長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

クルマ ドライブ

軽バンじゃない軽自動車での車中泊は可能か?マットは必要なのか?

更新日:

Toos

うちの車はフルフラットにならないので車中泊は無理・・
もったいないですよ、その考え方

車中泊は車内で寝る
だけですよ♪

工夫次第で、できる限り安価に快適に車中泊してみようじゃないですか、という記事です

スポンサーリンク

普段使ってる軽自動車で旅行に行く、という考え方

素晴らしいですよ、この普段の相棒と旅行に行くという考え方は
なかなかそういうことは思い立ちません
ワタクシから「いいね!」を差し上げたいっす

大き目な軽自動車(表現に無理がある)じゃなくても、軽自動車での車中泊は無理じゃないです
たとえフルフラットにならなくても飛行機と同じだと思えば、中で寝ることには痛痒はありませんよ

出来る限り軽自動車での車中泊を快適に、しかも安価に、自作もすることなくやる方法があります

ただし、連泊は止めたほうが無難です
全然疲れがとれませんので♪

お金がないので車中泊・・のはずが。

今の世の中、いろんな車中泊用のグッズが出ています
収納やらマットやら、これでもか!というくらいグッズにあふれています
このグッズを片っ端から買うというのも手ですね

でもね・・
高価な車中泊グッズにお金かけるなら、普通に宿に泊まった方が幸せになれますよ

そういったグッズのクオリティはものすごく高いとはいえ、車種専用品のマットは数万円はします
それでビジネスホテル数泊分になりませんかね?
ホテル泊で夜飲みに出かけても数泊分は行けるように思います

スポンサーリンク

車中泊用ベッドを自作したら普段どこに置いておく?

車中泊用グッズを買わないなら自作したらいいじゃない?

この考え方も大ありです
ワタクシもDIY大好きです
書斎のテーブルから、収納棚、ガレージや家まで作りました♪
自作品は満足度がものすごく高いし、改良していく楽しみもあるので長く楽しめるのも確かです
※凝りすぎると、最初から買った方が安かった、という罠もある

でもよく考えてくださいね
車中泊に行かないとき、DIYでアナタが一生懸命作った制作物はどこにしまっておきますか?

自分で好きなように作る車中泊グッズ、たとえばベッドなどって、かなり嵩張ります
田舎で土地が好きなように使えてガレージがあって、収納に余裕があるとかならまだしも、都会で自作車中泊キットを自宅に保管するのは結構場所の無駄な気がします
車に積みっぱなしっていうのも燃費悪くなるし、何よりごちゃごちゃしてて格好悪いですよ
※車内には極力荷物は置かないほうがすっきりしていいです(たまにゴミ屋敷みたいな車いますけど・・だらしなく見えます)

そもそも車中泊の機会はそんなにないのではないか?

どれくらいの頻度で車中泊しますか?

  • 多くても月一程度じゃないでしょうか?
  • 真冬でも行きますか?
  • 連休ってそんなに取れますか?
  • 一泊程度でも数泊でもキャンプと一緒で道具を準備する手間は変わりません
    一個作るのも十個作るのも手間は変わらないハンバーグ作りに似ています

    そう思えば、車中泊専用のグッズはそこまで必要ないでしょう
    専用品をそろえる、作るのであれば数週間旅に出かけられるくらい休みがあるという、日本人にはなかなか難しい条件が必要ですよ

    軽自動車はそもそも積載能力が限られている

    かさばる車中泊グッズで車内満載になると結構息が詰まります

    うちの車中泊マシンはラパンSS。軽は高速代も安い。以外に荷物は乗るけどレカロシートはフラットにはなりません

    うちの車中泊マシンはラパンSS。軽は高速代も安い。以外に荷物は乗るけどレカロシートはフラットにはなりません

    移動中が楽しくないのは車旅をつまらなくしますよ

    車体が大きくないのが軽自動車です
    収納能力も限られます
    マットやその他のグッズで車内がミチミチなんてスマートじゃないですよ

    今時の荷物乗る車内が広い軽自動車でもこれは同じです
    逆に、荷物が乗る分車内が散らかる傾向にあります

    フルフラットにならない車でも車中泊は可能です

    ある意味これも究極の車趣味

    ある意味これも究極の車趣味

    普通車はもちろん、軽自動車だってやろうと思えば車中泊できます

    最低限の道具でも車中泊は可能
    車中泊の定義は、車内で寝るということだけです
    逆にそれができれば、立派な車中泊なわけですよ♪

    極寒での車中泊でない限り、

  • マットもいりません
  • 寝袋もいりません
  • ワタクシはこうしているよ、というグッズを紹介します
    ※ちなみにワタクシはリクライニングがほとんどしないレカロシートでも寝たりしてました♪

    マットの代わりは人間をダメにするビーズクッション

    マジで人間がダメになります
    肌ざわり最高で起き上がるのが嫌になります
    この風、この肌触りこそが戦争よ!

    積載能力にもよりますが、一人につき中くらいのを一つで構いません
    ※または小さ目のを二つでも全然いいです

    ビーズクッションなら血流が悪くなりそうな箇所にあてがうことで、エコノミークラス症候群対策にもなります

    なにせクッション自体がそんなに大きくないので、旅行の際はリアシートにでも転がしておけばいいんですよ
    クッションは旅行のとき以外は部屋に転がっていますが、これを枕にリビングの床で寝るのは最高です

    ↓例えばこれ(ホームセンターで買うとかえって高いイメージがある)

    寝袋の代わりは人間をダメにする着る毛布

    着る毛布は一度使うと止められません
    特に冬場は人間がダメになります

    車中泊時は暗闇の中で寝袋に潜り込む必要すらないです
    寝袋の撤収もしなくていいのもメリットです

    普段は部屋着としても全然問題ないです
    いきなり人が来ても結構大丈夫です
    うちは一人につき、二着持っているくらい使いまわしています
    ※冬はの部屋着はもうこれでいいんじゃないかと思う

    ↓こんな感じの無地のやつがいいですよ

    夏なんか着る毛布さえ要りませんよ
    大きめのブランケットやタオルケットで十分♪

    忘れちゃいけない、エコノミークラス症候群対策

    特に座って寝る場合、下半身の血流が悪くなります

    適当に身体を動かすのがベストですが、寝転がれないのでそうも言ってられません

    基本的には、フルフラットにできなくとも極力シートは倒して、圧迫する個所をなくすことです
    ※この点でもビーズクッションをうまく使えばいいですよ♪

    ■参考までに
    -->車中泊にも応用可能!飛行機機内でできるヨガがある。

    まとめ

    どんな車でも車中泊は可能です

  • 積載能力が限られている
  • シートがフルフラットにならない
  • そんな車でも横になれないだけです

    積載能力が限られているクルマではマットの大きさは逆に邪魔です
    マットは荷物の大部分を占めます
    思い切って使わない方法もあり、ではないかということです
    実際うちはマットはありますが、結局使わなくなりました

    泊まることだけに特化するなら、専用マットもいいですが、旅には他の荷物も持っていかなければなりません
    一泊程度であればマットはほんとに必要ないです

    寝袋も撤収が面倒ですしね
    家帰ってからメンテナンスしてますか?寝袋
    うちはバイクでのキャンプ時以外使わなくなりました♪

    車中泊専用道具にお金かけるくらいなら汎用品で代用したほうが使い勝手がいいですよ、という記事でした♪

    -->逆に車中泊は小さい車でやるのがかっこいい、という記事です

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    大事にしてる愛車の上で・・
    カバーかかってるとはいえ・・
    猫に生ごみでも食べられてごらんなさい・・
    タイヤに匂いつけられてごらんなさい・・
    殺意を覚えますよ・・

    なるべく事を荒立てたくないんですよ・・ネコにゃんたちとは。








    これぐらい平和に解決したいもんです



    バッテリーって死ぬと結構悲惨・・
    夏も冬もバッテリーには過酷な季節です

    出かけるときにピンシャンしてても出先で突然死することもあるのがバッテリーです
    ・・マジで経験済みです
    バッテリーは長持ちして5年、車検ごとに交換するのがセオリーですよ
    そしてディーラーでバッテリー交換すると超高い!!
    BMWディーラーなんかバッテリー交換だけで5万円とか平気で請求してきますよ・・













    輸入車のバッテリー適合はこちらで検索するのが便利♪









    国産車のバッテリーはこちらから検索&購入可能です


    -クルマ, ドライブ
    -, , , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.