Z1-R Z750D1 バイク

カワサキ ゼファーなどの純正CVKキャブはオーバーフローするのが仕様

 

ワタクシ
当倶楽部の2台のZはゼファー用のCVKキャブに換装してあります。
高燃費でセッティングも適当で良くて、レーシングキャブから比べると夢のようなキャブです。

ただし、
オーバーフロー癖が付いてガソリンが駄々洩れすることがあります。
※パーツ交換でも復活しないことがあります。

困ったことに、
2020年7月時点では新品はもちろん、中古のキャブすら入手がむつかしい状況です。

 

スポンサーリンク

出先で突然起こるCVKキャブのオーバーフロー

 

ワタクシ
当倶楽部で志賀草津高原道路に散歩に行きまして。
旧精するまでの1時間強、本当に調子よく走っていました。
標高2000m付近の駐車場で最初の休憩中、ガソリンが駄々洩れを発見してビビりました。

 

4連キャブの一番左側、エアクリーナーボックスとつないでいるインシュレーターからガソリンが漏れていました。
※インシュレータをめくるとガソリンが駄々洩れです。

出かけるときの点検では、全く問題はありませんでした。
当倶楽部から志賀高原までの間、約1時間ほどの走行中にトラブルが発生したものと思われます。

 

Z750D1。天気も良く比較的すいてたので気分良く流せたんですが。

Z750D1。天気も良く比較的すいてたので気分良く流せたんですが。


うわ、まじか。

 

さてどうしたものか・・

取り合えず、その場でできる対応をしたものの、症状は変わらず。

エンジンオイル量に変化がなかったので、プラグが死ぬことを覚悟のうえで多めに停止しつつ倶楽部本拠地へ戻ることにしました。
※オーバーフロー時のオイル量については以下に詳しく書きました。

 

休憩するような距離ではないのですが、休憩するたびにオイル量をチェックしていました。

休憩するような距離ではないのですが、休憩するたびにオイル量をチェックしていました。


こういうものを嫁はよく食べる。

 

ちなみに・・

オーバーフローした場合、ガソリンは車外に排出された方がマシです。

というのは・・

ガソリンがシリンダーに侵入すると、ピストン脇をすり抜けて、オイルパンにたまることがあります。

オイルパン内の液体の量が増えすぎると、
エンジン自体が壊れます。
※ガソリンが油分を洗いまくる&オイル量が増えたエンジンは「ウォーターハンマー」という現象を起こし、エンジン内の部品を破壊します。

CVKキャブ搭載のバイクの場合、オーバーフローしてもガソリンはキャブの外に流れ出ません。
オーバーフローしたエンジンは、オイル量のチェックも併せて行いましょう。

出来れば、オーバーフローしたらオイルは交換した方がいいですよ。
あふれたガソリンが、エアクリーナー側に溢れてくれるならまだいいですが、シリンダーへ流れ込んだ形跡が少しでもあれば、オイルは役目を果たしませんのでエンジンが痛みます。

オイル量が明らかに増えている場合、エンジンは絶対かけずにレッカーしましょう。
レッカー代より何倍も高額な修理代を請求されます。
※もしくは廃車です

 

旧車のツーリングでは何があるかわかりません。



古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておきましょう。
マジで、峠の駐車場でたたずむことになりますよ。

フロートバルブの動きに支障がある?

 

 

ワタクシ
キャブ側でガソリンの流入を停止させるフロートバルブにトラブルがあったのか?

 

オーバーフローの原因

オーバーフローの原因のほとんどは、

  • フロート(浮き)
  • フロートバルブ
  • フロートバルブシート
  • このいずれかが不調になってると考えるのが普通です。

    この3つは、ガソリンタンクから供給されるガソリンをキャブ内に一定以上入れないように動作します。

    フロート(浮き)が劣化してフロート内部にガソリンが侵入するとウキが正しい位置に収まれずにガソリンが駄々洩れします。

    フロートバルブやフロートバルブシートは、浮きの上下運動に従って燃料を遮断する役割があります。
    ※フロートバルブ周りにコンマ何ミリ、というゴミが噛んでもオーバーフローします。

    また、
    フロートバルブが劣化したり、フロートバルブシートに傷が入ったりしてもオーバーフローします
    ※CVKキャブの場合、フロートバルブシートの交換はできません。コレが致命的な欠陥です。

    キャブは、精密機械ではありません。
    超精密機械ですので、ほんの些細な現象が大きなトラブルになることもあります。

     

    フロートバルブは、安い社外品も多く出回っています。
    性能は・・あんまりいい噂は聞きません。
    ※当倶楽部では、数年に一度のキャブの清掃&オーバーホールの際は交換しています。

    CVKのキャブ用フロートバルブは予備はセットで持っておく!
    created by Rinker

    品質に問題があるという話もありますが、部品交換で直るなら安いもんです。
    セット外の方が絶対得です。

     

    出先でオーバーフローになったら

    ダメ元ですが、分解せずにその場しのぎでやってみる価値はあります。

  • キャブのフロート室をドライバーの柄などで軽くコンコン叩いてみます。
  • これで、
    フロートがちゃんと動きだすことがあります。

    それでもガソリンが溢れるようなら・・

  • ガソリンコックをオフにしてエンジンを回し、キャブ内部のガソリンをなるべく減らします。
  • ※キャブのドレンボルトを緩めてガソリンを排出してもいいです。

  • キャブ内のガソリンが減ったら、ガソリンコックをオンにしてキャブに一気にガソリンを供給します。
  • ※フロートバルブ部に引っかかっているゴミ(大抵錆)を流せることがあります。

     

    今回の場合、
    上記に項目をやってみても、ガソリンが駄々洩れになっていました。
    元々ダメ元作業ではあるんですけどね・・

    とりあえず、
    この場ではフロート(浮き)内部へのガソリン侵入を疑いました。
    ※あまりにガソリンが駄々洩れするので。

     

    純正品でなければ4つ分キャブのセットでも安い。当倶楽部でも一応ストックしています。
    created by Rinker

    フロートも売ってますねえ、リプレイスパーツが。
    何故かAmazonにしかないです。
    あるうちにキープしておくのが吉です。

     

    ちなみに・・

    CVKはオーバーフローするキャブとして有名ですので対策してありました。

  • ガソリンの経路にはフューエルフィルターを噛ます
  • ガソリンタンク内をPOR-15でコーティング
  • というタンク内の錆に対する対策をしてあります。
    ※この状態で10年以上運用していますが問題はありませんでした。

    なので、
    燃料経路への錆の侵入に対しては自信がありました。

     

     

     

    4気筒のキャブは取り外すのも一苦労

     

     

    ワタクシ
    4気筒のキャブは下ろすのが面倒くさいです。
    でも、
    数年に一度は清掃&メンテナンスのためにキャブは下ろしています。
    ※キャブを下ろすスピードは慣れの問題でどんどん早くなります。

     

  • タンクを下ろして
  • アクセルワイヤを外して
  • インシュレータのバンドを緩めて
  • エアクリボックス側のインシュレーターを外して
  • キャブ本体を車体の左側に抜き出します。
  • キャブ内にはガソリンが残っているので、ドレンホースからガソリンを抜きます。
  • ※抜いたガソリンは再利用しません。ウェスにとって油汚れを落とすのに使います。

    キャブを逆さにして、フロート室を外してメンテナンス開始です。

    CVKキャブの裏側は見慣れた光景ではあります。

    CVKキャブの裏側は見慣れた光景ではあります。

    もう何十回もキャブを下ろしています。
    慣れたとはいえ、いちいち綺麗にしたりするので、
    取り外しから再度組み付けまでは軽く3時間くらいはかかります。
    ※FMラジオで、山下達郎のサンデーソングブックから、あ、安部礼司が終わるまでたっぷり時間かけました。

     

    オーバーフロー部のチェック

     

     

    ワタクシ
    分解してみたものの特に問題ないんですよ・・(´;ω;`)
    フロート室内にゴミも見当たらず、です。
    浮き内部にガソリンが侵入した形跡もありません。

     

    実は当倶楽部へ帰還時には、オーバーフローの症状が軽くなっていました。
    ほとんどガソリンの漏れは止まってた、と言ってもいいです
    ※ということは、フロートバルブに引っかかったゴミが流れ落ちた?と推測されます。

     

    フロート室にゴミやチリは一切ありませんでした。

    フロート室にゴミやチリは一切ありませんでした。


    ちょっとしたゴミのかけらでもあったら納得したのですが。

     

    取り合えず、

  • パーツクリーナーとエアブローでキャブの各部の導通を確認
  • ジェット類の清掃と再組付け
  • ストックしてあったフロートバルブを社外品の新品に交換
  • を行いました。

    原因がわからない

    こういう原因不明のトラブルは一番困ります。

    何が原因?というのが明確にわからないと対策の打ちようがありません。

    逆に、
    原因を想定してドンピシャだった時の満足感は非常に高くてメンテナンスへの意識が上がるんですが。

    左がついてたフロートバルブ。右が新品のフロートバルブ。

    左がついてたフロートバルブ。右が新品のフロートバルブ。


    バルブシートに接触する面は、ゴム製なので段差もないし・・ストッパの動きが悪いのか?

    とはいえ、
    予定外のキャブ下ろしとメンテは結構楽しかったりもします。

    この機会に、
    フロートバルブやフロートについてはもう少しストックパーツを買っておこうと思います。
    どうせ壊れるので、パーツはあって困りませんし。
    ※KAWASAKIの負圧キャブ乗りは絶対必要になるので買っておいた方がいいですよ。

    CVKのキャブ用フロートバルブは予備はセットで持っておく!
    created by Rinker

    純正の半額以下です。
    安物はネットでの評判悪いですが、こんなもんの品質の差ってどこに出るんですかねえ・・

     

    バイクのキャブをメンテするなら夏がおススメ

     

    ワタクシ
    バイクのキャブを下ろすのは結構大変なんですが夏は作業がしやすいです。

     

    キャブの前後、特にエアクリーナーボックス側のゴム製のインシュレータが柔らかいので作業しやすいです。
    冗談抜きにゴム部が寒さで硬化してると作業効率は悪いです。
    ※取付や取外し作業で破いちゃうことがあるくらいですよ。

    4気筒は特に、狭い空間にゴム製のインシュレータを取り付ける必要があるので柔らかい方が作業が楽です。

    夏は
    その分、蚊に襲撃されるという大きなデメリットもあるんですが。
    ※田舎でがレジ作業してると蚊に10か所くらい刺されても動じなくなります。

    一応、市販の蚊よけスプレーをつかっていますが、効果は大きくない気がします。

     

    スポンサーリンク

    まとめ

     

    ワタクシ
    KAWASAKIのCVKキャブはオーバーフローしますよ。
    そして、一度オーバーフロー癖が付くと直らない可能性すらあります。

     

    KAWASAKIのバイクって頑丈で長持ちするイメージがあるんですが、キャブが壊れてそのまま廃車になるケースが多い気がします。
    ※ガソリン抜かずに半年も野外放置するとかなりの確率でキャブが死にますよ。

    特にインジェクション化されるまでのKAWASAKI車は大抵CVKキャブを搭載しています。
    新品部品は手に入らないはずなので、苦労してるんだろうなぁ・・

    キャブが直らずに廃車として扱われる車両も少なくないはずです。
    車両自体の現存数も少なくなるいので中古バイクが高いわけだわ・・
    ※稼働する車両はますます貴重になっていきますね。

    ともあれ。
    今回、当倶楽部のZ50D1で発生した謎のオーバーフロー・・
    今現在は完全に直っていますが、原因が特定できていません。
    ※昔、このキャブそのものはオーバーフロー癖があって悩んだもんですがその時の原因はガソリンコックでした。

    しばらく様子見、ということにします。
    何かあれば忘備録としておって記事にしていきます。
    ※その間に、パーツをストックしておく所存です。

     

    スポンサーリンク









    カワサキZ1・Z2ファイル
    created by Rinker

    カワサキZ1・Z2ファイル (2) もあります。
    今中古は安いので押さえておきましょう。
    永久保存版です。







    カワサキZ1・Z2オーナーズバイブル
    created by Rinker

    下手なカスタム本とかよりも余程役に立ちます。

    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -Z1-R, Z750D1, バイク

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2