タイヤ交換は簡単だけど舐めると事故になる。

タイヤ交換は簡単だけど舐めると事故になる。

クルマ

自分でタイヤ交換中の事故多発?どういうコト。

スポンサーリンク




 

ワタクシ
素人がスタッドレスへのタイヤ交換時のトラブルでJAFの出動が増えているそうですよ。
それはちょっと情けない。
十分に注意して作業すれば素人でもタイヤ交換は難しくはありません。
ただし、
安全を確保するすべをちゃんと知って実践する
ことが必須です。
実は危ないことを平気でやってる人が多いのがタイヤ交換です。

 

スポンサーリンク

油圧ジャッキだけで車体を持ちあげるのは危ない

 

ワタクシ
マジで油圧ジャッキだけで車体を持ち上げてる人が多いです。
油圧ジャッキで持ち上げてホイール外してる際に地震来たら大変ですよ。

 

車は1t以上あるものも少なくなりません。
そんな車を油圧ジャッキだけで持ち上げて支える。
考えたら怖くないですかね?

そして、
事故を起こしているのはほぼ全員この油圧ジャッキで持ち上げただけの人ですよ。

スポンサーリンク
当倶楽部のジャッキアップセット。

当倶楽部のジャッキアップセット。


もちろんジャッキスタンドも使いますよ、安全確保のためには。

安全確保のためには
車体を油圧ジャッキで持ち上げた後、しっかり固定式のジャッキで保持する
だけです。
ただ、結構面倒くさいのでこの手順を端折る人が多いです。

油圧のフロアジャッキはタイヤ交換には必須。
created by Rinker

ローダウン車対応のものが使い勝手がいいです。
※車との接触面が広い方が安定します。

油圧ジャッキはどこにかける?

最近のモノコックボディ車の場合、指定のジャッキアップポイントは端の接合部が多いです。

マニュアルだと車載工具のジャッキは大体そういうボディの接合部にかけるように指示があるはずです。
これは、
「ひとえにボディ側の強度が高いところ」
という事です。

油圧ジャッキを持ってる人がやりがちなのが、ボディの床面に直接ジャッキをかけちゃうってこと。
車体の床部分にジャッキをかけるとボディが凹みますよ。
その一点で1t以上の車体を持ち上げるんですよ、そりゃ凹みますよ。
※旧miniなんかみんな凹んでた(笑)そしてそこから錆びる。

フレーム車両ならフレームにかけるのが正解です。

モノコック車両では、

  • サブフレーム
  • サスペンションの取付部
  • などの車体の強度が高い「硬い個所」にジャッキをかけるのが正解です。

    そして、
    油圧ジャッキで持ち上げたら、リジッドジャッキで車を上げた状態で保持しましょう。

    面倒くさいんですけど、メンテナンスで怪我するのもバカらしいし。
    車体を油圧ジャッキから落として、地面にたたきつけて大惨事になるよりはるかにマシですよ。
    ※当然、落っことしたら車体はただではすみませんよ。

     

    みんな持ってないリジッドスタンド「ウマ」

     

    ワタクシ
    リジッドスタンド、ジャッキスタンド、ウマ・・いろんな言い方をされています。
    ガレージに置いておいてもかさばるんですよね、リジッドスタンドって。
    折り畳み式のもありますが、それでもかさばる。
    でも、ガレージに最低2つあると安心ですよ。

     

    ところが、
    意外にも車趣味を楽しんでいる人でも
    「リジッドスタンド」を持ってない人って結構いるんですよね。
    なくても「車を持ち上げるなんてことは普通の人はあんまりやらない」のかもしれませんが。

    ジャッキスタンド、リジットスタンド、ウマ、いろんな呼び方がある。
    created by Rinker

    スタンダードなのがコレ。当倶楽部でも使っています。


    ロータスヨーロッパのようにハブボルトが緩む車には必携です。

    リジッドスタンドを4つ使って車体を水平に上げたまま保持できるとタイヤのローテーションが可能になります。

    タイヤのローテーション

    タイヤのローテーションって、みんな知ってるけど面倒で手間がかかるのでやらないメンテです。

  • 前右を後左に
  • 前左を後右に
  • という感じでタイヤはローテーションさせると長持ちします。

    特に、
    ハイパワーFF車は効果てきめんですよ。
    如何にFF車のフロントタイヤが過酷な使われ方してるかがわかります。

  • 重たいエンジン支えて
  • 駆動力を路面に伝えて
  • 舵角を路面に伝えて
  • 制動も路面に伝えて
  • という任務をフロントタイヤは担っています。
    ※リアタイヤは楽な気がしますね。

    なので、
    たまに配置換えをしてやるわけです♪

    しょっちゅうタイヤローテーションをやらないにしても、
    タイヤを外す際に、ついていた個所をタグで明記しておくと次に装着するとき迷わずローテーションできます。
    ※コレだけでも全然違いますよ。

    リジッドスタンドも油圧ジャッキと同じ様に、しっかりとボディの強度がある場所にかけましょう。
    油圧ジャッキで持ち上げて、板やゴムを噛ませてリジッドジャッキで保持するのが基本です。
    ※大抵のジャッキにはゴム板などがついてたりしますが、自分で厚いゴムを用意した方がいいですよ。

    ちなみに・・

    ブレーキの調整やハブベアリングの交換などでもリジッドスタンドは大活躍します。

    旧車に乗る場合は、持ってた方がいい工具の一つです。
    ※全部ショップに整備を任せられるお金持ちはこの限りではないですが。

    ウマは数セット持ってます♪

    ウマは数セット持ってます♪


    タイヤ交換時に馬掛けてる画像がない・・今度撮っておきます。

    そして、
    車に長期間乗らない場合は、リジッドスタンドで持ち上げてホイールを外して保管すると車の痛みが抑えられます。
    ※最近米国で、1000万円の値が付いたTOYOTAの80スープラはこの方法で保管されていて足回りのコンディションがほぼ新車だったそうですよ。

     

    スポンサーリンク

    車体が油圧ジャッキから落っこちると・・

     

    ワタクシ
    ジャッキから車体が落ちると当然車体に大ダメージを受けます。
    そして、再度持ち上げるのに油圧ジャッキを噛ますスペースがない場合が多いです。
    JAFの出動はこれが多いみたいです。

     

    油圧ジャッキだけで車体を持ち上げると車体は極めて不安定な状態になります。

    作業中によろけて車にぶつかったりすると、車体をジャッキから落としかねませんよ。

    それに、
    油圧ジャッキは古くなってくるとちょっとずつ圧が抜けるようになります。
    いつの間にか、持ち上げた状態から下がっちゃうなんてこともあります。
    ※高級メーカー製の油圧ジャッキでも古くなると下がります。

    なので、
    油圧ジャッキを持ち上げた状態で、

  • その場を離れる
  • ご飯食べるような長時間休憩する
  • のは避けたほうが無難ですよ。

    ちなみに・・

    油圧ジャッキだけで車体を持ち上げて車の下にもぐるなんてのは「自殺行為」です。

    リジッドスタンドで4点で保持してても結構怖いもんですよ、車の下ってのは。

    車の下にもぐる場合、
    「スロープ式のジャッキ」で潜るのが一番だと思っています。

    以外と安いけど、できるだけ高さがあって長い物がおススメのスロープジャッキ
    created by Rinker

    ワタクシは、材木で自作しました♪

     

    ホイールを車体下に敷くのも有効

     

    ワタクシ
    油圧ジャッキで持ち上げて、リジッドスタンドを車体下に固定する場合、外したホイールを車体下に敷くと安心です。

     

    車体の下にタイヤを敷いておくと最悪の事態時のダメージを少しだけ軽減することができます。

    タイヤ交換とかさらっとできるおっさんがかっこいい

    stux / Pixabay タイヤ交換とかさらっとできるおっさんがかっこいい


    重たい車を不安定なジャッキでだけで持ち上げてタイヤ交換作業できるのは手練れの技です。

    要するに、

  • 最悪の事態発生時に車のボディが地面と接触するのを多少和らげる
  • 仮にジャッキからボディが落ちても再度持ち上げるクリアランスが出来る
  • ってことです。
    ※リスクヘッジってことですよ。

    そして、
    ジャッキアップしてある車体を地面に落っことしちゃうと肉体的なダメージがなかったとしても、精神的なダメージはそうとうなもんだと思います。

    幸いなことに、未だにジャッキから車を落っことした経験はないんですが。
    ※危ういことはあったな、そういえば。

     

    スポンサーリンク

    タイヤ交換のポイント

     

    ワタクシ
    今更ですがタイヤ交換時のポイントです。
    道端でタイヤ交換しているオジサンとか結構適当なので見ててハラハラします。
    ※余計なお世話なので見かけても何も言いませんが。

     

    信じがたいですが、
    小雪降る中、道端でタイヤ交換してる人って結構いるんですよ。
    しかも、
    砂利の上とかで。

    事故が起こるのを避けるのはもちろんですが、

  • 事故が起こった場合の想像力がない
  • リスクヘッジを知らない
  • とダメな大人のレッテルをはられる前に知っておいた方がいいタイヤ交換の際のポイントは結構あるんです。

     

    タイヤ交換は平坦な地面が安定したところで

     

    ワタクシ
    砂利駐車場で油圧ジャッキだけで持ち上げてタイヤ交換してる人います。
    マジで危ないですよ。

     

    車をジャッキアップする際は、

  • 地面が平たん
  • 舗装路などの安定した路面
  • で作業しましょう。

    これは最低条件ですよ。
    本気で危ないです。

    その上、
    輪留めもしないなんて重大事故発生装置みたいなもんです。

     

    タイヤ交換時は輪留めを使う

     

    ワタクシ
    車が動かないように輪留めを使いましょう。
    車って持ち上げると結構動くもんですよ。

     

    車を油圧ジャッキで持ち上げる際には必ず輪留めをかけましょう。

  • 後輪を持ち上げる際は前輪の前側に
  • 前輪を持ち上げる際は後輪の後側に
  • 輪留めをしっかりかけましょう。

    輪留めは一個でもないより全然安心です。できれば二個あるといい。
    created by Rinker

    こういう細かい物にさりげなくこだわりのステッカーとか貼ってあるとちょっとカッコいい。

    最悪、

  • 手のひらサイズの石
  • 厚めの木材
  • でも代用が効きます。
    ※それほど高価なものでもないので車を使う人は持っておいて損はないと思いますよ。

    ちなみに・・

    当倶楽部では、

  • 携帯用の輪留め
  • パンタグラフジャッキ
  • 折りたたみ式リジッドスタンド
  • は、大昔に乗ってたフェアレディZ32の純正車載工具を使っています。

    コレがアルミで結構かっこいいんですよ♪
    ※さすがバブル時代の設計です。細かいところまで贅沢♪キーはチタン製だったし。

    探すと出てこないんだよねえ・・
    当時の純正車載工具は。

     

    タイヤ交換時は油圧ジャッキの前にホイールナットを緩める

     

    ワタクシ
    タイヤ交換あるあるが「ホイールナットを緩める前に車体を持ち上げちゃう」というものです。

     

    (ホイールナットを)緩める前に
    持ち上げる
    あるある探検隊♪

    ワタクシも今でもたまにやります。

    そういう時は、
    中川家の礼二さんのように、おでこをぴしゃりと叩いて自分を誤魔化すようにしています。
    ※なぜか自分への言い訳はエセ大阪弁になりがち。

    こういう吹っ切りかたをしないと自分の馬鹿さ加減が嫌になる。

    いい加減反省したら速やかに
    タイヤを地面に接地させてホイールナットを緩めてから再度持ち上げましょう。

    ちなみに・・

    ジャッキアップしたままサイドブレーキ引っ張った状態でホイールナットを緩める人もいますが、危ないので素人は安全第一でやるべきですよ。

    素人ほど、細かいことでも慎重に確実に安全に!
    タイヤ交換程度で怪我でもしたら「末代までの恥」ですよ。

    そして、
    一部の車は前輪にパーキングブレーキ(サイドブレーキ引っ張ってかかるブレーキね)がかかる車種もあるのですよ。
    ※ちょっと前の外車でたまに見かけます。

     

    タイヤ交換時に十字レンチは足で蹴らない

     

    ワタクシ
    ホイールナットを緩める&締めるときに、十字レンチを足で蹴る人がいます。
    車に対する愛情無いんだなーって思っちゃいます。

     

    普通車くらいまでなら人間の手でホイールナットを緩めることは可能ですよ。
    逆に、普通の男性で緩まないくらいバカトルクで強く締まってるなら締めすぎ。
    ※タイヤ屋さんやショップでインパクトレンチを使ってホイールナットを締めると締めすぎなことがあります。

    タイヤ交換の際に十字レンチをける輩は本当に居る。

    タイヤ交換の際に十字レンチをける輩は本当に居る。


    蹴った際に外れた十字レンチで弁慶の泣き所を打つがいい。

    ホイールのスタッドボルトはかなり強度が高いとはいえ、強大なトルクで締めると伸びます。
    もしホイールナットの締め付けトルク不足が心配であるなら、締め付けトルクだけショップにチェックしてもらうのも手ですよ。
    ※ショップが混んでる初雪予報前は嫌がられるでしょうけど。

    嵩張るのが気にならなければクロスレンチは折りたたみじゃない方がいいですよ。
    created by Rinker

    画像は折りたたみ式。
    可変機能があるとどうしても力を入れづらい気がするんですよ。

    ちなみに・・

    旧車のスタッドボルトは強度が足りないものもあります。
    長年の使用に耐えて金属疲労を起こしてる場合もありますし、もともとスタッドボルトに強度がない車種もあるんです。

    旧miniのスタッドボルトは強度不足なのは有名で、
    エアインパクトレンチで国産車並みのトルクをかけるとボルトが粉砕します。
    ※一度ワタクシも折っています。

    旧mini用に「強化スタッドボルト」という商品もあるくらいですよ。

    旧miniはいろいろ教えてくれたいい教材でした♪
    中でも、
    「ホイールナットはそんなに思いっきり締めなくてもいい」
    ということを教えてくれました。

     

    タイヤ交換時はスタッドボルトには薄くグリスを

     

    ワタクシ
    当倶楽部ではタイヤ交換の際にスタッドボルトのネジ部に薄くグリスを塗布しています。
    ホイールナットの錆止め&トルク管理のためです。

     

    ワタクシは意外にもこういうことは結構マメにやるタイプなのです。
    ボルトナットって錆びると後々面倒なので。
    ※どうせ何度も外すんだし健全な状態をキープしたいじゃないですか。

    これも旧miniで学びました。
    錆やスタッドボルトの変形で
    「ナットがスムーズに入っていかないと締め付けトルク管理しても意味ない」
    のですよ。

    毎回、タイヤ交換の際にボルトのチェックをしつつ薄くグリスアップしています。

     

    外したタイヤ&ホイールは洗ってから保管

     

    ワタクシ
    年に一度はタイヤもホイールも裏側まできれいに洗ってあげましょう。

     
     
    常に大変厳しい状況にさらされているタイヤです。
    なので、
    日ごろの感謝も含めて念入りに洗ってやると良いですよ。
    洗った後、タイヤワックスを塗布しておくとタイヤの持ちが違います。

    タイヤは交換したら洗ってタイヤワックスしておくと長持ちします

    タイヤは交換したら洗ってタイヤワックスしておくと長持ちします


    一台分なら楽勝でも4台分まとめてやるとね、非常に重労働なんですよ。
  • 流水で流して
  • ブラシで磨いて
  • 乾かして
  • タイヤワックス掛けて
  • ビニール袋に入れて保管
  • この流れを1日に4台分(16本のタイヤでこれをやる)と疲労困憊します。
    ※ついでに洗車とオイル交換もする。厳しい季節に入る前のオイル交換はエンジンの負荷を和らげます。

    ちなみに・・

    特に、今どきの車のタイヤって買うとすごく高いです。
    ※アバルト595のタイヤなんか4本で10万円超えますよ。マジ勘弁って感じです。

    一般的なサイズのタイヤは量産効果で安い。
    もう安いタイヤの車で十分、とアバルト595のタイヤの値段を見て思いますわ。
    ※ミニバンとかVIPカー的な車のタイヤなんか見るだけで高そうで気持ち悪くなりますわ。

    そんなのしょっちゅう買い換えられないので、タイヤも寿命一杯(って言っても5年)使ってやりたいもんです。



    こことか、



    ここで、
    自分の車のタイヤの値段調べてみるとタイヤをぞんざいに扱えないですよ。
    ※それでもタイヤは通販で買うとショップで買うより安いです。

     

    タイヤ交換した後、少し走ったら再度ホイールナットを締める

     

    ワタクシ
    タイヤ交換でホイールを再度組み付けた場合は初期ゆるみで多少ナットが緩むことがあります。

     

    なので、
    少し走ったら再度ホイールナットの締め付け状態を確認しましょう。
    必要に応じて増し締めします。
    ※緩んでも4分の一回転ってとこです。ナットがゆるゆるになってたらかなりヤバいです。

    ちなみに・・

    ホイールナットが一個でも緩んでいる状態だと次第に他のナットも緩んでくるようですよ。

    ホイールとハブが面接触できなくなっただけで、点接触となったスタッドボルトに応力が集中して折れます。
    そうなると、
    走行中にタイヤが外れて吹っ飛んでいくというシャレにならない状況になります。

    今の車は走行中にホイールの緩みや異音に気が付きにくいんですよ。
    ※旧車は華奢なので結構いろんな不具合に最悪の状態になる前に気が付くことが多いです。

    そして、

  • 車重が重い車
  • 出せる速度域が高い車
  • ほど、ホイールナットの数が多いって知ってました?
    飲み屋で語れるどうでもいい知識ですが。

     

    スポンサーリンク

    まとめ

     

    ワタクシ
    タイヤ交換簡単ですが割と危険度が高いメンテナンスと言えます。
    面倒ですが初心者ほどメンテナンス時の安全対策と確認は徹底した方がいいですよ。

     

    メンテナンス時の安全対策は
    「車趣味なら当たり前!」
    というくらい徹底した方がいいです。
    怪我するようなメンテナンスって結構あるんですよ。
    ※ワタクシはメンテナスする際は保護メガネを常備しています。何するにしても目は保護しておいた方がいいです。

    アストロプロダクツ セーフティグラスは安くて惜しくない!
    created by Rinker

    超安いのでツーリング時にも活用しています。

    当倶楽部では、
    同日に何台ものタイヤ交換を行うのでイチイチ手間をかけるのは面倒です。
    それでも、
    「最悪の場合に備えて出来る限りのことはしておく」
    ことが無駄だと思ったことはありません。

    ちゃんとやれば、タイヤ交換は次素人でも十分できるメンテナンスですが、
    毎年、タイヤ交換時のトラブルでJAFが出動するような事態が多発しているようです。
    その多くが、
    タイヤ交換の安全対策を怠ったために発生したもの
    だそうですよ。

    想像してください。
    大事に大事に乗ってきたあなたの愛車のメンテナンス作業中に、

  • タイヤを外した状態でジャッキが倒れてしまった場合の惨事を。
  • ボディが地面にたたきつけられ、割れたバンパーやウィンカーを。
  • 愛車に挟まれたあなた自身を。
  • 落ちたボディを再度上げることができないで呆然とする様を。
  • 最悪じゃないですか?

    スタッドレスには

  • なるべく早く交換して
  • なるべく遅くまで履いている
  • のが基本です。

    タイヤ交換は余裕をもって。
    雪が降りはじめるだいぶ前に余裕をもって冬用タイヤ(スタッドレス)に交換しましょう。

    雪降ってる中、慌ててタイヤ交換して事故になるなんて悪いを通り越して最悪です。

     

     

    スポンサーリンク







    -クルマ

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2