バイク

バイク乗りの眼鏡問題。ヘルメットかぶる時、メガネはドライアイにも有効!

Toos

目が悪い人はヘルメットをかぶるとどうしても問題が発生します。
そうです、「めがねの問題」です。

目の悪いバイク乗りは眼鏡装着率が高いのではないでしょうか?
コンタクトはゴミが入ると超痛いし、グローブではゴミは取れません。

が。
ヘルメットによっては、眼鏡の弦部分が・・当たって痛くなります。
ドライアイにも有効なバイク乗りの眼鏡について記事にします。

スポンサーリンク

昔はヘルメットと眼鏡は相容れないと言われていた

Toos
ヘルメットかぶると眼鏡が非常に邪魔です。
とにかく、眼鏡の付け外しが面倒です。

昔は目が悪い人はバイクに乗っちゃいけない・・というくらいヘルメットが眼鏡対応ではありませんでした。
でも今は、
ヘルメットとメガネもトレードオフなのだよ、と言ってたのはもう過去の話になりました。

今は眼鏡でさえ、ヘルメット対応のものが存在します。

スポンサーリンク

現代はバイク用に特化した眼鏡も存在するとは!
created by Rinker

やはり、ニーズはあるよねえ。

ちなみに・・

今も昔も、目が悪い人はヘルメットも眼鏡もどちらもないと合法的にバイクに乗れません。

ヘルメットをかぶった後にメガネを装着することになるんですが、これがとにかく結構面倒です。
眼鏡をヘルメットの上から装着する際、高いメガネを落したり、壊したりすると凹むじゃないですか。
眼鏡のレンズに傷が入ったり、フレームがゆがんだり・・

ゆえに、
バイク用の眼鏡は安い奴で十分だと言われていました。
※ワタクシはバイクに乗る際、眼鏡かけてシールド開けて走ってるからかもしれませんがレンズが超痛みます。

それに、
眼鏡の弦の部分がこめかみを圧迫して痛くなります。

バイク乗りの眼鏡については

  • とにかく物理的に頑丈
  • 弦が細い
  • 弦がストレートな形状
  • のスポーツグラスのようなものを選ぶと少しマシになります。

    さらに、
    バイク乗る時の眼鏡のレンズは大きめがいいです。

    特に、
    前傾姿勢のポジションのバイクは上目遣いっぽくなるので眼鏡の守備範囲を大きく外れがちです。
    ※小さいく細いレンズだとレンズが目の位置と合わないんのが非常に気になるのです。

    アストロプロダクツ セーフティグラスは安くて惜しくない!
    created by Rinker

    度は入りませんがドライアイ対応であれば、こんなので十分です。

    最近のヘルメットは眼鏡対応になってる

    Toos
    ヘルメットの内装のこめかみ部に弦を逃がす工夫があったりするのでビックリです。
    ヘルメットメーカーさんのこういう親切設計は本当にありがたい。

    やはり、
    ヘルメットの企画開発チームにメガネ君がいたのでしょうねえ。
    ワタクシも目が悪くなる前は、ヘルメットの眼鏡対応なんか全然全然気ににしなかったし。
    こういう痒い所に手が届くというような設計は実体験で困った経験がある人が発案するのでしょう。

    とりあえず、
    ヘルメットはデザインで選びたいので国内外の全モデルでメガネ対応して欲しいもんです。

    こういうモデルをかぶってればまず間違いなく、眼鏡の弦でこめかみが痛いということはないですね。
    やはり、最初から眼鏡対応設計がきちんとされているヘルメットに勝るものはないです。
    メーカーさんの工夫が素晴らしいヘルメットがこちらです。

    国産では眼鏡対応モデル

  • SHOEI GT-Air
  • ARAI VECTOR-X
  • OGK KABUTO KAMUI-Ⅲ
  • SHOEI GT-Airはなんでこんなに高いのだ!
    created by Rinker
    アライ VECTOR-Xは眼鏡対応ヘルメット!
    created by Rinker
    OGK KAMUI3は最近気になってるヘルメットの一つ
    created by Rinker

    どれも気になるけれど、OGKが安くて機能満載です。

    メーカー側の工夫がない場合は自分で無理やり工夫する

    Toos
    こめかみのあたりの内装のスチロール部を無理やり凹ませるのもアリです。
    ワタクシのかぶっているヘルメットは外国製なので眼鏡くん対応はしてくれていません。

    邪道かもしれないけど、ヘルメットでこめかみが痛くなるより全然いいです。
    弦の部分って結構頭を圧迫するんだよね、メガネかけるようになってからよくわかりました。

    もちろん、
    メーカーさんが眼鏡の弦の隙間を作ってくてれるようならそれに越したことはないですけどね。

    さすが国産ヘルメットメーカー!

    国産のヘルメットメーカーなら内装の加工してるくれるところがあるようです。

    ■関連サイト
    ARAI:テクニカルプロショップ

    ■関連サイト
    SHOEI:テクニカルショップ

    ■関連サイト
    OGK KABUTO:プロフィッティングサービス

    スポンサーリンク

    ワタクシは緑内障+ドライアイ+色素が薄く光に順応が遅いです

    Toos
    緑内障+ドライアイ+色素が薄く光に順応が遅いので結構困りものです。
    しかも、シールド開けて走りたがるという変な癖があります。

    まあ体質的なことなので仕方ないんですが・・。
    バイク乗りとして、それでも風に当たりたいんですよ。

    後で目が乾いて痛くなってもシールド上げて走ることの方が好きです。
    そんなに普段から飛ばさないです。

    夏なんか、よくみんなシールド下げて走ってるなーと思います。
    暑くないのかしら?

    実は視力は超いいんです。
    いまだに左右とも裸眼で1.5はあります。
    ※この1.5とかの単位ってなに?

    ダテメガネに近いですが、眼鏡は必ずするようにしています。
    ※シールド開けて走るとホコリなどのゴミが目に入ってと痛いですしね。

    ちなみに・・

    ヘルメットのシールド開けて走ると、とにかく目が乾くんですよ。

    そういう場合にも、眼鏡は有効です。

    ワタクシの場合、
    バイクに乗る場合は作業用の眼鏡(後述します)+ミラーシールドを装備しています。
    ※普段はブルーライトカットの専用眼鏡を常用しています。

    基本的に、
    まぶしすぎると視界が真っ白になるという体質です。
    逆に真っ暗なトンネルに入ると全く何も見えなくなります。
    ※先行するバイクのテールランプがやっと見えるくらいです。

    なので、
    そういう場所では全く飛ばしません。

    年齢とともに、とにかく安全に気を遣うようになりました。
    それとともに身体の各部を守りがちになります。
    ※若いころは全く何も気にしなかったんだけどねえ・・

    ドライアイ対策には作業用のメガネが安くていい

    Toos
    ドライアイ対応にはアストロプロダクツの作業用メガネ300円くらいが惜しくなくていいです。
    落としても割れません。
    落とすとレンズが外れますが。

    値段も値段なので、ひたすら安っぽいです。
    とはいえ、
    これでもドライアイ防止と風よけには十分です。
    黄色いレンズもいい感じです。

    アストロプロダクツ セーフティグラスは安くて惜しくない!
    created by Rinker

    近所のアストロで買い占めました♪

    アストロプロダクツの作業用メガネは弦の部分はほぼストレートなので使いやすいです。
    ※弦にはゴムのカバーがついてます。

    レンズ部が大きいので目をカバーできる範囲が広いです。
    実は、このアイテムに至るまで試行錯誤しまくりました。
    ロングツーリングの際は予備も持っていくくらい使いこんでいます。
    ※もう二個なくし足り壊したりしましたが安いので全然惜しくないです(予備も買ったし)。

    オフロードのときはゴーグルがあるのでドライアイ対策はしなくていいので裸眼です。
    ※メガネ対応ゴーグルもあるのでメガネ等の限定免許の友人はそれを使っていますがハードに走ると曇るようです。

    スポンサーリンク

    まとめ

    Toos
    バイク乗りのメガネ問題はメガネ対応のヘルメットを購入すれば大体解決します。

    OGK KAMUI3は最近気になってるヘルメットの一つ
    created by Rinker

    もう全部これでいいじゃねえかっていうくらい機能満載で安くてカッコいいじゃん、OGK。

    眼鏡対応ができてないヘルメットは、

  • こめかみ部を少しつぶして弦のスペースを作る
  • プロショップに持ち込む
  • と幸せになれます♪

    眼鏡はバイク用を選ぶと幸せになれます。

  • バイク用の頑丈でレンズの大きい眼鏡を用意するのが無難
  • ワタクシのような視力はあるけどドライアイなどの持病(?)を持ってる場合は、

  • やっすい作業用の眼鏡が惜しくなくていい
  • そして、
    この眼鏡問題を進めていくとスモークシールドの話になります。
    そうなると夜やトンネルではどうするという話になります。

    スポンサーリンク







    -バイク

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2