オフロード 初心者の練習

オフロードバイク初心者の秘密練習5【段差越え・轍のレーンチェンジ】

更新日:

Toos

オフロードではオンロードでは簡単に出来てたことができません

例えば、轍のレーンチェンジとか・・
轍の中を走ってる分には問題ないとはいえ、
思うように轍から抜けられないと・・

行く手の轍の中に大きな石がっ!

ええ!川の跡(クレバス)じゃん、どうやって走る!?

こういう状況、林道では普通ですがどうする!?





スポンサーリンク

大変だ、車の轍にはまって脱出できない!乗り越えられない!!

Toos

林道走行中に、
車の轍にハマっって脱出できずに転倒・・
初心者のうちはよくあるんですよ、笑いごとでなく。

最初はこういう「わだち」も越えられない

kaboompics / Pixabay 最初はこういう「わだち」も越えられない

うむ。
良くわかります、誰もが経験する道です

特に雨が降った後の泥林道なんかだと、
車が通った後の轍は結構深い場所もあるんですよね
そして、
轍の真ん中には容赦なく草が生えているので余計段差が大きく感じるもんです

そしてそれをフロントタイヤで乗り越えるのは極めて怖い

  • 弾かれるかも知れない
  • 滑るかもしれない
  • という不安にさいなまれることでしょう

    うむ。
    良くわかります、誰もが経験する道です

    その悩みを解決して差し上げます

    林道にはクレバスや雨水が川になった後が多数あるのが普通

    Toos

    林道には、轍だけでなく段差がとか溝とかが嫌というほど存在します

    いちいちビックリしてる場合じゃないっす♪

    雨後はこんなとこばっかり♪でも楽しいのだ。

    雨後はこんなとこばっかり♪でも楽しいのだ。

    クレバスや川の跡は深みにはまると抜けられなくなるんで、ヤバイと思ったら止まりましょう
    状況によっては手を放してもバイクが倒れないくらいの深さになってることもあります

    そうなると、一人では抜けるには相当な体力が必要です
    ※そうなる前に、入らない様にしましょう。やばいと思ったら停止したほうがいいです

    極端な話ですが、倒木も段差の一つです
    これもシーズン初め(雪解けあと)や台風や豪雨の後は結構ありますよ

    とにかく、先を先を見て自分の走行ラインを早めに組み立てられるようになることが最初のステップです
    視線を遠くに!
    先々の走行ラインをイメージできるようになると、格段にレベルアップします
    ※でも、最初のうちはタイヤが滑りそうで直前ばっかし見ちゃうんだよね・・

    ちなみに・・

    ワタクシは奥会津の某林道で、
    前走車を追い抜こうと轍を超えて走行ラインを変えた瞬間、
    前輪が深いクレバスにはまって一回転したことがあります♪

    一瞬、何が起こったのか全く分かりませんでしたが、
    先をきちんと確認せずに仕掛けるとこうなるってことを体験しました♪
    ※それでも、ほぼ全くバイクは壊れませんでした♪オフ車って丈夫♪

    轍や溝の乗り越えは段差の小さいところを狙う

    Toos

    轍や溝の乗り越えは、できるだけ段差の小さいところを狙って走るのがコツです
    わざわざ難しい走行ラインを走る必要はないんですよ

    こういう縦溝系が林道を横切ってたりする

    こういう縦溝系が林道を横切ってたりする


    慣れれば楽勝っすよ♪

    轍程度の段差であれば必ず浅いところがあります

    そこを狙います

    コーナーでは、轍に入ってオンザレールで走るのも楽です
    それでも、
    想定走行ラインの先に石が転がってたりすることも・・
    なので、
    いつでも走行ラインを変更して脱出できる余裕が必要です
    ※逆に難しいか・・オンザレール走法は・・でも慣れると武器になります♪

    ポイント1:段差に当たる角度

    段差越えの際、タイヤが段差に当たる角度で難易度が変わります
    コツは、
    フロントタイヤを段差に直角にあてる
    のが一番楽にクリアできます

    あてる角度が90度から離れるほど、段差のクリアが難しくなります
    竹の倒木に少しでも斜めにフロントタイヤをあてると、スパッとタイヤが滑ります
    ※勢いがあると有無を言わさず一瞬で転びますよ

    轍は大抵進行方向に向いているので、理想的な角度でタイヤを段差に当てることができません

    極力、走行ラインの先を読んで段差の小さい個所で越えちゃいましょう

    気持ちだけでもフロントアップだ!

    Toos

    段差を乗り越える際に、
    気持ちだけでも前輪をあげる!!

    たとえ実際には全く上がらなくても、だ

    こんなに上げなくてもいいですがイメージです

    SarahRichterArt / Pixabay こんなに上げなくてもいいですがイメージです

    極端な話、実際にフロントタイヤが宙に浮く必要はないです
    前輪の過重を抜いてやるだけで全然違います

    タイヤを浮かす場合でも、

  • 段差以上にタイヤを上げる必要もありません
  • 段差の中腹にタイヤが当たれば越えられます
  • 実質3センチもあがれば轍位なら余裕です
  • 前輪をあげるコツ

    スタンディングで、土踏まずでステップに立ち、アクセルと同時に、身体を後ろに引いて、つま先をあげ、ステップの後ろに体重をかける感じです
    ※慣れると反射的にできるようになります(クラッチも使うとフロントが上がりやすくなるので、深い段差も余裕なんですが・・)

    最初は出来ないのが当たり前なので、練習あるのみです
    ※これが出来ると、バランス感覚次第でウィリーにつながりますが、ワタクシも長距離のウィリーは得意ではないので、その辺は専門家に任せます

    ポイント2:フロントタイヤは気持ちだけでも浮かせる

    段差にフロントタイヤが当たる直前に、スタンディングして構えます

  • 土踏まずでステップに立ち
  • アクセルを開け
  • 身体を後ろに引いて
  • つま先をあげ
  • ステップを踵で押し出す感じ
  • ※アクセルはちょっと開けるだけでいいです

    膝をうまく使いましょう♪
    ※慣れると反射的にできるようになります

    前輪は浮かなくても、過重が抜けた状態にするだけで全然違います
    ※この応用がフロントアップです

    最初は出来ないのが当たり前なので、練習あるのみです
    クラッチも使えるようになるうとフロントが上がりやすくなるので、練習あるのみです

    前輪が段差に引っかかるとそれが抵抗になってバランスを崩します

    轍程度の段差なら、よほどのことがない限り、前輪だけ抜けちゃえば後輪は何とかなります

    走行ラインの変更では、このことを頭で理解してるだけで全然違ってきます
    なんてことはありません
    ※これを知らないといつまでたっても轍越えや段差が苦手ですよ

    スポンサーリンク

    まとめ

    Toos

    最初のうちは林道走行では轍程度の段差ですら乗り越えるのも難しいもんです

    怖いんですよねえ、滑りそうだし
    そんなところ走ったことないし・・

    ベテランにはたかが轍、されど初心者には崖にも匹敵する段差です
    最初は、轍とはいえ小さい段差がすんごく怖いんですよねえ・・

    誰でも、同じ轍を踏んでいくんですよ
    ベテランさんも、怖かった時代があるはずなんですよ♪

    練習というより場数で慣れちゃいましょう♪
    イメージできても実際に走って感覚を磨いた方が身になります♪

    段差に限らず、林道ではヤバいと思ったら早めに白旗上げて仲間に手伝ってもらいましょう

    ■段差にはまった場合や倒木などを越えられない場合

  • エンジンを切って
  • バイクから降り
  • バイクをまっすぐ支えた状態で
  • 障害物にフロントタイヤを当てて
  • 手でフロントホイールを回して障害物を超えるのが楽
  • ですよ

    こういうので困ってる人を、
    あっさり助けてあげられるライダーになりたいもんです・・

    ついでに、的確で分かりやすいアドバイスが出来ると完璧です♪

    バイク乗りは速いより、あの人上手いよ!と言われたいもんです♪

    スポンサーリンク










    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -オフロード, 初心者の練習

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2020 All Rights Reserved.