長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

バイク

最近のバイクはカッコ悪い、どうなってんだ?バイクのデザインの歴史を振り返る

更新日:

現代のでかいバイクはなぜかレプリカとは言わない不思議。単語もトレンドなんだろうね
Toos

最近のバイクは
メーカーごとのアクの強さみたいなもんがよくわからない
感じがしています

まあ、
一番の原因は
ワタクシが最新のバイクにそれほど興味がなくなった
ことだろうとは思うんですが。

こう見えても90年代くらいまでは、
遠くから迫ってくるバイクのライトとかちょっとした色とかで車種を当てることが出来たんですよ
※嫁にビビられるほどマニアというかオタクというか

スポンサーリンク

最近のバイクはどこのメーカーかもよくわからん

正直、
各社ともデザインが有機的になっているし、
スーパースポーツはカウルに車名(社名?)が書いていないと何が何やらわかりません
※全部白いゲルコートのカウルで覆ったらどこのメーカーかもわからない自信はあります♪

確かになんだかかっこいいですが、
時代を先導できるデザインか?
と言われたら・・没個性な気がします

10年、20年後もきっちりと個性を主張できて、あの時代はね・・と目を細めて眺められるようなバイク。
はっきり言うと現行車種にそんなバイクないですよね?

クルマもそうですがバイクのデザインは迷走している感じがします
※もちろん、デザイナーさんは頑張っているしウケないデザインは社内的にGOサインが出ないんでしょうが・・

こういう混迷のタイミングで突然でてきたエポックメイキングなデザインが他社デザインにも影響を与え、
後続のモデルになんらかのマネをされるようなカッコいいデザインはないもんでしょうか?
※懐古主義的なデザインもいいですけどね

すんごい偉そうですが、
あくまでも個人の見解でバイクのデザインの歴史を振り返ってみます



デザインに見るバイクの歴史

タンク、シート、サイドカバーが独立していたデザインの時代(おおよそ1970年前後まで)

CB-fourのみっちり詰まった感はかっこいい。意外に小さいんだけどね・・

CB-fourのみっちり詰まった感はかっこいい。意外に小さいんだけどね・・

代表的なモデル:CB750K、W1、マッハなど

とにかく機能優先
というかある意味没個性なんですが
タンク、シートも似たようなデザイン
パット見、色ぐらいでしか判別できないくらいみな同じようなデザイン

その中で、
語り継がれている名車というのはそれなりに個性的です
やはり4本マフラーは
おお!
と思わせるに十分なアイキャッチポイントですし、
4気筒
ディスクブレーキ
といった当時の最新装備満載だったCB750Kシリーズは当時としては強烈だったでしょうね

テールカウルが付いた時代(おおよそ1980年前後まで)

あの時代ではやっぱりずば抜けてカッコいいよね、Z2

あの時代ではやっぱりずば抜けてカッコいいよね、Z2

代表的なモデル:Z2など

テールカウルが付くだけで、ぐっと近代感が増します

    これに影響されて、
  • CB750KⅡ
  • GS750
  • GX750
  • などに派生していきました

    大型だけではなく、
  • RD400
  • KHシリーズなど
  • 中型車にもデザイン的に影響を与えましたね

ワタクシもボロボロの初期型Z2(車体番号3000番台)にしばらく乗って日本中を旅しましたが、今見てもカッコいい

この時代はリアルタイムでは知りませんが、想像するに
テールカウルが付いてないバイクはダサい
とか言われていたのではないでしょうか?

70年代後半にZ系は、
丸から角(ワタクシの愛車Z1-R)に大きくデザインの路線を変更してもその流れは続きます

この辺から
テールカウルが付くのが当たり前
というデザインのトレンドが始まります

タンクからテールまで流れるようなデザインの時代(おおよそ1980年中盤~現在)

今でもHONDA車で一番好きだわCB-F系(1100Rはもっと好き)

今でもHONDA車で一番好きだわCB-F系のデザイン(1100Rは神のデザイン)

代表的なモデル:CB-Fなど

Zに何やっても勝てなかったホンダが、
ここで一気に巻き返しを図ったのが、
CB-Fシリーズですね

いわゆる「ストリームライン」と呼ばれ、
一体感を持たせて連続的にデザインされていますね
CBX(1000cc6気筒の)は、
まだZのデザインの延長だったのに対し、

  • CB900F
  • CB750F
  • は一世代進んだデザインに思えます
    CB兄弟はみんなこのデザインに一新、
    CBX400Fも大ヒットしました

    ここからも各社に派生していきます
    大ヒットとなった、
    YAMAHAのRZ250やXJシリーズなどはもちろんこの流れです
    ※YAMAHAは一時期XZシリーズなどでちょっと路線が変わったけどねぇ

    ここでブチ切れたのが、
    いつもやってくれるSUZUKI
    GSシリーズの後継機種として満を持して4バルブ化した、
    GSX-Eシリーズは海外でも「ダサい」といわれ、
    ハンスムートデザインのGSX-Sシリーズ、
    いわゆる「」をぶつけてきます
    ※その前に650Gがありましたね♪

    やっぱり「ベコ」というあだ名通りのデザイン

    やっぱり「ベコ」というあだ名通りのデザイン

    突然カタナを出しちゃったSUZUKI

    突然カタナを出しちゃったSUZUKI

    基本的にエンジン同じでもデザインでここまで違う

    ショーモデルがそのまま市販されたような「刀」は大ヒット!
    SUZUKIも「刀」デザインのエッセンスを入れながら、
    中間排気量(GSX125もありますが)まで
    デザインのラインナップを広げます
    ただし、
    SUZUKIはこの後「刀」のデザインの呪縛からしばらく逃れられない時代
    に入ります

    ちょっとした刀の呪いだわ

    ちょっとした刀の呪いだわ

    全然カタナから逃れられてない(笑)

    全然カタナから逃れられてない(笑)

    刀の呪いから逃れられないSUZUKI



    レーサーに近いほうが偉かったフルカウルの時代(おおよそ1980年中盤~現代)

    性能の急速な進化の先駆けはこのRG250γ

    性能の急速な進化の先駆けはこのRG250γ

    代表的なモデル:RG250γなど

    RZ250から始まった
    レーサーに近い
    運動性を売りにしたバイクが大ヒット

    この頃から、
    文化人とかもバイク乗り始めて、
    今では考えられないようなバイクブームに。

    各社RZ250に対抗すべく、
    ラインナップを充実させていきます
    とにかく、

  • レーサーに似たもの
  • レーサーに近いもの
  • が偉かった

  • 関連記事:-->RZ250系列の進化と各メーカーの進化をまとめた記事がこちら


  • RZで波に乗ったYAMAHAはビキニカウル装備のRZ-Rに進化
    一気にカタログスペックで8psもアップして、盤石化を狙ったのですが・・

    SUZUKIが
    「カウル」
    「アルミフレーム」
    などの本格装備がRZと比べるとはるかにレーサーっぽいRGγシリーズを投入

    値段が思いっきり高かったにもかかわらず、
    ここで一気に爆発します

    ここからしばらく、
    一部の商用車を除き、
    すべてのバイクがレーサー方向に向かい始めます

    いわゆる「レプリカブーム」が過熱すればするほど、
    レーサーの機能近づいたデザインになるわけで、
    結果的にデザインとか意匠とかの面では、
    色ぐらいしか判別できん
    という没個性の時代がしばらく続きます

    また、
    「レプリカ」のカウルをはぎ取ってライトをハンドルにマウントしたモデルも派生
    昔はこれらを「ネイキッド」と呼んだもんですが、
    今ではもっと広義に使われるようになりましたね
    ※CB400SFとかSR400とかはネイキッドじゃないでしょ?って突っ込んでも大勢には逆らえない

    末期の中型レプリカは「ほぼレーサー」でした
    特にSPと呼ばれるモデルは
    うわ、まじか?!
    っていうくらいレーサーです
    街中で乗るのはほんと苦痛なくらいポジションはきついわ、低速はないわ(FZR400RR-SPなど)

  • 関連記事:-->今時、レーサーレプリカはダサいのか?という記事です
  • 関連記事:-->4st250cc4気筒はどこに行ったのだ?という記事です
  • FZR400RRはある意味兵器。VFRよりも兵器っぽさを感じる

    FZR400RRはある意味兵器。VFRよりも兵器っぽさを感じる

    懐古主義デザインの発生(おおよそ1990年頃~現代)

    ゼファーには卒論のテーマでお世話になりました♪

    ゼファーには卒論のテーマでお世話になりました♪

    代表的なモデル:ゼファー、CB-1、バンディット、XJRシリーズ、ZRXシリーズなど

    ジーパンで乗ることも似合わないような究極レーサーっぽい方向に向かってしまったバイク

    ここで、何を思ったのかカワサキが
    もういいよ、気楽に乗れるバイクも作ろう
    と突然出してきたのがゼファー400です

    エアフィルターの形状とか、
    Zからほとんど進化していないこの旧態依然としたZ2イメージのデザイン

    当時、
    各雑誌では馬力競争やサーキットタイム、
    いかにレーサーか?だけが物差しでしたので、
    最初こそこんな色物もでたよ♪的な扱いでした

    これが「うそだろ?」的に売れてしまったのでバイク市場が一瞬焦ります
    ※その証拠に追随するモデルのレーサーを捨てきれないメーカーの迷走感と焦燥感がよくわかりました

    デザイン的には、
    CB-1、バンディットなどNotレーサーを目指しましたが、エンジンはレーサーのデチューン版

    ここから、
    息の長い名車CB400SFシリーズや
    空冷でもう一回勝負したXJRシリーズ、
    ZRXシリーズなどに派生していきます

    戦略的に各メーカーは
    この辺をスタンダードとしたかったのではないかと思いますが。

    デザイン的には、
    オールドスタイルというか
    昔のデザインの焼き直し
    的なものが増えていきます
    ※一回成功しちゃうと抜けきれないんですねえ。SUZUKIの刀の件といい・・

    ちなみに、ワタクシの大学の卒論は「ゼファー」を基に「ネオベーシックの台頭」というテーマでマーケティングの論文でした♪

    有機的なデザインの発生(おおよそ1990年頃~現代)

    黄色いモンスター!っていうとポケモンっぽい

    黄色いモンスター!っていうとポケモンっぽい

    代表的なモデル:モンスターなど

    レーサーっぽい
    昔のデザインの焼き直し

    などで日本車がせめぎあっている間に、
    レーサーばっかり作ってきた海外メーカー、ドゥカティ」が奮起します
    モンスターです

    ビモータなどは
    割と昔から有機的なデザインが多かったように思いますが、
    少量生産のスペシャルマシンだし、
    外車だし(外車は今では考えられないくらい遠い存在でした

    はっきり言って、モンスターのデザインの異色さは強烈でした
    ボローニャの奴ら本気出してきやがった・・これがイタリアの実力か?」ってくらいです

    なにせ「どうやってタンデムするのか?」わからん
    アップハンドルのドゥカティなんて・・とか言ってるうちに、ビューエルなどの後発組も参戦
    意外なほどヒットします

    ハーレーエンジンでもすげえ速いよ、コレ

    ハーレーエンジンでもすげえ速いよ、コレ

    この後ろにあるべきもんがない
    ような個性的な生き物チックなエッセンスデザインは、

    フルカウルだけどレーサーじゃないよ♪
    といったジャンルのモデルにも採用されていきます

    この流れが今の主流になっているように思えます
    次にどんなデザイントレンドが来るのか?
    それともバイクはこのまま終焉に向かうのか?
    体力なさそうですがメーカーに期待したいところでもあります

    ここまで勢いで一気に書いてしまいました♪
    ※また追記したりするかもしれません

    スポンサーリンク

    まとめますと

    これって二人乗りできるの?雨天時乗りたくないわ

    これって二人乗りできるの?雨天時乗りたくないわ


    ものすごいワタクシの私見で上から目線でまとめさせていただきます♪

    趣味のものなんだからデザインって本当に大事だと思う
    バイクの世界でも
    「一目ぼれ」
    っていうのはマジであるし。

    いい意味でインパクトのあるデザインっていうのは、
    深層心理に強烈な印象をもたらすので、
    ワタクシごときでもへたくそながら
    「こんな感じだった」
    と記憶だけで絵に描けちゃったりもする

    デザイン的に一回当たっちゃうと、そのトレンドから抜けるのに10年位はかかっているように見える

    今は、
    国産だけではなく外車も入り乱れての大混戦で少ない市場のシェアの奪い合いをしています

    売れてるものを徹底的に真似をするのがマーケティングのセオリーなので各社に通ったデザインになるのかもしれません

    その弊害として、
    今のバイクは「社名とか車名とか聞かないとどこのメーカーかも自信ない」状態になっています

    マッチョっぷりは素晴らしい♪

    マッチョっぷりは素晴らしい♪

    生みの苦しみ、という言葉もあるように今は試行錯誤しているのかもしれません
    なに作っってもそんなに売れませんし。
    デザイン的には行きつくとこまで行った感もあるし。

    車名聞いただけで
    ああ、あのデザインのバイクね♪
    という個性が確立したようなバイクが見当たらない
    ※ので、だんだん新しいバイクに興味なくなってくる

    いいんですよ、
    性能なんてもうどうせ使いきれないんだから。

  • 絶対的な速さはいらない
  • 個性が光って
  • 所有満足
  • ライディングプレジャーを満たしてくれる
  • モデルを期待していますよ、メーカーさん

    -->ビキニカウルは格好悪いのか?効果はあるのかという記事はこちら



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -バイク

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.