長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z1-R

カワサキ Z1-Rの最高速度は?!高速走行時の性能について

更新日:

威風堂々とした空冷が好き♪
Toos

当時、世界初っぽいカウルもついてて、サーキットの絵柄とポルシェと一緒に映っているカタログとかから見ると、高速巡航向け、みたいなZ1-Rですが、実際はどうなんでしょうねえ
一応、1,000ccの排気量があるとはいえ、高速での性能についてちょっと書いてみます
スポンサーリンク

おっかない高速性能


1978 Kawasaki Z1-R / twm1340

最初に言いますが、高速走行は怖いです

ぬふわkm/hくらいでは全然平気ですが、それ以上出す気にはなれません
いろいろ変えてだいぶ良くなったとはいえ、それぐらいで巡航できればいいです
※Z750D1で同行する嫁が「これ以上出すと首がもげる」という理由でそれ以上出さなくなったため、もある。

出したい人もたくさんいるようで、同じZ系でもバンバン飛ばす人もいますが、高速を使うということは疲れずに長距離をこなしたいということなので、それくらいで鼻歌交じりで走ってる方がワタクシにはちょうどいいです

浮き上がる感じのするカウル

それでも昔は、最高速チャレンジもしたもんですよ、合法的に出してもいい場所で♪

メーター読みで170km/hを超えるともう全然おっかなくてあきらめました♪
というのも、エンジンの性能とかそういうことよりもカウルの顎の部分から前が浮き上がるような感覚に襲われるんですよ
接地感がなくなるというか、とにかく不安定になるんですよ
結構伏せてたとしても、です


Northern Utah Highways / Edgar Zuniga Jr.

メーターの精度も甘いと思うので、おそらくそんなに出てなかったと思いますが、度胸試しするつもりもなく、適当にやめておきました♪
※そういう場所でのファミリー走行なので、バンバン250cc位に抜かれましたが、そういうもんです

GS1000Sウェス・クーリーレプリカのカウルの顎の部分の整流板は、前側が浮き上がるのを防止するためのもんではないかと思っちょります

ちなみに雨なんか降ると高速でもカウルは全く意味ないです
上半身、思いっきり濡れます♪
多少風よけ、程度に考えておいた方がいいです
※伏せりゃまだ濡れないんでしょうが、前見えない上、効かないブレーキで伏せっぱなしなんておっかなくって♪


Coulee Rain / Carston Curd

↑こういう状態だと、制動距離倍です。

スポンサーリンク

一応、Z系では高速向けのギア比

それでも、Z1000に比べると、ドリブンスプロケが小さく、高速向きの設定ではあるようです
Z1000が35丁、Z1-Rが33丁ですが、なぜか2型のZ1Rからは35丁に戻されています
※モデルチェンジまでのわずか一年の間にいろいろ考えたんでしょうなぁ、KAWASAKI

ノーマルのZ1-Rでガンガン高速を飛ばせる人は、よほど鈍いか、よほど自信のある人なんであろうと思いますね
※あのブレーキも信用できんし

100km/h巡航が妥当


Highway A385 (5) / hansbirger

↑こういうところをゆったり流したいですな♪

Z系のいいところは「飛ばさなくても楽しい」ところにあると思ってたりします
法定速度でも楽しく乗れない乗り物は不要ですし、逆に疲れちゃいます
速く走りたい人はお任せしますが、高速道路で車の間を縫って走るような走り方はあんまり好きじゃないです
※中央道で渋滞時にすり抜けしてるバイクが、車線変更の車に突っ込んだのをもろに見たことがある

ちなみに欧州(おもにドイツ圏)では渋滞時にバイクはすり抜けしてませんでした
欧州のアウトバーンで借りもののBMWでワタクシが、すり抜けたら「なんだアイツ?」的な視線で見られました
日本の都会では高速で休日の夕方とかは必ずラッシュがあるので仕方ないのかもしれませんが、田舎に住んでほとんど渋滞に合わなくなったので、落ち着いたのかもしれません♪


Haleakalā Highway switchbacks / daveynin

↑こういうところを気持ちよく走るバイクですよ、Zは。

Z1-R高速走行性能まとめ

最近の市場価格から神格化されつつあるZ系ですが、性能は40年前のもんですよ
そんなに速いわけないでしょ?
※漫画とか雑誌とかのインプレの洗脳ウケすぎです

Z系は飛ばすバイクじゃないですよ、もう今となっては
増えることのない立派な旧車というか太古車です
※こういうことを言うと激しくバッシングされますが事実です

速く走りたければ、Zをセレクトしない方が楽ですし安いです
ワタクシは、Zでのんびり旅をしたり、たまに近所の峠で遊んだりする程度でいいんですよ
そういう意味でニーズにきっちりあっています♪


Highway, Death Valley / tsaiproject

ワタクシの主観でいわせていただけるなら、クルマもバイクもこのころの車体のほうが人間臭くて好きです
性能はそこそこですが適当に味があるので飽きないのかもしれません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-Z1-R

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.