長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Lotus EUROPA

ロータスヨーロッパのスイッチや電装についてざっくりまとめてみる

更新日:

Toos

70年代の旧車は全般に
そんなに複雑な電装のシステムを積んでいるわけでもなく、
半導体とかセンサーとかほぼないので、
基本はスイッチ入れたら導通して光ったり、
モーターが回ったりするだけなので、
素人にもわかりやすいです

配線図とか単純なので「バイクみてえ」と思っちゃったり
※miniERAターボの電装がひどかったので何があっても動じないワタクシは育ったなぁ、と感慨もひとしお

このようなニッチすぎる記事がワタクシは大好きだ♪

スポンサーリンク

電装・スイッチについて

とにかく全般的に安っぽいです
もうね、秋葉原ラジオ会館で買ってきたのか?っていうくらい
いや、ラジオ会館に失礼だ、という安っぽさ

ほぼすべてギボシで接続、なのでわかりやすいのはいいのですが、いかんせん安っぽすぎます
せめてコネクタとか使ってよ、と思う箇所もありますが「外車はコネクタが死ぬ」というのもよく聞くのでこれはこれでよかったのかな?と思ったりします
※おかげで中学生程度の電気配線読めれば対応可能

4系統しかないヒューズ
イギリスは何か?
ヒューズは4本までとかいう法律でもあったのか?
これを風数配線で使いまわしてるもんだから逆に面倒くさい

旧miniもそうでしたが、
こちらは長い歴史の間にかなり無理やりとはいえラインヒューズなど増設してきたので
メインヒューズボックスの4系統以外にもラインヒューズがあります
マジで余計わかりづらい。後付感が半端ないです

純正のヒューズボックスは、右側席の左足部分の内装内側に埋まっています
とにかく狭いので、配線のやり直しとか面倒なことこの上ないです
っていうか、ほんとにここでいいのか?という位置です



追加した電装について

ワタクシの場合、純正ヒューズボックスは廃止して、
新たにヒューズボックス8系統×2として、各電装品に対応させました
純正ではパワーウィンドウにヒューズ入ってないぜ♪

ココしかつけるところがなかったけど、これ付けるのもアクロバティックな動きを要したのだった

とにかく場所がないので、灰皿の裏側、ヒーターの配管の隙間にスペースを確保して取り付けました
※グローブボックスを切り欠いて作ろうかと思ったけど度胸がありませんでした

これで、ファンの増設や、グローブボックスの明り取り照明などに対応させています

↓ヒューズボックスはこれを二連で装備しています

ETCについても無理やり運転席の奥に設置しました
まじめにつけるところがないので散々悩みました
※ヒーターコアにベースをつけて載せた感じ(配線がもう酷いことになってるんですよ、この辺)

また、シートヒーター&クーラーを増設するのにシガーソケットがほしかったので増設しました
これもとにかく位置決めが面倒でした

一箇所は、前のオーナーが灰皿横に無理やり穴をあけて作ってくれたいたのでこれをそのまま使っています
もう一箇所はサイドブレーキステッキ周りに無理やり固定しました
ほかに設置できる場所がない

スポンサーリンク

ワイパースイッチについて

スイッチの問題といえば、ワイパースイッチです

はじめは、どうやってワイパー動かすかすらわかりませんでした

ああ、スイッチひねるのね

とわかったのはいいけど、これがもうぜんぜん硬くて、壊しそうで、しかも間欠もないので、頻繁に動かす必要があります

何とかしようと、後付けの間欠キットを入れました
一応、もともとのスイッチも生かしてあります

この真ん中の丸いノブがそのワイパースイッチだ!

ちなみにこのワイパースイッチは押すことで、
ウォッシャー液を噴出する水鉄砲方式を採用しています
ぼろいくせに壊れるとパーツがない。あっても猛烈に高い。

なんかあれもこれも壊れそうなので、この際電動に作り変えました
このスイッチ類もワイパーの間欠ボリュームスイッチと並べてセンターコンソールに増設しました

右端の上がワイパースイッチ、下がウォッシャースイッチ。

これで雨が降っても大丈夫ですが、基本的に雨では乗りません

あ、ちなみにウォッシャー液はビニール袋に入って前側のトランク部についています

ウォッシャー液用のタンクは買ってありますが、面倒くさいのでそのうちやります
実はワイパーの拭きが以上に悪いのでウォッシャー液すらまともにふき取らない(笑)

トリップメーターについて

スピードメーターに内蔵されているトリップメーター(距離計)は、
手前に引き回されているつまみを回転させてリセットします
わかるか、こんなもん(ほとんどバイクだわ)

まさかこれじゃねえよな?
と思ったらコレでした(泣)

そのほかのメーターなど

  • スピード
  • タコ
  • 電流系
  • 燃料系
  • 油圧計
  • 水温計
  • がついています

    いいんですよ、動いていれば。正確さなんて求めるのは無駄です。

    まあとくに油圧計があてになりません♪

    がそんなもんですよ、メータなんて動いてりゃいいですしいつもと違う値を指してたら焦りますが正確な値なんて期待していません

    スピードメーターもたまに針がぐわんぐわん動くので壊れているかもしれません♪

    メーターのボックスは紙?かと思うくらいのぺらぺらの素材です
    よくわかりませんが、裏側を触るとダンボールみたいな感触でものすごく安そうな素材です

    グローブボックスには蓋はありません

    ちなみに、
    米国などに向けた左ハンドルボディ(フェデラルボディと呼ばれています)は、
    ワイパー二本
    インジケーターが違う
    ヒーターノブがダッシュボードに・・
    など細かく違います
    ※乗ったことないけど、シンプルなうちの個体の本国仕様が好み♪

    パワーウィンドウスイッチ

    センターコンソールにあるパワーウィンドウスイッチは、安っぽさのきわみというか・・

    大体すわりが悪いのでコンソールに固定したつもりでも浮いてきます(笑

    そのうち同じ位置にパワーウィンドウのスイッチがある、現行FIAT500あたりのスイッチを加工して付けてやろうかと思います
    現行車種のスイッチつけたりすると旧車の雰囲気ぶち壊しですが、ちょっと許せないレベルのちゃちさ(泣)

    スイッチの裏にはこれ以上ない単純な端子がついてて・・
    ちなみに、純正ではパワーウィンドウにはヒューズが入っていません
    ※追加しましたけどね・・

    その他

    スイッチは全部トグルタイプに変更したいなぁと思うのですが、面倒なのでやってません

    ボディとの設置ベースから作れば何とかなると思います

    メーターやスイッチのついているダッシュパネルは裏側はひどいことになっています
    配線のセンスを疑います
    っていうか、設計した奴ちょっと来い

    ほぼやり直しましたが、根性のない人は見ないほうがいいです
    無理やりやってますね、これ

    おそらく、工場出荷時からこんな状態で、さらにその後のオーナーさんたちも無頓着だったのではないかと思われます
    英国車の電気系のひどさは、旧miniで思い知ったので、大抵のことでは驚きゃしませんよ



    まとめ

    とにかく

    英国車の電装はひどいと大昔にMG-Bのオーナーが言ってた

    のは

    本当

    です

    だいぶ前に、
    HONDAがROVERと提携したときに
    あまりの酷さにホンダが怒って(笑)
    旧miniの最終型だけちょっとましな電装になったという噂はたぶん本当です♪

    まあ、何があっても太古の車なんだし、そういうもんだと思ってないといい付き合いはできそうもないですね

    これはロータスヨーロッパに限ったことではないと思うのですが、
    旧車なんて誰がどんなふうにいじったのかわかるわけもなく、
    ワタクシも記録は残していますがプロから見たらそりゃないぜっていうイジリ方をしているかも知れませんね

    ワタクシ的にはまともに動くことが最優先です
    そんでなるべく普段使いが可能であること!も重要です

    ともあれ、いろいろボロくてもまともに走っています♪
    こういうちょっとした発見や対策、対応も楽しかったりもします

    今時の車は全然いじれませんし、センサーのラインの細さを見るとやる気が亡くなります
    ※あの細いセンサーラインをギボシでつなぐ根性はないですわ

    たとえ
    しょぼくてもいじれる車を持っている

    これだけで幸せですね

    どうですか、そういう世界に足を踏み込んでみませんか?
    思いませんか?そうですか・・

    一緒に泣き笑いできたらうれしいです♪
    一通り、泣き方と癇癪のおこし方はレクチャーできます♪
    ※これがうまくならないと、家族の了承を得るのはむつかしいです

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -Lotus EUROPA

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.