長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Lotus EUROPA クルマ

ロータスヨーロッパって何?1600cc4気筒がスーパーカーなのか?やっぱりしょぼいのか?

更新日:

一見スペシャルっぽいが、実はTC。誰にも気が付かれません♪
Toos

サーキットの狼
の影響で、
なんだかスーパーカー扱いされているロータスヨーロッパです

はっきり言えば、全然速くないです♪(でも好き)

実際にオーナーとして数年経ちますが、スーパーなところは・・んとね・・・

そういったところも含めて、
どういうクルマなんだっていう話をつづってみたいと思います

スポンサーリンク

ロータスヨーロッパは果たしてスーパーカーなのか?


Lotus Europa / nakhon100

一言でいうと
世界一しょっぱいスーパーカーである
※石を投げないでください。痛いので。

が、いわゆるスーパーカーの定義からいうと思いっきり外れていると思う

何せデビュー時は
「馬力は80馬力強(笑)」※最終型では120馬力強
「排気量は1500cc弱」
「4気筒だ」
あと個人的には
ライトが開かない



ロータスヨーロッパのスーパーなところは、

乾燥重量の軽さ(デビュー時は630kg)、
最終型で「スペシャル」が名前についたところ(笑)、

ではないかと思う

車でこの軽さは異常だと思うし。

紆余曲折あって
最終型では120馬力超をマークしたが(車重は750kg程度までアップした)
それでも、そんなに速い車ではない

ロータスヨーロッパが、
45年以上前の車だということ考えれば十分すぎるほど速いが、
スーパーカーにまでは至らないというのがワタクシの意見でございます。

でもね、
維持費も意外と安いんですよー、
乗り手のアナタが壊さなければ


Lotus Europa / Dave Hamster

そもそもなんでこんな車がスーパーカーの末席に座っているのか?


Silverstone Classic 2014 / Draco2008

一応、スーパーカーとされているのは、
漫画『サーキットの狼』で、
その主人公が駆っていたクルマが、このロータス・ヨーロッパ スペシャル(1972~1975)であったからに他ならない
※作者の池沢先生は、
当時買ったばっかりのトヨタ2000GTをうっぱらってロータスヨーロッパを買ったというのはほんと?
だとしたら「もったいない(笑)

漫画の劇中では主人公の風吹さんが、
ありえない走りで高級ゴージャススーパーカーを相手に勝ちまくる。

相手の車が焼肉だとしたら、ヨーロッパは精進料理位地味である。
(なんだこの例えは?)
※デ・トマソ・パンテーラにゼロヨンで絶対勝てないと思う。「極道連」下手すぎ。



あくまで子供相手の漫画とはいえ、
今思えば排気量無制限のあのレギュレーションはどうなんだ?
公道にはレギュレーション無し
とかいう峠小僧のような
ルール無用のデスマッチ的な漫画であった。

今では信じられませんが
  • 「サーキットの狼」の展開に当時のガキどもは一喜一憂、
  • スーパーカーのカードをせっせと集め、
  • スーパーカーの消しゴムを授業中にBOXYのボールペンで飛ばし、
  • 見たこともない車の名前をせっせと覚え、
  • 最高速度を覚え(スペックで重要なのは最高速度だけだった)
  • コーラの瓶のふたの裏にもスーパーカーが印刷され
  • 各地ではスーパーカーショーなどという興行が全国を回る
  • といった社会現象まで引き起こしたんですよ♪

    なので、ロータスヨーロッパは
    その頃にスーパーカーとして刷り込まれた現代のおっさんたち(40後半から50代くらい)にとって「神」に近い存在なのかもしれません
    ※のちに身をもって体験することになる

    -->ロータスヨーロッパに乗ると、ほんとに目立つよ・・という記事です



    スポンサーリンク

    ロータスっていう会社

    ロータスという会社は、
    そもそも貧乏スポーツカーから成り上がり、
    フォーミュラで成功し、
    幾多の経営破綻の危機を迎え、
    今では・・調べると切ない・・
    エリーゼがもう少し早く世に出ていれば・・

    経営破綻のわけはいろいろあるのだけれど、
    一つは高級路線に走って
    スーパーカーメーカーになりたかった
    から。

    形はすんごいスーパーカーでも排気量2,200cc4気筒のエスプリしかなかった時代は苦しい(エスプリ大好き♪)


    Lotus Esprit / Spanish Coches

    とにかく、

  • 失敗して破産しそうになり、
  • ヒット作が出て盛り返し
  • また失敗してへこむということを繰り返し
  • リーダーであるチャップマン氏のわがままぶりに技術者がだんだん抜けていき
  • 無茶なオーダーを受けてまた凹むという
  • 何とも浮き沈みの激しい会社なのである。
    ※人生みたいですね

    ※でも彼女の家の裏庭でレーシングマシンを作ったりするエピソードは微笑ましくて、博士が作ったポルシェなどとは違ったロマンチックさを感じたりもする。

    あのバックトゥザフューチャーのデロリアンもロータスの設計なんだぜ♪

    この辺もおいおい詳細は書いていくつもり。

    よくロータスセブンの後継としてヨーロッパは設計された、という話を聞きますが、
    フォードGT40の開発コンペに負け、意地になってヨーロッパを作ったというエピソードを支持していたりします♪

    ロータスヨーロッパ、実車はどうなのか?


    Lotus Europa / dave_7



    だいぶ話がそれた

    実車はとにかく、

  • 低い
  • 小さい
  • そして乗り降りしずらい(笑)
  • どうやって乗るのだ?
    と最初思ったほど。
    とにかく乗り降りしずらいのだ。
    ※いったん地面に両手をつくと降りやすい(「貞子降り」と命名)

    逆に
    段々スポーツカーが大きく豪華になっていく中で、異色の存在
    いわゆるライトウェイト感が素晴らしい

    例の漫画でもほぼ最小排気量なんじゃないかと思う
    ※小さい車作らせたら、英国人とイタリア人はすごく上手いよね

    いろんなものを犠牲にしてまで軽くしたかったのか、
    それともそれしか作れなかったのかは今となってはわからない。

    でも、

    シンプルな構造だから軽量で、
    すべての設計がミッドシップにしたかったんだ!
    という理念に基づいて選択されたエンジン、
    エンジンを前にミッションを後ろにしたフォーミュラーみたいなレイアウト、
    コーナーを機敏にかけ抜けるための重量配分、
    安っぽいけどしっかり仕事するサスなど含めて
    すべてがコーナーリングマシンとして成り立っている

    ので、
    乗る人が乗ると「ものすごく速く走れる」マシンである

    最終型でも当時すでに否めないくらい馬力不足で、立ち上がり加速など期待すべくもないけど、その分コーナーリングスピードで何とかなるんじゃないか?と思わせてくれるに十分な手ごたえはある

    特に登りでは、パワー不足が顕著なのはワタクシのような素人でも実感できる
    ※登坂車線で馬力不足で抜きづらい

    一方下りでは
    ブレーキの

    機能自体の信用のなさと
    圧倒的に止まらない性能の低さ

    で、
    ワタクシごときでは結構怖いが、乗る人が乗ると素晴らしく速いと思われる
    腕と度胸、とか大人は言ってはいけない

    実際には、
    例の漫画の主人公気分になれるのは確か。

    とにかく腕が上がった気になるし、
    注目は結構浴びる(主におっさんだが)

    とにかくハンドリング至上主義であり、
    そういう設計の心意気がワタクシ程度の低いレベルで感じることが出来るのは素晴らしい

    素人であるワタクシがロータスヨーロッパに乗ってみて


    Lotus Europa / Keith@Fibonacci

    恥ずかしながら、
    ワタクシはミッドシップを所有したのが初めてだったので、
    あまりにくるくる回る車体に最初はビビった

    FFではコーナーで減速して外に逃げるのを押さえるような走り方だったのに、
    重量物が後ろにあるのでそこから車体が外に流れていく感じが初めての体験で、
    どんどんコーナーリングスピードを上げられるのがすごく楽しいのよ!

    とにかく全く遊びのないハンドルを切るとその通りにスパっと曲がる
    すっさすっさと向きを変えてくれる

    特に下りは顕著(加速力がないからね)
    すさまじく気持ちいい

    今となっては全然速い部類ではないけど、
    別に速く走らせなくても、しっかり曲がってくれている感
    が伝わってくる。

    はっきり言おう、素晴らしく楽しい♪と!



    この辺、
    ドライビングについてはワタクシごときの腕で書ききれるもんじゃないとは思いますが、もっと掘り下げて記事にしていく予定です

    参考までに諸元


    Lightest badge around / The359

    ロータス・ヨーロッパ スペシャル(ワタクシのはTC(ツインカム))でございますが、ほぼ一緒です

    ボディーサイズ  :全長×全幅×全高=4000×1635×1080mm
    ホイールベース  :2340mm
    車重       :730kg
    駆動方式     :MR
    エンジン     :1.6リッター直4 DOHC 8バルブ
    トランスミッション:5段MT(オプション扱い。基本はSPでも4速)
    最高出力     :126ps/6500rpm
    最大トルク    :15.6kgm/5500rpm
    タイヤ      :(前)175/70HR13/(後)185/70HR13
    ※空気圧は1.5kg前後が指定(車体が軽いのでこうなのかは知らないけどマニュアルにはそうなってる)

    その他、
    この車の歴史などについてはwikiが詳しいのでそつらを参照いただくとして、
    実際のオーナーになっていてはや6年、その間に何が起こったか、起こらなかったか、と記事としてつづっていこうと思う次第でございます

    -->wikiのロータスヨーロッパはこちらでどうぞ

    ちなみに手元に1972年3月18日に初版発行された世界の自動車という何とも古めかしい本があるが、記述内容は結構適当で笑う
    当時はロータスとか外車なんて高根の花というか別世界の乗り物だったはずで誰もがよくわからなかったので適当に描いたとも思われる
    ※今から考えられないくらいみんな情弱でしたが、幸せだったんじゃないかと思う

    苦労した的に手に入れた
    日本語版メンテナンスマニュアル(エンジン編、シャシ編)
    もあるので、併せて紹介していこうと思ったりします



    スーパーカー親父たちの夢の車を手に入れて運用できている幸せを感じつつ、
    実際はこんなもんという記事がかければいいと思っています

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -Lotus EUROPA, クルマ
    -, , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.