Z1-R Z750D1

Z750D1(Z1系は全部)のメーターはスポンジマウントしないと壊れる

色褪せすぎてかわいそうだが、Z750D1のメーターだ♪

色褪せすぎてかわいそうだが、Z750D1のメーターだ♪

Toos

Z1、Z2系のメーターがぐわんぐわん振れ始めることがあります。
それはメーターが内部で破損している証拠です。

旧車は割とよくメーターが破損します。

破損の原因を理解したうえで対策しメーターは交換するか修理に出しましょう♪
ちゃんと修理しないと車検通りませんよ♪

スポンサーリンク

メーター部は振動がもろに来るので内部で破損する

Toos

古いバイクって思っている以上に振動が多いんですよ。

特にバイクの突端部(たとえばミラーの先やハンドルのバーエンド)などには如実に振動が出ます。
旧車のミラーは振動対策してないと、ガアアアアッという感じで振動しまくってまともに後方が見えません

メーターもバイクの突端部として例外なく振動を受けています。
この振動が常時続くとメーターの内部が破損します。
※一時的なものではなく振動によるパーツの疲労が蓄積して破損すると思うのですが。

今時のバイクはいろんなところにバランサーやラバーマウントなどで振動を打ち消しています。
古い設計のバイクは振動がすごいんですよ。
長い間に改良され、今のバイクはほんとに振動が少なくスムーズになりました。

今どきのバイクはメーターが壊れるほどの振動は旧車的なバイクや特別な味付けの振動を楽しむバイクに限られるのかもしれません。
電子制御のメーターって壊れないんですかね?基盤が破損したりしそうです

ちなみに・・

ある程度、突端のパーツが重ければ振動を打ち消すことが可能です。

■Z1の純正ミラーにはウェイト(おもり)が入っています。

ウェイトの入っていない安物の見た目だけのZ2ミラー」という安価なアイテムも出回っています。
このバッタもんというかイナゴもんみたいな安いミラーに付け替えると振動で後方確認ができないくらいブレブレになります。
※直視してると気持ち悪くなるくらいブレます。

ミラーを変更する場合、
それなりに重い振動対策されてるミラーをチョイスするといいですよ。
※こればっかりは実際もって見ないとわかんないです。

ワタクシ一度、イナゴもんミラー買って散在しました(だって安かったんだもん)

■Z系には純正でハンドルバーエンドのウェイト(おもり)が入っていません。

Zシリーズ純正のハンドルグリップは、エンド部が閉じているタイプです。

このままだとウェイトはつけられないんですが、

  • オープンタイプのハンドルグリップに変える
  • グリップのエンド部に穴を開ける
  • などして市販のハンドルウェイトを追加するとハンドルの振動が抑えられますよ♪
    ※ただし車検の際、意地が悪い検査官だとハンドルの全幅はかられて車検証と比べられます。

    レーサーマシンのアナログタコメーターはもれなくスポンジマウント

    Toos
    ちょっと前のレーシングマシンには、アナログタコメータがついているのですが、ほぼ例外なくスポンジマウントです。

    スポンジを介してマウントしているのはメーターに直接振動を伝えないためです。
    スポンジマウントで振動を打ち消すのが目的です。
    そうしないとタコメーターが壊れるからです。

    レーサーに近い方が偉かったんですよ。

    レーサーに近い方が偉かったんですよ。

    異常進化した80年代後半のレーサーレプリカバイクも同様にメーターをスポンジでマウントしたものがありました。
    これは、当時のバイクは「レーサーに近いほうが偉かった」んです。
    こういう細かい所まで「レーサーっぽく」仕上げてありました。

    このメーターももれなくスポンジとゴムが入ってる

    このメーターももれなくスポンジとゴムが入ってる

    Z1系はメータとブラケットの間にゴムとスポンジが入る

    Toos

    Z1系のメーターを車体から外すと結構細かく取り付けネジやメーターブラケットの隙間にゴムやスポンジが入っています。
    ※固定ネジ部にもゴムを咬ますつくりになっています

    実際にメーターが振動してる個体は、
    このマウント用のゴムやスポンジが経年劣化でボロボロになっていることが多いです。
    販売されてから40年もたてばこれは仕方がないことです。
    ※一回も変えてない個体も多いと思いますが、メーターが壊れると出費がでかいので早め早めに交換すべきパーツです。


    一応、こんなものまでリプレイス品がある♪(スポンジはリプレイス品が見つかりませんが自作できるはずです)

    純正品のリプレイスが販売されていますので悩まずにこれを取り付けるのがスマートです。
    ホームセンターで適当なブッシュやスポンジ板(やわらかいゴム板でもよい)を加工して自作することも可能です。
    ※見えないところとはいえ、仕上げはやはりリプレイス品に軍配が上がります。

    ちなみに・・

    要するに、メーターブラケットとメーターが直接触れなければ良いんです。

    振動が直接メーターに伝わらないようにゴムやスポンジで逃がしてあげるイメージです。
    見えない個所だし、結構適当です。
    自作する際には、あんまり全面をきちんと密着させると今度は水分が抜けないとか弊害がありそうなので適当に間隔開けて取り付けています。
    ※自作するにしても、一度綺麗な純正リプレイス品を参考にすべきですよ。

    スポンサーリンク

    Z1系のメーターが壊れると針が躍るようになる

    Toos

    実際にメーターが壊れると針が動かなくなるわけではなくメーターの針が躍るようになります。
    どんどんメーターの針が踊り狂うようになる頻度が上がっていきます。
    ※最終的にはエンジンかけた瞬間から踊りまくります。

    タコメーターもスピードメーターも、同様の壊れ方をします。
    グワングワン針が揺れるようになったら壊れています♪

    こうなるとメーターを修理に出すか、メーター自体の買い替えかということになります。
    この際買い換えちゃうのも手です。

    created by Rinker
    ¥29,040 (2020/08/07 23:11:56時点 楽天市場調べ-詳細)

    DOREMI COLLECTION スピードメーター Z1初期スピードメーター240km/h ドレミ

    created by Rinker
    ¥12,936 (2020/08/07 19:36:29時点 楽天市場調べ-詳細)

    昔はリプレイス品がなくて解体屋でも中古でこれくらいの値段で売られていました。

    ただし、

  • 色あせたメーターにも味がある
  • 走行距離がリセットされる
  • という買い替えるには惜しいポイントもあるので修理に出すのも手です。
    修理に出す際に走行距離はそのままで!というオーダーもできます。
    ※メーター一個だけきれいだと雰囲気的にそこだけ浮くんですよ。

    たとえばここに相談するとかしてみましょう
    ※走行距離のリセットするとかしないとかも相談に乗ってくれるはずです



    ちなみに・・

    かくいうワタクシもZ2時代から数えると30年以上、Zシリーズに乗ってるわけで何度もメーターを壊しています。
    ※大事なスポンジを「汚い」と言い張って全部きれいにはがしたら割とすぐにメーターが壊れました♪

    Z1-Rでは、

  • スピードメーター×2
  • タコメーター×1
  • を壊しています。
    ※一応、スポンジとかゴムとかいれたはずなんですが、どっかが直接触れてて振動が消し切れなかったっぽいです。

    実は、今ついてるのは純正から数えて3個目のスピードメーターです。
    一度走行距離はリセットしちゃったのでほんとの実走行距離はわかりません。
    ※旧車の走行距離なんて一切信用できないし、エンジン載せ替えてるのでいいんですよ。適当で。

    メーターの裏にはちゃんと緩衝材としてのスポンジが入っています。

    メーターの裏にはちゃんと緩衝材としてのスポンジが入っています。

    当倶楽部のZ1-Rのメーター回りはこんな感じですがスポンジは挟んであります。

    当倶楽部のZ1-Rのメーター回りはこんな感じですがスポンジは挟んであります。

    今ついてるゼファーの電気式タコメータもたまに針が暴れるんですが同じ理由かもしれません。
    ※電気的な異常で信号受信線に抵抗を咬ませばいいという噂があります。面倒なのでやってません。

    スポンサーリンク

    Z1系のメーターが壊れる関係のまとめ

    Toos

    Z1系のメーターは壊れますよ。
    割とすぐに。

    もちろん、
    Z1系だけでなくその他の旧車バイクのメーターも結構壊れます。

    オフ車ももちろん緩衝材が入っていますよ。

    オフ車ももちろん緩衝材が入っていますよ。


    しかもYAMAHAはメーターの固定がクリップだったりします♪

    なるべく壊さない様にするには、
    メーターブラケットとメーターを直接接触させないようにスポンジやゴムなどを咬ませて振動を逃がすことです。
    ※Zシリーズの場合、メーターを固定するネジ部にもゴムを咬ますつくりになっていますがこのゴムが経年劣化で痩せてヘタってきます。

    メーターは壊れると車検通りません。
    何より走ってて疲れるので早めに対策した方がいいです。

    メーターが壊れたらメーター屋さんに相談してみましょう。
    バイク屋さんだとパーツ交換をススメられるのがオチです。
    ※今時のバイク屋さんはパーツ交換しかできません。

    こういうところもオーナー自身が知らないととんでもない請求金額を提示されたりしますよ。
    旧車に乗るにはちゃんと勉強して知識付けておかないとお金がいくらあっても足りません。

    スポンサーリンク









    カワサキZ1・Z2ファイル
    created by Rinker

    カワサキZ1・Z2ファイル (2) もあります。
    今中古は安いので押さえておきましょう。
    永久保存版です。







    カワサキZ1・Z2オーナーズバイブル
    created by Rinker

    下手なカスタム本とかよりも余程役に立ちます。

    古いバイクで遊ぶ場合は盗難保険&ロードサービス付きの保険に入っておくと安心です



    メンテによほど自信があっても出先で壊れることがありますよ
    ・・バイクって人気のないところに放置するとあっと言う間にハゲタカ(人間)にやられます・・
    特に今はバイクが高いです・・盗まれると二度と出てこないと思っていいです

  • ロードサービスプラン

  • 盗難保険プラン

  • フルサポートプラン


  • 盗難保険はなんと年4400円から入れます!







    -Z1-R, Z750D1
    -, , , , , , , , , , ,

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2