長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z1-R

カワサキ Z1-Rのポジションを変えてみる。モリワキバックステップ編

更新日:

Toos

Z系は、バックステップという発想がまるでない時代の産物なので、178cmのワタクシが普通に乗ると、ノーマルステップでは膝がエンジンに当たります
こうなると非常に熱く、気になるのでステップ自体を交換してしまいます
Z2の時に使っていた一番安いバックステップはリアドラム用なので使えません
また入手したZ1-Rのリアブレーキはリザーバータンクのキャップが割れていて常時にじんでいる状態(泣
もう思い切ってMORIWAKIのバックステップにしちゃいました
25年以上前ですが今でもラインナップされているパーツです
※このために一カ月くらい昼飯抜いて資金作ったので印象深いのだ。
スポンサーリンク

Z系マスターシリンダ付きバックステップは当時はこれしか選べなかった

マスターシリンダ付のバックステップを探しちゃえ、ということでMORIWAKIともう一種類OVERがあったと記憶しています
※購入の決め手はただただMORIWAKIのブランドに踊らされただけです

作りも結構良いですが、レース用ですので、ブレーキスイッチもなけりゃ、リザーバータンクもありませんです
※今のセットにはついているようですが



Z系MORIWAKIのバックステップについて

MORIWAKIは膝が結構窮屈ではありますが格好はいいですよ♪

バンク角も十分ありますが、歳とともに普段使いや峠程度ならもう少し足の位置は低い方がいいかなぁ、と思い始めています

慣れちゃってるので、これはこういうもんか?と割り切っていますけど、スタンディングポジションがどうもしっくりきません
競馬の騎手のようなポジションならとりやすいのですが、オフ車のような完全スタンディングには程遠いです
※ハンドルの低さも関係していると思いますが

あと、その部分だけ全然古臭くないので雰囲気は壊れるかもしれません

もう一つ、気になるのはブレーキホースの取り回しがどうやってもうまくいきません
無理やり配管して、タイラップで固定していますが車検で問題になったことはありません

スポンサーリンク

リザーバータンク、流用

何種類か試した結果、結局ゼファーのリザーバータンクを利用
※タンクなしで数年運用したがやはり使い勝手と空気を咬むのでタンクは必須です

数種類各メーカーのを試しましたが、結局すわりがよいKAWASAKI製に着地しました。
※当時はついてなかったんですが、最近のキットにもコレそのものがついていますねえ。ちなみにOVER製は当時からリザーバータンクついてました。

基本的にバックステップはリアブレーキスイッチを後付けする必要がある

モリワキのバックステップには、レース用とうたっているだけあって、ブレーキランプスイッチなどついていませんでした
しばらくは油圧のスイッチ(オフ車用)を使っていましたが、突然死するので、いかがなもんかと・・
※車検当日に判明した(汗)ので、ものすごく焦った・・

油圧式スイッチはいまいち信用できないので、機械式のリアブレーキスイッチを自作
スイッチは車種不明のフロントブレーキのものを流用、ステーをアルミ材で作成して現物合わせしたスイッチシステムを自作

これで商売できるのではないかという完成度なので、非常に満足♪


↑壊れたのはこのタイプ。つきゃなんでもいいんですよ。



タロッティのバックステップはアルミのスイングアームとトレードオフ

かなり後日に気が付いたことですが、純正のブレーキペダルのステーを利用する系のバックステップと、アルミのスイングアームは干渉することが多いです

ワタクシの場合、タロッティとMORIWAKIのアルミスイングアーム(補強入り)は同時に使えませんでした

アルミスイングアームは、フレームのブレーキペダルのステーをぶった切らないと装着できません
なので、その手のバックステップを使用するとか、アルミのスイングアームを使う予定である、とかいう人は考慮しておいた方がいいです
※ワタクシはおろかなので、なにせ25年も前に自分でぶった切ったフレームのことをすっかり忘れてました・・

ワタクシは阿呆なので、MORIWAKIのバックステップのポジションが年齢とともにきつくなったので、タロッティに変更しようとしたんですが、できませんでした・・
のでワンセット新品のタロッティバックステップがあったりします
マスターシリンダのセットも新品を買っちゃいましたが完全に無駄になってしまいました
そのうちヤフオクでまとめて売ろうかと思ってたりします


↑これの補強入りの奴です。530にコンバートするとチェーンの調整が微妙なので、補強ないこのタイプの方が気が楽ですよ♪

・・・今はタロッティのバックステップって入手できないのかしら?
楽天で見つかりませんでした・・
・・・補強入りのMORIWAKIアルミスイングアームも同様に見つかりませんでした
もしかしたら貴重?

Z1-Rのポジション、バックステップ編まとめ

ポジションとかとりあえず後でいい、と思います

まずは完全に動くようにすることが先行だと思いますが、どうしても体格的に大きい人は悩むと思います
※膝がシリンダーヘッドに当たるのがとにかくストレスなんですよ

今どきのバックステップについては70年代、80年代の雰囲気が大きく変わっちゃうし

もう少し、個人個人の体格に合わせられるオーダーメイドのステップメーカーがあってもいいように思いますが、量産効果とか強度の関係などいろいろあってできないのかもしれません

個人的にはスタンディングポジションが楽に取れるバックステップが理想です

それと、バックステップにするとキックアームが完全に下まで降りません

のでエンジンのかかりが悪い個体は注意が必要です
一応、エンジンはかかりますよ、キックでも♪
途中までしかキックおりませんが。
※可倒式でもあたると思ってた方がいいです



スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-Z1-R

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.