れてほしいわ


    カッコいいわー

    実は
    年取ってからの趣味、バイクは最高です
    一生遊べます

  • 仲間も増えるし
  • 乗って楽しい
  • 見て楽しい
  • 磨いて楽しい
  • 運動にもなる
  • 見識も増える
  • ボケない
  • いろんな楽しみ方ができます

    特に
    日本の中高年層は、ずーっと自分のやりたいこと我慢してきました

  • 理不尽な会社組織に忠誠を尽くして
  • 必要とは言え家族の都合に合わせて
  • 抑圧され続けてきたわけで。

    中高年がバイク乗りになるという選択肢はとても応援したくなります

    長く乗れそうなバイクがいいよね

    長く乗れそうなバイクがいいよね


    今時のバイクは長く乗れない気がします

    ただ、
    自己分析と鳥瞰的な視野での物事の見方をしないと、迷惑と言われちゃいます
    周りに迷惑をかけないということを最重要に!
    ※普段絶対できてるはずなんですが、なぜかツーリングテンションだったり群れたりすると自制心が飛ぶ中高年が多いように思えます

    今回の記事は、
    リターンライダーや中高年ライダーだけでなく、
    ライダー全般に言えることですね・・

    ワタクシも、今まで以上に心して迷惑かけないようにバイクライフを楽しむ所存でございます

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク






    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -バイク
    -, , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2020 All Rights Reserved.