長野県にIターンしてやりたい放題!!特にのりもの関係は失敗ばかり♪そういったマイナーでも濃厚な仲間を増やそうともくろむブログ。

北信州のりもの倶楽部Ver2

Lotus EUROPA

ロータスヨーロッパの純正灰皿は高い!プラ部品の修理方法をマスターせよ

投稿日:

これが直した灰皿最終形
Toos

ロータスヨーロッパについている純正の灰皿、
これが結構いい値段で流通しています

実は本来の灰皿機能はあんまりなく(笑)

でもね、目立つ位置にあるだけに割れちゃうと貧乏丸出しで、
乗るたびに目に入るもんだから気になります

灰皿だけでなく、プラ部品は割れたら直せばいいよ、という話です

言っておきますが、今回も誰に刺さるんだかという小ネタです


一番目に付く位置にある灰皿

一番目に付く位置にある灰皿


スポンサーリンク

いやでも目に入る位置に鎮座している灰皿

いやぁ、実にいい位置につけておりますな、ロータスヨーロッパの灰皿
いやでも目に付く位置に鎮座しています

ちなみに、
この灰皿を外すと、センターコンソール部を止めているネジが出てくるようになっています

英国人に限らず、昔は喫煙者が多かったよねえ?
映画「ボヘミアンラプソディ」でもガンガンみんなタバコ吸ってたしなぁ
まあ、昔は日本でも電車でたばこが吸えたことがあったわけで。
今の車は灰皿すらついてないものも多いようだし、時代ですな
昔の車は結構きっちり灰皿ついていますよねえ・・

全然本編と関係ないですが
映画「私をスキーに連れてって♪
の劇中では、ペンションに泊まるシーンがあるのですが、
ほとんどが喫煙者で、時代を感じる
※すげえぜ!




ちなみにこれ以降、ワタクシは原田知世さんン大ファンです♪
※ワタクシの大学時代はスキーしないやつは人間じゃない!という扱いをされました


劇中のリトラクタブル車は男のあこがれ

劇中のリトラクタブル車は男のあこがれ


実際灰皿はつかえたもんじゃない

実際、ロータスヨーロッパを運転しながらタバコ吸える人っているのかしら?

峠ではシフトが忙しすぎて絶対吸えないし、
高速でも後方確認するだけで車線変更しそうな勢いの車でそんな勇気はありません
というわけで、駐車中にしかタバコは吸えなかったんじゃないかと推測いたします

ついでに言うと、室内狭すぎて自分で副流煙をガンガン吸っちゃう勢いです(笑
カメムシは自分のガスで自分がやられる、というのを思い出す事象だ

言っておきますが、灰皿の容量がものすごく少ないです(笑
内側が変な形で内容量が異常に少ないので吸い殻は3本くらいしか入らないんじゃないの?
灰皿としては全然機能を発揮しないのもこの灰皿の特徴です

実際、ただのネジの頭隠しというのが正解ではないかと思うわけです

スポンサーリンク

ロータスに限らず旧車の内装品は作りが良いとは言えないくせに結構高い

さてと
旧車の灰皿や、各種スイッチ類、内装関係品って結構高いんですよ
入手した時点で欠品っていうのも少なくないです
これを探すのがライフワークになったりするので人生何が起こるかわからない(笑)

まあ、なければないで困らないというものでも結構いい値段します
やはり純正品は当時の雰囲気があるので、マニアとかコレクターはいい値段をつけるので、
値段が吊り上がる傾向にあります
こういうパーツって、基本的にリプロがなければ二度と増えることはありませんので、需要と供給の関係からガンガン値段が上がるんですよ
たかが灰皿ですが、ヤフオクとかでもたまに出ると2万円とかします

代替品というかなくてもいいので
ネジの頭隠しであれば、なんか他の物でもいいような気がします
例えばルームランプとか・・
ドリンクホルダは・・シフトの邪魔になるので無理ですなぁ


かっこいいシフトノブの裏にあるのが灰皿

かっこいいシフトノブの裏にあるのが灰皿


実は割れたので、修理したのだ

うちの個体の場合、最初からクラックが入っていました
まあ、使わねえしいいや、と思ってしばらくそのままにしてたのですが、
何度目かのセンターコンソールを外す際にちょっと力を入れすぎて、
粉砕
ああ、粉砕って何?(泣

割れた破片をすべて回収、泣きながら天を仰いだもんです

しかし、泣いていたって始まりません

明けない夜はないじゃない?
止まない雨はないじゃない?

そういう時は、

以前紹介した、貧乏FRP・・とも思いますが見栄えがよろしくない
こういうのはあくまでも見えないところで使うもんです



そこで!
小間物プラ製品を修復するのにもってこい!

単品修理の味方、
プラリペア
で勝負です

とはいえ、不器用なワタクシですので粉砕したようなプラ製品をきれいに仕上げられるわけもなく、
ちょっとゴツゴツしちゃったので、全体的にヤスリ掛けしました

こうなるとつや消しになるというか研ぎ目が出ます
水研ぎしようかと思ったのですが、力を入れるとまた割れるので適当なところで止めて、
薄手の革を張っておきました
※実はワタクシ、革細工が大好き♪携帯カバーとかキーホルダーとかも自作します

で、ガタガタになっている縁についてはこちらも貧乏人の僕らの味方、
アルミテープ
にて補修

これで、結構雰囲気を壊さずちょっと満足げなものが出来上がりました
言わなきゃわかりません♪
いいんだよ、どうせ灰皿として使ったことねえし


これが直した灰皿最終形

これが直した灰皿最終形


まとめ

  1. 旧車のインテリアは結構脆い
  2. でも思いのほか高価である
  3. 壊したらすべてのかけらを収集すると何とかなる場合がある
  4. 貧乏FRPは目立つところには向かない
  5. ないものは作ろう
  6. 壊れたら直そう
  7. プラリペア、結構便利♪

とまあ、今日もこれ以上ないくだらない小ネタですが、
貧乏でも日々ワーワー言いながら
世界一しょぼいスーパーカーを今日もまた維持しております♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Toos

Iターンしてみたモノの、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなりつつも、全部やってみてどんどん失敗して諦めずに何とかする。 特に古いバイクや車は得意分野♪そのほかDIYでの家やガレージ作り、田舎の暮らしなどについても発信していきますよ♪

-Lotus EUROPA

Copyright© 北信州のりもの倶楽部Ver2 , 2019 All Rights Reserved.