Z750D1 バイク

Z750D1でスマホを充電。ナビとしてハンドルマウントは振動多くてダメ。

Toos

ノンカウルでアップハンドルの古いバイクにスマホ取り付ける・・
ナビとして使いたい・・
いろいろ試しましたが振動でナビ画面は見れたもんじゃないです。

であれば、
充電だけで切ればいいという風に割り切ってハンドル周りをすっきりさせたるという判断もアリです。

スポンサーリンク

ノンカウルバイクはスマホの電源確保が大変

Toos
最初の問題はスマホの電源の確保です。

カウル付きのバイクはカウル内にUSBなどの電源取り出し口を隠せます。
ノンカウルバイクは電源の確保を工夫しないと美しくないんですよ。
結局、ハンドル周りにUSB電源を確保するしかありません。

以前の仕様。よく見るとハンドルの下にシガーソケット付きです。

以前の仕様。よく見るとハンドルの下にシガーソケット付きです。


シガーソケットの取り付け位置が美しくないけど、散々悩んでここにした経緯があります。

今回、テスト的にハンドルマウントできるUSB電源をZ750D1のハンドルに取り付けてみました。
USB電源への電力供給は、ライトスイッチと連動させてました。
ライト点灯忘れ防止機能と呼んでいます

スポンサーリンク

バイク用の増設USB電源!ハンドルマウントも可能
created by Rinker

今回導入したのはコレです。
安かったからです。

利便性を無視すれば、シート下にUSB電源つけるという手もあるんですけどね。
シート下に電源をつけるとなるとスマホをハンドルマウントするにはケーブルの取り回し的に無理が出てきます。
※タンクの下を這わせて配線すれば何とでもなるんでしょうが。

皆さんはスマホの電源確保はどうしてるんでしょうか?
何かいい方法がないか、引き続き考え中です。

ちなみに・・

以前、Z750D1にシガーソケットを取り付けたことがあります。

トップブリッジのフォーク締め付けボルトにステーをつけて運用していましたが、コレが絶妙に美しくない。
今回、ハンドルにクランプスるタイプのUSB電源に変更することで多少スッキリしました。
※コレもまだ一考の余地がありそうです。

ハンドル周りにいろいろ付いてると旧車の雰囲気が壊れるんで、あんまり好きでないんですよ。
ハンドル周りは極力スッキリさせるのが好みです

ハンドルには既に後付けのヘルメットホルダーも付いてるしねえ。
※超絶便利なんですよ、ハンドル付近のヘルメットホルダーは。

アップハンドルのバイクにスマホをハンドルマウントするのは無理がある

Toos
レーサーレプリカ時代以前の旧車は大抵アップハンドルです。
振動も多いです。
振動は、バイクの末端ほど激しくなります。

ハンドルのバーエンドに重りを入れると多少振動はマシになります。

とはいえ、
走行中に細かいスマホの画面を確認するのはちょっと難しいものがあります。
振動が多くてブレブレだからです。
試しに動画取ってみましたが再生した動画を見ると1分以内に酔います

そして何より、
スマホ自体が邪魔です。
風圧と振動でグラグラするので走ってて気になります。
※峠で遊んでるときにスマホを落とさないか、冷や冷やします。

スマホが邪魔じゃないっすか?

スマホが邪魔じゃないっすか?


常にぐらぐらしてそうです。

バイク自体へののスマホ固定は、

  • カウル付きで電源の確保が楽
  • 出来ればカウルにマウント可能
  • という方が無理がなくていいように思えます。
    ハンドルマウントはできないことはないですが、実際使い勝手はよくないです。
    ※メーターも見えなくなるし。ケーブル取り回しも工夫しないとプラプラして危ないし。

    こうなると、もはやメーターに意味はないね。

    こうなると、もはやメーターに意味はないね。


    お巡りさんに怒られないんかね?

    ちなみに・・

    携帯やスマホをハンドルマウントするにはさらに携帯マウント用のアームをつけなければなりません。

    バイクに携帯やスマホなどのマウントで有名なアイテムを扱ってる「RAM」というメーカーがあります。
    バイクに電子機器をマウントするのであれば、経験上RAMが一番使い勝手が良くスマートに取り付けられます。
    ※高いですけど、いろんなアイテムの組み合わせでがっちり固定が可能です。

    RAMのマウントグッズはもともと軍用だったらしく非常に頑丈で使い勝手がいいんです。
    見栄えもよろしくて結構カッコいいので、バイクにスマホや携帯を固定するのにRAMのアイテムはおススメです。
    ※ケーブル取り回しに問題がなければ、ですけど。

    当倶楽部でもGARMINのGPSをZ1-Rにマウントするのに使っています。
    ※電源ケーブルはカウル内に全部収めるので見た目も悪くないです。

    ナビ機能もあるにはあるけど使えないGARMINのGPS

    ナビ機能もあるにはあるけど使えないGARMINのGPS


    このGPSのマウントもRAMマウントです。すっきりしてよろしいです。

    Z750D1にも前述のシガーソケットと合わせて、RAMの古いタイプのスマホホルダーを導入したことがあります。
    数回のツーリングで振動と経年劣化で破損しました。
    ※高価だったので、すごい勢いでくよくよした覚えがあります。

    バイクへのスマホマウントはRAMがカッコいい!いろんな種類が選べます。
    created by Rinker

    このリンクからいろんなRAMマウントが見られます。
    ハンドルへ固定するUボルト、アームとセットで買うのが面倒がなくていいです。

    今のRAMの携帯やスマホホルダーはX状の固定アームでがっちり固定するので壊れにくいです。
    ただ、ちょっと仰々しいのがなぁ・・

    スポンサーリンク

    携帯やスマホをタンクバッグに入れる運用

    Toos
    携帯をハンドルマウントするつもりで取り付けた電源ですが。
    Z750D1のオーナーである嫁は携帯のハンドルマウントは不要であると断言しました。
  • 電源供給ケーブルが美しくない
  • 振動でどうせ見れない
  • 走ってて邪魔
  • ケーブルが危なっかしい
  • いちいち取り外すのが面倒くさい
  • またマウントを壊すのがとても嫌
  • 携帯落とす方がもっと嫌
  • ナビなんかいらない
  • ううむ。
    全部に一理ありますねえ。
    ・・せっかく付けたのにぃ。プンスカ(#^ω^)

    タンクバッグのクリア部に入れると充電はできるが操作はできない

    Toos
    携帯のハンドルマウントがどうしてもしっくりこないので、次善の策をとります。
    携帯をタンクバッグのクリア部に放り込んで充電しながら地図で現在位置だけ確認するという方法を試しています。

    これなら実質、ハンドル周りの邪魔にはなりません。
    ただし、
    頻繁にナビ画面をいじるような運用もできません。
    当倶楽部の場合、携帯やスマホでナビしながらのツーリングは寄り道できません♪
    ※走るのが楽しすぎて、画面見ながら走るとかそんな器用なことはできないんですよ。

    タンクバッグのクリア部分に携帯を入れて充電するわけですね。

    タンクバッグのクリア部分に携帯を入れて充電するわけですね。


    画像はZ1-Rでお届けしております。

    確かにナビは、

  • どこにも寄り道しない
  • 目的地までまっすぐ向かう
  • 間違いなく向かう
  • には向いています。

    が、
    当倶楽部のようにフラフラさまよいながらいろんな知らない道を走る使い方には不要です。
    なんだか、ナビに支配されてるような気がするし、ナビ頼りだと道も覚えません。
    GARMINのGPSは、向かう方向が正しいかどうかと走行距離、標高と時間などを確認する程度です。
    ※そして今時には珍しく当倶楽部にはナビが付いてる車は一台もありません。車は5台もありますが。

    なるほど、
    よく考えるとタンクバッグでの携帯運用、これでいいようにも思えます。

    ただし。

    携帯の温度が上がりすぎるという話を聞きました。
    ※情報提供、N君。ありがとう。

    携帯の作動温度が上がりすぎると自己防衛でシャットダウンするようです。
    コレも納得する仕様です。
    ※爆発したり火災に発展したりするよりはマシです。タンクにはガソリンが大量に入ってるしね。

    アース線はメインハーネスに這わせてバッテリーに直戻ししています。

    アース線はメインハーネスに這わせてバッテリーに直戻ししています。


    ついでに他のハーネスもきちんと取りまわしてみました。

    というわけで、
    結局携帯やスマホはバイクで充電できるだけでもありがたい。
    携帯は、ハンドルマウントのUSBから電源拾ってタンクバッグに放り込んでおけばよろしい。
    「充電できればいいや」

    という、かなり手前に着地した感がある結論になりました。

    スポンサーリンク

    まとめ

    Toos
    バイクのハンドル周りにゴチャゴチャつけるのが気になる人は、携帯でナビはあっさりあきらめましょう。
    ※気になって走ってて楽しくないですよ。

    確かに、ハンドル周りにたくさんアイテムが付いてるのはなんだか最新っぽく見えます。
    でも実際は、

  • ケーブルの取り回しが面倒くさい
  • バイクから離れるときは防犯上どこまで外す?
  • となると、煩わしい気もします。

    携帯やスマホでナビしない限り、
    携帯やスマホの操作は止まってるときにやればいいわけで。
    現在位置がはっきりわかるだけでも携帯やスマホはありがたい。

    かつてのツーリングライダーは紙の地図しかありませんでした。
    それに比べれば特に痛痒無いです。
    ※迷うのもまた楽しいし道覚えるしね。

    それでも、
    携帯やスマホはツーリングライダーにとって既に必須アイテムとなりつつあります。
    トラブル時には、携帯ほど頼れるアイテムもありません。

    数泊のキャンプツーリングでは絶対に携帯やスマホの充電は必要になります。
    スマホや携帯、それに付随する機器の充電ができる機能はバイクに追加しておいたほうがいいのは確かです。

    バイク用の増設USB電源!ハンドルマウントも可能
    created by Rinker

    安いし失敗してもいたくねえや、と強がってみる。

    というわけで、しばらくUSB電源付けて運用してみます♪

    スポンサーリンク









    カワサキZ1・Z2ファイル
    created by Rinker

    カワサキZ1・Z2ファイル (2) もあります。
    今中古は安いので押さえておきましょう。
    永久保存版です。







    カワサキZ1・Z2オーナーズバイブル
    created by Rinker

    下手なカスタム本とかよりも余程役に立ちます。

    -Z750D1, バイク

    © 2020 北信州のりもの倶楽部Ver2