長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

ツーリング バイク

寒い時期はバイクとコーヒーは絵になる。カッコよくツーリングでコーヒー沸かしちゃえ

更新日:

あくまでもイメージです♪

Toos

バイクとコーヒーって絵になりますよな♪
寒い時期は、
バイクで出かけなくなりがちですがそういうのを逆手にとって、
野外でコーヒーを楽しんじゃえ
という記事です

冬キャンプが流行っているようですが、
流石にバイクで行くつわものまでは、
結構ハードルが高いので、
流行りの冬キャンプの片鱗だけでも、
簡単に味わおうではないか♪

焚火で沸かすのもまたオツだが、焚火は禁止が多いし時間がかかる

12019 / Pixabay 焚火で沸かすのもまたオツだが、焚火は禁止が多いし時間がかかる

スポンサーリンク

気温が下がるとバイクで出かけなくなりがち

寒い時期にバイクに乗ると、
どんなに防寒しても、寒いもんは寒い
現場が最強なので、防寒グッズは専門ショップに聞くのが早い
防寒着(特にインナー)は、ワークマンで安くそろえるといいですよ

↓ワークマン行ってみるといいよ
--> ウォーキングにも!ワークマン 作業着 作業服 メンズ ストレッチ インナー 長袖 ウェア

やせ我慢(デブ我慢の人もいる)は体に良くない
そんな我慢をしてても
ヘルメットの中は鼻水ずるずるだったりするわけで、
我慢強くもなろうというもんです
バイク乗りは、
社会的不適合なくせに、意外に我慢強かったりする
この辺が、バイク乗りの面白いところでして

数人で行くと、
寒いね!
寒いよ!
お前馬鹿だね!
オマエモナー♪
という罵り合いに似た信頼関係も築くことが可能です

おおっと!
また話がそれ始めたぜ

雪解けを合図に、
景色のいい野外の場所でコーヒー飲んで悦に入ろうじゃないかという記事です

そもそも、バイクとコーヒーは相性がいいぜ

昔のバイクまんがは、大体喫茶店が出てくる

古くは、
750ライダーでは
「喫茶店ピットイン」が物語で需要な位置づけだったし、

キリンでは
「喫茶店ランブル」にいろんな年齢の人たちが集まってバイク論議をしてたし。
関係ないけど、
喫茶店ランブルって客層のターゲッティングが甘いのではないかと思う
※もしかして昔第三京浜でよく見たランブルフィッシュの人たちかしら?

そうそう、ケンタウロスの伝説では600マイル走ってコーヒーを飲みに行くという話もあった
神戸だったか広島だったか?
なんで、マイル換算なんだか考え始めると夜も眠れない
※ワタクシは日帰り鈴鹿でもう凝りました・・帰宅後、寝ようと目をつぶっても高速道路のイメージが取れない呪い付きだ♪

まあ、
バリバリ伝説とか
あいつとララバイとか
湘南爆走族(シゲさんのラーメン屋は出てくるが、シゲさんはいくつの設定なんだ?)とか、
には出てきませんが。

カフェレーサーって言葉もあるくらいだし、
昔っからバイクとコーヒーは相性がいいのだ♪
そういうことなのだ

お茶ではいかんのですよ、この際
抹茶フラペチーノとか、
プレミアムしぼりたてオレンジシェイクとか、
さくらフルミルクラテ(味の想像が全くつかん)とか、
そういうのはこの際、除外だ

コーヒー炒る乗って格好いいよね

Alexas_Fotos / Pixabay コーヒー炒る乗って格好いいよね

あくまでもこの記事は
コーヒー
について書く(つもりだったが読み返すと酷い

よろしいな?

スポンサーリンク

さびれた商店の前の自販機の缶コーヒーがいい

寒くなると、
休憩の際温かいものが飲みたくなる
再びバイクにまたがり
颯爽と走り出すと、
一気に腹が冷えるという格好悪い一面もあるが、
この際は、格好いい瞬間だけ切り取る

ワタクシは、寒い時期に一人でバイクに乗ると喫茶店とか入らないんですよ
何せゴワゴワ着ぶくれ状態なので、いちいち脱ぐのが面倒臭い
そしてまた着込むのも面倒臭いほど超せっかちなのだ
この過程を省くと、寒暖差で風邪をひく

逆に、
流麗なスポーツカーで行くお気に入りの喫茶店とかあると素敵だが
そういうのは秘密にしておくのがよろしい
※それが本当の隠れ家ってもんですよ

そうそんなときは、缶コーヒーです
人気(ヒトケ)のない田舎道のさびれた商店の前にある自販機で買う
缶コーヒーあたたか~いの方ね)が、
なんと美味いことか!
これがタッタノ150円(山値段)!
なんてお得なんだ!と、悦に入る
※寒いときは、普段ブラックしか飲まねえぜ、という人も微糖くらいにしておくといいです(だまされたと思ってチャレンジだ!)

こういう場所で、バイクを白黒の写真を撮るとすげえ絵になりますぜ♪
※サンプル画像はありませんが。

あくまでもイメージです♪

MabelAmber / Pixabay あくまでもイメージです♪

より一層絵になる格好のいいマインドとしては、
この缶コーヒー、いつ自販機に入ったんだ?
とかそういうことは考えてはいけない

言っておくが、
一人の場合は、道の駅とかコンビニを使わないのがみそ。
ライダーは一人で走る時がより一層ライダーらしいのだ♪
複数人で行く場合は、トイレだなんだでコンビニとかが便利でいいよ(特に女子がいる場合は文句が出がち)

もちろん自分で沸かすコーヒーもいい

見晴らしのいい場所では、自分でコーヒーを沸かすのも全然ありです
これもかなり悦に入れますし、なぜか友達が増える(笑)

風が当たらない、日の当たる場所がおすすめです

ただし、あんまり寒いからといって風の当たらない橋の下とかはやめた方が無難
※先住現地人的な人がいる場合があるので、面倒くさい

その際にあるといいもの

☆バーナー
※ガスボンベ式が面倒がなくていいけど、あんまり寒いとガスが気化しないことがあるぜ!

↓例えば、コレ(ワタクシは20年前のこのタイプを使っています)
ユニフレーム テーブルトップバーナー

☆シェラカップ
一人の場合は、そんなに大きくない方がいいよ
ま、おすそ分けするならもう一回沸かせばいいし
※寒い時期に野外で連続で使うとボンベが冷え切ってガスが気化しなくなるぜ

-->良くまとまってるシェラカップの記事

☆水
意外に忘れる(笑)
本当に忘れるので、注意が必要だ
普段はペットボトルに入れていく

過去に少なくとも数度忘れている
※川の水で代用したが、真似しな方がいい

☆紙コップ
※現地で寄ってくる人におすそ分けしやすい。100均で大量に入ってるのは紙が薄くて手が熱くなるが、それがいい

☆豆にはこだわらなくても全然いい
ワタクシは、ネスカフェとかで全然いい

↓ちなみに参考までにキャンプ時に「女子ウケがものすごい良かった」のはパッケージのかわいいコレ。
-->たった5秒で本格コーヒー【INICコーヒー】

☆コッヘル
これはお好みでOK

ちなみに、
コッヘル持参でカップラーメンとか食い始めるともう(笑)
これ、意外にやったことない人多いですが、寒いとき野外で食うカップラーメンってすげえうまいよ
※かやくとか後入れのスープとかあるやつは向きません

最強なのは、
日清のカップヌードルシリーズです♪
カップヌードルしょうゆ味の匂いは、絶対日本人のDNAに刷り込まれてると言い張って四半世紀以上たつ

カップヌードルは日本の世界遺産でもいい

カップヌードルは日本の世界遺産でもいい

さらにちなみに、
野外でカップラーメンを食すことを目的としたツーリングを企画したことあるけど、
ラーメン食い終わるとやることないので、
皆さん早々に退散、
夕方、再度ワタクシの家に集まって酒盛り♪という本末転倒になったので、やはり一人がいいですかな
※春は、大先輩が企画した山菜の天ぷらツアーをしたこともあるぜ♪

92年日清カップヌードルホンダの青木選手!

92年日清カップヌードルホンダの青木選手!

コッヘルがあるとレトルトのカレー(&パックの白米)とか、夢が広がリング♪
※ここまでやるともうコーヒーとかけ離れすぎだ

もはや、なにがなにやら

-->参考 wiki のコッヘルについての記載

まとめ

寒い中、野外で飲むコーヒーは最高です

バイク乗りだからわかる、この感じ

多分、Notライダーから見れば、
馬鹿じゃないの?
という塩分濃度高めのしょっぱい視線を容赦なく浴びせてくるでしょうが、
いいんですよ、わかってくれなくて♪
本当は羨ましいはずだ、という根拠のない自信が必要

ライダーにだけわかる世界があります
寒い中での野外コーヒー、それはライダーにだけわかる最たる価値かもしれません
わかる人だけで価値を共有しましょう♪

注意1>
完全に氷がないとか雪が解けるまでは、どんなに景色が良くても峠とか行かない方がいいよ
信州は、少なくとも3月中旬まで普通に峠に雪がある(日陰のコーナーは凍ってることあり)

注意2>
夏は格好つけるより、ガンガン水分取ったほうがいいよ、脱水症状になるので。
2018年の夏はすさまじい暑さだった・・

注意事項を参照の上、
コーヒーというアイテムを生かして、各々格好いいライダーとして悦に入ってくれたまえ
ラーメンになると急に格好がつかなくなるが、これもみんな羨ましいと思ってるはずなので自信を持て!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-ツーリング, バイク

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.