長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

バイク

中古バイクはなぜこんなに高いのか?謎に迫ってみる。

更新日:

Toos

昨今の中古バイク市場、価格高騰がとまりませんね

車なんか10年たったらタダ同然で、廃車料いただきますよって感じですが。
※こうなると車はもうただの消費財ですね。新車買う気なくなります

なんで中古バイクは高値で取引されてるの??
という謎にワタクシなりに迫ってみます

スポンサーリンク

車の中古は安いけど、なんでこんなにバイクの中古は高いのか?

20年落ちの車って人気車種以外は「ほぼただ」なのに、バイクは30年落ちでも新車時の価格の半額以上も普通

車と違って

  • ドアもなく
  • 屋根もなく
  • エアコンもなく
  • 中で寝れるわけでもない
  • けど、バイクは走る止まる曲がるが出来ればいいわけで。
    30年前の車と違って、電子装備が少なく鎮撫化しずらいんですよね、30年位前のバイクって。
    今最新の装備でも10年後はとんでもなく古いシステムになっちゃうのが電子装備
    ※壊れるとユニット交換以外ではほとんど直らないので部品がなくなった時点でほぼ廃車

    カッコいいけど、長く維持できない気がする

    カッコいいけど、長く維持できない気がする

    余計な装備満載の新車バイクの魅力がない上に高すぎる

    新車のバイクは超高価な上に、走るのに関係ない装備が値段を押し上げてる

    走行性能を数値だけで見てみれば、30年前のバイクと今のバイク、そうそう変わりません
    そりゃ今時の大型バイクの世界では200馬力とか言ってますが、100馬力を超えるとどうせ使えないので似たようなもんです
    ※反論はあるでしょうが。

    逆に、ミドルクラスなどは、30年前のほうが高性能だったりします
    それでも、電子装備の追加で新車価格は30年前よりはるかに上がっています
    値段は上がっていなくても、装備がかなり安っぽい

    CBはHONDAらしくよくできてるかもしれませんが、かつての面影なし

    CBはHONDAらしくよくできてるかもしれませんが、かつての面影なし

    超高性能なリッタークラスはすでに、国産でも乗り出し200万円近いし、外車だと車両価格のみで200万円超えも普通です
    30年前は逆輸入車でも120万円程度でした

    まあ80年代から90年代のバイクブームが異常だったとはいえ、たくさん売れたので車両価格が下げられた、というのもあると思いますね
    あの性能でこの値段!!って、今思い返すと恐ろしく安いです
    ※タイムマシンがあったら大量に買い付けるわ

    販売側の事情と供給数の減少

    買取業者がまとめて中古バイクを海外に放出したので供給が減った

    圧倒的に中古車両の供給が少ない


    ここ最近、バイク買取業者が日本中をくまなく散策、買いたたいて海外に放出したのは確か。
    80年代のバイクブームの時の遺産が日本中にあったはずなんだけれど、これすらも買いあさって海外に放出したため中古車両の絶対数が減ったということ
    このため、中古車両の供給が間に合わなくなり、需要と供給の関係で中古車両価格が高騰した

    かつては下取り車をお得意様に安く放出するという事もありましたが、こういったお買い得車はネットですぐに相場がわかる上、業者間オークションで手間なく売れることがわかれば、バイク屋さんも商売ですので高く売れる方を選びますよね

    結構格好良かったけど全然売れなかったね。

    結構格好良かったけど全然売れなかったね。

    修理に手間がかかるようなボロイ不人気中古車両の現状販売などは、一気にバイクさんの店先から姿をけしました
    どうせ利益も少ないし、いつ現金化できるかわからないので買い取り業者行き。
    どうせ同じ手間をかけるなら、高額で売れる車種の方がはるかに効率がいいからです

    不人気車は金にならないのでどんどん廃車・・にしちゃったもんだから安い不人気車を探す人は相手にされず。
    安い車両を探してる人も否応なく、高い車両を購入せざるを得なく、それすら数が限られてるので更に価格が高騰・・という悪循環。

    結局、かつてはお金のない新規ユーザー層が購入していた安い不人気車両が無いわけですよ
    そうなると高い車両代金のため、初期にかかる金額が上がってハードルが上がるので、さらにバイク離れが加速して、現在に至ってる

    昔は安い車両が店先に並んでて、初心者はボロくて人気がないバイクで練習したりしたもんですがね
    もはやそれすら存在しない

    人気車だろうが、不人気車だろうが、販売終了したバイクが増えることは絶対にないのですよ
    そういう意味では目先の利益に走って、結局業界を縮小させることの原因になってたりするね

    ボロイ不人気中古車は、ヤフオクとかでたまに見かける現状販売車として出品されてたりします
    バイク買取業者も買わなかったのか、買いたたかれすぎて売らなかったのかは知りませんが、相当程度悪くても意外に売れてるよね

    そんなわけで「高すぎるという人に合わせて販売側が安売りする必要がないほどに、供給が足りていません

    スポンサーリンク

    特に小型中型のオフロード車の中古車価格は異常

    傷みが激しいので使い倒されることが多く、新車がないのがオフロード車

    ワタクシ的に、WR250Rの販売終了は非常に残念だった・・もう少しで買うか?という所まで行ったので心残りもひとしお。
    ※どうしてもDT200WRを手放すことができなかったので、同じ用途の車種は二台要らないという判断しました♪

    現在、KAWASAKIからKLX230の販売が発表されたものの、

  • HONDA CRF250
  • YAMAHA SERROW250
  • の二車種しか選べない状況は寂しい限り

    いいなぁ、225cc。物がないけど・・

    いいなぁ、225cc。物がないけど・・

    オフロード車はその性格上、未舗装路を走った車両については、相応の傷みがあるのが普通です
    それに応じて、中古車両を買ったら作業自体は難しくないもののそれなりの初期化作業が必要であり、結構大変なのが現実

    ただし、新車が性能的におとなしめなモデルしかないのでそれなりの性能のモデルは中古しか存在しないということは・・
    かつての高性能な車種は、多少痛んでいても高値が付くし、程度が良ければ新車以上の値段が付くという異常事態に!

    もちろん、部品の消耗が激しいオフロード車なのでメーカーからの部品供給がそろそろ危ない車両も増えてきてる
    とはいえ、かつての高性能オフロードバイクは二度と出てこないとなると・・

    WR250R買っておけばよかった
    と少し後悔している自分もいる

    メンテナンス出来ない今のバイクに魅力がない

    今のバイクは素人がメンテナンスや修理できるほど簡単ではない

    バイクという乗り物は、

  • 乗ってよし
  • 眺めてよし
  • 弄ってよし
  • という三大魅力からなってると思う
    それぞれの魅力は満足度が高いし、所有満足を大いに満たしてくれる乗り物ですよね

    のだが。

    電子制御が満載された現代の車種は、素人がマニュアル片手に作業できるほど甘くない
    各部がユニット単位のブラックボックス化されて、壊れれば高価なユニット交換になる

    人気ないけど存在感が半端ないS3。欲しい!!

    人気ないけど存在感が半端ないS3。欲しい!!

    これは「素人は下手に触ってくれるな」というメーカーの意向通りの作戦です
    すべてのメーカー系の販売店しかメンテできなくすることで、利益を効率よく集める仕組みです
    車の世界では、20年以上前からこの仕組みだったのに対し、バイクもこの域に達してしまった、という事ですよ

    壊れるととんでもなく高いBMW

    Pexels / Pixabay 壊れるととんでもなく高いBMW

  • 関連記事:中古外車は新車から比べると異常に安いけど大丈夫なの? 
  • 弄ってよし!という大きな魅力の一つは今のバイクではほとんどありません
    弄ってよし!という満足度が得られるのは、まだキャブレターと呼ばれる気化器を装備した20年以上前の中古車という事になります
    ※30年前でも点火系などは電子制御が入っていますが。そして厳密にいえばキャブ自体も消耗品ですがまだ素人でもなんとかなる余地があります

    昔のバイクに憧れてるお金持ち層が一定数いる

    10代後半、20代前半のころ憧れたバイクに乗りたいという層が存在する

    それは現在の40代後半から50代くらい
    ちょうど30年くらい前のバイクブーム時に、次々と発表されていく新型バイクを指をくわえてみてた世代がそれです
    ※当時、その世代は若かったので当然資金力はないのですよ

    最後のTZRとなったV型エンジン。その背景はぐっとくるものがある

    最後のTZRとなったV型エンジン。その背景はぐっとくるものがある

    とにかく、その頃に夢中になったものは強烈に脳裏に焼き付いているようで・・
    その世代は今のバイクは全然わからないくても、当時のマシンは一瞬で車種を言い当てる人も数多くいますよ
    ワタクシもそうです

    ワタクシもその年代に入るのですが、ツーリング中にその年代のバイクに遭遇すると、思わずオーナーさんに声をかけたくなります、というか脊髄反射で声かけちゃいます
    それが知り合いの知り合いだったりするので、世の中わからない

    やはり刷り込みたいなもんなんでしょうねえ
    ちょうどガンダム世代と合致するのも面白いんですが(笑

    この世代が、こそだともひと段落してリターンライダーになる際に、郷愁を誘うかつての憧れのマシンを手に入れたいと思うのも納得できます
    ※それほど、新車は高い上、スペック的には見劣りするし、食指が動かないというのもわからないではないです

    バイクは趣味嗜好性が強く、これじゃなきゃダメだ!というこだわりが強いんですよね
    ※ただの家電と同列に成り下がった車の様に走って燃費が良くて荷物が乗れば何でもいいというのとはちょっと違います

    中古バイクとはいえ、整備にはお金がかかる

    中古車屋さんもバイクの販売時には必要に応じて、整備をしますのでこの分が車両価格に乗りますので更に価格が上がる

    ノークレームの現状販売だと多少安く購入できることがありますが、整備料で利益を出してるバイク屋さんもあるので要交渉です

    中古バイクをお店で買い場合

  • 購入時に消耗品をどこまで変えてくれるか
  • 納車時に実際ちゃんと変えてくれているか
  • は絶対確認しましょう
    ※口約束はダメですし、それぐらいのチェックは出来たほうがいいでしょう

    アナログなメカは素人でも経験を積めば何とかなる

    アナログなメカは素人でも経験を積めば何とかなる

    それでも、中古バイクを狙う場合、ユーザー側で初期化作業をした方がいいですよ
    洗車しながら、各部を点検しましょう
    ※これをしないと、おっかなくって乗れたもんじゃないですよ

    実はバイクは資産価値が高いのでは?

    はっきり言いますが、現代ではバイクは資産です。車よりもはるかに資産です

    中古バイクが高いのは資産価値が高いからです


    欲しい人がいなければ、買う人がいなければ、市場原理が働いてその価格になりません
    ※もちろんただの強気なオークション出品者もいますが、ここでも市場原理が働いて高すぎると売れないです

    目先の金銭に惑わされて手放すくらいなら、維持しておいた方が得だと思います
    ※下手な資産運用よりもはるかに効率がいい・・とか言うと買い占めする奴が出てきますが・・

    違う!、違うんだ!

    人気車種は言うまでもないですが、たとえ不人気車種でも大事にしておくと、歴史的な価値があります
    車の世界では、20年から30年前の車はネオヒストリックとか言われてもてはやされています
    ※どんな不人気車でも「レア!」とSNSで発見報告されたりしてるんですよ!

    もちろん、古いバイクイベントの隠れキャラとしても人気者になれます♪

    不動になっている古いバイクは潰しちゃうんじゃなく、もう一度よみがえらせてあげて欲しいですね
    もう二度と増えません

    現存する不人気車(失礼)のオーナー様、ほぼ絶滅危惧種なので大事に乗ってあげてください
    今ではその不人気ぶりがものすごい個性ですよ

    まとめ

    中古バイクが高い理由はこんな感じ

    Zはすでにまともなのは200万では買えないね

    Zはすでにまともなのは200万では買えないね

  • 新車が売れてない
  • 新車が高すぎる
  • そもそも中古車のタマ数が少ない
  • 供給の割に需要がある
  • 整備するのもお金がかかる
  • 趣味の乗り物はこだわりが強く高価になりがち
  • 今のバイクに魅力がない
  • 需要は適当にあるのに、供給が追い付かず価格高騰
    その他、もろもろの事情で価格がつりあがってるのではないかという記事でございました♪

    市場は安価で維持しやすい中古車両を求めています


    メーカーもマーケティング調査でその辺はわかってるはずです

  • メーカー主導のプロダクトアウト型ではなく、
  • ユーザー主体のマーケットイン型で市場を作る
  • これが出来ないとバイク業界は根こそぎなくなっちゃいそうです
    ※中古を安く欲しい人がいるのに商品が高価すぎて行きわたらないのが現状です

    この辺、メーカーでも国でもなんとかしたほうがいいんじゃないかと思う

    ごめん、熱く勢いで書いてたらこの記事の内容が大きくずれて着地した感があるのも確かだ♪

    乗ってない車は資産価値があるうちに売る!

    車は走行距離に関係なく資産価値があっという間に減るので、使用頻度の低い車は現金化したほうがいいです

  • 参考記事:動く車なら買取金額を無料で調べられる記事がこちら
  • スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    バイクのバッテリーは夏も冬も酷使されます!



    バイクのバッテリーって乗らないとすぐ上がる気がします
    旧車バイクの開放型バッテリーは、冬に充電しまくっても3年持ったことがありません・・

    携帯やナビなど走りながら充電しまくってません?
    バイクの発電機にもバッテリーにも負荷がかかってますよ!










    自分のバイクのバッテリー適合を調べておくといいですよ!




    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -バイク

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.