長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

バイク

新型カタナ、Z900RS、CB1100・・国産メーカーはリバイバルモデルしか作れないの?

投稿日:

言わなきゃKATANAってわかんないよ
Toos

新型カタナがいよいよ発売されて話題騒然ですが、そんなもん、よくできてるに決まっています
今時のバイクはそのバイクを見ても性能的に個性がないっす

デザイン的もに、カタナ、Z900RS、CB1100、見ましたが、なんかデザインイメージのもととなったバイクたちに比べてスゲエ!って思ったものは一つもない
※いずれもレースでの世界戦略機、そりゃ気合が違うわ!

そして、かなり高い
雑誌やネットの新車インプレなんか信用しないほうがいいっていうか、どんなバイクでも買う場合は自分の目で見て、乗ってみて、長く乗れるか慎重に決めたほうがいいですよ♪

余計なお世話コメント

当ブログは、会社でPCでプラウザのウィンドウを薄ーくして、仕事をサボりながら暇つぶしに読むことをお勧めします
※見つかって怒られても責任は取りませんが。

もちろん、モバイルからはいつでもどこでもご覧いただけます♪

記事の内容

スポンサーリンク

かつての名車のリメイクというか、デザインの焼き直し

いくらバイクが売れないとはいえ、リバイバルモデルばかりの現状

やっぱり、全然違うわけですよ
いわゆるイメージベースとなった車体とは・・

それでも、雑誌やネットの媒体であおり続けるもんだからそれなりに売れてはいるようですね

でもやっぱり、

  • 新型カタナよりもGSX1100Sのほうに凄みを感じるし、
  • CB1100よりも、CB1100F、CB1100R(別格)に意気込みを感じるし、
  • Z900RSよりも、Z1やZ1000のほうに迫力を感じますよ
  • ワタクシはね。

  • 関連記事:-->最近のバイクはカッコ悪いよ、バイクデザインの歴史についての記事です
  • これじゃない感が半端ないZ900RS

    これじゃない感が半端ないZ900RS

    新型でちやほやされてるうちはいいですが、どんどん陳腐化していってなかったことにならなきゃいいんですけどね
    どれも皆いいバイクなんだろうけど、かえって名車のイメージがそれ以上に成れないということを暗に言ってる気がする

    デザイン焼き直しとはいえ結構高い

    既存技術の応用というかエンジン流用とかならもう少し安くてもいいんじゃないかと・・

    イメージしたマシンの価値を下げたくないというのもあるでしょうが、ちょっと高すぎますよ
    大排気量とはいえ、100万を超えてくると購入できる層が限られてきます
    何度も言いますが、日本人はもうそんなに遊びに金使えるほど裕福じゃないんですよ

    スポーツモデルの外側だけ、焼き直しで名車のデザインを引き継いでまとめたので高くてもいいよね?という感じなんじゃないかと思われます
    ・・・良いわけあるか。


    良くまとまりすぎて、CBじゃない感がするよ

    良くまとまりすぎて、CBじゃない感がするよ

    CB1100Fのデザインを超えてないよね。

    CB1100Fのデザインを超えてないよね。


    一部の金持ち層(おそらく40代50代くらいがメインターゲット)に売れればいいんですかねえ

    そういう世代は、リターンライダーの記事でまとめましたが体力や反射神経が鈍っていますよ
    ・・事故が増えなきゃいいんですけど

    そういう意味ではYAMAHAは結構すごい

    古めのデザインとはいえ、あんまり旧モデルに依存していない気がする

    RZ250のラインとかタンクに入れたりはしてるけど、2st屋のYAMAHAはそういう名車的な位置づけが弱いのかもしれません
    個人的には、YAMAHAには、リバイバルデザインを追っては欲しくないです
    ※SUZUKIも2st屋だったはずなんだけどなぁ・・節操無いからね。

    ともあれ、国内メーカーでは一番一生懸命新たな道を模索してる気がします
    YAMAHAの3輪のトリシティとかちょっとエポックメイキング♪
    ※売れるかどうかは別として

    V-Maxって超かっこいいよ。絶対プレミアつくと思うし。

    V-Maxって超かっこいいよ。絶対プレミアつくと思うし。

    MTシリーズも、過去のXJ系やFZ系、FJ系なんかとは一線を課してるデザイン
    V-MAX(前期型)のような素敵なデザインができるYAMAHAには頑張ってほしいです
    ※DT200WRの何とも似てないデザインとか今でも一級だと思うし、美しいよDT200WR。

    残念だった・・かつてのリバイバルモデルの数々

    フォーカスされてるリバイバルモデルの陰には残念なリバイバルモデルも多数存在する

    バイクデザインの記事でも書きましたが、

  • GSX1100Sのデザインの呪縛から抜けられなかったSUZUKI
  • ゼファーの成功以来、いまだにZ系の呪縛から抜け切れないKAWASAKI
  • なにかっつうとすぐCBの名前を付けたがるHONDA
  • KAWASAKI ザンザス(マッハの再来とか言わなきゃいいのに)
    SUZUKI 中排気量カタナシリーズ
    SUZUKI GSXのノンカウル系
    HONDA CB-1、CB400Four(CB400SFの焼き直しだけどデザインは結構いいと思う)
    いまいち、当たってないモデルもたくさんあるんですが、歴史上なかったことになりそうな勢いですねえ

    結構格好良かったけど全然売れなかったね。

    結構格好良かったけど全然売れなかったね。

    現行のCBR250RRとか・・もう往年の世代にはCBRじゃないっすよ

    単気筒のCBRとか、単気筒のCBXを見るような気持ちで見ています
    ※CBX250FはCBの名前をつけなきゃ結構名車です(ちょっと欲しいくらい)

    イキイキした海外モデルのなんと多いことか

    名車縛りのあんまりない外車のデザインのなんと個性的なことか

    BMWのGSシリーズとか、ありゃ国産ではできんわ
    DUCTIの各シリーズもかつてはトンガリ一辺だったけど、今ではあの多様性
    KTMは昔からの変態仕様をそのままオンロードに持ち込んで大人気、国産もデザインを真似し始めたしねえ・・
    ※どれも250万以上もすんの!?絶対買えないし、立ちごけしたらその日は何もしゃべりたくないくらい凹むと思う。

    そこそこ売れたリバイバルモデルは確かにある

    ゼファーが出た時、Z2イメージっていうけど全然違うじゃん、って世間は鼻で笑ったもんですが、今では立派な立ち位置を確立しましたねえ

    空冷4気筒の最終期だとはいえ、あの時代に切り込んだ度胸は立派。
    ※その後4バルブ化したりしましたがイマイチでしたけど、現在の中古車価格の高いこと!!

    ゼファーは750が一番好き。ジムカーナでも速い!

    ゼファーは750が一番好き。ジムカーナでも速い!

    ローソンレプリカイメージのZRXシリーズは最近まで頑張ってたし、今でも街中でよく見かけるけど廃れっぷりが激しいように思えます

    乗り易くていいバイクだし、結構売れたはずなんだけど見なくなったなぁ
    知り合いでも2名ほど乗ってたけど今では両名とも手放しちゃったね

    バイクのリバイバルモデルは買いなのか?

    リバイバルモデルはたとえ売れなくても長く売り続けてほしいですわ

    でかいバイクは、ある程度所有満足が続かないと長く乗るのは難しいです
    リバイバルモデルもどんどんマイナーチェンジするので余計所有満足が少ない
    余程好きでないと、高額な維持費と引き換えるのはきついのではないかと思う

    バイクは、趣味の乗り物なので数値的な性能うんぬんよりも所有満足が大事です

    リバイバルのうわさは絶えないけど、やっぱり本物には勝てないと思うよ、HONDAさん

    リバイバルのうわさは絶えないけど、やっぱり本物には勝てないと思うよ、HONDAさん

    リバイバルモデルで、そのもととなった名車と並んでどう思うか?ということに行き着きます

    昔から憧れてたマシンであればあるほど、ちょっといたたまれない気持ちになりませんかね?
    今時のバイクで、旧車といわれるような車体に絶対性能で負けるわけはない、とはいえ、そんなのはほんの一時な気がします
    ※バイクの性能とかどうでもいいので、長く乗れるほうがコスパも含めて得です。メーカーは買い替えてほしいだろうけど、もう買い替える余裕なんかないんですよ。

  • 関連記事:-->最近のバイクはカッコ悪いよ、バイクデザインの歴史についての記事です
  • まとめ

    リバイバルモデルは当たり外れがある

  • リバイバルモデルでも長く乗り続けると名車になる場合がある(ゼファーとか)
  • リバイバルモデルはベースとなった名車と直接比較すると所有満足が短い(のでは?)
  • リバイバルモデルはもう少し安く設定してほしい
  • 結局、購入するのはユーザーです
    雑誌やネットのインプレはかなり大げさに褒めちぎっています

    雑誌やネットのインプレを鵜呑みにしても自分の価値観と合わない場合も多々ありますよ

  • 乗りやすい
  • 速い
  • 燃費がいい
  • そんなのは、所有満足という価値観からすれば全然微々たるもんです
    っていうか、今時のバイクならそんなの当り前です
    ※古い名車と呼ばれるバイクに乗ってる人は、燃費とか乗りやすいとか、そんなに気してません、というかそんなの気にしたら乗れませんよ(車も同じです)

    バイク開発のキーワードはこれを手に入れたら、何か生活変わりそう!!というユーザー目線のわくわく感が価格を超えられるか、だと思います

    このイメージを追ってリバイバルしたいならやめた方がいいと思う。

    このイメージを追ってリバイバルしたいならやめた方がいいと思う。

    メーカーは、
  • ユーザーが長く楽しめるように、
  • そんなに高性能でなくてもいいので、
  • とにかく安くベース車両を提供して、
  • 個人が弄れて、
  • 長期に渡って楽しめる
  • パッケージを模索していただきたいです♪

  • 関連記事:-->最近のバイクはカッコ悪いよ、バイクデザインの歴史についての記事です


  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -バイク

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.