長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Lotus EUROPA

ロータスヨーロッパ乗ってみたインプレ(笑いが止まらない)

更新日:

Toos

ロータス ヨーロッパについて、
素人が素人なりに乗ってみて感想を書いてみました。

いやぁ、マジでおもしろいわ。

こりゃドライビングプレジャー満喫だわ。
プライスレス♪
こんなの今まで乗ったことない。

いろんな媒体で、
いろんなレベルの人がいろいろ乗り回したインプレッションを
読んだり見たりしてきましたが、

・・・最高に面白い車です♪(ちょっと目立ちすぎますが)

スポンサーリンク

ロータスヨーロッパは意外に乗りやすい

エンジンがあったまるまでは結構神経質ですが、温まると普通に乗れます

  • 後方の視認性が悪い
  • 2速とバックが分かりずらい
  • ブレーキが利かない
  • ※ブレーキについてはブレーキサーボが付いているとだいぶ解消できそうですが、これすら信用してはいけないのがロータスでした

    ロータスにはこういう天気の日だけ乗りたい

    ロータスにはこういう天気の日だけ乗りたい

    ネガな部分はありますが、ドライビングに関しては意外なほど普通です
    ※普通の古い車です♪

    ただし、路地から出るときは結構前が長いので気を付けないといけません

    -->ロータスヨーロッパのブレーキが利かない件はこちらの記事に書いてます



    ロータスヨーロッパのサイドブレーキには気を許すな

    効きがものすごく悪いサイドブレーキには注意が必要です

    ステッキ状の引っ張って固定するタイプのサイドブレーキが、ハンドルの右下側についています
    そりゃあびっくりするぐらい全然効かないので、坂道発進とか結構気を使います

    坂道でロックするところまで引っ張っても
    車体は普通にずり下がりますので、

  • 右手はサイドブレーキを引っ張ったまま、
  • 左手は1速に入れた後、
  • ハンドルに添えて、
  • エンストしないようにクラッチミート
  • さらにアクセルワークが求められます
  • 標高高いところで高山病にかかった状態で、坂道発進とかいつエンストするかもわからん状況では結構きつい

    そんななので渋滞時の坂道も嫌ですねえ

    以前、
    某新潟の旧車イベントで、
    ヨーロッパが坂道の渋滞でガウガウとフカしていたのは、恐らくこれが原因
    大丈夫、ワタクシだけはわかっているよ
    と温かい目で見守りました

    また、
    サイドブレーキの解除忘れも結構多いらしく、ワタクシは走り始めてから何度となくサイドブレーキの解除を確認する癖がつきました

    引きずるとそりゃブレーキが熱もって・・しますね
    いくら効かないとはいえ、
    いや効かないくせに
    そのうちサイドブレーキのインジケータでも作ろうかと思います

    -->ロータスヨーロッパのサイドブレーキについてはこちらにまとめました

    スポンサーリンク

    ロータスヨーロッパの最高に悪い「被視認性」

    車高が低すぎてガードレールや背の高い雑草などの障害物の陰になる(笑)

    -->ロータスヨーロッパの車高が低いとはこういうことだ、という記事はこちらにまとめました

    とにかく、
    被視認性が悪いのでなるべくライトはつけたりとか工夫はしていますが、夏から秋など雑草が高く茂っているときなどは余計に注意が必要です

    田舎は普通に路地に1m超えの雑草が生えていますので、ヨーロッパは低すぎてよく見えないらしいんですよ

    ガードレールに隠れちゃったりするので、そういうところはいつも以上に注意して走っています
    すべての車がマリオカート敵の車のように突っ込んでくると思ってた方がいいです

    ので、走りながら景色を見たい人は乗らないほうがいいです
    助手席の人にも景色は期待しないでほしい旨、あらかじめ伝えておくとトラブルにはならないでしょう
    ※まじめにガードレールしか見えません



    ロータスヨーロッパの素晴らしハンドリングは本当だ!

    ハンドリングに全く遊びはないです
    ※イメージでは1センチ回しただけで隣のレーンに行く感じです

    運転しながら飲み物を飲む、とか怖くてできません
    高速では後方を振り返って目視確認しただけで車線変更しちゃうくらいのイメージです
    左後方のミラーが見えないので勢い後方を振り向いて確認するのでこうなる

    しかしながら、
    コーナーリングはかなりの勢いで走れます
    ぴたーっと、路面に吸い付く感じ
    所詮120ps(出てないと思うけど)
    絶対的なスピードはない(笑)ですが、爽快です

    これぞミッドシップ!
    という走りは今のレベルでも結構通用するのではないかと思うほどです

    ヘアピンでは、たまにハイとの高いタイヤからスキール音がしますが、今となってはあまり無理して走る車でもないので、気持ちよく流す方を優先しています

    大体、馬力のなさから下りの勝負にかけるタイプの車でありながら、ブレーキが利きません&信頼できませんのでがんばる気もあんまりないです

    相対的にみると
    ワタクシの下手さ加減を考慮しても、やはりエンジン的には速い車とはいいがたいです
    とはいっても40云年前の車ですので、それを考慮すると素晴らしく走るのではないかと思います
    ※この時代の国産車ってどうだったんだか・・

    速くないくせにスポーツカーっぽいスタイルで目立つので、峠とか流していると国産スポーツカー的な車に追っかけまわされます♪

    そういう場合は、
    とっとと道を譲ります

    休憩してる時とかは国産外車問わず、同年代のヘンテコ車のオーナーとはたいてい話が盛り上がるのですこぶる楽しいです

    -->ロータスヨーロッパのシビアすぎるハンドリングに関する記事はこちら



    実際に乗るまでは、
    高価な外車でぐりぐり走り回る気がしれませんでした
    が、
    乗ってみるとこりゃ楽しいわ♪
    って感じになるのでついついアクセル踏んじゃう車です

    限界点も低けりゃ
    パワーもないのですが、
    うまくなったような気になる
    というヤバイ車です

    こりゃ
    バイクでいうとRZ、いやエンジン特性的にCB250RSかなぁと思ったり
    (異論もあるでしょうが)

    ライトウェイトの面白さってこういうことなんだろうな、
    と思うわけであります

    そんなに馬力も加速力もあるわけでもないので、前の車が譲ってくれない限り無理に抜くようなマネはしません
    大人ですし
    あんまり前走車が遅い場合は自分が止まってクリアラップを作る感じです

    ロータスヨーロッパの取回しは最悪レベル

    かっこいいシフトノブの裏にあるのが灰皿

    かっこいいシフトノブの裏にあるのが灰皿

    バックが異常に難しいです

    まず、
    後方(真後ろ)に何があるか全然見えません

    ミッドシップはこんなもん、
    ワンボックスも同じだ、
    といわれりゃそうなのかもしれません

    バックモニターつけましたが、モニターを車内につける場所がない(笑
    ので、
    運転席と助手席の間のエンジンルームとの隔壁にちょこんとおいています
    ※逆向きに映るがないよりまし

    それに
    小回りが全然効きません
    びっくりするぐらい効きません

    さらに、

  • ハンドルに遊びがまったくなく、
  • 左後方も見えず、
  • 車体がラウンディなので基準点がわからず、
  • 駐車スペースの白い枠線内にバックで入れるのも結構難しい
  • ※ようやく慣れましたが、基本的には頭から突っ込んで止める主義
    アメリカ止めと命名)になりました♪



    ロータスヨーロッパの運転インプレまとめ

    ネガな部分がないとは言いません
    意外に普通に乗れます
    いやむしろ知らない世界が待っています♪

    が、
    峠等でそれなりに楽しむ際には「2速」へのシフトを練習しておいた方がいい
    でしょう
    2速は多用しますので、そのたびに緊張するのも・・ねえ(笑)

    いろんな媒体で「グラグラする」といわれるシフトは、その通りです♪

    でもそれさえ克服しちゃえば楽しく乗れます
    壊れなければ・・です

    トラブルに関しては次回以降個別に投稿していきますので、参考に!

    -->ロータスヨーロッパの細かい故障の記事です。意外にもマジで大きく壊れたことはないですが♪



    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    大事にしてる愛車の上で・・
    カバーかかってるとはいえ・・
    猫に生ごみでも食べられてごらんなさい・・
    タイヤに匂いつけられてごらんなさい・・
    殺意を覚えますよ・・

    なるべく事を荒立てたくないんですよ・・ネコにゃんたちとは。








    これぐらい平和に解決したいもんです



    バッテリーって死ぬと結構悲惨・・
    夏も冬もバッテリーには過酷な季節です

    出かけるときにピンシャンしてても出先で突然死することもあるのがバッテリーです
    ・・マジで経験済みです
    バッテリーは長持ちして5年、車検ごとに交換するのがセオリーですよ
    そしてディーラーでバッテリー交換すると超高い!!
    BMWディーラーなんかバッテリー交換だけで5万円とか平気で請求してきますよ・・













    輸入車のバッテリー適合はこちらで検索するのが便利♪









    国産車のバッテリーはこちらから検索&購入可能です


    ロータスヨーロッパをもっと知りたい!

    -Lotus EUROPA

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.