ロータスヨーロッパ。 隣の車の車高は普通ですよ。

ロータスヨーロッパ。 隣の車の車高は普通ですよ。

Lotus EUROPA

ロータスヨーロッパは車高が低い!全高が1mちょっとしかないとはこういうことだ。

 

ワタクシ
車高が低いということはカッコいいんでしょうか?
実際に使ってみるとわかりますが車高の低い車は結構大変です。
それはソレで慣れてくると面白くもありますが(笑)
というわけで、
屋根までの車高が1m5cmしかないロータスヨーロッパではこんな感じというお話です。

 

スポンサーリンク

公式発表でロータスヨーロッパの全高は1m5cm

 

ワタクシ
小学生より車高が低い(笑)
車の屋根が見下ろせて反対側まで屋根が拭けます。
「ロータスヨーロッパより車高が低い車はみたことない。」
ほぼ全高の低さでは負けたことは無いです。

 

ロータスヨーロッパの車高の低さは特筆ものです。
車高の低さだけは、他のスーパーカーと張れます。

実際の加速力は全然ないですが、車高の低さから来る加速感は普通の車以上です。
これだけでも楽しいのです♪

というか、
車高が低くて楽しいことはこれくらいしかありません♪

ロータスヨーロッパ。隣の軽自動車のなんとデカいことか。ミニバンとかありえない大きさ。

ロータスヨーロッパ。隣の軽自動車のなんとデカいことか。ミニバンとかありえない大きさ。


今の車って全部デカイよね。

ちなみに・・

屋根の反対側まで手が届くので
「洗車は楽そう♪」
とたまに言われますが水をジャブジャブかけて洗える車ではありません。

水に弱いロータスヨーロッパにとって洗車とは、

  • 軽く絞ったセーム革で車体全体を拭く
  • バリアスコートでコーティングする
  • の二工程だけです。
    そういう意味では楽かもしれませんが、ちょっと気を使っています。

    雨天走行後は徹底的に車体を拭き上げないと、

  • FRPボディが割れる
  • 華奢なフレームが錆びる
  • 常に余計な水分は拭いておかないといけません。

     

    スポンサーリンク

    ロータスヨーロッパの車内からは景色は見えない

     

    ワタクシ
    走行中に景色が綺麗でも窓から景色は見えません。
    見えるのは「ガードレール」「防音壁」と言ったところです。
    こういう点が女子には全くウケません。

     

    したがって、

  • × 景色のいいところを走る
  • 〇 景色のいいところに止める
  • ということになります。

    ロータスヨーロッパ。こういうマイナーだけれど綺麗なところはたくさんあるのです。

    ロータスヨーロッパ。こういうマイナーだけれど綺麗なところはたくさんあるのです。


    海沿いの道とか全然景色見えないです。

    景色のいい観光道路や海沿いの道なんかで走行中に景色を見ようなんて思ったら大間違いです。
    ※サイドウィンドウを見るよりも、正面を見てた方がはるかに景色を堪能できます。

    とはいえ。
    景色に見とれて運転できるようなヌルイ車ではありません。

  • 効かないブレーキはしっかりした車間距離の確保
  • 過敏すぎるハンドルは一瞬も手を放せない
  • コレがロータスヨーロッパの当たり前です。

    なので、
    混んでいる有名な観光道路よりは名もないような田舎の峠道をのんびり流して、展望スペースで休憩する方が向いています。

     

    スポンサーリンク

    ロータスヨーロッパに乗るとトラックやバスがのタイヤが怖くなる

     

    ワタクシ
    自分が座って見上げるくらいの大きなタイヤが100km/hで2m横で回転しているのは恐怖です。

     

    体験すればわかります。
    トラックのタイヤやバスのタイヤって「超でかい」です。
    ※一本いくらするのか想像するのも違う意味で怖いですが。

    そして、
    ロータスヨーロッパは馬力もないので高速道路でトラックを抜くのも結構距離と時間がかかるのですよ。
    追い越しをかけている間は・・なるべくトラックの方を見ないのがコツです。

    真横に来るトラックのタイヤの巨大さ、音は罰ゲーム並みに怖いです。
    ※トラック運ちゃんが、被視認性の悪いロータスヨーロッパを認識しててくれることを祈るばかり。

     

    スポンサーリンク

    ロータスヨーロッパの雨天時の視界は全くない

     

    ワタクシ
    車高が低いことで雨天時は他車の跳ね上げた路面の水分をまともに頭からかぶります。

     

    ロータスヨーロッパ位車高が低いとちょっとした雨でも視界不良に陥ります。
    旧車はどれも似たようなもんですが、雨がフロントウィンドウに当たるという普通の状況でも視界の確保が難しいです。

  • フロントウィンドウは傾斜が低い
  • ワイパーの拭き取り能力が低い
  • 気温次第ではウィンドウが曇る
  • ので視界が確保できないのです。

    そのうえ、
    ドアとボディのすき間からガンガン容赦なく浸水してきます。

    ロータスヨーロッパのワイパーはカッコいいけど機能は並み以下です。

    ロータスヨーロッパのワイパーはカッコいいけど機能は並み以下です。


    このワイパーが全然拭き取りません。

    そんな雨が降ってる状況で高速道路を走ってごらんなさい。
    窓ふき&雨漏り対策のタオルは必須です。
    ※全然面白くない上に危険度だけは上がります。

    普通の車でさえ、あれだけ後方に水を跳ね上げて走るんです。
    トラックやバスが跳ね上げる水の量は尋常じゃありませんよ。

    ちなみに・・


    雨の夜の峠は超怖いです。

    ライトはブースターで強化してH4バルブを入れてるのでそこまで暗いわけではないんですが・・

    ヘッドライトブースターは旧車乗りに必須。バイクでも車でも使えます!
    created by Rinker

    旧車は全部リレーを入れてバッテリーから電力を直接ライトに供給しないと暗くて仕方ないです。
    車検もライトの光量不足で通りません。

    夜の田舎の峠って街灯がないんですよ。

  • 暗い
  • 漆黒
  • おかげで星が超綺麗ですが、ハイビームにしたって見える範囲はたかが知れています。

    ロータスヨーロッパ。ライトの位置がぜってい的に低い。

    ロータスヨーロッパ。ライトの位置がぜってい的に低い。


    なので日が暮れる前に帰宅するという正しい小学生のようになる。

    しかも霧が出てきたりするともう恐怖新聞並みの怖さです。
    ※一コーナー曲がるたびに寿命が一日縮む感じ。

    なので、
    雨の夜の峠は大人しく先行車両を見つけて出来るだけ距離を詰めない、前走車にプレッシャーをかけないように走っています。
    ※極力、そういうシュチュエーションにならないようにしています。

    あとね、
    夜の峠は鹿が出る(笑)
    デカイ!

     

     

    ロータスヨーロッパはハイビームにしてても怒られない

     

    ワタクシ
    車高が低いということはライトの位置も低いということでもあります。
    でかいワンボックス車のライトの高さがロータスヨーロッパの車高の高さだったりもします。

     

    ライト位置が低いので光軸も低いのです。
    ハイビームにしててもほとんど怒られません♪

    光軸がずれてれば怒られるんでしょうけど。
    ※ハイビームインジケーターの青いランプが絶妙に暗いのでハイビームから戻し忘れたりします。

    曇りの日などはライトは点灯してるのかどうか自分でもわかんなくなります。
    特に昼間にトンネル抜けた後とか消し忘れが多いです。
    ※当然ですがライト消し忘れ防止システムなんてのはありません。

    ちなみに・・

    消灯忘れ防止にLEDでインジケーターを作る予定です。

    優先順位が低すぎて、もう8年もそのまんまですが乗れない冬の間にちゃっちゃと作っちゃおうと思います。

    旧車は、電気系が簡単なのでそういうアイテムの増設が簡単で大変よろしいです。

  • シガーソケットとか
  • USB電源とか
  • いろんなスイッチとか
  • 素人でも増設して遊べるのも旧車のいいところです。

     

    ロータスヨーロッパは背の高い雑草より車高の方が低い

     

    ワタクシ
    最近は街道沿いのお店の歩道側には結構植栽が入ってたりしますね。
    街路樹なんか植えられてることもあって高級な感じすらします。

     

    ただし、
    車高が低すぎる車を想定していないので植栽スペースに雑草が生えることがあります。
    その雑草が結構背が高くなっても無頓着な管理者の人は整備してくれません。

    ということは。
    街道沿いのお店から歩道経由で道路に出ようとする場合、

  • 優先道路走行中の車からロータスヨーロッパが見えない
  • ロータスヨーロッパから向かってくる車が見えない
  • ということです。

    ロータスヨーロッパ。遠目で見ると小ささ炸裂。

    ロータスヨーロッパ。遠目で見ると小ささ炸裂。


    一般の車の影の完全に隠れます。

    それに、
    田舎の土手道は交通量が少なくて走りやすいのですが、雑草がやりたい放題本気出して生えています。
    時期によっては、雑草よりロータスヨーロッパの車高の方が低いことも珍しくありません。
    ※田舎のススキは本気で2m前後まで伸びます。セイタカアワダチソウも似たようなもんです。あと名も知らないたくさんの雑草も・・

    優先道路走行中の車は結構スピード出してるし、見えない状態で合流するのは結構怖いですよ。
    ※ロータスヨーロッパは視界制限があるのは有名です。

     

     

    ちなみに・・

    ワタクシは歩道の植栽反対派です。

    綺麗に維持し続けるのにお金がかかりすぎます。
    何処の利権者がのさばってるか知りませんが、都市整備にそこまでお金をかけられるほど日本は裕福ではないですよ。

  • でかくなり過ぎた街路樹が倒れたり
  • 枝が伸びすぎて剪定が間に合わなかったり
  • 道路を規制してまで街道の木を切って渋滞になったり
  • とか本末転倒です。

    とまあ、
    ワタクシの視界確保がむつかしい問題から一気に道路整備状況への文句になってしまって申し訳ない。

    って言うか、
    マジで国民の税金を使う無駄な事業は排除すべきです。
    ※特に補助金で成り立ってる産業は早めに何とかすべきですよ。必ず今後国の足を引っ張ります。

    話がそれました・・

     

    ロータスヨーロッパはETCのバーの下をくぐれそう

     

    ワタクシ
    ETCのカード注し忘れや期限切れでバーが開かなくてもたぶんバーの下くぐれます。
    噂によるとあのバーは柔らかい素材らしいし。

     

    だからと言ってやる気はないですが。

    ロータスヨーロッパ。車高が低くていいことはあんまりないです。

    ロータスヨーロッパ。車高が低くていいことはあんまりないです。


    車高の高さで税金が決まるとかないかしら?

    ちなみに・・

    誰も言わないけれど、
    ETCって〇〇Payとか楽天ポイントとかで払えるようにならないのかしら?

    ETCはあくまでもNEXCOの都合なので利用者の使い勝手を全く考えてくれませんよねぇ。
    ホント、元国の管轄事業って対応が遅い。

    バイク用のETC装置って後付けで3万円以上するって知ってました?
    「絶対つけねえ」
    と固く誓いましたよ、ええ。

     

    前の車のドライバーはバックする際、ロータスヨーロッパが見えないらしい

     

    ワタクシ
    ロータスヨーロッパは車高が低い&車幅が狭いので最近のデカい車の後方視界に入らないらしいです。

     

    「バックカメラがあるじゃろうが!?」

    と思いますが、
    意外にデカい車のドライバーはバックモニターを見ていません。

    特に、高級ワンボックス系には近寄らないようにしています。
    ※数回目の前で突然バックランプが点いたのを経験しています。

    今どきのでかい車は後方視界を捨ててるトラックみたいな車両が多くて困ります。

    それよりも、
    小さい車に乗ってる人は前方車両の動きには注意しておきましょう。

     

    ロータスヨーロッパは後続車両のライトが眩しい

     

    ワタクシ
    信号待ちなどで後続車両のライトが異常に眩しいです。
    軽く殺意を覚えますよ。

     

  • デカいワンボックス
  • デカいSUV
  • バス
  • トラック
  • が夜の信号待ちなどで後ろに付いたらバックミラーを見れないほど眩しいです。
    ※偏光ミラーでも対処しきれないくらい眩しいです。

    なにせ、
    「ルームミラーに反射するライトの光で車内が明るくなる」
    くらい眩しいです。

    しかも、
    HIDやLEDは目が痛いほど眩しいです。

    大きな車に乗る人は、
    前の車の車高が低かったら信号待ちなどではポジションランプに切り替えてあげるくらいの心の余裕が欲しいです。

    よろしくお願いいたします。

     

    まとめ

     

    ワタクシ
    車高が低くてもあんまりいいことはありません。
    シャコタンにしたがる人がいますが絶対やめた方がいいです。
    ※特に最低地上高を下げるような加工は100害あって一利もありませんよ。

     

    極端に車高が低いデメリット、わかっていただけたでしょうか?

    普通に使い勝手が良い車は、

  • 車高はある程度高い
  • 視界はある程度確保
  • こういう当たり前のことが出来ています。

    車高の低い車を使ってみると、
    「実はこの当り前が本当にありがたいこと」
    だとわかりますよ。
    ※今の車は本当に良く出来ています。

    ロータスヨーロッパ。車高の低さにも長く乗れば慣れます。

    ロータスヨーロッパ。車高の低さにも長く乗れば慣れます。


    使い勝手が悪いのは「慣れればいいんです」

    とはいえ。
    車高が低いというのも個性
    です。
    世の中、みんなと同じモノを選択をしなくてもいいんですよ。

    というわけで、
    車高が低くてもこれからも何とか生きています♪

    夜に後ろに付く際はライトは控えめでお願いします。




    AIに関連ありそうな記事を選ばせてみた



    ロータスヨーロッパをもっと知りたい!






    ロータスヨーロッパに関する記事を一覧にまとめました











    安いアシ車を探すなら



    TVのCMでもおなじみ
    「ガリバーフリマ」

    車の個人間売買の仲介サービスです。
    個人間売買でよく起きるトラブルの部分をガリバーが仲介しているので安心!







    ワタクシが見たときは、
    BMW116iが、3万円(笑)
    ※新車買うの馬鹿らしくなります。


    「ガリバーフリマ」

    お問合せはこちら

    -Lotus EUROPA

    © 2021 北信州のりもの倶楽部Ver2