長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z1-R Z750D1 バイク

カワサキZ750D1を維持するポイント!故障する前に初期化する方が安上がり

更新日:

ちなみにアイキャッチ画像と同日です
Toos

このポイントについては、基本的にZ1,Z2,Z750FX,Z1000,Z900,Z1000Mk2なども同じです
上手く使いまわしてやがんな、KAWASAKIって感じです

ほんとにこれで一気にリフレッシュします
バイク屋さんで、数十万かけても調子悪いZ系のなんと多いことか!
ワタクシが20万円で、すべてやってあげましょう
※一部、入手困難なパーツがあるのでそれは吹っ掛けますが(笑)

ワタクシのブログは、仕事中にさぼって読むことをお勧めします♪
仕事の緊張感をリフレッシュしてつかあさい(土佐弁
※同僚や上司にばれないよう各自工夫を凝らしていただけると幸いですが、見つかっても知りません

もちろん、携帯からもお楽しみいただけます♪

スポンサーリンク

Z750D1はもう40年も前のバイクであるということ

消耗品はもちろんすべての交換サイクルは二回りくらい過ぎていると思った方がいいです

やみくもに現行バイクやレプリカ時代のパーツを組み込むと、一部だけ強度が上がったりして逆に寿命が縮まることがありますよ

Z750D1の電装系

電装系はできる限り交換しちゃった方がいいです
メインハーネスをはじめ、各配線が硬くなったりしてたらそれなりに電気的に抵抗になります

レギュレーター

何はなくともレギュレーターは交換しましょう

もう純正品は100%絶対壊れます
何個も壊しました

ゼファーのレギュレーターを加工したキットが出ています
これに丸ごと変えちゃってください

純正のレギュレータはお役御免ですので神棚にでも飾っておいてください

レギュレータがパンクすると、バッテリーが沸騰します
硫黄の匂いがしてきて、すべてのランプをつけるたびに一瞬明るくなってフィラメントが燃えつきます
※経験あり

これを出先でやると遠出したくなくなりますよ♪

ワタクシは知り合いがZ乗りになったら、最初にチェックするのがここです

点火系

Z750D1の純正では、ポイント点火です

この後、Z750D2(Z750FX)からは非接触のトランジスタ点火になります
このパーツを流用できればそれはそれでいいですが、現在入手が難しいので、DYNAのコイルとセットでフルトラ点火にしてしまいましょう

ここを変更すると、出先でのポイント調整が不要になります
※キャンプツーリングではこれ以前のZ系では朝の恒例作業ですね♪

より一層信頼性を求める人は、ウオタニのキットがありますが値段が段違いです
とにかく点火系を安定させると、何かトラブルがあったときにこの辺を除外できるので、トラブルシューティングが楽になるという副産物もあります

メインハーネス

現在は、サードパーティがリプレイス品を出してくれています

↓ほんとに今の世の中Z乗りにやさしいわ。20年前は探すだけで一苦労、絶対ないよとか言われてた。

メインハーネスの交換は、それほど難しくありません
素人作業でも、接続ギボシを一個外して、一個付けるを繰り返せば時間こそかかりますが完了まで持ち込めるはずです

とはいえ、配線図があると一層安心なのは言うまでもないですね♪

メーターハーネスも余裕があれば変えましょう
この辺は、走ることに直接影響はないですがいっそのこと交換しちゃう方が面倒くさくなくていいです

Z750D1メインハーネス交換はむつかしくないよ

Z750D1メインハーネス交換はむつかしくないよ

■ハーネス交換のポイント
ハーネス系の交換は、ライトの中にいかにうまく格納するか?ということにつきます
あとは車体側にタイラップで固定しておきましょう
※ハンドル切って余裕がある取り回しにしないとハーネス切れますが。

ヘッドライトブースター

純正ではの車検に通りづらいので、バッテリーから直接配線してライトを明るくしちゃいましょう♪

メインハーネスが新しくなると明らかに光量が増えます
それだけ、抵抗があったということです

さらにヘッドライトブースターをつけましょう
ここまですると更に光量が増えます
ヘッドライトブースターの追加をやらずにユーザ車検に臨むと受からない危険性が高まります
※っていうか、これ付けないでユーザー車検て通るの?

アーシングは効果あり

メインハーネスを変えるだけでだいぶ改善されるアース処理ですが、ボディ側の導通が悪くなって、バッテリーのマイナス側に戻る電気を妨げているはずです

なので、車体各所にアースしている所からバッテリーのマイナスに配線(太い線でなくてもいい)して、電気の流れを助けてやると効果があります

ウィンカーつけるとテールランプがちょっと暗くなるという現象もこれで解決できました♪

スポンサーリンク

Z750D1の車体

Z750D1は丸タンクのZでは最終型とはいえ、それなりにヤレているはずです
各部に注油して動きが渋ければ潔く交換することをすすめます

ワイヤ類

  • アクセルワイヤ(引き側、戻し側がある)
  • クラッチワイヤ
  • タコメーターワイヤ
  • スピードメーターワイヤ
  • がリプレイス品で出ています

    ワタクシの経験では、上記のすべてのワイヤが切れたことがあります
    これらもメインハーネスと同様、ハンドルを切ったときに無理のない取回しをしましょう
    新品に交換したら、今までついてたものをグリスアップしてツーリング時には携帯することをお勧めしますよ
    ※ワイヤ類は出先で切れるの法則がある

    ちなみに、5年くらい前にビーナスラインでクラッチワイヤを切ったZ750FXの人に、持参していた中古のワイヤをあげて、つけるところまでやってあげたら1万円もらったことがある(笑

    チェーンとスプロケ

    チェーンは迷うことなく530の細いサイズに変更しましょう
    もうこれ一択です

    純正の630チェーンは
  • 重い
  • 抵抗の塊
  • 高い
  • 現行のチェーンカッターでは切れない(チェーンカッターが壊れる
  • とまあいいことありません

    530のチェーンにするだけで、燃費が良くなりますし、最高速も上がります
    ※これはもう確実です

    ハブダンパー

    リアホイールの中にある変な形のゴムですが、これが痩せてくるとアクセル開けたり戻したりする際に一瞬遅れます
    ※ちょっと振動があるけどわかりづらい

    これもリプレイス品が出ていますのであるうちに変えましょう

    前後ホイールベアリング

    ホイールベアリングが死ぬとブレーキも死にます

    マジで一瞬死を覚悟しました

    ステムベアリング

    純正のボールベアリングをテーパーローラードベアリングに変更しちゃいましょう
    一気にステアリングが軽くなります

    センスタで車体上げてフロントを浮かせた状態で自然に左右にハンドル切れることが大事
    コツっという手ごたえが少しでもあればステムベアリングは死んでいます

    フレーム側のベアリングレースの交換には工具が必要ですが、自分でやってみるのも手です
    ※ここだけバイク屋さんにお願いしてもいいと思います

    スイングアームベアリング

    スイングアームと車体をつないでいるシャフトのローラーベアリングです

    これが死ぬと、シャフト自体が削れます
    実際にスイングアームからシャフトを抜くとベアリングがバラバラと粉砕されて落ちてきました
    あの頑丈なシャフトが思いっきり段付きになっていました
    ※ワタクシのZ1-Rがそういう状態でした

    スイングアームを左右にゆすってガタが少しでもあれば交換です
    ここに少しでもガタがあるとコーナーリング時に結構怖いですよ

    サスペンション

    フロントサスは、オイル交換して鉄粉が混じってたらちょっとヤバいです

    そういう場合は大体オイル自体がグレーになっています

    車体からフロントフォークを外してやる方が簡単ですが、車載でもできないことはないです
    センスタを立ててから、
    ダウンチューブにオイルドレン用のプラスネジがあるので、ここを外してゆっくりサスを上下させてオイルを抜きます

    フロントサスペンションの上側のボルトを抜くのも付けるのもちょっとコツがいりますが、サスペンションをできるだけ伸ばしてやると外しやすいしはまり易いです

    リアサスは素人ではどうしようもないので、サスペンション専門の業者にオーバーホール依頼を出すか、今時のサスに変更しちゃった方が楽です

    ゼファー1100用の純正リアサス

    ゼファー1100用の純正リアサス

    ただし、レーシング系の高いサスは高価な上にバネレートがかなり高いです
    ギャップを踏むたびにゴツゴツして、フレームのいろんなところにダメージが来ます
    リアサスが沈まないとZ系は曲がれないので柔らか目、短めがお勧めです
    ※裏技はありますが、費用対効果の点であんまりお勧めしません

    うちのZ750D1の場合、ゼファー1100の純正リアサスを一番短くなるように調整して運用しています

    Z750D1のエンジン

    エンジンは、距離にかかわらずオーバーホールする・・方がいいのですが、費用が掛かりすぎるので、動いているのであれば様子見で。

    あんまり起動時に白煙を吹くとか、高回転で白煙を吹くとかだと一回腰上は開けた方がいいですね
    ※この症状が出てオイルが目に見えて減っていく場合はオイルとガソリンが一緒に燃えています

    空冷バイクはオイルには常に気を使いましょう

    空冷バイクはオイルには常に気を使いましょう

    カムチェーンテンショナー

    GPz750(空冷ね)のオートカムチェーンテンショナーがポン付できます

    これにより、一気に空冷エンジンの特徴である「がっしゃがっしゃ音」が激減します
    ※カムチェーンが伸びきっていなければ、ですけど

    これ以外のマニュアルテンショナーは調整が素人では難しいので、逆にカムチェーンやその周りのスライダーを壊す危険性が高まります

    Z750D1のキャブ

    純正の強制開閉式キャブは、デザイン的にもすごくZに似合うんだけど・・

    純正キャブは寿命なものが多い

    この20年近く一度もZ系の完全調子の純正キャブにあったことないです

  • どっかしら壊れているか
  • オーバーフローしてるか
  • 同調がおかしいか
  • リンケージがガタガタか
  • とか、そんな感じです

    経験が少ない人ほどすぐに、メインジェットのセッティングが・・とか言いますが、
  • すべてのジェットを純正のセッティングに合わせて
  • 全てのジェットの導通を確認して
  • エアスクリューの戻しをマニュアル通りにして
  • 4気筒分のキャブの開度を調整して
  • とやってもダメな場合、あっさりと見限りましょう
    ※ほぼ確実にキャブ自体が消耗しています

    CRキャブやFCRキャブ、TMRキャブなどのレーシングキャブは、
  • エアクリつかないし
  • 雨だと調子悪いし
  • 標高上がっても調子悪いし
  • 海沿いでは砂とか怖いし
  • あんまりいいことないですよ
    ※素人でもできないことはないんでしょうが、何度も何度もキャブを下すことになりますよー

    おすすめはCVKキャブですが・・

    いいんですよ、格好悪くても。ちゃんと走る方が優先です

    いいんですよ、格好悪くても。ちゃんと走る方が優先です

    ■参考までに
    ゼファー400の純正キャブを流用しています
    セッティングとか適当でいいです
    全てのジェットが導通してれば少なくともアイドリングはします

    スロージェット
    メインジェット
    戻し
    は、ゼファー400のキャブ純正のジェットでも、そのままでも動いちゃいますし、アイドリングもします

    セッティングはそこから使い勝手に合わせて調整していきます
    これで20km/l近く行きます
    ※ツーリングで気持ち良く巡航している場合

    ゼファー750のインテークマニフォールドを長穴加工してつけています
    工夫で純正エアクリーナーが付くのがポイント高いです♪
    ※少なくともZ1,Z2以降のエアクリが大きくなったモデルは純正エアクリをつけることが可能ですよ

    Z750D1普段のメンテナンス

  • 各部のグリスアップ
  • 定期的なオイル交換
  • 各部の清掃
  • 消耗品のチェック
  • 位しかしてませんが、20年持っています
    今まで不動になったことはただの一度もないです
    ※すでに10万キロ以上、日本中を走っていますがエンジンはノンオーバーホールです

    っていうか、ここまでやってあればそうそう壊れません
    今の電子制御のバイクと違うので、すべてがアナログです
    ※そういう意味では、この記事で書いているレギュレータや電子制御の点火系などのほうが壊れてサドンデスの危険性は高いですが、純正品よりははるかに壊れません

    まとめ

    Z750FourD1についての故障しそうな個所と対応策を記事にしました

    実際、わが倶楽部(実態は無)のZ750D1はこの仕様になっています
    20年ほど前に入手して2週間でここまでやりました
    キャブの値段にもよりますが、大体20万くらいかかります
    ※当時も同じくらいの金額がかかっていますが、ロングツーリング主体の使い方なので必要経費だと思ってやりましたが大正解!みじんも後悔していません

    当時は、上記に挙げたレギュレーターのキットもなく、ゼファーのレギュレータを一台ずつ加工してくれるお店がありました
    ヘッドライトブースターも倍以上の値段でした

    おかげで、
    峠から高速から街乗りからキャンプツーリングから街乗り2000m級の高原ルートまでを普通にこなします
    嫁が主な運用をしているにもかかわらず一回も壊れたことはないです♪
    ※オーバーフローがらみで調子を崩したことはありますが、そのうち別記事にします

    Z系は壊れるバイクじゃないです
    一生乗れるバイクですが、ポイントを押さえておくと悩む時間も減るし、何よりお金がかかりませんよ

    あ、純正にこだわる人は頑張ってください!!

    Z1-RとZ750D1関連記事

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    バッテリーは夏も冬も酷使されます!




    バイクのバッテリーって乗らないとすぐ上がる気がします
    旧車バイクの開放型バッテリーは、冬に充電しまくっても3年持ったことがありません・・






    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です








    -Z1-R, Z750D1, バイク
    -, , , , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.