Santa3 / Pixabay

ツーリング バイク

バイクにはヒップバッグが便利!今はウエストポーチとは言わないのか!?ダサくないぜ、便利だぜ!

スポンサーリンク




 

ワタクシ
世間一般では格好悪い(ダサい)と言われているウェストポーチです。
海外旅行でウェストバッグ装着のオバちゃんは確かにダサいですが。
最近はヒップバッグとか言われて、なんだか垢抜けた気がします。
バイク乗りにはメリットが多いんですよ、ほかの収納というか荷物運びグッズと比べて。
財布も携帯もポケットに入れるよりは安全に運ぶことができます。

 

スポンサーリンク

バイク乗りにとってヒップバッグはほんとに便利です

 

ワタクシ
バイクに乗る際、
スマホや財布・ペットボトルはどうやって持ち運んでますか?
結構人それぞれでこういう話は興味深いですよね。

 

  • ジャケットの内ポケ?(スリム系ジャケットは入らないね)
  • ジーンズの尻ポケット?(ペットボトルは入らんけど)
  • バイクに乗る際に衣服のポケットにモノを入れておくと結構モノを落としますよ。

    ジャケットの内ポケに入れると片方だけが重くなって肩こりますよ。
    ジーンズの尻ポケットにスマホ入れて走ると最悪画面割れますよ。
    飲み残したペットボトルや林道に飲料もっていく際、リアキャリアに括り付けても落としますよ。

    スポンサーリンク

    ↑全部経験済です。

    それを一気に解決してくれるのが、
    ウェストポーチ&ヒップバッグじゃないですかね?
    ※小ぶりのシートバッグも便利ですが、ちょっと散歩くらいでは大げさな気がします。

    DEGNER ウェストポーチ!最近デグナー製品がお気に入りです。
    created by Rinker

    大人のバイク乗りが使ってもカッコいいデザインが多くて、作りがまともです。

    ウェストポーチやヒップバッグに財布入れておくと、料金所でスムーズに財布出せて素敵です♪

     

     

    個人的には

  • 小ぶりなものをウェストポーチ
  • 大ぶりなものをヒップバッグ
  • という見解でいましたが細かい区分けはないようです。
    ※Amazonや楽天で検索してもよくわからん?って感じです。

    この記事では以降、今時っぽくヒップバッグと呼称します。
    ※普段はウェストポーチと言っていますが。

     

    バイク乗りにヒップバッグが良い点

     

    ワタクシ
    両手が開くので走行中も、出先での散策も気楽です。
    バイク乗りはごつく動きづらい嵩張るウェアを着がちです。
    プロテクター付いたウェアで荷物をもって散策するのはちょっときつい。
    リュックサックだと肩凝るし。

     

    財布やスマホは基本的に絶対落としたくないです。

    ヒップバッグに入れてファスナーでしっかり閉じておけばジャケットの内ポケよりはるかに安心です。
    何より荷物を出すのがすごく楽です。
    ※どこに入れたかも迷わないしね♪

    とつぜんの雨でも短時間なら着ているジャケットの内側にヒップバッグを格納しちゃえば濡れません。

    ちなみに・・

    実は、ツーリング中の突然の豪雨で2度ほどウェストポーチが浸水したことがあります。

    スマホも財布もずぶ濡れになって一度はスマホが完全に死亡、買い替えになり散財したことがあります。
    ※折り畳み式のガラケーの時代でした・・以降、絶対防水機能付きのスマホを買うようにしています。

    とりあえず、
    ツーリングの際、雨が降ってきたらおとなしく雨宿りorカッパ着るべきです。
    ※ツーリング中って雨降ってきてもなんでか「まだ大丈夫♪きっと止む。河童は大げさ♪」って思いません?大抵その判断は間違っています。

     

    バイク乗りにヒップバッグがいまいちな点

     

    ワタクシ
    ライダーと登山者以外にとってはヒップバッグはマイナーな存在です。
    海外旅行のおばちゃんたちが使ってたダサイイメージが抜けていません。
    ※Notライダーからはダサいと思われがちです。

     

    何事も世間体や格好から入る人が多いですが人の言うことなんか気にすることはないです。

    そんなの両手が使える気楽さに比べれば、屁でもないです。
    アナタを大事に思ってくれている人は、ちょっとくらい格好悪くても気にしない。byスナフキン

    格好いいヒップバッグを探して、
    恰好いい運用をして、
    自分が格好いいスタンダートの基準になっちゃえばいいんですよ♪

    そして、
    今ではかなりスタイリッシュなヒップバッグも存在します。
    ※昔はバイク用っていうとバイク用品メーカー名がでかでかと入ったような子供だましグッズしかなかったんですが。

    DEGNER ヒップバッグ ホルスター型で革製!
    created by Rinker

    デグナーの革製品は革細工が趣味のワタクシが見てもかなりいいです。

    デグナーの公式ページはこちら。
    創業30年を超えた京都の老舗バイカーズアパレル【DEGNER】

     

    バイク用ヒップバッグの選び方

     

    ワタクシ
    とりあえずは、一番かっこいいものを選べばいいと思います。
    とはいえ、
    なにを入れて運用したいか?ということから逆算するのが間違いないです。

     

  • スマホ
  • 財布
  • ペットボトル
  • 小さめのタオル
  • サングラス
  • くらいが入ればとりあえずは問題ないですね。

     

     

    ヒップバッグはバイクのキャラクターに合わせて選ぶ

     

    ワタクシ
    昔はヒップバッグといえばいかにもバイク用!というガキっぽいデザインしかなかったんですが。
    ヒップバッグも革製になり、大人が使ってもデザインがカッコいいものも多いです。
    ※機能や収納力では登山用ヒップバッグが使い勝手がいいです。

     

    DEGNER 5S-W2K チョークバッグ 京桜。さすが京都のメーカーです。
    created by Rinker

    こういうのをバイク乗りの彼女にプレゼントしたらカッコいいかもしれません。
    この他にも、京桜シリーズのラインナップが充実。

    女子ライダー用とかもあるのがすごい。

    ↓この商品の販売本店はこちら
    創業30年を超えた京都の老舗バイカーズアパレル【DEGNER】

    ヒップバッグを選ぶ際は、バイクのキャラクターにも合わせるといいです。

  • スポーツバイク系にヘビーデューティな革製は似合わない
  • 旧車やアメリカンバイクにポップなデザインも似合わない
  • オフロードバイクに革製はもったいない
  • オンロードスポーツバイク系は小ぶりなデザインチックなものを使ってる人が多い気がします。
    オフロードバイク系は大ぶりなペットボトルが日本くらい入るようなものを使ってる人が多い気がします。
    ※オフ車は車体に荷物を括りつけると挙動がおかしくなるので、車体はなるべく軽くして林道に入りたい。

    ちなみに・・

    オンロードの古めのデザインのバイクには革製のしっかりしたヒップバッグはやはり似合うしかっこいいんですよ。

    こういう小物に拘るのも大人のバイク乗りって気がします。
    ※ちょっと高価ではありますが革製品は補修できるので大事に手入れすれば一生使えます。






    創業30年を超えた京都の老舗バイカーズアパレル【DEGNER】

    このメーカーの革製品、まじめに良く出来てて最近ファンです。
    革製品は修理もしてくれます。
    さすが京都の老舗って感じです。
    革製のサイドバッグ扱わせたら日本一だと思います。

    デグナーのブーツをミンクオイルで手入れしてるところ

    デグナーのブーツをミンクオイルで手入れしてるところ


    カッコいいし、革もいい素材使ってますよ、デグナー。

    ブーツとジャケットとタンクバッグがデグナー製

    ブーツとジャケットとタンクバッグがデグナー製


    バイク乗りが考えただけあってまあカッコいいわ。

    嫁はこのメーカーDEGNERにはまってブーツもジャケットも買っちゃいました♪
    ワタクシは20年ぶりにDEGNERのタンクバッグを買いましたが良く出来ています。

    オフロードツーリング用だと洗えるものがおススメ

     

    ワタクシ
    オフロードツーリングで使う場合は絶対汚れるので洗えるヒップバッグが良いですよ。
    あんまり高価なものじゃない方がいいです。
    埃や泥まみれになるのでしょっちゅう洗うので痛みます。

     

    オフロードでは少し大きめなヒップバッグを利用しています。
    財布と携帯とドリンク一本、ティッシュとサングラスを入れています。
    ※サングラスは割れたことがあるのでケースに入れて持っていきます。

    普段便利だけど雨が容赦なく侵入するウェストポーチ

    普段便利だけど雨が容赦なく侵入するウェストポーチ


    同じの2個あるので交互に使っています♪

    林道ツーリングの際は、寒くても絶対水分は持っていきたいですよねえ。
    山の中には自動販売機もコンビニもないし、水道なんてない場所ばかりです。
    ※特に夏場は汗だくになるんでペットボトル二本ぐらい持っていきたいです。

     

     

    スポンサーリンク

    バイクで荷物を携帯するのにヒップバッグの他は何がある?

     

    ワタクシ
    大きく分けて、
    ライダーに括り付ける系、バイクに括り付ける系があります。

     

    各々便利な点と不便な点はありますが、
    少量の荷物の場合はヒップバッグの使い勝手が圧勝です。

    リュックサック、ディバッグ

     

    ワタクシ
    人に括り付ける系の代表ですね。
    リュックサックは市民権を得てるようでスタイリッシュなデザインも多いです。

     

    ただし、
    重い荷物を入れてロングツーリングすると非常に身体に負担になります。
    次第に背負ってるものの重さが苦痛になってくるんですよ。
    人生みたいですね

    更に、
    ジャケットの上から背負うことになるのでジャケットにプロテクターが入ってるとかなり邪魔です。
    革ジャンの上からリュックってのもなんだかダサいです。
    しかも窮屈そうでねえ

    オフロード走行では、
    スタンディングポジションとシッティングポジションを繰り返しますので余計負担になります。
    ※要するに走りながら立ったり座ったりするってことです。

    短時間であればそこまで気にする必要はないんですが。
    肩ひもが内容物の重さに乗じて容赦なく肩にダメージを与えてきます。

    ちなみに・・

    キャンプツーリング時は嵩張らないリュックサックを持参すると便利です。

  • お風呂に行くとき
  • 買い出しに行くとき
  • リュックサックの収容能力はヒップバックとは比べ物になりません。

    買い出し時には重たいもの主に酒をリュックサックに入れて背負い、軽いものはバイクに括り付けます。
    これで夜の宴会は食材に困ることはありません。
    ※短時間なら重い物をリュックサックに入れて背負う方が荷物を落とす危険性が減ります。

    タンクバッグ

     

    ワタクシ
    ロングツーリングの際に携帯を充電しながら走ったり、紙の地図を見ながら走るのには最適です。
    昔からツーリングの定番アイテムです。

     

    容量も結構ある(最近は容量可変式のものが主流)ので嵩張るものも入れられます。
    タオルや飲料なども余裕で入ります。
    ただし、
    タンクバッグに重い物を入れると座りが悪くて安定しません。
    ※量が入るからと言って調子に乗って重い物を入れるとバイクを離れるときに重くて持ち運びにも苦労します。

    タンクバッグは、マグネットでバイクのタンクに留めるタイプが主流です。
    峠でバイクを振り回したりすると多少不安ではあります。
    その場合は、
    大抵タンクバッグとセットになってるショルダーストラップをメーターやミラーに回したりして保険をかけておきます。


    これ、ワタクシも愛用しています。
    可変容量で使い勝手が良くカッコいいので嫁によく奪われます。
    ※ツーリング中のスマホの充電にも便利です。

    オフロードバイクは大抵タンクの形が変なので専用のタンクバッグ(容量小)を使うことになります。
    ※当然ポリタンのオフ車やタンクがフルカバーされてるバイクには使えませんが。

    タンクバッグはバイクを離れる際は持ち運ばなくてはならず、邪魔ではあります。

    ちなみに・・

    マグネット式のタンクバッグは地面にはおかない方がいいです。

    マグネットが砂鉄を呼び寄せるので、そのままタンクに乗せると思いっきり傷になります。
    ※ひっかき傷になって数時間立ち直れなかった友人S君、元気かね?

    シートバッグ

     

    ワタクシ
    昔はシートバッグと言えばツーリングネットで括り付けたもんです。
    最近は、シートに付属のストラップというかハーネスで固定する小ぶりのバッグが流行っています。
    これがまた結構スタイリッシュでカッコいいです。

     

    シートにはゴムのネットで固定するという常識は最近通用しなくてビックリです。
    ※でかいキャンプバッグですらこの方式です。非常にすっきりするうえ積載が簡単です。

    2019年度から採用していますがこれがかなり便利です。
    ハーネス固定式なので、重い物も大丈夫♪
    ちょっとした工具も安定して積めます
    ※最近はZ1-Rにつけっぱなしです。


    これが使い勝手がいいのよ。

    こういうリアバッグがスタイリッシュでカッコイイです。最近買いました♪

    こういうリアバッグがスタイリッシュでカッコイイです。最近買いました♪


    サングラスやキャップも型崩れしないし。

    容量もかなりあるので、

  • タオル
  • キャップ
  • ラウンディなスポーツサングラス
  • 整備用工具
  • を収納しています。

    ただし、
    シートバッグもバイクを離れる際は外して持ち運ぶ必要があります。
    ※タンクバッグのリアシート固定版って感じです。

    スポンサーリンク

    まとめ

     

    ワタクシ
    バイクを操作するときに邪魔にならず、
    バイクを離れるときに両手をフリーにできるヒップバッグはやはり優れています。
    それが最大の魅力でもあります。

     

  • ヒップバッグは貴重品を肌身離さず携帯できる
  • オールシーズンオッケー
  • カッコいいデザインが増えてる
  • どんなバイクに乗るときも使える
  • 量こそそこまで大きくないものの散歩程度、日帰り程度なら十分とも言えます。
    この際、
    素敵なデザインのヒップバッグを検討してみてもいいと思います。
    ※カッコいいヒップバッグで周りのライダーと差をつけるのもいいんじゃないかと思います。



    まじめにバイク用品作ってるいいメーカーだと思います。
    ネットでの評判も素晴らしくいいです。
    今度京都に行く際は、本店に寄ってこようと思っています♪

    スポンサーリンク







    -ツーリング, バイク

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2