バイク

バイクのビキニカウルは効果ある?もしかしてダサいのか?

更新日:

スポンサーリンク

Toos

ビキニカウルってのは、
ハンドルマウントの比較的小さいカウルのこと。
ビキニカウルの効果のほどは?!

ワタクシはかなりカッコいいと思うのだが、
もしかしてダサいとか言われてる?

バイクにはよくわからない定義の
カフェレーサー
というものがあります
結構な頻度で、ビキニカウルがついてる気がします
・・かっこいいじゃないか。

まあいいや、ビキニカウルについて記事を書いてみます

スポンサーリンク

ビキニカウルがデザイン的に影響を与えている要素は絶対にある

ライト周りの造形物はバイクの印象や見た目がはっきり変わるよ

どんなにかっこよくても、うるさいバイクは捕まるよ

どんなにかっこよくても、うるさいバイクは捕まるよ

カフェレーサー、かっこいいじゃんか。

やっぱりバイクの顔はライト周りだよね
自分が乗ってるときは、
ビキニカウルは見えないのでメーターやタンク周りにしか目がいかないけど、
止まったバイクを見るアイキャッチポイントは間違いなくライト周りでしょ?

そういう意味では、
デザイン的に画一になりがちなノンカウル系バイクの個性主張のポイントに出来たりしますよね
※外車に比べると日本車は車体デザインに個性がないというか無難なんだなぁと改めて思う


カーボン調とかだとちょっとお高くなる

ビキニカウルの機能的なデメリット

ハンドル回りが重くなるのでハンドリングは悪くなる

ハンドル回りが重くなっていいことなんか一つもないです
ビキニカウルは、取り付け位置がライト周りというかメーター回りというか、一番重いものがついてはいけない場所に取り付けることになります

バイクのフルカウルは、風よけだけではなくハンドル回りについた重たいもの(ライト、メーターなど)を全部フレームマウントできるという風よけよりも大事なメリットがあるんですよ♪

ちなみに・・

超重いビキニカウルを純正装備しているZ1-RとノンカウルのZ750D1で乗り比べればよくわかります

Z1-Rのハンドリンク記事でも書きましたが、ママチャリのハンドルかごに荷物満載してコーナーに突っ込んでいくようなもんです
重いモノが地面から遠い場所にあるだけで、バイクを寝かせるのも起こすのも不利になります
※起き上がりこぼしの頭部分が重いと起き上がらないように、です

ついでにZ1-Rの場合、ちょっとした外乱でハンドリングがおかしくなってかなり怖いです

スポンサーリンク

ビキニカウルが純正採用されているモデルは意外と少ない

純正品は強度が問われるので、
どうしても重くなる。
重さのデメリットを考えると、
純正採用が少ないのもそりゃそうだという結論に至りますね

思いつくまま純正採用されたモデルを書いてみます

  1. Z1-R
  2. RZ250R(初期型)
  3. AR50(AR80)
  4. GSX650G(限定)
  5. BMWの一部

RZ250R、丸ごと再販してくれ。買うから

RZ250R、丸ごと再販してくれ。買うから

 純正オプションのRZ250のビキニカウル。今ではお宝・・かと思ったらそんなに高くない♪

純正オプションのRZ250のビキニカウル。今ではお宝・・かと思ったらそんなに高くない♪

AR80、今売ってたらマジで大人気じゃないのか?

AR80、今売ってたらマジで大人気じゃないのか?

角ライトのバイクはビキニカウルという言い方より、
メーターバイザーという表現も多いですね

丸ライトでもメーターバイザー表記もあるし、
この辺の表現はグレーゾーンっぽいですが大きさなのかもしれません

※オフ車はなぜかメーターバイザーという言い方が一般的ですな

  1. Z1000R
  2. CB1100F(ノンカウルのほうが好きですが)
  3. ZRXシリーズ
  4. AR125S
  5. MVXシリーズ
  6. VT250FC
  7. RZ50(旧)

これが50ccの馬力自主規制のきっかけマシン

これが50ccの馬力自主規制のきっかけマシン

最近は懐古趣味っぽく、ビキニカウルを装着したモデルもありますね
Z900RSCafeとかですね
最近のモデルはたぶん、ハンドル回りの重量増とか、高速での風の受け流しも考えて作られているのではないでしょうか

ちなみに・・

昔のモデルほど、ビキニカウルが専用設計でビキニカウルを外すとメーター回りが格好悪いものが多いです

当時はビキニカウル内にいろいろ収めてるし、メーター回りもカウルに合わせた設計だったりしますよ

例えば
■Z1-R/span>
ビキニカウルに隠れてライトボディすらないですし、
メーターの配線もむき出しになるのでノンカウル化は結構難しいんですよ

■RZ250R
メーターボックスがビキニカウルに収まるようにお弁当箱みたいな形で、カウルを外すとかなりダサい
※こういうのをいちいち改良するのがものすごく楽しい♪とかなると結構病気です

純正装備のビキニカウルは旧車ほど気安く外せないと思っていいでしょう
※どんなバイクでも、思いっきり改造して切った張ったすりゃ何とでもなりますケドね。

実際に気にビキニカウルに空力的な効果はあるのか

大きさにもよりますが効果ありますよ、高速にでも乗れば

一般道でビキニカウルの恩恵を感じたことはあんまりないです
※空力じゃないけど、一般道では雨降ってきてスクリーンに雨粒を確認できるぐらいで。

やはりビキニカウルはフルカウルに比べて絶対的に小さいので、
足とかへの風当たりは全くノンカウルと変わりません
上体を伏せて何とか風を避けてるなぁって思うくらい

それでも長時間高速道路を走るとノンカウルに比べれば疲れ方は少ないです
Z1-Rはカウル形状の問題でスピード出すと車体がビキニカウルのアゴから浮いてくる感じが怖いので逆に疲れますが

最近、フルカウルやネイキッドで高速乗ったことないのでだいぶ忘れましたが、
フルカウルのGSX-R1100では、
高速道路に乗っても100km/hで走ってても、タンクバッグの上のテントウムシがよたよた歩けるくらい風防効果があった
のは印象的

逆に、ノンカウルのZ2では
昔上野のショップで買ったジャケットが風圧で裂けた
のは衝撃ですらあったのも事実

当たり前ですがビキニカウルの風防効果はは、ノンカウルよりマシ、というくらいでいいんじゃないでしょうかね?

ビキニカウルより小さいものとして、ライトの上にちょこっと載ってる感じのライトバイザーというものもあります

厳密に言えば効果はあるのでしょうが、大きさに比例して風防効果よりもデザイン要素しかないものも多数存在します
※これはこれで旧車っぽくて格好いいです。オフ車の純正ツアラーモデルのメーターバイザーは結構効果あるのは確かです(ジェベルとかバハとかレイドとか)

ビキニカウルには実は風防効果よりも重要な副産物的なメリットがある

ビキニカウルとライトやメーターの隙間が活用できる

純正ビキニカウルモデルは、
カウルとメーターの間がきちんと埋まってるものが多いんですが、
後付けビキニカウルの場合はここに新たな空間ができますね
ここ、使い方によってはいい感じに使えます

シガーソケットは目立たせないのがスマート。

シガーソケットは目立たせないのがスマート。

ビキニカウルとライトやメーターの間に荷物がはさめる

とっさの場合、この隙間に地図挟んだり、休憩時にはグローブはさんだりと結構便利♪

ちょっと信号待ちで地図見ようとする場合など重宝します
ここにモノ入れたまま高速とか乗ると大変なことになるので自己責任ですが。

結構使い勝手がいいスペースなので、
ここにステーや籠みたいな落下防止のアイテムでも追加して
本気で小物入れにしようと画策したこともありますが、
ステーすら重量増になるのでやってません

でも、ここに携帯を置いて充電しながら走れたら素敵だと思っております
※書いてたらなんか小物入れ的なもん作りたくなってきたわ

ビキニカウルで追加の電装などを隠すことができる

ビキニカウルでカバーされている空間にシガーソケットなどの電装追加装備が可能です

これくらいいろいろハンドルに着けるとハンドリングもくそもないですが

これくらいいろいろハンドルに着けるとハンドリングもくそもないですが


ビキニカウルで少しは隠せますよ

ノンカウルのバイクにシガーソケット電源追加するのは簡単です
でも、見栄えと使い勝手を両立させるのは非常に難易度が高いし面倒くさい

Z750D1にシガーソケットを追加するのは簡単ですが、ソケット自体をどこに置くのか?という問題をいまだに解決できていません
ETCのカード入れとかハンドルから生えてるの、ビキニカウルよりよっぽどカッコ悪くない?

この点、隙間が多いビキニカウル装着車量はデザインを崩さずに追加装備を隠すことが可能です♪

ETCなんかもここの隙間に隠せばすっきりするのではないかと思います
※長野に移住してから、ほとんど高速乗らなくなったのでETCつけてませんが(ETCにあの金額払うならいらないわ

しっかし安いな、最近の後付けビキニカウル

昔は1.5諭吉は軽くしたもんですが、いまでは数千円で手に入るようですね


やすいなぁ・・ビキニカウル

ポイント

あくまでも個人的な意見ですけどね

最近の後付けビキニカウルはスタイリッシュなものも多く、単体でのデザインは文句なくカッコいいです
※もっと多様性があればもっと個性もあるんでしょうが

でも取り付け方によっては、
アゴが上がった感じになるのは格好悪くて嫌いです
ライトの位置が高いのでそう見えちゃうバイクも多いです
※Z750FX系に多い気がするのは気のせいか?

逆に、低く構えた感じ(Z900RSCafeはこの辺が上手い!)だとファイティングブルっぽくてかっこいい♪

さらに、
後付けビキニカウルのデメリットは、
取り付け金具がうまく処理できない場合、
後付け感がぬぐえないというものがあります

この辺は、ホームセンターを何往復もして一番すっきりする取り付け方法を考えましょう
ノギスとメジャーと基本的な工具さえあれば全然難しくないです

カウル自体も安いのでいろいろ切った張ったしてもいいんじゃないでしょうか?

後付けビキニカウルの場合、車体と色があってないと逆に後付け感丸出しになりがち

  • 自分で塗装ができない場合
  • 塗装に回す予算がない場合
  • は、ビキニカウルをつけないほうが無難かもしれませんですなぁ

    自分のバイクの色と会うものが売ってればいいんですけどね
    あくまで、自然についてるっていうのがカッコいいんですよ♪

    どんなに造形的に格好いいビキニカウルでも、

  • 車体本体と色があってない
  • 角ばったバイクにやわらかいデザイン
  • とかちょっとダサいというか興ざめです

    どうせつけるなら全体的に格好いい方がいいに決まっています
    そうはいっても、これも人それぞれの趣味です
    バイクなんて人に迷惑かけない範囲で、自分が楽しければいいんですよ

    人の評価気にしすぎです♪

    Z1-Rの純正メーター回りはこんなです

    Z1-Rの純正メーター回りはこんなです


    これがクソやぼったいというか重たいんですよ・・

    ちなみに、ビキニカウルの塗装から、本格的にバイクの塗装の道にのめりこむ人結構います

    はい、ワタクシです♪

    まとめ

    ロングツーリングもガンガン行きます

    ロングツーリングもガンガン行きます


    ビキニカウル、カッコイイではないか。

    ■ビキニカウルのメリット

    1. デザイン的にまとまっていれば、人と違うバイクに乗ってる感は演出できる
    2. ハンドル回りに追加装備(シガーソケット、ETCなど)をする際、隠せる
    3. ビキニカウルとメーターの隙間に一瞬なら物を置ける
    4. 一応風防効果はある
    ■ビキニカウルのデメリット

    1. ハンドル回りが重くなるの危険性があるのは否めない
    2. 色合いなどのバランスをとれなければ逆に浮く
    3. 取り付けがきれいにできなければ後付け感がぬぐえない

    ま、それぞれ趣味嗜好の問題っぽいのでこの辺はお好みで突っ走ればいいと思います

    若いころは「ビキニカウルってダサい!」とか思いっきり思っていましたが、今では一回転してかなり好きです

    RZ250R(29L)とかAR80Sとか本気で欲しいですもん

    車検もない車種を性能は純正のまま、外装を思いっきり好みに弄り倒したいですわ
    暇と金とバイク置き場所がそろそろないけど・・

    ノンカウルバイクもいいし、フルカウルもいい、でもビキニカウルは個性的でかなりいい!

    というワタクシの個人的な思いを世界に発信してこの記事を終える

    スポンサーリンク







    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -バイク
    -, , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2020 All Rights Reserved.