長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Lotus EUROPA

ロータスヨーロッパ、猛暑ですがエアコンなしの旧車はどうなんだ?

更新日:

このハンドルが繊細過ぎて・・逆襲のシャアのνガンダムのフィンファンネル並みの感度です。
Toos

真夏ではエアコン無しの車を運用すると脱水症状になります

ワタクシ?
ええ、もちろん脱水症状になるので乗りません
というか
暑すぎて乗れません
※誰だ長野の夏は涼しいとか言ったやつは。

蒸し風呂というか、
サウナというか、
それに近い状態で、
ぼーっとしたまま運転するのは、
この機敏すぎる車は危険すぎます

実際はどうなのよ?ってことをレポートしますね

スポンサーリンク

ウィンドウについて暑い&熱い

ただでさえ
ウィンドウが小さいロータスヨーロッパですが、
さらに困ったことにウィンドウは7割くらいまでの半開きしかしません
正直、料金所とかかなり厳しい
※パワーウィンドウなくせに。手回し式がよかった。

実に中途半端な位置でウィンドウが止まります
しかも窓からの走行風は、ほぼ全く、ほんとに全く入ってきません

一応、
外気導入は可能ですが、
車体の口の部分から取り入れた外気が、
前のトランクルームを経由して室内に導かれます
走ってるとそこから結構風は入ります
トランクに荷物があると風邪はほぼ入ってこないという作り



入った風は、
後方天井部に近いエア抜き穴や開いた窓から排出されます
(そんなの意識したことないですが、一応穴だけは開いている)

後方天井部の穴はおそらく窓がはめ殺しだったど初期のヨーロッパS1の設計の名残なのでしょう
初期型は窓はめ殺しだってよ、まじで死んじゃうと思う

旧車なのに、
いかにもあきそうなのに
三角窓のあるべき位置は、はめ殺し
です

これさえあれば!
と思って主治医にパーツ作れば売れるよーと提案しておきました
※お前が作れと言い返された(笑)

ただし、
あんまりドア部を重くすると、
プラスチックで支えている以上、
ドアが落ちるという持病を加速させることにもなりかねませんので、
いたずらにそういうものを追加するのも考え物なのでしょう

窓からの風をどうしても取り入れたい、
という基本的な欲望はワタクシだけではないようで、
ヨーロッパ専用のウィンドデフレクタという後付パーツが存在します
ウィンドウを思いっきりあけて、
そこに挟んで走行時に外気を無理やり室内に取り入れます
これが結構いい風が入る♪走ってれば、ですが。

これが結構いい風が入る♪走ってれば、ですが。

これは、「旧ミニでいうところの象の耳」的なアイテムです
走ってれば結構な風を導入できますが、
思った位置に風が来ないので細かく調整したいんですが、
運転中忙しい車なのである程度はあきらめますが、
有ると無いとでは大違いです
※たぶんこういうところが日本人の発想なんだと思う

室内側

エンジンを背中にしょってるので
それなりに背中も暑いですが、
肘置きになるセンター部分は
後ろのエンジンで温められた熱い冷却水を
前のラジエターに送っている都合上
意外に熱くなります

車内が狭いので、
体もそこに密着することが多いのでここも暑いっす
※スポンジを厚めに入れて空気層を作ったのでだいぶマシになった

これはフロア部分の内装作り直してるところ。

これはフロア部分の内装作り直してるところ。

今更ですが、
この車、デブは乗らない方がいいです
汗っかきの人も厳しいです
暑がりの人もやめた方がいいです
っていうか、物理的&温度的に乗れたもんじゃありません



スポンサーリンク

シートクーラーは焼け石に水か?

気休めに暑さ対策としてシートクーラーなるものを導入しました

↑こういうやつです。ワタクシが購入したものはDENSO製でもう型落ちしたのか見つかりませんでした。

ファンがついていて、
背中に強引に風を送り込むシステムです
こんなもん、役に立つのか?
とうがった目で導入してみましたが、
確かに汗が引く効果があるので、
2セットほど追加注文してしまいました
これで背中の不快さはだいぶ軽減されます

ただし、
ちょっと着座位置が高くなるので慣れるまで気にはなります
スイッチひとつでヒーターにも切り替わる日本電装製です

これはもしかしたら、
夏の運用で救世主になるか?
と、
一瞬思いましたがほんとに一瞬でした
まさに焼け石に水です

ただ、
スイッチを停止すると確かに暑い、
入れると確かに背中と尻の汗が引くので確実に効果はあるのだと思います
何もしないよりははるかにマシ、ということです

エアコンなしの車には福音になるかもしれません
取り外せるのでケートラでも使っていますが
こちらも焼け石に水ですが気休めにはなります
そんなのばっかし



ついでにヒーターについても書いておく

センター部に
エンジンで温められた冷却水を室内のヒーターコアに引き込むノブがあります

これを引っ張って、
エンジン側の流路を開き、
温まった冷却水を室内側に引き込むシステムです

ヒーターコアはメーターというか灰皿の真後ろあたりにあります

フロントトランク部の正面に穴が開いてて、
ここから風が入って、
ヒーターコアを経由して室内を暖めるという流れです

一応、室内側に可変の蓋がついており、
足元とデフォッガに送風することが可能です

が。
うちの個体の場合、
ノブが閉鎖状態で固定できず、
常時あったかい水が回っています
押さえてりゃいいんでしょうけど。
ストッパー作るかなぁ

これが本来は引っ込んで止まらなきゃならんのだが。

これが本来は引っ込んで止まらなきゃならんのだが。

旧miniはヒーターは比較的よく効いたので、
かの国はヒーターないとつらいしな♪
と心配はしていませんでしたが
ロータスヨーロッパはそんなにあったかくなりません
なぜだろう、解き明かしたい

ああ、
そういえばこの車は最初欧州(おもにフランス向け)に作られたんだっけなぁ
と遠い目になりました

ヒーターコアに風をブーストしてみる

鳴かぬなら鳴かせて見せようホトトギス
意外にあったかくならないヒーターを何とかしようと、
小型ファンをフロントトランクに設置して強制的にコアに風を送ってみました

が。
ファンを増設してブーストしても暖かい風が来ない
解き明かしたい

うるさい割にはあったかくならないヒーターファンとダクト。

うるさい割にはあったかくならないヒーターファンとダクト。

小型ファンは、
ミニのキャブのガソリン沸騰対策(パーコレーション防止)のため、
エンジンルームの強制冷却用に入手していたもので、
小型船舶などに使われるもので信頼性は高いのですが、
ファンの動作音が、ものすごくうるさく車内で会話ができいなほどです。
※結局ミニにはスペースがなく取り付けられったんですが。

ダクトをつけて、
内気循環を狙ってみましたが、
さほど効果がなく一考の余地ありです。

バイク用のラジエータファンなどを加工するか、
PC用のファンを追加する、
という方法も考えていますが
そうすると内気循環のダクトの加工が面倒そうで、
躊躇してしまいます
※一応、YAMAHAのV-MAX用のラジエターファンを入手しましたが巨大すぎてうまく入りませんでした・・

もう

「鳴かぬなら殺してしまえ、ホトトギス」
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

どっち方向で行くか悩み中ですよ、ええ

たぶん、
そのうちなんかいいアイデアが空から降ってきて♪
とかならないかな、お手伝いもするし、いい子にしているので♪
嘘つく子供でした♪



まとめ

すべてまとめますと、
夏にも冬にも乗る車じゃないです
夏はもれなく脱水症状になります
背中の汗のかき方が尋常じゃないです

冬は隙間風で手先が冷たくなります
基本的にどこもかしこも建付けが悪いので
隙間風があり、
ヒーターのあったかさより隙間風の寒さが強烈です

もちろんエアコンなどつける予定はありません
主治医のところに行くと
結構つけているお金持ちもいるようですが、オーバーヒートとかしそうです

エンジンルームへの取付スペースは
旧miniの数倍はありそうなのでもったいないんですが、
エアコンて猛烈にパワー食われるしなぁ
※あったら室内狭いんで、ものすごき効きそうですが、莫大な金がかかりそう

なので、
暑さにも寒さにも比較的弱いですが、
困ったことに乗るのにいい時期はバイクの時期でもあり、
メンテにもいい季節だったりしますので、走行距離がなかなか伸びません

夏の早朝の標高が高い峠とかは最高ですが♪

今年はあんまり暑いんで乗れてないけど、
朝一番で一気に志賀高原あがって涼みたいが、
まだ通行止めが続いてる
早く復旧してほしいです
※そんで昼近くに灼熱で焼かれて脱水リーチになるような気もする

それがまたいい!
と強がって、この記事を終える

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-Lotus EUROPA

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.