長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

バイク

セカンドバイクの選択基準で損したり幸せになったりする

更新日:

Toos

ワタクシはバイクも車も複数台所有させてもらっています
非常に贅沢だと思うのですが、他に趣味がないので全部こちらにお小遣いが飛んでいきます♪
でも全然苦にならないし、むしろ幸せだと思っています
用途ごとにきっちり分けた乗り物セレクトをしています
メインバイクがデカいバイクの場合、セカンドバイクは中型ないしは小型バイクをセレクトするといいですよ、という記事です
スポンサーリンク

同じような使い勝手、使用目的のものはいずれ乗らなくなる



たとえば、H社の1000ccスーパースポーツと、Y社の1000ccスーパースポーツを持っていたとしましょう
乗り手はあなた一人ですので時間も限られています
そうなると、一台にしか乗らなくなるんですよ
何人もそういうセレクトで所有していた人を見ましたが、やはりしだいに一台になっていきました
つまり、使用目的が似通ったバイクは複数台所有だともったいないんですよ

一台をサーキット専用とかに割り切れればいいんですけど、レースは普段使いのバイクの維持費とは違った意味でめちゃくちゃ金がかかります

sms467 / Pixabay

おすすめは重量車と軽量車

出来るだけ相反する特徴のバイクを複数台持つのがおすすめ
でかいバイクを維持しつつ、軽量の維持費が安いバイクを持つのがおすすめです
散歩用とツーリング用、って感じで。

robincx / Pixabay

ちょっとそこのコンビニまで出かけるのにでかいバイクを引っ張り出すのも面倒だと思うんですよ
※それはそれで楽しいんですが

なので普段使いのバイクと非日常のバイクを使い分けるのが良いとこどりなのではないかと思います

高回転大馬力の4気筒のスーパースポーツとVツインの大トルクマシンのつがい、とかも面白そうです
まあ、でかいバイクを公道で回して乗ることができる人は限られてる(というかそんな人いるのか)ので、小排気量の多気筒マシンと大トルクの大排気量ツインというセレクトかなぁ

スポンサーリンク

もっというとオンロードとオフロードがおすすめ

大型バイクは時間のあまりない社会人がロングツーリングするのに適しているでしょう
高速も楽ですし、とにかく疲れない
また、大型は極端なスーパースポーツを除けば、どんなバイクでもそれなりに長距離走ることに適しています

これを基軸に考えると、時間は限られているうえ、自分は一人しかいないわけなので、同じ用途なら気に入ってる方ばかり使うようになります
更に維持費(消耗品費や保険代)が高い大型をもう一台手配するのはちょっと気が引けます

そういったわけで、当たり前ですが車検のない軽量級バイクをセレクトするのがおすすめです

MabelAmber / Pixabay


DanaTentis / Pixabay

極端な話、250ccクラスのオンロードとオフロードでも全然いいと思います
どうせなら、もうちょっと両極端な乗り味のモデルのほうが新鮮さをキープできます
各々で好きモノの仲間が増えていきますよ♪

まあ、250ccも1000ccも任意保険という意味では値段は変わらないので、125ccにするとぐっと維持費が安く上がります
※ファミリーバイク特約をフル活用するのが賢いのではないかと本気で思っています

まとめ

あくまでも個人的には、オンロードの大型とオフロードの小型、これがベストセレクトだと思います
相対する性格の乗り物のほうが「どちらに乗っても新鮮」だと思うんです
バイクに乗るのは、多くの人が非日常を味わいたいんだと思います
それは飽きちゃったら意味ないですしね



もっと言うと、小型中型の2stがあればお勧めしたいのですが、もはやそんなもんは残っていません
運よく入手できたとしても、きちんと整備できてない不調の2stって全然面白くないんですよ
※2stのエンジンの理屈って4stの理屈とかなり違うので面白いとは思うんですがパーツ供給がもう不安なレベルです

レストア好きな人であれば全然2stのセレクトはありです♪

ごちゃごちゃと書きましたが、セカンドバイクはメインバイクと相反する性格のバイクを選んだ方が面白いよ、という話でした

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-バイク

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.