長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z750D1

Z750D1(Z1系は全部)のメーターはスポンジマウントしないと壊れる

投稿日:

色褪せすぎてかわいそうだが、Z750D1のメーターだ♪
Toos

Z1、Z2系のメーターがぐわんぐわん振れ始めたら、それはメーターが内部で破損しています

破損の原因を理解したうえで対策し、メーターは交換するか修理に出しましょう♪
ちゃんと修理しないと車検通らんよ♪

スポンサーリンク

メーター部は振動がもろに来るので内部で破損する

古いバイクって結構振動が多いんですよ

特に、突端部(たとえばミラーの先やハンドルのバーエンド)などに如実に振動が出ます

メーターも突端部として例外なく振動を受けています
この振動が常時続くと、メーターの内部が破損します
※一時的なものではなく振動によるパーツの疲労が蓄積して破損すると思うのですが。

今時のバイクはいろんなところにバランサーやラバーマウントなどで振動を打ち消してるので、メーターが壊れるほどの振動は旧車的なバイクや特別な味付けの振動が大きいバイクに限られるのかもしれません

ちなみに、
ある程度、突端のパーツが重ければ振動を打ち消すことが可能です

■マメ知識
Z1の純正ミラーにはウェイト(おもり)が入っています
ウェイトの入っていない安物の見た目だけのZ2ミラーに付け替えると、振動で後方確認ができないくらいブレブレになります
※直視してると気持ち悪くなるくらいブレます

Z系には純正でハンドルバーエンドのウェイト(おもり)が入っていません

純正ではハンドルグリップのエンド部が閉じているタイプなので、ウェイトはつけられないんですが、オープンタイプのハンドルグリップに変えるか、グリップのエンド部に穴をかけるなどしてウェイトを追加すると、ハンドルの振動が抑えられますよ♪
※ただし車検の際、意地が悪い検査官だと全幅はかられます♪(落ちたことはないですが)

レーサーのアナログタコメーターがスポンジマウントなのは振動で壊れるから

ちょっと前のレーシングマシンには、アナログタコメータがついているのですが、ほぼ例外なくスポンジマウントです

これは、振動を打ち消すのが目的というか、そうしないと壊れるからです

異常進化時代のレーサーレプリカバイクも同様にメーターをスポンジでマウントしたものがありました
これは、当時のバイクは「レーサーに近いほうが偉かったため」です

このメーターももれなくスポンジとゴムが入ってる

このメーターももれなくスポンジとゴムが入ってる

Z1系は全部メータ取り付けの際にゴムとスポンジが入る

Z1系のメーターを車体から外すと分かるのですが、結構細かく取り付けネジやメーターブラケットの隙間にゴムやスポンジが入っています
※固定ネジ部にもゴムを咬ますつくりになっています

このゴムやスポンジが経年劣化でボロボロになっている個体が多いです
まあ、40年もたてばこれは仕方がないことですね
※一回も変えてない個体も多いと思いますよー

純正品のリプレイスも出ていますが、ワタクシはホームセンターで適当なブッシュやスポンジ板(やわらかいゴム板でもよい)を加工して自作しています

要するに、メーターブラケットとメーターが直接触れなければ良いんですよ
直接メーターに振動を伝え無いように逃がしてあげるイメージです
見えない個所だし、結構適当です
※本気でやれば型紙とか必要なんでしょうが、あんまり全面をきちんと密着させると、今度は水分が抜けないとか弊害がありそうなので適当に間隔開けて取り付けています

↓一応、こんなものまでリプレイス品がある♪(スポンジはリプレイス品が見つかりませんが自作できるはずです)

Z1系のメーターが壊れると針が躍るようになる

実際にメーターが壊れると針が動かなくなるわけではなく、メーターが躍るようになります

タコメーターもスピードメーターも、同様の壊れ方をします
グワングワン針が揺れるようになったら壊れています♪

こうなるとメーターを修理に出すか、買い替えかということになります
ま、この際買い換えちゃうのも手ですが、色あせたメーターにも味があるし、走行距離もリセットされちゃうので、修理に出すのも手です
※メーターだけきれいだと雰囲気的にそこだけ浮くというのもある

ワタクシはZ1-Rで、
  • スピードメーター×2
  • タコメーター×1
  • を壊しています
    ※大事なスポンジを「汚い」と言い張って、全部きれいにはがしたらメーター壊れました♪

    今では3個目のスピードメーターですので、実走行距離はわかりません
    ※もともとついてたZ1-R純正のメーターはマイル表示だし、信用できんしエンジン載せ替えてるし。

    今ついてるゼファーの電気式タコメータもたまに針が暴れるんですが同じ理由かもしれません
    ※電気的な異常で、信号受信線に抵抗を咬ませばいいという噂があるのだが面倒なのでやってない

    Z1系のメーターが壊れる関係のまとめ

    Z1系のメーターは壊れますよ

    もちろん、Z1系だけでなくその他の旧車バイクのメーターも結構壊れます

    対策はメーターブラケットとメーターを接触させないようにスポンジを咬ますなどすることです
    ※固定ネジ部にもゴムを咬ますつくりになっていますがこのゴムがヘタってきます

    メーターは壊れると車検通りませんし、何より気になるので早めに対策した方がいいです

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -Z750D1
    -, , , , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.