長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Z750D1

Z750D1、Z1000を中古で購入する際のチェックポイントまとめ

更新日:

旧車はライトスイッチがあるので点け忘れることがある
Toos

中古のZ750D1を見つけたのですが・・というお問い合わせをいただきました
生産台数の少ないZ750D1の中古車両なんてよく見つけたと思いますが、それも運命なのかもしれません
実際見てないので何とも言えませんが、チェックポイントとしてアドバイスしたことを記事にしてみます
※下手な個体をつかむと悪夢になります♪(それも楽しいんですが)
スポンサーリンク

もはやZ系に掘り出しモノなんかない

これだけZ系の中古車価格が高騰してるとバイク屋さんも安売りなんかしませんよ

以前は、Z750D1とかZ1000、Z900などはZ1やZ1000Mk2に比べて、かなり安かったんですがね・・
※今では、Z1000LTDとかも高価でビビる

Z系は多数のバリエーションがあるとはいえ、すでに40年前のバイク、タマ数も限られてるし、一期一会となる場合が多いです
※マニアは、よほどのことがないと手放さないし

極力純正品で構成されているものが無難

一番の理想は、マニアがため込んでいたバイク

マニアは頭でっかちですらが悪いことばかりじゃないです
一番おさえておくべき個所を知っています
その知識量たるや、オタクのレベルを超えています
※25年以上乗ってるワタクシですら、知識量で全然勝てないのがマニアです

こういう人たちが、何らかの事情で放出した固体があれば、下手にショップでレストアされた個体よりも状態がいい場合が多いです

スポンサーリンク

逆に手を出してはいけないのはこんな固体

整備に自信がない人ほど、最低限エンジンがかかってアイドリングが安定している個体以外は止めたほうがいいです
※もちろん直せるので、それを理由に値引きしてもらうという交渉術はありますが、整備に自信がなければお勧めしません

それに、あんまりカスタムされている個体もやめましょう
パーツ手配ができない可能性が高いです
※特にホイールをレプリカから流用しているマシンはひどいものが多いです

レストア途中で放棄されたものはやめた方が無難

この車体、どう見ても廃車手前だろ?っていうものもよく見かけます
※業者がとりあえず手に入れたけど直すの諦めた固体も含みます

外したパーツが全部そろってれば、まだいいですが、そんなことはかなり稀です

レストア作業は一日で完了することが少ないので、パーツ外した状態で数日放置とか当たり前です
その間に、パーツなくしたりすることが多々あります

業務でやってればまだしも、素人が「レストアしちゃうぞ♪」って気軽に手を出したマシンは大抵ゴミと化します

言っておきますが、レストアは執念です
この執念を継続させつつ、手を動かし続ければそのうち完成しますよ
※今では金出せばパーツも手に入りますので以前より執念は少なくて済みます♪

こんな部品も普通に入手できるのが素晴らしいよZ系

こんな部品も普通に入手できるのが素晴らしいよZ系

放置期間が明らかに長そうなものもやめた方が無難

実際信じれれませんが、雨ざらしで10年たっててもZ系は値段が付くらしいんですよ

いくら安くてもこんな固体に数十万の値段がつくの?っていう固体が多いです
アクセルすらまともに回らないのに!ですよ

それほどZ系の中古市場は異常事態です
例え比較的人気のないZ750D1でも、です

屋内保管ならかなりマシですが、10年単位で寝ていたうちのZ750D1は、いろんなところにダメージが来ていましたよ
放置されていた個体に限らず、中古車はどんな整備されてきたか知りませんので、極力中古で手に入れたバイクは自分で整備して状態を確認できるようになりましょう♪
  • 可動部分は全部分解
  • 交換可能な消耗部品はすべて交換
  • 可動部分は全部グリスアップ
  • 最低限の初期化
  • で走り出すまでには1か月くらい、金額にして10万円以上かけています
    ※これくらいやらないとないと放置されてた車両なんて怖くて走れませんよ

    リプレイスされててもいいポイント

  • レギュレーター
  • 点火系
  • ヘッドライト系
  • チェーン系
  • ブレーキ系
  • サスペンション系
  • キャブ系
  • この辺は社外品が入ってても何ら問題ないです
    むしろ初期投資を削減できます

    チェーン系は、純正の630という恐竜時代の太くて重くて高くて抵抗の塊のモノにこだわる必要はないです
    現代の530という細めのチェーンに自分で交換すると大体3万~5万円くらいかかりますので、交換されてればラッキーです
    ※スプロケはアルミより鉄の方が重たいけど倍くらい長持ちします
    ■リアサスは、純正のモノはメンテしていない限り、とっくに寿命です

    抜けてるとかなり怖い思いをしますが、意外に気が付いてない人いますね
    ※どうやって走ってるんだ?あの抜けきったサスで?という人割と見かけます

    こちらもリプレイス品はものすごく高価なので買えてあればラッキーですが、レース前提のリアサスは使い勝手が悪すぎます

    -->Z1-Rでリアサスと戦い続けた結果の記事はこちら



    ■キャブは残念ながら、純正は終わってると思っていいです

    キャブは消耗品です!!
    純正でもアイドリングすらしないようなら、交換すべきです
    純正をリビルドするのもいいかもしれませんが、かなり高価なうえ、確実な効能があるかは微妙です

    この辺は、お金出しても解決しないのでZ乗りになる最初のハードルかも知れません
    ※ワタクシはゼファーのCVKキャブの流用をお勧めしますが、これすら最近は入手が難しいようで・・

    ゼファーのCVKキャブ、状態がいいのがあればもうワンセットほしいです

    ゼファーのCVKキャブ、状態がいいのがあればもうワンセットほしいです

    ■マフラーについては、純正がついてればラッキーです

    純正って高いよ、特に四本出し。
    社外品は後でも買えますし、大抵うるさいです

    基本は現状で買った後に自分で直す

    40年前のバイクを買って、まともなわけはない

    ので、自分で走らせつつ、泣きながら直しておくのが理想です
    これを繰り返すといつの間にか知識が付きます
    5年くらい乗ると大抵のことには動じなくなります

    俺は絶対全部純正で行く!
    という人は止めはしませんが、信頼できるパーツならどんどん変えていくのがワタクシの主義です
    そうしないと普段使いできません

    整備に自信があれば保証なんかいらないので現状で!

    ショップで購入時に「保証付けると数万アップする」というのはよく聴く話

    よくわからない保証に数万円かかるくらいなら保証は全部いらないので初期化に回せ!というのがワタクシの意見です

    どうせ、1年とか3000km位の保証だと思うんですよ
    それなら絶対入らなきゃいけない任意保険にレッカー引き取りのオプションつけたほうが無難です

    とにかく、自分で最低限の整備ができない限り、いちいちショップの養分になること請け合いです

    幸いなことに、現在は玉石混合の情報とはいえ、ググればある程度答えに行き着きますし、リプレイスパーツも豊富に販売されています

    Z750D1を中古で入手する際のチェックポイントまとめ

    Z750D1に限りませんが、中古車は一台一台状態が違います

    恐らく購入費用だけで3ケタ万円近くかかるんじゃないでしょうか?
    これだけでも結構な費用です
    個体ごとのチェックするポイントは「少なくともエンジンがかかりアイドリングが安定していること」です
    この状態がまともにできていないと、重傷な可能性があります
    この状態にするまでに二桁万円飛ぶ場合すらあります

    ↓マニュアル類は絶対に欲しい。似たような車種でもないより全然マシです。探せば絶対ある!

    また運よく入手出来たとしても、
  • ショップ経由で入手した場合でも
  • 個人売買で入手した場合でも
  • 自分で初期化すべきですよ

    バイク乗りはだれにも頼れませんので♪
    出先でバイクが壊れて途方に暮れるとか結構格好悪いので最低限の知識は必要です
    そのためには、ぜひとも自分で初期化してみましょう♪

    Z系はまじめに知識付けてしっかり整備しつつ乗れば一生乗れます(断言)

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    Toos

    Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

    -Z750D1
    -, , , , , , , , , , ,

    Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.