長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

ツーリング バイク

初心者キャンプツーリングのキャンピングマットには銀マットをおすすめするよ

投稿日:

この積み方の驚愕のセンスの無さ。
Toos

初心者キャンプツーリングのグランドシートは銀マットをおすすめするよ

キャンプ時に、テントの地面側に敷いたうえで寝袋を展開するのに必須なグッズ「銀マット」

これを荷物にくくってあるだけで、一目でキャンプだな♪と確信させるアイテム

最近は銀マットユーザはだいぶ減ったという事だが、ワタクシはしつこく銀マットで今年もキャンプツーリングに行くぜ

スポンサーリンク

知り合いが増える魔法のアイテム銀マット(ロールマット、キャンピングマットともいう)

これを積んでいるだけで「お前もか!」という仲間意識が芽生えるグッズだ

コンビニ休憩などでも、声をかけやすい
別にナンパしてるわけではないのだが、銀マット積んでるやつは話が面白い奴が多いのだよ
※完全に一人に世界が好きな人もたまにいるので、その場合は早々に失礼するけど。

ともかく、一見してキャンプライダーとわかる装備が嬉しいじゃないっすか。

小さくたためるエアマットは便利だが旅するバイク乗りとしてはちと弱い

最近はスマートに、エアマット的なシートも売ってるけど高い

そしてエア漏れをすると膨らまないので、寝袋を直に地面に敷いているのと変わらない
ということは、ゴツゴツしてて眠れたもんじゃねえ、という事なのだ
※あとね、空気入れるのも抜くのも時間かかるんですよ、ええ。

小さくなるので、荷物がコンパクトになって良いっちゃ良いですけどね・・
※友人は、エアもアットにして、ディバッグひとつのコンパクトな荷物でキャンプツーリングしているが、格段に声をかけられる機会が減ったと言ってた

うむ、もったいない
※こういう所で一緒の友達になる腐れ縁が生まれるのは身をもって知ってるのだ、ワタクシは。

銀マットは物理的にバッグに格納は難しいので排ガスやホコリで汚くはある

ああ、汚いさ。でも拭けばいい。

なので、雑巾的なタオルはキャンプ時にあると何かと便利
テント撤収時の露払いにも使えるし、バイクのテールカウルの傷防止にもなる
※ワタクシのZ1-Rはテールカウルが傷傷だが、まあ仕方あるまい♪

キャンプなんざ、汚いもんですよ

どんなに気を付けてもね
その代り、いろんな情報や経験、金で買えないものが手に入る
・・とまあ、格好よく締めたつもりでも、格好よさよりは笑えるエピソードが多いのも確か♪

スポンサーリンク

ただ、ワタクシ的には反射的に声をかけずにはいられないソロの銀マットライダー

とにかく、ワタクシがソロで旅してた時にもよく声をかけていただいたのも銀マットのおかげ

休憩中に、飲料ごちそうになったり、トマトもらったりしたのはいい思い出。
因果応報ではないけど、ワタクシもソロのキャンプライダーは応援したいのだ♪

だってさ、銀マット積んでるだけでキャンプツアラーとして成立してて頼もしいじゃん
コーヒーぐらいは応援しちゃる
長野で有ったら、観光案内もバイクにおすすめルートも教えちゃる

というくらい、昔の自分に重ね合わせちゃうぜ
※今は携帯があるので、ツーリングマップルを眺めつつ休憩してるシュチュエーションとかほぼないので、昔より話しかけづらいんですが。

この間も、長野県長和町の道の駅でフルレインウェアの荷物満載、原付女子キャンプライダーにジュースおごったぜ♪
決して軟派ではないぜ♪(嫁もいたしな)
純粋に格好良かったからだ

今でも元気に走ってるか?無事だろうか?と思わざるを得ない
※その後、激しい夕立もあったしな

まとめ

銀マットは装備すると仲間が増えるウィザードリィ(古い)でいうと酒場に仲間探しに行くのにいいアイテムかも知れない

逆に、声かけてほしくない人はコンパクトな荷物にした方がいいのかもしれませんぜ♪

ともあれ。
ワタクシはいまだに銀マットでキャンプする派ではあるが、周りの同世代の友人たちが次第にエアマットなどという高価なグッズに走り始めてるので、ちょっとそれはどうなのよ?という記事でした
※キャンプライダーで銀マットのお世話になってない人はいないはずだ。冷たいじゃないのさ?

荷物にくくりつける際は、きちんと固定しましょうね

かさが大きく、軽いので空気抵抗が大きく、結束が弱いと吹っ飛んでいきます
※実際に吹っ飛んだ経験あり。その時は回収できた♪みんな大笑いでしたが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-ツーリング, バイク

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.