長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z750D1 バイク

カワサキ Z750D1をはじめ、旧車バイクのタンクキャップはガソリンが漏れる

更新日:

Z750D1のようにアップハンの方がクラッチワイヤーに負担が少ない気がする
Toos

古いバイクのほとんどは、ガソリンタンクはヤカンと同じです
タンクはガソリンが入ってて、フタが閉まるだけ
ガソリンは燃料コックを経由して落下式でキャブに落ちていくだけ
タンクキャップはただのフタに近いです

そりゃもちろん、ガソリン満タンでバイク振りまわしゃガソリンこぼれるよって話です

スポンサーリンク

Z1系に限らず、昔のバイクはガソリン満タンだと漏れる

もう冒頭で言っちゃいましたが(笑

昔のバイクのガソリンタンクは、デザインや造形こそ違えどヤカンと同じです
難しい燃料ポンプの機構もないし、自由落下式でキャブに送られます
※一応燃料コックでON/OFF/RESはできる

タンクキャップは、一応スプリングの抑えがあるとはいえ、ゴムパッキン付のフタがあるだけ
※Z1,Z2の初期型にはガソリンキャップのカギすらないです

ゴムパッキンは新品でもガソリン満タンで振り回すとガソリンは漏れます
※後記します

ゴムパッキンが劣化してひび割れた状態で、満タンにしてバイクを振り回すと、もうザブザブ漏れます
※満タンにしなくても漏れます♪

80年代初頭のエアプレーンキャップ式のガソリンキャップができるまでのバイクは結構みんなこんなもんです

ゴムパッキンだけに頼り切ってます
ゴム製品は偉大です
結構よく働いてくれます

Z1系は、逆に雨などで結構な水も入っていると思われますが、タンクの鉄板が厚いので内部がかなりさびても穴が開きません
※たまにガソリンコック外してタンクの内部確認したほうがいいですよ。何も対策していないと結構さびてますよ間違いなく。

ガソリンが漏れるとタンクが脱脂されてしまう

ガソリンが漏れると、タンクの外側にはダメージを食います

要するに脱脂されちゃうわけです
本来、タンク外側はワックス等でコーティングされてるのですが、これが一気に溶かされます
ガソリンって結構強力なパーツクリーナー並みの能力があります
※全然おすすめしませんが、貧乏時代のワタクシは、ガソリンをウェス(ボロ雑巾)にとって、脱脂してたくらいです(今でも貧乏でという噂はあるにしても)

このタイプのタンクキャップは必ずガソリンがこぼれます

このタイプのタンクキャップは必ずガソリンがこぼれます

脱脂されたガソリンタンクには水系のダメージはもちろん、ガソリンがそのまま乾くと赤茶けた跡がそのまま残ります
※大体古いバイクにはそういう跡がある

あ、ステッカーとか糊も溶かしますよ
※ステッカー自体もダメージ食いますが

スポンサーリンク

ガソリン満タンでのガソリン漏れ、対策はどうするか

簡単に言うと満タンにしない、です

古いバイクはいろんなところに不具合があって燃費が悪かったりするし、今と比べりゃタンク容量が少ないものも多い

ので、極力満タンにしたい気持ちはわかります
が、
ヤカン方式のガソリンタンクは必ず漏れます
これが構造的に解決するのは、タンクキャップがガソリンタンクと面一になるレプリカ時代まで待たなければなりません
※Z1-R(1型)は例外的にタンクキャップ回りが凝ったつくりで漏れてもそれほど影響はないのだ♪(Z1R2はタンクキャップ回りの意匠が違うので漏れると思う)

当たり前ですが、
漏れ防止としてできるもう一つのことは、ガソリン満タン時はそれほどバイクを振り回さないということです

どうしてもガソリンがタンクから漏れたら、危ないしいいことないのですぐにふき取りましょう

逆にガソリンがキャブに落ちていかないことがある

旧車バイクのタンクキャップにはもう一つ大きな役割があります

ガソリンが落ちていくに従い、ガソリンタンクが真空なるのを防ぐため、タンク内の負圧を抜くための通気をしています
負圧抜き用空気穴はからもガソリンは漏れるよ、理論的には(穴開いてるんだし)

特に、YAMAHA RZ系のタンクキャップの空気穴は詰まりやすい
ガソリン入れた直後はエンジン調子良くても、ちょっとするとガス欠っぽい症状になる場合はここが疑わしいです
※ガソリンタンク内が真空状態でガソリンが落ちていかないので勢いガス欠症状になる

RZ250のタンクキャップは水も入りやすいし詰まりやすい

RZ250のタンクキャップは水も入りやすいし詰まりやすい

ワタクシはRZ250に乗ってるときに散々悩んだ挙句、タンクキャップを掃除しまくったらガス欠症状が一気に直ったという経験がある
※タンクキャップを回すと、プシューという音がしたらまず間違いなくこれ

昔のバイクなんて、そんなもんなんっすよ
※ショップに出したらいくらとられるんだか・・情報弱者はきついよねえ

まとめ

たかがタンクキャップと笑うなかれ、旧車はこんなところでも乗り手を試してきます

それを笑って許してあげましょう♪

ゴムパッキンを変えると気休めにはなりますが完全には止まりません
後は、運用でカバーです

ガソリンタンクからザブザブ漏れる車種は結構ありますが、大先輩のZ750GPはすごい勢いで漏れてた記憶がある
※ワタクシのジムカーナのお師匠様でした♪

その後、彼は大借金して当時から高価だったZ1000Rローソンレプリカに乗り換えることになり、試乗させてもらったりしたのでちょっと嬉しかったのだった
※もう30年も前の話ですが

久しぶりにZ750D1を振り回したらガソリン漏れてきたので、ちょっと気が付いて書いてみました♪

古いバイクに乗るのに細けえことは気にすんなよ、という記事でした

Z1-RとZ750D1関連記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バッテリーは夏も冬も酷使されます!




バイクのバッテリーって乗らないとすぐ上がる気がします
旧車バイクの開放型バッテリーは、冬に充電しまくっても3年持ったことがありません・・






古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です








-Z750D1, バイク
-, , , , , , , ,

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.