長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z1-R Z750D1

カワサキZ1のレギュレータが原因不明でパンク。レギュレータが死ぬとどうなるか

投稿日:

Toos

カワサキZ1系の弱点というか、欠点というかで最大なのがレギュレータです
この当時としては最新技術だったと思うんですが、かなり脆弱です

突然壊れるので、事前に対策もしようがないんですわ
しかもダメージは電装系広範囲に及びますので、思い切って交換しちゃうといいですよ

余計なお世話コメント

この記事は、会社のPCでネットサーフィンでサボりつつ、旧車バイクの維持管理を頑張ってる人向けです。
上司にばれないように慎重に盗み見てください。ばれても知りませんが
※一応、音もなりませんし、エッチな画像もありませんので、必死にごまかすことが可能です。

もちろん携帯からは何時でもご覧いただけるようになっております

スポンサーリンク

そもそもバイクのレギュレーターとは何ぞや?

エンジンで発電した電圧を14V位まで下げている装置

※レギュレートは、限定する、減衰するの意味

これがまともに機能しないとどうなるか?というとね・・
エンジンで発電したかなり高い電圧が、そのまま車体各部の電気装備に流れまくる

こうなるといろんな箇所に害が及ぶわけですよ
旧車とはいえ、Z系を買ったらまず最初にここは見直すべき個所です
※キャブとかマフラーとかの交換は後回しにしないと痛い目にあいますよ

リプレイスレギュレータに変えてから20年は経ってるけど全然平気

リプレイスレギュレータに変えてから20年は経ってるけど全然平気

バイクのレギュレータが死ぬと具体的にはどうなるのか?

硫黄のにおいがしてくる(マジです)

別に火山地帯を走ってるわけではないのに硫黄臭

別に火山地帯を走ってるわけではないのに硫黄臭

バッテリーの内容液が沸騰する

過大な連圧をバッテリーが受け止められない

電圧がかかり続けて、開放型バッテリーが沸騰します
※これで硫黄のにおいになるわけですよ

開放型バッテリーですらこれです
恐らく密閉式のMFバッテリーとかは破裂します
※今時バイクでもめったにないとはいえ、バイクも機械である以上レギュレータが死ぬことがあるのは覚えておいた方がいいです

ワタクシが体験した時は、バッテリーが熱もって若干膨らんでいましたよ(怖

電装が次々に死ぬ

各種スイッチ入れた瞬間に各電球が吹っ飛ぶ

ウィンカーなど一発です

電球の球のフィラメント部が一瞬で溶けます

以外にもヘッドライトは最後まで生きてました
※たぶん、ヘッドライトブースター入れてたら飛んでたと思うけど、これがないと車検通らない

出先でこの事態は軽めのパニックになります
極めてヤバいというか、今日はバイク置いて帰るかモードになります

点火系にもダメージが及ぶ

イグニッションコイルが熱で溶けてゆがみます

純正のイグニッションコイルの外側のプラというかが、ぐにょっと熱で変形します
この辺も手で触れないほど熱くなります

  • 関連記事:-->Z1系の維持メンテについてまとめました


  • イグニッションコイルは、リプレイス品も出ていますが結構いいお値段するので、お財布にダメージが来る前に対策したいですね
    ※個人的には添加系も全部初期化することを進めます

  • 関連記事:-->Z1系を長く楽しむために最初に抑えるべきポイント
  • スポンサーリンク

    レギュレーターが壊れる前にできる対策は?

    四の五の言わずに、対策品に変えちゃうしかないです

    現行車用の(恐らくゼファー用と思われる)レギュレータがカプラ付きでキットになっています
    これを装着しちゃうのが信頼性も高く、手っ取り早いです
    ※純正のデッドストックのレギュレータは必死に探しても高価な上、すぐパンクした経験がある

    ↓車種ごとにある

    まとめ

    エンジン系はちゃんとメンテすれば一生乗れる

    エンジン系はちゃんとメンテすれば一生乗れる

    カワサキZ1系を手に入れたら最初にレギュレータ交換した方がいいとアドバイスしています

    ワタクシは、Z系に何台か乗ってきましたが、レギュレータは100%壊れています
    ※まあ年式的にも仕方ないとはいえ

    何より、レギュレータが死ぬことで、電装系広範囲にダメージが及ぶのでお財布的にもきついんですよ
    しかも、下手すりゃ尻の下でバッテリー破裂ですよ?

    カワサキもなんとなくわかってたようで、Z1系エンジンの最終時期であるZ1-Rには電流計が付きます
    ※ワタクシZ1-Rの電流計はメーター裏で配線がぶった切られてた動いているのを見たことがない

  • 関連記事:-->Z1系に長く乗るためのポイントをまとめました。


  • 現在、ブームで高額で取引されているZ系ですが、
    むやみに派手なパーツを組むよりも根本を抑えて、リフレッシュというかアップデートというか初期化をしてあげたほうが長く乗れるんじゃないかと思う次第です
    ※これだけ高額になっちゃったので、なんとなーく、そろそろブームも終わりそうな気がしてますがね・・

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -Z1-R, Z750D1
    -, , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.