一見スペシャルっぽいが、実はTC。誰にも気が付かれません♪

一見スペシャルっぽいが、実はTC。誰にも気が付かれません♪

Lotus EUROPA クルマ

ロータスヨーロッパって何?1600cc4気筒がスーパーカーなのか?やっぱりしょぼいのか?

Toos

漫画:サーキットの狼の影響でスーパーカー扱いされているロータスヨーロッパです。
はっきり言えば全然速くないです♪

実際にオーナーとして数年経ちますがスーパーなところは・・んとね・・・
オーナーですらスーパーなところを探すくらい実はチープな車です。
知れば知るほど設計がショボい
※でも好き♪

いったいどういうクルマなんだ?
っていう記事をオーナー目線で書いてみます。

スポンサーリンク

ロータスヨーロッパはスーパーカー?

Toos

一言でいうとスーパーカーっぽい車です。
世界一しょっぱいスーパーカーという位置付けが正しいかと。
※石を投げないでください。痛いので。

ただしきちんとしたスポーツカーです。

スーパーカーの定義:「ゴージャスで速くてかっこいい。

いわゆるスーパーカーの定義からいうと思いっきり外れています。
形こそ速そうで車高も低くカッコイイ・・スーパーカー然としてはいるのは確かです。
そりゃあもう目立ちますよ。
ライトが開かないけど。

スポンサーリンク

ただし、走行性能はコーナーリング以外は現代の小型車並みです。
※加速性能なんか悲しいくらいです。

ちなみに・・

スペック的に取り立ててすごいところはないです。

  • 馬力は80馬力強(笑)※最終型では120馬力強
  • 排気量は1500cc弱※最終的には1600ccになるわけですが。
  • 4気筒
  • 例の漫画「サーキットの狼」でもほぼ最小排気量なんじゃないかと思います。
    ※小さい車作らせたら英国人とイタリア人はすごく上手いよね。

    スーパーなポイントは・・

  • 乾燥重量の軽さ(デビュー時は630kg)
  • 最終型でスペシャルが名前についたところ(笑)
  • 個人的には屋根付きの車でこの軽さは異常じゃないかと思います。

    メッキ部分が多い車って大好きっす♪

    メッキ部分が多い車って大好きっす♪


    鉄&メッキが多いだけで旧車っぽいしカッコいい♪

    紆余曲折あって最終型では120馬力超のエンジンになったものの(車重は750kg程度までアップした)そんなに速い車ではないです。

    ロータスヨーロッパが45年以上前の車だということ考えれば十分すぎるほど速いのも確かです。
    ただ、スーパーカーにまでは至らないというのがワタクシの意見でございます。

    とはいえ、
    いろいろショボいだけに維持費が意外と安いんで助かります♪
    ただし、乗り手の人間が無茶して壊さなければ!という条件が付きます。
    ※そこかしこの設計が壊れるようにできていますけどね・・

    ロータスヨーロッパの実車はどんな感じなのか?


    これほど低くて小さい車って他それほど存在しないのでは?と思います。
    どうやって乗るのか一瞬悩むくらい車高低いし、正直大柄の人は乗れません。

    隣の軽自動車のなんとデカいことか。ミニバンとかありえない大きさ。

    隣の軽自動車のなんとデカいことか。ミニバンとかありえない大きさ。


    加速もターボ付きの軽自動車よりちょっとだけ速いくらいです。

    初めて今所有の実車に出会ったときの印象は、

  • 低い
  • 小さい
  • 乗り降りしずらい
  • でした・・

    ちなみに・・

    ロータスヨーロッパに乗り込むには、どうするのが正しいのかいまだにわかりません。

    ドアの開口部が狭く入り込めないんですよ。
    屋根が超低いのでシートに座って足を前に出す、という動作がとれません。
    ※ワタクシ178cmの中肉中背です。

    実際にとにかく乗り降りしずらいんです。

    「足から先に入っていいのか、頭を先に入れるべきなのか?」

    まずそれで軽く悩みます。
    何とか足から乗り込むスタイルに落ち着いていますが、二日酔いとかだとコックピットに乗り込む気すらしません

    逆に降りるときはいったん地面に両手をつくと降りやすいです。
    非常に屈辱的に情けない格好ですがこれが一番効率がいいのです。
    ※降りるときの格好から「貞子降り」と命名してます。

    雨天時は降車時に地面に手を着くのがイヤなので極力乗りません。

    ポルシェがどんどんデカくなるように段々スポーツカーが大きく豪華になっていく世間の流れです。
    ワンボックスやミニバンのなんと大きいことか・・
    軽自動車も今時の車は本当に大きいです。
    そんな中でロータスヨーロッパの小ささは過去の遺物感がぬぐえません。

    当然この大きさなので安全性とか全然考えられてません。
    ライトウェイトスポーツってこういうこと!
    という今では考えられない割り切りと主張が感じられます。
    昔の車ってみんな小さいんだよね・・
    ※クラッシュしたら無事で済むとは思えないので勢い安全運転にならざるを得ません。免許にやさしい車です。

    いろんなもの信頼性・安全性を犠牲にしてまで軽くしたかったのか、それしか作れなかったのかは今となってはわからないです。
    ただし、今後こんな市販車が販売されるはずは絶対にないので、そういう意味では存在がスーパーかもしれません。

    それでも、

  • シンプルな構造
  • 徹底した軽量化
  • ミッドシップにしたかったんだ!という思想
  • 意地になって理念に基づいた設計のエンジン
  • エンジンを前にミッションを後ろにしたフォーミュラーみたいなレイアウト
  • 安っぽいけどしっかり仕事するサス
  • 遊びの全くないハンドリング
  • といったコーナーリングマシンなので腕さえあれば、
    ものすごく速く走れる
    車ではあります。
    ※下手くそなワタクシはそれなりにしか走れません。

    白もかっこいいよー夏涼しそう!!

    白もかっこいいよー夏涼しそう!!

    スポンサーリンク

    素人がロータスヨーロッパを運転すると

    Toos

    恥ずかしながらワタクシはミッドシップを所有したのが初めてでした。
    FF車ともFR車とも違い、あまりにくるくる回る車体に最初はビビりまくりです。
    全く遊びの無いハンドルや感覚の狭いペダル、全然よくないシフト感覚になれるとすっごく楽しいんですよ♪
    ※靴のサイズがでかい人は向きませんよ、この車

    まず車内から景色が見られると思ったら間違いです。
    見えるのはガードレールと前方のアスファルトだけです。

    動き出すと「これがミッドシップか!」ということを素人でも実感しやすいです。
    どんどんコーナーリングスピードを上げられるのがすごく楽しいです!

    「オーバースピードか!」
    と思って少し焦っても・・
    あれ?マジで曲がれちゃったよ
    と思うことが何度もありました。
    ※それでも下りで少し無理するとタイヤのスキール音はします。

    公道でアクセルをベタ踏みできるライトウェイトなスポーツカーって、あんまりないのでほんとに楽しいです。
    コーナーで振り回せる感覚は今まで乗ったどんな車よりも楽しめます。
    ※旧miniも素晴らしく楽しかったけれど古くてちっさい車って色々制限があって面白いと再認識しています。

    全く遊びのないハンドルを切るとその通りにスパっと曲がるのも国産車にはない割り切りです。
    すっさすっさと向きを変えてくれますがハンドルから一瞬も手を離せません。
    ※走行中は絶対たばこ吸うとかジュース飲むとかできません。

    今となっては全然速い車ではありません。
    ロータスヨーロッパはすでにクラッシックカーですのでスピードとスリルを楽しむ車じゃありません。
    特に速く走らせなくてもしっかり自分で曲げている感を楽しめばいいと分かりました。

    最終型でも当時すでに否めないくらい馬力不足だったようです。
    コーナーの立ち上がり加速など期待すべくもありません。
    特に登りでは
    パワー不足が顕著なのはワタクシのような素人でも実感できます。
    ※登坂車線で馬力不足で抜きづらい

    それでも、
    コーナーリングスピードで何とかなるんじゃないか?
    と思わせてくれるに十分な手ごたえはある車です。
    ※すさまじくシフトチェンジが忙しいですが。

    パワーが無くてもスピードの乗る峠の下りで調子に乗るのは厳禁です。

  • ブレーキの機能自体の信用のなさ
  • 圧倒的に止まらないブレーキ性能の低さ
  • ワタクシごときの腕と度胸では結構怖いものがあります。
    ※車やバイクで遊ぶのに「腕と度胸」とか大人は言ってはいけないのだ♪

    とはいえ、
    実際に走れば例の漫画「サーキットの狼」の主人公気分になれるのは確かです。
    とにかく腕が上がった気になるんですよ。
    ※注目は結構浴びる(主におっさんだが)ので気分がいいけど目立つ分、運転が下手だと格好悪いです。

    車のハンドリングを楽しむ
    ということをワタクシ程度の低いレベルで楽しませてくれる設計は素晴らしいです。
    ※マジで汗かくスポーツカーです♪

    スポンサーリンク

    参考までにロータスヨーロッパの諸元

    Toos

    改めて書くとロータスヨーロッパ スペシャルの諸元は・・切ないくらいの数値です。
    当倶楽部所有の個体ロータスヨーロッパTC(ツインカム)です。
    でもいろいろ手が入っていてもはやフレーム形状以外はスペシャルとほぼ同じです。

    ロータスヨーロッパSP(スペシャル。最終型)のスペックは以下の通り。
    ※S1、S2、TCについては別記事にまとめました。

    ボディーサイズ  :全長×全幅×全高=4000×1635×1080mm
    ホイールベース  :2340mm
    車重       :730kg
    駆動方式     :MR
    エンジン     :1.6リッター直4 DOHC 8バルブ
    トランスミッション:5段MT(オプション扱い。基本はSPでも4速)
    最高出力     :126ps/6500rpm
    最大トルク    :15.6kgm/5500rpm
    タイヤ      :(前)175/70HR13/(後)185/70HR13
    ※空気圧は1.5kg前後が指定(車体が軽いのでこうなのかは知らないけどマニュアルにはそうなってる)

    ちなみに・・

    古いスーパーカー関連の本ってほんと面白いですよ。

    書斎に1972年3月18日に初版発行された「世界の自動車」という何とも古めかしい本があります。
    記述内容が諸元ですら結構適当で読みながら半笑いしてしまうのが楽しい。

    当時はロータスとか外車なんて高根の花というか別世界の乗り物だったはずです。
    誰もがよくわからなかったので適当に書いたのではないかと推測します。
    たぶん著者もよくわかってなかったんじゃないかと思います。

    昔の車関係の雑誌とか書籍は記事書いた人が、
    絶対本物見てないよな・・
    という内容がそこかしこにあって素敵です♪
    ※今から考えられないくらい全員が情弱な世の中でも皆幸せだったんじゃないか?と思います。

    スポンサーリンク

    ロータスヨーロッパがスーパーカーの末席に座っている理由

    Toos

    ショボくてただのスポーツカーちっくなロータスヨーロッパがスーパーカー扱いされているのは・・
    「サーキットの狼時代に主人公が乗ってたから♪」
    これに尽きます。

    Q:スペック的にはショボイ、300km/hも出ないロータスヨーロッパがスーパーカーとされているのは何故?

    A:漫画「サーキットの狼」で主人公が駆っていたクルマがロータス・ヨーロッパ スペシャル(1972~1975)であったからに他なりません。
    ※作者の池沢先生は当時買ったばっかりのTOYOTA 2000GTを売り払ってまでロータスヨーロッパを買ったというのはホントですかね?
    だとしたらTOYOTA 2000GTがもったいない(笑)

    漫画では主に前半で主人公の風吹さんがありえない走りで高級ゴージャススーパーカーを相手に勝ちまくるというものです。
    相手の車の半分くらいしか馬力ない・・ので上り坂や高速コースでは話にならないはずです。
    ※それでも子供たちは本気で熱狂したもんです。

    相手の車が派手な焼肉だとしたらロータスヨーロッパは精進料理位の地味な位置図けです(なんだこの例えは?)
    ※デ・トマソ・パンテーラにゼロヨンで絶対勝てないと思うんですがどうか。「極道連」下手すぎ。

    こういうのがスーパーカー

    こういうのがスーパーカー


    6気筒以上でゴージャス、もしくは開くライトは欲しいね。

    子供相手の漫画とはいえ排気量無制限のあのレースレギュレーションはどうなんだ?とか大人の目線で見てはいけないのです。

    公道にはレギュレーション無し

    という峠小僧のようなルール無用のデスマッチ的な漫画なのです。
    40代後半から50代には漫画の印象が強く残ってる人ホントにが多いんですよね(笑)

    ちなみに・・

    当時はスーパーカーブームが社会現象になったんです。

    今では信じられませんが

  • 「サーキットの狼」の展開に当時のガキどもは一喜一憂
  • スーパーカーのカードをせっせと集め
  • スーパーカーの消しゴムを授業中にBOXYのボールペンで飛ばし
  • 見たこともない車の名前をせっせと覚え
  • 車の排気音のソノシートを親にねだり
  • スーパーカーの印刷された筆箱を持ってる同級生が羨ましく
  • 最高速度を覚え(スペックで重要なのは最高速度だけだった)
  • コーラの瓶のふたの裏にもスーパーカーが印刷され
  • 各地ではスーパーカーショーなどという興行が全国を回る
  • といった社会現象まで引き起こしたんですよ♪
    ※今のスーパーカーには興味ないけど当時のスーパーカーだけを集めるようなイベントがあれば超行ってみたいですね♪

    ロータスヨーロッパは、
    スーパーカーブーム時に刷り込まれた記憶に支配された40後半から50代くらいの男性にとってはスーパーカーなのかもしれません。

    スーパーカーメーカーになりたかったロータスっていう会社

    Toos

    ロータス社は貧乏自作レーサー作りの発展形で有名になった会社です。
    ※いろんなところで無茶しすぎですが。

    本気でスーパーカーメーカーになりたかったっぽいです。

    ロータス社の経営破綻の理由は諸説あります。
    原因の一つは「スーパーカーメーカーになりたかった」から高級路線に走りすぎたためです。
    エクラやエクセルのどこがスーパーカーなんだかっていう時代もありました。
    ※デザインがひたすら悪いんですよね、この頃のロータスって。あか抜けないというか。

    ロータスという会社

  • ちょっと車が売れると、、
  • 無茶した車を作り、
  • 修業的に失敗して破産しそうになり、
  • 自棄になって作った車が当たって盛り返し、
  • さらに無茶した車を作り、
  • また失敗してへこむということを繰り返す、
  • リーダーであるチャップマン氏のわがままぶりに技術者がだんだん抜けていき、
  • 無茶なオーダーを受けてまた凹むという
  • 何とも浮き沈みの激しい会社です。
    ※お調子者の人生みたいですね。

    社長!またっすか!
    みたいな会話が工場の組み立て現場で交わされてたことでしょう。
    従業員はさぞ安定しなかったことでしょう♪

    エランも小さくてかっこいいよねえ

    Toby_Parsons / Pixabay エランも小さくてかっこいいよねえ

    とはいえ、
    創設者のコーリン・チャップマンが彼女の家の裏庭でレーシングマシンを作ったりする、博士が作ったポルシェなどとは違ったロマンチックさを感じさせたりするところが人間っぽくて好きです。

    エリートはFRPモノコックの車体が脆かったようですよ

    Toby_Parsons / Pixabay エリートはFRPモノコックの車体が脆かったようですよ


    全部FRPで作るもんだからリアサスの取り付け部がボディを突き抜ける。

    ロータスヨーロッパはロータスセブンの後継として設計された
    という話を聞きます。

    ワタクシとしては「フォードGT40」の開発コンペに負けたため自棄になってヨーロッパを作ったというエピソードを支持していたりします♪
    当時英国フォードと仲良かったロータスはこの勝負絶対勝てると踏んでたんでしょうねえ・・

  • 日本のいすゞとも仲良かったですしねえ。
  • コルベットも一時期足回りはロータス社のアドバイス受けてましたしね。
  • というくらいいろんな会社の車の設計に口出ししています。
    ※あのバックトゥザフューチャーのデロリアンもロータスの設計なんですよ♪

    エリーゼS1から続く今のロータスの盛況ぶりとは裏腹に
    長い間、形こそスーパーカーでも排気量2,200cc4気筒のエスプリしかない苦しい時代が続きます。
    エスプリは何度もマイナーチェンジして最後にはやっとV8エンジンを積んでようやくスーパーカーっぽくなりましたが・・。
    既に時代遅れな印象は否めず。
    ※エスプリ大好き♪

    関係ないけど一生に一度はリトラクタブルライトの車に乗りたい

    関係ないけど一生に一度はリトラクタブルライトの車に乗りたい

    ロータスという会社がロータスヨーロッパを設計した時点では、

  • スーパーカーという意識はない
  • 赤字続きの立て直しといてひたすら安く作った
  • というのがロータスヨーロッパが生まれた時代背景でしょう。

    だいぶ話がそれたのでまとめます。

    まとめ

    Toos

    スーパーカーっぽいけど中身は金ないけど何とか工夫して見ました系のスポーツカーです。
    スーパーカーとされてるのは某漫画のおかげです。
    実際に乗ればわかりますが全然速くないです。

    世界的にはロータスエランの方がピュアスポーツライトウェイトカーとして評価が高いらしいです。
    ※そりゃロータスヨーロッパは外人の体格では乗れないからですよ・・

    ロータスヨーロッパは所有満足感は非常に高いし維持費も安い素敵な車です。
    別にスーパーカーでなくても貧乏人のスポーツカーでいいんじゃないですかね?
    ※壊さなければ今時のスポーツカー(スポーツバージョンの大衆車含む)より確実に維持費安いです。

    ロータスヨーロッパ用の日本語版メンテナンスマニュアル(エンジン編、シャシ編)も存在します。
    自分で何とかできちゃうところも素晴らしいです。

  • 最新のテクノロジーは一切ありません
  • オイル臭く
  • ガソリン臭く(泣)
  • 公道で遊べる十分なスペック
  • 素人でも修理できるので維持費も安め
  • 最近、車両も部品も値上がり傾向が強く維持も厳しいです。
    部品もまだまだ出るので本当に助かっています。

    決してスーパーカーとはいいがたいですがワタクシにとっては夢のアガリ車です。
    いいんですよ、持ち主が満足していればどんな車でも♪

    ロータスヨーロッパはネタがたくさんある車です。
    今後もたくさん記事にしていく所存です♪

    スポンサーリンク







    ロータスヨーロッパをもっと知りたい!






    ロータスヨーロッパに関する記事を一覧にまとめました











    足車はここで探せ!乗りつぶすつもりなら新車は不要!



  • 旧車一台だと故障だトラブルだで結構厳しい!

  • 趣味車だけだと、世間の目が厳しい!

  • 安心して遠出できる車が無いとなぁ・・


  • なにより、趣味車を普段使いするのはもったいない!!

    なら普段使いの車を安く手に入れちゃえばいいんですよ♪






    とにかく安い中古車探しなら、TVのCMでもおなじみの「ガリバーフリマ」

    ワタクシが見たときは、BMW116iが、3万円(笑)
    新車買うの馬鹿らしくなります










    「ガリバーフリマ」


     個人間売買の仲介サービスです。
     個人間売買でよく起きるトラブルの部分をガリバーが仲介しているので安心!
     さらに販売店を通さないので中間マージン分お得に自動車の購入・売却ができます。


     玉石混合のヤフオクより、程度に対する安心感が高い上に安い!
     ※出物があればお得感はものすごく高いです!が、お買い得車との出会いはタイミングです



    ◆長野県にあるガリバーフリマ店舗(第1号店舗)

    開店日       :2018/12/15
    店舗名       :ガリバーフリマ長野柳原店
    郵便番号      :381-0012
    住所        :長野県長野市柳原1302-59


    -Lotus EUROPA, クルマ
    -, , , , , , , ,

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2