長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

バイク メンテナンス

バイクのガソリンタンク、錆びてない?放っておくと穴空くし、キャブ詰まるよ

投稿日:

このタンクが13lしか入らんのよ
Toos

長いこと旧車と呼ばれるバイクや放置されたバイクと遊んでいると、
タンクの錆とは無縁ではないでしょう
Z1系とかでも意外と皆さん無頓着でねえ・・
フューエルコック、タンクから外すと、出るわ出るわ
という状態のバイクって結構多かったりします

冬はメンテの時期、という雪国バイク乗りに捧ぐ♪
そうでない方も「こういう例もある」と頭の片隅に入れておいて損はないですぜ♪

スポンサーリンク

中古で買ったバイクや10年を超えているバイクは絶対チェックすべき

部品交換会などで買ったバイクは絶対にチェックが必要

部品交換会などで買ったバイクは絶対にチェックが必要

普通に乗れてるからいいもん♪
という人は別に気にしなくていいです
あと、オフ車のポリタンとか、アルミタンク(憧れ!)の人意外は気にしましょう
気にしなくてもいいですが。

意外にもタンクの底部には思いっきり錆がたまってたりします
そりゃあもうびっくりするくらい溜まってたりします(怖っ!

実際に錆びるとどうなるか?

うちのZ750D1で6年くらい前に実際にあった話です
CVKキャブ(オーバーフローしてもキャブの外にあふれてこない問題ある作り)に変えて、燃費はいいんですが、たまに走行中にプラグがかぶって失火します
しかも、毎回失火する気筒が違う・・
何度も何度もキャブのオーバーホールと清掃を繰り返しました
油面の調整もきっちりしてたんですが・・
でも再発するんですよ・・

外観はきれいですが、タンク内は錆錆だ♪

外観はきれいですが、タンク内は錆錆だ♪

イヤー悩みましたよ
結局、原因は「タンクの錆」でした
それと、フューエルコックが古くなって、長時間止めるときに完全にガソリンが止まってなかったということも重なったことが原因でした

フューエルフィルターを装備してたにもかかわらず、フロートバルブに錆が噛んでいたようです
これで、ガソリンが予定量より多くシリンダーに入り込み・・プラグが失火するというものでした

原因がわかるまでは、ツーリングにプラグを携帯しておりました
排気音がおかしくなって、パワーが思いっきりでなくなります
アイドリングも不安定になります
出先で失火した気筒を特定するのには、エキマニに水かければ一発で分かります♪

後日、フューエルコックをリプレイスものに変更、
キャブを再清掃などしたうえで、
タンクの清掃を行いました
タンクの鉄板が厚いので穴が開かなかったのでは、というくらい錆が出てきましたよ、ええ
手のひら一杯弱くらいの錆が出ました

80年代以降のバイク(特にレプリカ系)は軽量化のためかタンクが非常に薄い鉄板でできてたりします
錆びると本当に穴が開きます
※こけて凹んで塗装が割れてるタンクとかうちからも外からも錆が発生します

ちなみにRZ250系のタンクキャップは雨水入ります♪
※経験済み

マジほしい・・このタンクも錆びます

マジほしい・・このタンクも錆びます

あと、レプリカ時代のエアプレーン系タンクキャップも水抜き穴が詰まると、タンク内に水が浸入、錆の原因になります
※経験済み

さらにさらに
冬場の保管状態ではタンク内結露が発生、これも錆につながります

何せ、タンク内は普通錆止めがない上にガソリンで油分が飛んじゃっていますので、非常にさびやすいと思って間違いないです

スポンサーリンク

錆びたらタンク交換しかないのか?いや、まだ待て!

ガソリンタンクは、部品が出るなら新品交換が無難です

が。

旧車のタンクは滅多に手に入らない
入ったとしても非常に高価だったりもします
※うちは長く乗る乗り物は大体パーツとしてストックしてあります

ヤフオクとかで見つかればラッキーですが、そうも言ってられませんし、
何せヤフオクです
程度がいいとは限りません

うちの場合、完全清掃したうえで、タンク内をコーティングしたりしております
※中古で買ったバイクとか、もう絶対これやらないと怖くて乗れない

これについては、いろんな説があります
コーティング剤がはがれると錆よりもろくなことにならない
のは確かです
それこそ、20年くらい前のタンクコーティング剤はこういう状態になることも珍しくなかったです

が。

今では、いい薬剤があるんですよ
POR15系のタンクリペアキット
は完璧です
※Z1-Rのタンク内コーティングしてから15年くらいたちますがトラブルは皆無です

結構いい値段しますが、安心料だと思えば安いもんです

これを説明書通りに施工すればオッケーです
ワンセットで、2台くらいはいけますので、新品タンクを購入するより安上がりです

余裕があれば、タンクの底面にも錆止めとしてPOR15を塗っておくといいです
ワタクシは、この薬剤を知るまでは、タンクを外すたびに防錆として気休めに固形ワックスを塗りたくっておりました♪

タンクは消耗品、ストックしておいてよろしい

ともあれ
ガソリンタンクはバイクの顔といってもいいです
ここがしょぼいと、やる気が失せます

ワタクシは、20年前に手に入れた純正新品のZ1-Rのタンクをキープしております
※これが市場に出てきたときはものすごい競り合いが起こったんですよ

長く乗るつもりであれば、タンクはストックしておいても損はないです
Z系は本当にリプレイス品が出てて助かります
今では、リプレイスものがあるので、純正にそれほど価値はないし、色も塗り替えちゃったので、観賞用に近いですが、きっちりと箱入り保管しております♪

Z750D1も外装フルセット(当時もの)を10年くらいかけて集めましたし、
痛みが激しいオフ車DT200WRのタンクもキープしております
こちらはリペアベースですので、そのうちPOR15でコーティングしておきます
※現在は、古くなった2stオイルをタンク内に回して保管しております



まとめ

バイクのタンク、錆びます
錆びるといろんな不具合が出ます

ガソリンが少ない状態でタンクを外し、ガソリンを全部抜いて錆を確認してみましょう
Z1-Rまでは、コック取り付け部が丸いのでそこから小指を突っ込んでぐるっと回せば確認できます
今時のバイクは、タンクの構造や形が複雑になっているのでなかなか難しいし、完全に取り切ることができないかもしれません
でも、出先でトラブルと結構深刻ですよ♪
※カバー開けたらガソリンくさいとかそういう状態になったら結構やばいです

このタンクが13lしか入らんのよ

このタンクが13lしか入らんのよ

ちなみに、インジェクションのバイクは乗ったことないのでわかりません♪

車もおんなじ考え方です♪
※旧miniもすごい勢いでタンク内錆びてた・・

ガソリンタンク、外観からはわからないけど、錆びやすいパーツである、と言い切ります
冬の間、きっちりメンテしてあげるべきですよ♪



スポンサーリンク
スポンサーリンク

-バイク, メンテナンス

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.